2016年08月20日

◎リオ五輪、陸上男子4×100mリレー 決勝☆銀メダル☆、何度でも視たい動画3本リンク/《追記8/21》気になる関連記事様々へのリンクは別ブログから/《追記8/22》★こんな記事を待っていた★

(パ・リーグ天王山(日本ハムvsソフトバンク)連敗のショックが大きいので、陸上短距離の快挙☆銀メダル☆を先に)
金 ジャマイカ 37秒27
銀 日本 37秒60
銅 カナダ   37秒64

山県亮太→飯塚翔太→桐生祥秀→ケンブリッジ飛鳥
↓やっとアップされておりました。
◎【NHKリオ】ノーカットで400mリレー決勝! アジアの短距離史上 最速の走りを目撃せよ(YouTube/2分34秒)
https://www.youtube.com/watch?v=2RWr2KwBoIY

◎【NHKリオ】これがアジア最速の走りだ(完全版) 男子400mリレー 銀メダル(YouTube/2分45秒)
https://www.youtube.com/watch?v=oKHIHOilh5M

◎【NHKリオ】400mリレー後のインタビュー ノーカット(YouTube/3分10秒)
https://www.youtube.com/watch?v=xy3_N3Rd8e8
--------------------------------------------------------------------------
《追記8/21》気になる関連記事様々へリンクは別ブログで(随時追加更新)
陸上短距離(100m/200m/400m)、最速への憧憬と興奮
盛り上がる陸上100mのレースとその記録
まだ日本選手は10秒を切っていない陸上100m
そろそろ…やがて…が気になる日本の選手たち
一人なら世界の壁は険しいけれど
駅伝のタスキのようにバトンをつなげば…
短距離のリレーならば…
4×100mリレー
それを実感させたのが2008年五輪北京オリンピックの銅メダル
◎実況♪北京オリンピック 陸上男子 4継 決勝(銅メダル/YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=ENvEKX1Jc84
この時は興奮しました
この頃、というかずっと、決勝に残る(ファイナリスト)だけでスゴイ成績だった陸上短距離
あれから8年……銀メダルです
先にゴールを切ったのはジャマイカのアンカー、ボルトだけです
最後のバトンをほぼ同時に受け取って並んでいたケンブリッジ飛鳥もボルトにアッと離されました
ボルトの加速エンジンはモノが違いました

◎リオ五輪、男子4×100mリレー 決勝☆銀メダル☆日本新!アジア新!/《動画リンク追加3本》/《追記》関連記事追加随時-夢の屋
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-157.html
-------------------------------------------------------------------------------------------
別ブログ↑からの転載です。(私のように気になっていた方に)
《8/22》こんな解説の記事を待っていました。(★無料登録すると全文を読めます)
シューズ4分の1足分の勇気、歴史つくった リレー銀 - 2016リオオリンピック:朝日新聞デジタル-2016年8月20日21時10分
http://www.asahi.com/articles/ASJ8N627VJ8NUTQP03B.html
「18日の予選。全体2位の37秒68で通過した。これではメダルに届かない、と判断した選手たちは話し合った。「半足にする?」「いや、4分の1でいこう」」
「選手たちはスタート前、自分がスタートする地点から、自分の靴を使って逆方向への距離を測り、テープを貼る。そこに前の走者が来たら自分がスタートする、という目印だ。この位置を、2走の飯塚は、予選より靴4分の1足分、遠ざけた。」
「予選では、バトンパスのところで完全にはスピードに乗り切れていなかった。前の走者がより遠くにいる時点でスタートすれば、それだけスピードに乗ったところで受け取ることができる。ただし、受け渡し区間(テイクオーバーゾーン)内でバトンをもらえず、失格になるリスクが増える。

 「半足分だとちょっと怖かった」と飯塚。時速40キロ近い世界だけに、数センチの差は大きいのだ。」
posted by yumenoya at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

◎おめでとうございます卓球女子団体、3位決定戦勝利で銅メダルを獲得/《追記8/17》伊藤美誠選手の記事

(野球の日本ハム戦が終わってからは卓球女子団体戦のテレビ中継を注視)
《日本vsシンガポール》
●福原愛
フルセット2対3で落とす
◎石川佳純
ストレートの3対0で勝ち
◎福原愛&伊藤美誠(ダブルス)
始めのゲームを取られるが3対1で勝ち
(もう一勝で銅メダルに…)
◎伊藤美誠
3対1のストレート勝ちで三勝、銅メダルを獲得

勝って良かった……
個人戦で足のつった石川佳純くんも
団体戦準決勝のエッジ判定に納得してない福原愛ちゃんも
おめでとうございます。
4試合目で決めた伊藤美誠ちゃんは15歳なんですからねェ、スゴイ…
あの明るい伊藤美誠ちゃんキャラは今後の日本女子卓球界の牽引力になりますね。
中国勢を脅かす選手にきっとなるでしょう、なって欲しいです。

◎女子団体3位決定戦 シンガポールvs.日本(【速報終了】日本、銅メダル! 2大会連続のメダル獲得)
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/rio2016/live/6536/?rf=on

次の中継は【体操】男子種目別平行棒決勝の加藤凌平くんです。
ただ視るだけの観客も、複数チャンネルの中継があると忙しい。
------------------------------------------------------------------------
《追記8/17》伊藤美誠選手の記事
◎伊藤美誠は「卓球界の革命児」暗黙ルールどこ吹く風-日刊スポーツ 8月17日(水)20時52分配信
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160817-00000166-nksports-spo
「練習を始めて、大内さんはすぐに気付いた。卓球は練習中に相手を重んじる風潮がある。一定のコースでラリーをしている時にはコースを変えない、という暗黙のルールがあった。しかし、伊藤はチャンスボールが来れば容赦なく決めにいった。まるで試合中と勘違いしているのではないかと周りが疑うほど入り込んでいた。」
「大内さんは「40数年間指導者をしているけど、こんな子は初めてだった」。練習相手の生徒たちには「バカにされている」と思わず泣きだす子もいた。大内さんは「合宿に行っても、みんな『美誠はラリーしてくれない』と一緒に練習したがらなかった。私も最初は注意しようかと思った。でも、これが伊藤美誠なんだと思って、子どもたちに『美誠はバカにしているんじゃない。真剣なんだ』と話をしました。」

この記事を読んで、あのトルネード投法の野茂英雄投手のこととイチロー選手のことを思い出しました。
あの野茂投手の独特の投げ方を守ったコーチが居たんだしょうね(そんな記事を昔読んだ記憶があります)。
イチロー選手のインタビュー記事は最近読みました。(下記リンク)
「僕が19歳の時、コーチが『君にしてほしいことがあるんだけど聞いてくれるか』と訪ねました。『もしくは君のやり方でいくか』だと。僕は『僕のやり方でいく』と伝えました。19歳の時に僕が言ったことは、キャリアにおいてとてつもなく大きなターニングポイントになりました」(注・「イチロー育ての親」とも言われる河村健一郎氏(当時オリックス2軍打撃コーチ))
●【MLB】イチローが地元TVインタビューに登場 原点、転機、3000安打について語る-Full-Count 8月15日(月)19時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00010016-fullcount-base
異端児には伯楽あり

伊藤美誠ちゃんの最初の記憶は、大会名(ヨーロッパ開催?)は忘れてまいましたけど、
十代のダブルス・コンビで優勝(?)した時に賞金がもらえるんだと聞いた時に、
二人とも喜んだのですが、その時の伊藤美誠ちゃんの反応と表情がとても印象的でした。
賞金が出るという情報に驚いて歓喜(?)する中学生の女の子
あの素直な反応には"異端児"の風格も……
posted by yumenoya at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

◎内村航平くん五輪連覇を目指し、男子個人総合 決勝(24選手)→劇的逆転金メダル/《追記》ぎっくり腰

内村航平くんと加藤凌平くんとは同じ組での種目ローテーション
ゆか→あん馬→つり輪→跳馬→平行棒→鉄棒
◎1.ゆか:得点(順位、通算得点/順位)
4内村航平:15.766点(1位、2位)ピタリ止め着地
6加藤凌平:15.266点(2位、3位)

◎2.あん馬
3内村航平:14.900点(3位、30.666点/1位)
5加藤凌平:14.900点(3位、30.166点/4位)
通算2位ウィットロック(英)30.606
通算3位ベルニャエフ(ウク)30.566

◎3.つり輪
2内村航平:14.733点(4位、45.399点/3位)ピタリ止め着地(笑顔)
4加藤凌平:14.566点(10位、44.732点/4位)
通算1位ベルニャエフ(ウク)45.866(内村差▲0.467)
通算2位ウィットロック(英)45.741

◎4.跳馬
1内村航平:15.566点(1位、60.965点/2位)
3加藤凌平:15.058点(8位、59.790点/6位)
通算1位ベルニャエフ(ウク)61.366(内村差▲0.401)
通算3位ウィットロック(英)60.741

◎5.平行棒
(1ベルニャエフ16.100)高得点でプレッシャーを
2加藤凌平:14.900点点(16位、74.690点/7位)着地乱れ
6内村航平:15.600(7位、76.565点/2位)着地一歩前へバウンド
通算1位ベルニャエフ(ウク)77.466(内村差▲0.901)差拡大
通算3位ウィットロック(英)75.411

◎6.鉄棒
1加藤凌平:13.900点(88.590点)離れ技で掴んだように見えたが落下
5内村航平:15.800点(92.365点)躍動感に溢れ高く美しくてピタリ着地(両手ガッツポーズ)
(6ベルニャエフ)着地時点で新チャンピオン誕生と思ったが…(当人もそう感じていたように見えたがが)
ベルニャエフ14.800
何とベルニャエフの得点表示で逆転し内村航平くん連覇達成です。

金メダル:内村航平:92.365点
銀メダル:ベルニャエフ:92.266点(ウクライナ)0.099差
銅メダル:ウィットロック:90.641点(イギリス)
加藤凌平くんは88.590点で11位
◎男子個人総合決勝の実況速報←経過の確認はこちらで
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/rio2016/live/6403/

劇的な逆転で連覇チャンピオン誕生
次は種目別戦いでまた魅せてー

体操をワクワクして観たのは東京オリンピックからです。
一番躍動感に溢れている競技だと思っています。
力強く高く飛んで跳んで回って捻って美しく

◎五輪7人制男子ラグビー 日本は準々決勝でフランスを破りベスト4
・初戦のニュージーランド戦は生で視ていましたが、負けたニュージーランドの選手たちのぶぜんとした表情を思い出します。勝って当然だと言っていた日本は強いですね。

次の中継はチャンネルを変えてサッカーのスウェーデン戦です。
(そうそう今日は目覚ましで起きました)
内村航平くんの最後の演技(鉄棒)着地後のガッツポーズは最高の演技をやりつくしたという満足感の発露…
----------------------------------------------------------------------------
《追記》ぎっくり腰
●内村航平、演技中にぎっくり腰を発症! 種目別床の出場は微妙に…-デイリースポーツ 8月11日(木)10時31分配信
http://www.daily.co.jp/olympic/2016/08/11/0009376722.shtml
「「腰がやばいです。鉄棒の中にエンドウっていう腰を曲げる技があるんですけど、そこでぎっくり腰みたいになって。これでよく着地が止まったと思う」。予選、団体決勝、そして個人総合とわずか5日間で計18種目をこなした体は限界を超えていたようだ。」
--------------------------------------------------------------------------------
●内村2連覇 会見で垣間見えた頂点を争った2人の友情 ベルニャエフ「無駄な質問だ!」-デイリースポーツ 8月11日
http://www.daily.co.jp/olympic/2016/08/11/0009376449.shtml
メダリスト会見での内村に対する海外メディアからの質問に対し怒ったのがベルニャエフだった……
-----------------------------------------------------------------------------
《追記8/15》古いが個人総合の一問一答と今日の「ゆか」後の一問一答など
●内村「負けたと思った。負けていた方が楽だったかも」 逆転金メダル一問一答 体操/リオ五輪-2016.8.11 09:00 SANSPO.COM(サンスポ)4ページ
http://www.sanspo.com/rio2016/news/20160811/rio16081109000074-n1.html
●【種目別床後の一問一答】内村「健三も揺れるんだな…あいつも人間なんだなと」 体操/リオ五輪-サンケイスポーツ 8月15日(月)4時3分配信
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160815-00000508-sanspo-spo
●白井「五輪の難しさ」着地乱れ4位 跳馬で「悔しさ晴らす」-スポニチアネックス 8月15日(月)3時6分配信
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160814-00000182-spnannex-spo

(五輪は寝るのも不規則になるので体操「ゆか」を見逃したけど、錦織くんのナダルを破っての銅メダル獲得と卓球男子団体・準々決勝のダブルスで香港撃破は視れた。現在の中継はグレコローマン男子59キロ級決勝の太田忍くん、残念ながらテクニカルフォール負けで銀メダル)
posted by yumenoya at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

☆「リオ五輪、地上波のテレビ放送予定・日程・時間」の確認は大丈夫??/《続記》体操・男子団体で金メダル!!

・4時頃に目が覚めてテレビを点けたら、ちょうど体操の男子団体決勝の入場シーンでした。(NHK総合)
・この時にいつも利用しているテレビ番組表(Yahoo!テレビ.Gガイド)を確認するが、この時に表示されていたのは、5時からの卓球男子がNHKEテレでのみ。
(5時を過ぎても私の視ている「体操の男子団体決勝」は表示されていないので、ネットのテレビ番組表の早朝はあまり当てにならないようです)

あんば→つり輪→跳馬
跳馬は、加藤凌平・内村航平・白井健三は揃って15点台を決めて、後半に突入です。
(恐いのはブラジル選手演技の時の歓声です)

◎体操の速報(私はこのサイトで確認しながらテレビ観戦してます)
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/rio2016/live/6407/?rf=on

平行棒の一人目・田中佑典くんの演技が15.900点!!
二人目・田中佑典くんは15.500点
三人目・内村航平くんは15.366点
着実に得点を伸ばしております。

注・当然ですが、日本時間での放送予定です。
◎リオ五輪、NHKの放送予定まとめ
http://rio-olympic.hatenablog.com/entry/2016/06/25/%E3%83%AA%E3%82%AA%E4%BA%94%E8%BC%AA%E3%80%81NHK%E3%81%AE%E6%94%BE%E9%80%81%E4%BA%88%E5%AE%9A%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%80%82%E9%96%8B%E4%BC%9A%E5%BC%8F%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB

◎リオ五輪、地上波・民放のテレビ放送予定・日程・時間まとめ
http://rio-olympic.hatenablog.com/entry/2016/07/08/%E3%83%AA%E3%82%AA%E4%BA%94%E8%BC%AA%E3%80%81%E5%9C%B0%E4%B8%8A%E6%B3%A2%E3%83%BB%E6%B0%91%E6%94%BE%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E6%94%BE%E9%80%81%E4%BA%88%E5%AE%9A%E3%83%BB%E6%97%A5%E7%A8%8B
------------------------------------------------------
《続記/団体戦終了後に》体操・男子団体で金メダル!!おめでとうございます
続く鉄棒も15点台で揃えました。
5種目を終えで日本がトップ通過、続くはロシア、中国

そして最後の「ゆか」
まず白井健三くん、16.133点という高得点の演技
続く田中佑典くん、15.466点
ラストは内村航平くん、15.600点と高得点の連続

ゆか演技を終えた内村航平くんは本当にホットした顔と姿
6種目全部に出てのリーダーとして、すごい重圧から解放され
金は間違いないだろうという安堵感など感無量だったのでしょう。
(《ここ追記》今公式サイトのゆか動画ダイジェストを確認しましたが、下へ降りる前の、終わった直後の茫然と立っているかのような微妙な表情の、色々な思いが去来しているであろう感慨シーンはカットされていました。一番ドラマチックで感動的なシーンだったのに…。YouTubeにあったNHK提供の床動画も三人の演技だけでカットでした。見る眼が無いねえ。録画している方、YouTubeにそこまでアップしてチョーダイ。数秒のたたずみなのですがとても多くを語っています。と感じたのは私だけかも)

同グループである2位ロシアの演技が終わるのを待って
金メダルが確定、良かったー

金 日本  274.094点(圧巻の優勝)
銀 ロシア 271.453点
銅 中国  271.122点

表彰式が終わりました。
海外取材が多いので
今やっと内村航平くんのインタビューがありました。
(金メダルを「めちゃめちゃ重たいです」と)

内村航平くん、山室光史くん、加藤凌平くん、田中佑典くん、白井健三くん、ありがとうございました。

続く個人総合と種目別でも最高の演技で魅せてください。
posted by yumenoya at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | オリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする