2017年08月11日

◎昨夜8/10は札幌にてスカイプ仲間三人で宴会(美和剛/好友堂/夢の屋)、田酒、Black Stone

スカイプskypeでは札幌でいつか集まって呑みたいねとずっと話題になっていた。
その念願がやっと叶った。
美和さんの娘さんが、札幌が実家の男性と結納、
結婚式の着付け打ち合わせもあって来札

美和さんは三人宴会のために
古切手コレクション数枚を目録オークションで売却し
一次会は奢ってくれることに…

美和さんは5千円クラスの宴会コースを想定していたようだけど、
8/10は連休前の木曜夜でもあるし観光客も多いはずで混んでいそう
それにコース料理にそんなに旨いものがあるとは思えなかったのと
札幌の駅前からススキノにかけての何処が美味しいのかの情報を
好友堂さんもオレも持ち合わせていなかったので、
好友堂さんの知っている飲み屋でお好みの旨い海産物料理で呑んで、
そして好友堂さんの所に泊るのが一番だーで説得した。
説得の時に活躍したのが好友堂さんが教えてくれたメニュー
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010305/1018089/dtlmenu/photo/

そしてついに昨夜8/10は秋田県在住の美和剛さんを迎えての三人宴会
(札幌へ出ることは少ないので、もちろん古本屋経由で澄川へ)
札幌は澄川の「江戸っ子」にて(好友堂さんオススメの寿司屋)
私が美和剛さんに逢うのはこれが初めてだったけど、
何せスカイプで見慣れた顔と声なので、初めてのような気はしない。
美和さんのいでたちは大谷翔平くんの11番半袖ユニフォーム
美和さんは巨人ファンだが、私と同じ大谷くんミーハーおじさんです。
何たって野球マンガから出てきたような二刀流ですから…

最初はまずビールの小さなグラスで乾杯
料理は刺身盛り合わせと天ぷら盛り合わせ(どちらも美味しい)
ビールの次は、青森の「田酒」
久しぶりに呑んだ「田酒」はホント旨かった、絶品です。
かなり酔っぱらってしまい何を話したのか、記憶に残っていない。

二次会は好友堂さんの奥さん運営のOZスダジオにて(裏奥は古本倉庫兼事務所)
http://ozst.net/ (サイトの導入・初期設定などは好友堂さんが担当)
(ジャズ楽器のレッスン、ポピュラーピアノ、ボーカル、歌声くらぶ等々)
(ジャズフェスティバルなどでお馴染みの演奏家が講師陣……)
近くのセブンイレブンで肴を仕入れて(枝豆、餃子、漬物、いなりと巻き寿司など)…
今度は芋?焼酎で…(いったい何を話したのか記憶無し、きゅうり漬物の汁こぼした記憶は有り)
朝、目が覚めたらOZスダジオに布団を敷いて三人が並んで寝ていました。
8時少し前に起床し、9時頃に好友堂さんの車で出発
目指すは駅近くの奥さん方泊るホテル
ちょうどホテル前に着いた時に奥さんから携帯電話で「今、何処?」

今は宴会の翌日8/11の午後9時半
美和さんのお土産「Black Stone」をロックでゴチになっています。
秋田県醗酵工業株式会社/焼酎乙類/酒粕焼酎/アルコール分41%/箱入り
http://www.oenon.jp/product/shochu/sakekasu/black-stone.html
私は普段いつも安い紙パック3リットル日本酒「温情」1026円ですが
焼酎乙類は好きです。
酒粕と米こうじが原材料の「Black Stone」41度のロックは
氷たっぷりで飲むと芳醇な味わいが広がり旨〜い。

美和さんの飛行機はとっくに秋田へ着いただろう
好友堂さんは今キャンプ場で夜空を見上げているのだろうか
好友堂さんも「Black Stone」をやっているかも
私はいつものように一人でチビリチビリ飲んでいます


重宝で手放せないスカイプを教えてくれたのは、何とこの美和剛さん
便利なスカイプを知る前には、ソフトの使い方などで問題があった時には、
電話で相談していましたけど、高くつく通話料がネックでした。
好友堂さんが美和剛さんと福島で逢って飲んだ時に、私も電話で参加。
好友堂さんはこのネット無料電話スカイプの存在を教えてもらって帰り、
早速ウェブカメラヘッドセットの安いのを探して買い、
好友堂さんと二人で色々な設定などを試験…

この驚喜したスカイプについてのブログ記事は何も残っていないし、
その当時のパソコンXPは壊れ、メールも残って居ないので、その年月は不明だが、
美和剛という氏名が私のブログに初登場したのは2006年9月のことだから、
スカイプと出合ったのは2006年かその前年2005年のことか?

当時、10年間にひとつ現れるかどうかのクラスのネットサービスだと感じたが、
あれから10年以上経ったけど、スカイプを超えるものはまだ登場していない。


美和剛さんが特別なのは、一ノ関圭のデビュー時の衝撃を共有しているからだ。
私はマンガファンとして、美和さんはプロのマンガ家として…
美和さんならば同業者との話題に一ノ関圭作品がのぼっただろうけど
私の場合、一ノ関圭さんの衝撃デビュー作「らんぷの下」で語ることが出来たのは、
美和さんとの会話が初めてで「らんぷの下」1975年から30年も経ってからでした。
私はその時の雑誌切抜きを今も持っていますけど、
初単行本(短編集)「らんぷの下」が出たのがその5年後の1980年ですから、
その5年間は切抜きを時々出して読んでいたことになります。
何処に縁があって知り合うのかは不思議なものですねー。
好友堂さんが美和さんと知り合ったのは、好友堂さんのネット古本に美和さんの単行本があったから…
私が好友堂さんと出遭ったのも不思議ですけど…(2000年頃)

★美和剛・画、香橋義高・作「農業ノススメ」(『週漫スペシャル』連載中)***2006年09月15日
http://yumenoya.seesaa.net/article/394425556.html

宴会をしている時からずっと気になっていたのは大谷くんは!?
石狩に戻って確認したら、延長で負けていました。
◆2017日本ハム大谷、8/10(木)楽天戦4打数2安打1打点、大谷翔平くんの打撃成績は…(7/31以降/4番DH)
http://yumenoya.seesaa.net/article/452413017.html
posted by yumenoya at 21:35| Comment(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする