2018年05月21日

◎2018-5-21大谷翔平先発7戦目(ネット観戦)ソロHR▲1点◎2点◎1◎1▲1◎1、6連敗阻止で4勝目(9K)《動画》

アストロズに二連敗→レイズに三連敗と5連敗中
最悪の流れを阻止するのは大谷先発…
展開では完投するつもりで…

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語生中継必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018052113

《エンゼルスvs.レイズ(5:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(DH)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(遊)シモンズ(2)
5(三)コザート(7)
6(一)マルテ(19) →代打バルブエナ(18)
7(捕)マルドナド(12)
8(中)Cヤング(24)
9(右)ハーモシロ(59)
先発投手/大谷翔平(17)(右腕/3勝1敗)
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆レイズ先発/救援ロモ投手連続(右腕/今日も1回だけの先発か!?)

(大谷くん先発のブログ速報は攻守どちらも気になるので忙しい)
《大谷投手がメインのネット観戦速報》
◆1回表(大谷)左飛→クロン空振り三振→fullから四球→右飛 (今日はボールが先行で球数が多いスタート)
《投球数(Strike)K:18球(9)1K》
◆1回裏(ロモ)キンズラー四球→(初球盗塁成功)トラウトfullから空振り三振1out2塁→アップトン空振り三振→シモンズ3ゴロ
◆2回表(大谷)1ゴロ→右中間二塁打1out2塁→空振り三振→空振り三振
《投球数(Strike)K:33球(19)3K》
◆2回裏(ロモ)コザートストレート四球→マルテ空振り三振1out1塁→(投手交代)マルドナド左飛→Cヤング空振り三振
◆3回表(大谷)先頭センターソロHR▲1点→空振り三振→右飛→2ゴロ 《▲1対0》(ホームランの後続は三者凡退)
《投球数(Strike)K:47球(26)4K》
◆3回裏ハーモシロ3ゴロ→キンズラー2ゴロ→トラウトfullから四球→アップトン中飛
◆4回表(大谷)3ゴロ→空振り三振→空振り三振《三者凡退
《投球数(Strike)K:62球(34)6K》
◆4回裏シモンズ投ゴロトンネル出塁→コザートストレート四球0out21塁→(暴投32塁)代打バルブエナ遊ゴロ◎1点1out3塁→(投手交代)マルドナド中犠飛◎1点→Cヤング左中間二塁打→ハーモシロ死球2out21塁→キンズラー二飛 《1対2◎
(追記:無安打で逆転とは大谷先発の効果なのか!?)
◆5回表(大谷/1点リード)3球空振り三振(ファウル/見逃し/空振り)→3ゴロ→右飛《連続三者凡退
《投球数(Strike)K:73球(41)7K》
◆5回裏トラウトfullから四球→アップトン空振り三振+盗塁成功→(盗塁成功3塁)シモンズ四球1out31塁→コザート右犠飛◎1点(少し浅いかと思ったけど悠々セーフ)2out2塁→バルブエナ空振り三振 《1対3◎》(二盗&三盗を決めるトラウトはスゴイ!!)
(※日本の試合でダブルスチールは何度も記憶はあるが単独の二盗&三盗はトラウトしか記憶に残っていない)
◆6回表(大谷/2点リード)遊ゴロ→遊ゴロ→空振り三振《3連続三者凡退
投球数(Strike)K:81球(49)8K
◆6回裏マルドナド右飛→Cヤング右飛→ハーモシロ右翼線二塁打→キンズラー中飛
◆7回表(大谷/2点リード)三塁ライナー弾く左安打→中飛1out1塁→右前安打1out21塁→左飛(深い)2out21塁→中飛(深い)
(結構大きなフライが続いたからここまでか??三振も獲れなかったし…)
投球数(Strike)K:99球(59)8K
(継投陣が不安だからもう1回投げて欲しいし…追加点も欲しいところ…)
◆7回裏トラウトfullから四球→アップトン空振り三振→シモンズ右翼線安打1out31塁→コザート中犠飛◎1点→バルブエナ三飛 《1対4◎》(※トラウトは少し浅いかなと思えるフライも犠飛となる)
◆8回表(大谷続投/3点リード)先頭右翼エンタイトルツーベース(カルフーン突っ込むも)→(暴投3塁)遊ゴロ▲1点→空振り三振→中前安打2out1塁(投手交代/アンダーソン)→ストレート四球2out21塁→空振り三振 《2対4◎》(ストレート四球にはドキッ!!次は9回表3人outが)
大谷投球数(Strike)K:110球(68)9K
◆8回裏マルドナドソロHR◎1点→Cヤング一飛→カルフーン四球→キンズラー遊ゴロ併殺《2対5◎
◆9回表(投手交代/パーカー)右前安打→左飛→fullから見逃し三振2out1塁→(進塁+暴投で3塁)空振り三振〆
◎5対2で6連敗を阻止し大谷4勝目
《ヒーローインタビュー:大谷翔平》
《本日の大谷投手:7回2/3、110球6被安打9奪三振1与四球2失点1被本塁打

★2018.5.21 大谷翔平 先発登板!投球全球 エンゼルス vs レイズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=EoKWJ_jxRiA

★大谷翔平 ピッチャー 2018/5/21 - Shohei Ohtani Angels Highlights - エンゼルス Vs タンパベイ | C Highlights
https://www.youtube.com/watch?v=afE3Icfzfqc

★5月21日 大谷翔平 4勝目! 投球ハイライト&解説 エンゼルス×レイズ (日本語)
https://www.youtube.com/watch?v=Pfci27rf4aw


★大谷が今季4勝目 米最長8回途中の熱投「最後の方は僕もいっぱいいっぱい」***Full-count5/21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131161/
「試合後にテレビ中継のインタビューを受けた右腕は「最後の方は僕もいっぱいいっぱいだった。1人1人いつ代わってもいいくらいで投げていた」と110球(68ストライク)の熱投を振り返った」
★大谷が110球熱投で4勝目&6連敗阻止! 米最長8回途中9K2失点の快投劇***Full-count5/21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131143/
「3回先頭にソロ被弾後は打者12人を連続凡退」
「デビューから7試合のうち6試合で6奪三振以上を記録したのは、ハーブ・スコア(1955年)、田中将大(2014年)に続き、1908年以来ア・リーグ史上3人目の快挙となった」
★大谷翔平、デビュー7戦で50奪三振を達成 球団史上最速記録を樹立***Full-count5/21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131168/
「今季通算52奪三振。デビューから7戦目で通算50奪三振に到達したのは、球団史上最速記録」
「球団によれば、メジャーデビュー7戦目で50奪三振以上を記録したのは、田中将大(58奪三振)、野茂英雄(55奪三振)、ダルビッシュ有(51奪三振)に続く日本人投手として4人目」
★大谷、データが明かす4勝目への“分岐点” 「最高の三振」と相手が仕掛けた「勝負」とは***baseballchannel 5/21
https://www.baseballchannel.jp/mlb/48024/
★大谷が使い分ける“ギア”の存在 女房役が証言「全く別の野獣に変身する」***Full-count5/21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131289/
-------------------------------------------
夢の球宴での本塁打競争の仕組みは!?》
大谷くんへの質疑の場は試合終了後しかないので、投手先発登板の日に「本塁打競争」の質問が飛び出す
★なぜか大谷の9奪三振4勝目投球の後に米メディアから本塁打競争の質問が飛ぶ***THE PAGE 5/21
https://thepage.jp/detail/20180521-00000002-wordleafs
「オールスターの本塁打競争への参加の招待が決まるのは、まだ1カ月以上先のこと」"招待制"
8選手を4つの組に振り分けて1対1の直接対決させていくトーナメント方式
4分間の制限時間内に何本打てるかを競う

posted by yumenoya at 05:09| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする