2018年11月16日

北方領土問題、プーチン大統領発言《11/16追記》

北方領土シリーズ記事では心苦しい
最後となるはずの「北方領土・多楽島-5」をまだアップしていない
当初の目論見のpart5に挫折し、そのまま放り出したまま
年内にシリーズ最後part5はモノになるか……

今日のニュース
★北方2島の主権は交渉対象=日ソ共同宣言でロ大統領***時事ドットコム11/15
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111501100&g=pol
いつも、ぬらりくらりのプーチン大統領ですから
何かの進展があるとも思えないが
「2島の主権も交渉対象となるとの認識を示した」

北方領土四島といえば、択捉、国後、色丹、歯舞群島(歯舞諸島)
択捉島、国後島、色丹島にはずっと暮らしている住民が居る。
3島には普通に生活している住民が居て、学校があって店も海産物工場も…そして軍隊も

歯舞群島(歯舞諸島)の多楽島で戦前に生まれた姉は
記憶には無いけど生まれた多楽島を視るために、多楽島の墓参に参加したそうな…
母は養女、父は婿入りなので、今の苗字と血のつながりは皆無
戦争前後の寺は元々根室で、今は旭川の寺に骨壺がある

姉が訪問した多楽島
戦前は昆布の美味しさ一番が多楽島だったらしい
裏日本の富山の出身者には一番人気

姉の初の多楽島墓参によると
誰も暮らしていないから、収穫するヒトが誰も居ないから
根腐れした昆布の腐敗臭……
美味しい昆布も収穫して浜で天日で乾かして、初めてナンボ
多楽島を初訪問した姉曰く、島を取り巻き漂う昆布の"腐敗臭"……

択捉島、国後島、色丹島の三島以外の歯舞群島(歯舞諸島)に住んで居るのは
ロシア側の越境を監視する軍隊(海軍)だけ…

歯舞群島(歯舞諸島)は最低限"還せ"
ロシア国境監視の海軍??は撤去せよ
最低限………プーチンに誤魔化らせぬな!!!!!!
-------------------------------------------------------
《11/16追記》
昨夜、酔った勢いで上の記事を投稿した。

起きてから「北方領土 ロシア 人口」で検索したら、次の記事があった。
★北方領土の人口 | 独立行政法人 北方領土問題対策協会 
https://www.hoppou.go.jp/gakushu/outline/islands/island3/
北方四島在住ロシア人の人口 島名 2015年 2016年
色丹島 3,006人 2,917人
国後島 7,916人 7,817人
択捉島 5,906人 5,934人
計 16,828人 16,668人
※ロシアの統計より。統計上、歯舞群島に居住者はいません。

別のサイトによると「なお、歯舞群島には、「国境警備隊員」以外に定住者はいない」とあった。
「国境警備隊員」というのが正式名称なのだろうか!?
軍人では無いけど、国境警備に特化した日本の海上保安庁のような感じか…

越境の違法な漁船の取り締まりや日露交渉の取り決め操業の監視(漁獲量など)
国境警備隊の監視船には当然、機関銃と大砲などを装備
監視船の威嚇攻撃から逃げ切れずに拿捕(だほ)されると、
"身代金"を支払う"保釈"交渉となる
歯舞群島のいくつかには、この国境警備隊の基地があって常駐隊員が居るだけだろう

歯舞群島の多楽島で暮らしていた父母と姉(当時2歳)は
ソ連軍上陸(1945年9月)に伴い逃げて来た引揚者
戦後(1952年)生まれの私の「北方領土問題」への関心度は低い
父母が生きているうちに色々と聴いておけば…と思うが
小中高で「北方領土問題」について学んだ記憶は全く無い。
歴史の授業は大正時代ぐらいで終わってしまい
地理の時間に北方領土が話題になっただけだと思う。

こんな「北方領土問題」に貧困な私が初めて関心を抱いたのは2016年2月になってからだ。
そしてブログ記事を投稿するようになったけど…
今さら頑張って勉強するつもりは無い。
親父とおふくろ繋がりでしか関心を持てないし
自分の受けた貧困な教育を嘆くのみだ

★菅官房長官「2島返還なら主権確認」=北方領土交渉***時事ドットコム11/16
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111600409

posted by yumenoya at 00:54| Comment(0) | 北方領土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする