2018年07月13日

◎2018-7-13大谷翔平くん連続ベンチ、▲1点◎3点◎1◎1◎4◎2▲1、代打出番無し《今夜、球宴ホームランダービー》筒香は明日の決勝へ

左腕投手なのでベンチスタート(代打登場をただ待つ)
(ア・リーグ西地区4位 47勝46敗)

★対左腕の打率.118 打者・大谷翔平に「一刀流」のハードル***7/13
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/233167
「同じ左打者でも昨年22本塁打、今季9本塁打のバルブエナの方が内野を守れる分、使い勝手もいいし、首脳陣の評価は高い」
だからなのかバルブエナを先に代打で大谷は9回起用が多くなる

★エンゼルス・リチャーズが右肘手術へ 今季開幕投手***7/13
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201807130000213.html
「医師からそういう(手術せずに注射で治療する)薦めを受けたなら、そうするべき。僕は後悔していないし、成功したと思っている」

《エンゼルスvs.マリナーズ(11:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(三)フレッチャー(6)
2(遊)シモンズ(2)
3(中)トラウト(27)
4(左)アップトン(8)
5(指)プホルス(5)
6(二)キンズラー(3)
7(一)マルテ(19)→3回代打バルブエナ(18)
8(捕)マルドナド(12)
9(右)カルフーン(56)
先発投手/スカッグス
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
■マリナーズ先発投手/パクストン(左腕)

★ネット生中継(今日はいつものサイト)
http://www.speedsports.me/mlb/530807/h

《チームの得失点動き》
◆1回表エラーも絡み1失点《0対1▲
◆1回裏先頭フレッチャーにソロHR◎1点、トラウト左安打+プホルス2ランHR◎2点(2outで投手交代右腕)《◎3対1
◆2回表併殺打(流れはまだエンゼルス)
◆2回裏先頭マルテ死球→マルドナド左前安打0out31塁→カルフーン中犠飛◎1点→フレッチャー左前安打1out21塁→シモンズ中飛→トラウト3ゴロ《◎4対1
 (※エラー絡みで1失点の時にはどうなるかと思ったが…観戦速報を開始)
◆3回裏先頭アップトン中前安打→(盗塁成功)プホルス四球0out21塁→キンズラー三飛→代打バルブエナ左飛2out21塁→マルドナド左飛
 (※ここで代打バルブエナということは内野カードを1枚使った、大谷は今日8回起用あるか。MLBは野手陣が薄いから)
◆4回裏《912三者凡退》
◆5回裏先頭トラウトfullから四球→(初球盗塁成功)アップトン空振り三振→プホルス右ライナーかと思ったが右前安打31塁→キンズラー中前安打◎1点21塁→バルブエナ空振り三振→マルドナド3ゴロ《◎5対1
◆6回表《345三者凡退》スカッグス好調(80球5奪三振)
◆6回裏2outシモンズ中前安打→トラウトfullから死球→アップトン3ランHR◎3点プホルスソロHR◎1点→キンズラー左前安打→バルブエナ左飛《◎9対1
◆7回表(投手交代Nラミレス)1out四球+ 死球(21塁)+遊ライナー+投ゴロ(落ち着いて処理)
◆7回裏1outカルフーン左前安打→フレッチャー併殺打
◆8回表(投手交代ドレーク)3ゴロ併殺+右前安打+空振り三振
(大谷くん出番はランナーが出てプホルスDHで代打のみか、5番まで回るか)
◆8回裏シモンズ四球→トラウト中飛→代打ハーモシロ→左前安打→プホルス2ゴロ2out32塁→キンズラー左前安打◎2点→バルブエナ遊ゴロ《◎11対1
 (※守りの無いプホルスで代打起用を期待したが…)
◆9回表遊飛→左前安打→左翼線二塁打▲1点2塁→3ゴロ→2ゴロ《◎11対2
◎11対2で大勝だが大谷くんの出番無し
大谷くんがベンチスタートの時の観戦速報はもう止めようかな
勝利ハイタッチの大谷くんを見逃した

■明日は敵地でドジャース戦、ビューラー右腕予想だけど、ナショナル・リーグだからDH無し!!!
代打起用待ちの3連戦か、嗚呼

★エンゼルス・プホルス、通算630本塁打で歴代6位タイ 安打数は歴代25位に並ぶ***7/13
https://www.baseballchannel.jp/mlb/50773/
今日の勝利者インタビューは先頭HRのフレッチャーと3得点のトラウトだった
何故プホルスが居ないのかは不明、日本ならばプホルスは外せない
-----------------------------------------------------------
球宴ホームランダービー》再掲
ネットテレビ「Abema TV」ではホームランダービーから放送
https://abema.tv/timetable/channels/world-sports
(注意:ある交流戦をAbema TVで視た。google chromeが推奨。Firefoxては視えない"選手のヒトクチメモ"がchromeでは表示されていた)
★HRダービー・トーナメント組合せ(「Abema TV」前夜祭で抽選決定)
(3分間球数無制限/同点の場合は、1分間の延長戦)
◆オールスターゲーム第1戦試合前
第1試合 準々決勝(吉田12×5山田)
第2試合 準々決勝(中田2×9筒香)(中田は見逃しボール多し)
第3試合 準決勝(第1試合勝者・吉田10×14筒香・第2試合勝者)
(※ルール改正で面白くなった。投げ手の責任は大きい)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2018071301/score ←一球速報
★西武・森「一生の思い出」松坂から一発でMVP 300万円ゲット***7/13
https://www.daily.co.jp/baseball/2018/07/13/0011443015.shtml
「MVP(300万円)は本塁打を含む2安打3打点と活躍した西武・森が受賞」
「敢闘賞(100万円)には広島・鈴木、DeNA・筒香、ソフトバンク・デスパイネ」
※森友哉くんのあのバット・スウィングは快感で〜す(決勝点じゃないけどMVP)
「西武・秋山が史上初となる2年連続の先頭打者本塁打」には、予定に無くともあのインパクトで特別賞が欲しい
※即断で特別賞新設をゴリ押しするようなスポンサー幹部は居ないのか!?敢闘賞と同じ100万円(超えたら悪いから)
★全パ・近藤、横浜高の大先輩・松坂から中前安打「僕にはレジェンドではなく神」***7/13
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180713-OHT1T50205.html
--------------------------------
◆オールスターゲーム第2戦試合前
第4試合 準々決勝(山川×鈴木)
第5試合 準々決勝(柳田×バレンティン)
第6試合 準決勝(第4試合勝者×第5試合勝者)
第7試合 決勝(第3試合勝者・筒香×第6試合勝者)
---------------------------------------------
★米オールスター戦前日の本塁打競争に大谷選ばれず目玉なし***7/13
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1063177/
「今年は春季キャンプの時点で前年王者のヤンキースのジャッジ(25本塁打)ら大物が続々と出場辞退を表明。メジャートップの28本塁打のレッドソックスのJD・マルティネス、同2位のインディアンスのラミレス(27本塁打)、同3位の25本塁打のエンゼルスのトラウトらが出場せず」

少し古いニュースだが
★観客動員減のMLBに「大谷スーパースター化計画」***日刊スポーツ6/7
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/mizutsugi/news/201806070000514.html
「知恵を絞らなければならない」「西海岸の選手には不利だ」「東海岸バイアス」
「いくつもの困難があることを承知の上で大谷を国民的スーパースターにすべき」
※こんな意味でも、本塁打競争に大谷選手を選んで欲しかった。
話題の目玉になったはず…なのに…
マスコミはもっと煽らないと!!

折角、7/9のドジャース戦はESPNで全米へ中継
代打ホームラン(決勝点)で全米に鮮烈デビューしたというのに…
-------------------------------------------------------
★大谷、20日に右肘再検査も「無理して投げさせるな」 チームは低迷***7/13
http://www.zakzak.co.jp/spo/news/180713/spo1807130008-n1.html
「無理をして投げさせるメリットはない。じっくり調整させた方がいいのではないか」
「大谷を打席に立たせ続けても今季プレーオフに出る可能性はない。いずれ手術が必要になるのであれば、早めに手術をして、2020年までに投打で完全復活できるようにしてはどうかとのファンの声がある」
「本人の「一日も早くマウンドに戻りたい」という気持ちをどう扱うかもエンゼルスにとっては大きな課題となる」
--------------------------------------------------------------
★元NFL選手も出場のマイナー2Aオールスター戦、バッティング・コンテストで決着。史上初の試みの思惑***7/13
https://www.baseballchannel.jp/mlb/50789/
「マイナーリーグでは今季、公式戦の延長イニングは無死2塁から開始するタイブレーク制を導入」
「バッティング・コンテストによる試合決着は、オールスター戦ならではの特別ルール」
「ルールは、両チームからバッターを1人ずつ選出。監督もしくはコーチがピッチャーを務める。2分間の制限時間内であれば、球数は無制限。打球の飛距離によってポイントが加算され、本塁打は100ポイント、センター後方のバックスクリーンに届けば150ポイントなどとなっている」
※延長戦は、代表選手による2分間制限でのバッティング・コンテストの獲得ポイントで決するというもの
-----------------------------------------------------------
《7/14追記》出迎えハイタッチ動画有り
★【出番なし!ベンチで最終回を見守る】大谷翔平選手 Shohei Ohtani At Bench vs Mariners 2018/07/12
https://www.youtube.com/watch?v=-PeuoktHSTE
posted by yumenoya at 12:07| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする