2017年10月04日

◎夜間保育園(深夜の保育所)、ドキュメンタリー映画『夜間もやってる保育園』、TV番組の動画にリンク

昨日、下の二つの記事を読んだ。
夜にやっている保育所があって当然なのだろうが、その存在を意識した事は無かった。
私のイメージでは、水商売のシングルマザーが対象かな、というもの。
少し大きな都市になれば、不夜城での仕事に就く母も父も多いだろうから、
夜に働いている親が預けれる保育所が無いと、働けなくなってしまう。
夜間保育があるから働くのではなく、働くほうが先。どうしても生活のために働かなければならない人のために、夜間保育はあるのです
「夜間保育所に子どもを預ける親は、霞が関の官僚から医師、看護師、マスコミ、水商売と、驚くほど幅広い。」

私のように、真っ先に"水商売"をイメージしてしまうのも偏見かもしれないが、
そもそも"夜間保育園"について全く無知だったのは、"偏見"以前の段階だった。

毎週一度、昼間に市民生協へ食料の買い出しに行っている。
その途中に保育園と幼稚園とがある。
独り者の私は特に考えたこともなかったけど、"朝から夕方まで"と…
夜に、保育園と幼稚園の前を通ったならば、もっと別の側面があるのかも知れない。

地元・北海道の実態はどうなのかなと考えて、
下記"全国夜間保育園連盟"サイトを確認したら、
北海道であるのは、帯広市と釧路市に一つずつのみだ。(加盟園)
肝心の不夜城であるだろう札幌には、一軒も無い。
まだまだ無認可の保育園などがその需要に対応している段階なのだろう。
http://east.tegelog.jp/index.php?catid=267&blogid=34
(※北海道の地図では旭川市が根室市と誤表示、また札幌市の位置は右に寄り過ぎ、帯広市は左に寄り過ぎ)
東北は青森の八戸市に1園のみ、あの東京には2園だけ
あなたの県にはあるのかな!?
"全国夜間保育園連盟"加盟の保育園は全国で61園
連盟への加盟を抜きにしても「認可の夜間保育園は、全国に約80園」だけだから、
近くに夜間保育園が無いのが当たり前・普通だという異常な状態
なお独り者の私には保育園そのものがどれだけ不足しているのかも不明

★深夜の保育園。親の迎えを待つ子どもたちは、何をしているのか***BuzzFeed 2017/09/16 11:01
―映画「夜間もやってる保育園」が映し出したのは、子どもたちの生活そのものだった―
https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/yakan-hoiku
●「東京都新宿区大久保。「眠らない街」にあるエイビイシイ保育園は、24時間体制で、0歳児から就学前まで90人の子どもを預かる認可の夜間保育園だ。35人の保育士と2人の看護師が4交代制で勤務している。」
●「夜間保育園の基本時間は、午前11時から午後10時までの11時間。延長保育を利用して、24時間開園しているところもある。
夜間保育が国の制度として認められたのは1981年。エイビイシイ保育園のような認可の夜間保育園は、全国に約80園ある。」
●大宮浩一監督「保育というからには、一緒に遊んだり絵本を読んだり、夜の間も何か活動しているイメージがあったんです。家と同じなんだ、淡々と続いている日常生活なんだ、というのが新鮮な驚きでした」
●監督「偏見というのは知っている人が持つもので、そもそも夜間も子どもを預かる保育園があることすら、知られていないのではないか。だから、ありのままを伝えたい。知ってもらったうえで偏見をもたれるなら、それは仕方がないでしょう」
●「夜間保育があるから働くのではなく、働くほうが先。どうしても生活のために働かなければならない人のために、夜間保育はあるのです」

★お迎えラッシュは深夜2時 「夜間保育」の真実***週刊朝日|AERA do 2017.10.3 07:00
https://dot.asahi.com/wa/2017092900009.html
「夜間保育所に子どもを預ける親は、霞が関の官僚から医師、看護師、マスコミ、水商売と、驚くほど幅広い。皮肉にも、保育所では晩ご飯を食べて、お風呂に入り就寝と、規則正しい生活が実現できる。小さな寝息が聞こえてくるそこに、ニッポンの縮図を垣間見る。記者が現場を歩いた。」

今日10/4になって検索したら
★大久保で35年、24時間保育園園長が語る実情―なぜドキュメンタリー映画に?***AERA|東洋経済オンライン2017年10月03日
http://toyokeizai.net/articles/-/191338
エイビイシイ保育園片野清美園長「女性の働き方が多様化している今、園の保護者の7割がキャリアです。私は夜間保育園が増えればいいとは思っていない。でも、今は本当に必要なところも足りていない。夜に働く親たちのもとにいる子どもを中心に考えてほしい。まだ行政にも残っている偏見が、少しでも減ることを祈っています」

★子育ての現状を描く、夜間保育のドキュメンタリー映画『夜間もやってる保育園』***エキサイトニュース2017年10月2日 09時00分
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20171002/Jprime_10712.html

★全国夜間保育園連盟
http://www.zenyahoren.jp/
★映画『夜間もやってる保育園』公式サイト
http://yakanhoiku-movie.com/

上の"全国夜間保育園連盟"サイトで紹介してあったテレビ番組
「NHK総合1 11月18日金曜 午後10時50分〜 午後11時15分
ドキュメント72時間「福岡・中洲 真夜中の保育園」 放映」
検索したら下記の動画がヒット
★【動画】ドキュメント72時間 (16-11-18 NHK-G) 福岡・中洲 真夜中の保育園(24分30秒)
http://www.dailymotion.com/video/x53v8f7
一度行ったことのある福岡・中洲、
歓楽街・飲食店街のイメージで見始めたら、多種多彩な職業でした。
番組の取材への対応で多いのは母子家庭のお母さん
旦那は単身赴任中だという共働きのお母さん
朝は父親が連れて来る子どもが多いので、
共働きが多いのかなと思ったら、父子家庭だというお父さんも…

これを視て以前テレビで夜間保育園を紹介するニュースを視たことを思い出した。
改めて検索したら次の記事があった。
★夜働く母の味方・・・24時間保育所に密着***関西テレビ放送(2017年3月15日放送)
https://www.ktv.jp/wonder/18pm/2017_03_15.html
認可外保育園を取材した番組の文字起こし記事(私の記憶にある番組とは違うが)

母子家庭、父子家庭、共働き、商売(自営)、夜勤もある仕事etc.
(再掲)「夜間保育があるから働くのではなく、働くほうが先。どうしても生活のために働かなければならない人のために、夜間保育はあるのです」

待った無しは病院。医師と看護師はヒトの生死に関わっている。
入院患者のいる病院、緊急手術のある救急病院に勤務
そんな医師や看護師も利用しているという夜間保育園


"夜間保育"に限った問題で無く
お母さん、お父さんが子どもの心配をせずに働ける環境が無いと
高齢化に伴う労働者不足は更に悪化する。
何たって子どもは未来の納税者
納税者がいないと、公務員、議員に給料を払う原資を欠くことに
商品、サービスを購入する消費者がいないとゼニの流れはストップ
よどまないモノの流れ・活発な動きがゼニを生む。
ゼニの流れが停滞したら物々交換の時代に…

こんな遠大な問題を熟慮して公務員に指示するのが政治家なんだろうけど
見えるのは政治屋だらけ

「保育園落ちた日本死ね」というのがあったけど、
少子化問題では子育て環境の整備もできない自民党
安倍総理は森友学園事件だけでなく「第2の森友疑惑」加計学園と立て続けに事件
強権発動なのか、取り巻き陣の忖度なのか、国会は空転
なのに今度は衆議院の解散で、更なる時間とゼニの浪費

持ち回りの大臣指名も困ったもの
その分野に詳しいからと指名するのならともかくも
そろそろ順番だからと無知な議員を大臣に指名するな、阿呆!!
二院制にそもそも意義があるのかも不明な現状

与党議員数の数で押しまくる可能性の高い自公民
何をしでかすか判らない安倍総理
今から十年前、私がクモ膜下出血と脳出血で入院していた時に、
衆参ネジレ状態に嫌気して総理を投げ出した阿部
あの時から嫌いな議員の一人に

衆議院解散で野党の再編成が始まっているが
政治という旨みに憑かれた議員たちの山ボスを巡るガキ大将の争い
阿呆ばかりではないのだろうけど
今回はいったい誰に投票したものか…
アンチ安倍、アンチ自民だけは決まっているが
posted by yumenoya at 16:30| Comment(0) | 権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする