2017年09月27日

■好友堂さん夫婦が視た風景とそのスマホ画像(支笏湖&積丹半島の夕焼け)、電話呼び出し音とスカイプ開始の合図

これは既に書いたエピソードだと思うが、
あのクレージーキャッツのメンバーに、まだ運転する付き人が居ない時代…
谷啓さんがひどいボロ車に乗って、それで仕事場に通っていたそうな
その時に通り道の植木等さんを乗せていた…
二人の間には3回呼び出し音が鳴ったら、
オレが今出発するという合図だから受話器を取るなよ
という約束事にしていたそうな
呼び出し音だけなら通話料金はかからないという今でも賢明な判断です。
(このボロ車のエピソードには、もっと笑える面白い話があったけど、出処の本は不明)

このクレージーキャッツにまだ付き人&運転手も居ない旧い時代のエピーソードについては、お互いにまだ知らなかったけれど、この呼び出し音による連絡が好友堂さんとの「スカイプしましょ」の連絡となって長い。
好友堂さんが地下の仕事場に居る時には、以前だと050に電話して「スカイプしましょ」と連絡していたのだが、050は不調で利用契約の取りやめとなり、かといってスマホ電話は(鉄筋の地下だからか)不通状態。
でもメールで「スカイプしましょ」も大げさだなと思ってから、好友堂さんからの「呼び出し音一回」が「スカイプしましょ」の合図となった。
今でも急ぐ時には、携帯に電話をするし、さほどでない時には、二つの携帯メールアドレスを緊急度で二段階で使い分けてメールしている。急ぐ時には古本屋用通販註文の専用メルアドにメールをしている。

私が携帯とかPHSを持っていたのは、オフクロが、オヤジがヤバイという緊急時だけだったし、旅行に電子カメラを提携したことは無かった。電子カメラはあくまでも通販用古本の画像のためで、旅先に携帯したことは無かった。オフクロが生きていた時には、自分が写っている写真を仕入れて母に送ったことはあるけど、それ以外に興味は全く無かったし、この風景は是非とも記録して置きたいなんて思ったこともなかった。

ひとつ独特の色で記憶に残っているのは、学生時代、今から40年以上も前の、支笏湖少し手前のオコタンペ湖の色、崖の上から視た時の深緑の色だけは今も鮮明に記憶に残っている。
風景・景色に全く関心のない人間だけど、あのオコタンペ湖だけが記憶に今でも残っている。あの時はその素晴らしさに険しい崖を降りて湖畔まで行った、恐らく「立入り禁止」の看板があったかも知れないが…それほど素晴らしかった……そういったことにはほとんど無縁の私だが、今視たらどうなのだろうか…と今でも少し気にかかるオコタンペ湖……

とここでやっと今日の本題
好友堂さん(ネット古本屋)の奥さん(OZスタジオ運営)が今日9/26は仕事空きだったそうで、
二人で支笏湖にドライブしたそうです。(スカイプの話)
その時の素敵なスマホ画像をスカイプで送ってくれました

人間って夕焼けにどうしてこんなに感銘するのでしょう。
と言ったら、積丹も感激していたよ、と送ってくれたのが次の画像

"夕焼け"ってテレビドラマもマンガでも震えるような何かがあります。
今は闇夜になるけど、やがて朝日とともに再生のシーンが始まるのだ…
そういう明るさを予兆させる感動シーンが夕焼けにあるのだろうか…
モクモクと膨らむ灰色の原爆・水爆をイメージしたくはない

好友堂さん夫婦の9/26のチャンス画像(時間順4枚)
午後5時少し前に支笏湖街で食事をして出たら、
街の商店街のシャッターは下りていたそうな…(平日の観光地はこんなもん…)
支笏湖街-a.jpg
支笏湖街-b.jpg
支笏湖街-c.jpg
支笏湖街-d.jpg

この支笏湖の夕焼け画像にスゴイと感動したら、
以前のスカイプで話題になった積丹の画像を再度送ってくれました。
8/31の夫婦ドライブ時の画像(時間順2枚/一枚は緯度経度の標識画像)
積丹半島-a.jpg
積丹半島-b.jpg

これって小倉さん夫婦のノロケ話・お気に入り風景画像のようですけど、
私も好きで独り身ですから

なお、スカイプ中に好友堂さんに確認いたしました。
気に入ったら「活用はご自由」、画像の著作権は主張をしないと…
この夕焼け画像が気に入った方は、ご自由にお使いください。
支笏湖と積丹半島、なかなかのシャッターチャンスの画像ではないかと…

久々に好友堂さん作成の"OZスタジオ(音楽教室&ライブ)"へ行ったならば
また成長していました。
サイト・ソフトのバージョン・アップが悩みらしいが、好友堂さんはまだまだ頭が若いからねー
http://ozst.net/

ありゃ、もう午前6時には驚いたー
-----------------------------------------------
《追記9/27昼》
正午少し前に目が覚めたので、追記します。
好友堂さんは古レコードのサイトも運営しておりました。
何故、過去形で語るのかというと、
その古レコード販売をやっていたレンタルサーバーのメールアドレスが乗っ取られ、
不審な多数メールの発信の舞台になったらしい。
この話を聴いて驚いたのは、二週間ほど前のことだが、
そのことを感知したレンタルサーバーは自動的にシャットアウトして、メール連絡があった。
どうもバージョン(ワールドプレスだったかな?)が古くて穴が空いていたらしい。
結局、好友堂さんは、そのサイトの商品をヤフオクに出品して閉鎖した時に、
ブログ部分のデータをバックアップしていなかったので、
積丹半島へ行った時の画像付き記事も消えてしまったそうです。
好友堂さんも私と同じだようで、良いアプリに挑戦した時のメモ(格闘記)は、
ブログに残しておくことが多い。
何か事が起きた時には、自分のメモを読みかえすと、その経過を思い出すと…
そのブログが今はまだ無いものだから、
本来であれば、好友堂さんが自分のブログで使うはずの画像ネタを使って
私がブログ記事を書いた次第です。
今はもう止めたけど、Zen Cartなどを使ってサイトを構築したことがある。
好友堂さんのように、プログラムのホールを狙われる可能性が自分にもあったことを思うと、
サイトの運営って怖いですねぇー
以前のテレビ番組で、九州の大学での情報漏えい事件があった時に、
追跡したらそのジャンプ舞台のひとつが小さな個人運営のサイトでした。
今回は単なるスパムメールの舞台になっただけだけど、
やっぱりネットってのは、知識無しに何気なく使っているだけに
自分が知らない内に何かに加担しているかも、というのは恐い……
posted by yumenoya at 05:53| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

★自動車運転免許、運転は怖いのでずっとペーパードライバー、歩いていても恐い車、事故が起きるのは当然/《追記》

私が採用された時の係の人員は5名
私の直前に運転免許を持っていた人が退職したので免許は一人のみに
運転免許が無いと仕事にならんとまず若い私に運転免許取得のご下命

運動音痴ほどでは無いが運動が得意な方ではない
小学生のころ、5歳うえの兄貴に、
造成したばかりの港の広い岸壁(荒い砂利敷き)で
シートノックでゴロとフライのボール処理を鍛えられたので
グラウンドでの内野は無理でも外野は何とかこなせる様になっていた。
当時は「巨人・大鵬・卵焼き」の時代でしたから、三角野球と相撲。
小学校にはずっと土俵が有りました(私は栃の海ファン)。
野球は巨人中継しかないし、漫画も巨人がほとんどでしたのでずっと巨人ファン
痩せたチビの私はボールの大きなバスケットはキライでした。
スポーツ全般が得手でないから体育評価は高校までずっと5段階の3クラスばかり
田舎には全校生の10キロマラソンがあったけど、
進級に応じ下中上の三分の一には入って到着していました。
夏も寒い田舎なので倒れる人は居なかった…
(もし居たら10キロマラソン存続が話題になっていたはず)

ご下命だから教習所に通うものの
スムーズには実地運転のランクアップにはならなかった。
独身寮に入ったので職場の同僚の車に同乗して出勤
混んだ出勤時間帯にスイスイ、且つ狭い駐車場にもスイスイ
私から見るとこれらは神業でした。
教習所の"狭いLとSの字"と"狭い縦列駐車"は至難の業
普通の人の倍の時間は実地をやらされた…

やっと取得して独りでの運転出張も
出張のお客さん方を乗せての出張も
一度は部長を乗せての出張も
一度だけネズミ捕りでスピード違反に…
運転したのはたった2年間ですがよくぞ事故が無かったものだ。
とっさの反応の鈍さで巻き込まれても何ら不思議じゃない。
その頃、私は自分の車が欲しいなんて一度も思った事が無い。
自動車の運転って、左右の手足が四つも別々に動かし、
それと同時に左右・前後を視て安全の確認、
オレは聖徳太子じゃない。
それにラジオの選曲(今ならCDかテレビか地図ナビ)、ついでに缶コーヒー
今は更に携帯・スマホ、ついでにつぶやき投稿、激写や動画の投稿など…誘惑がたくさん…
こうなると聖徳太子だってお手上げ

スポーツが得手でない、運転嫌いな私は転勤で
完全に自動車運転とオサラバできました。
あれから35年以上が経った、身分証明書としてずっと更新中です。

今でも思う、「自動車の運転って人間の能力を超えている」
自動車事故を起こしていない、自動車事故に巻き込まれていない
それはたまたまそうなのよ、ついていたね
今後も同じく大丈夫だとの保証は無い
運転が仕事の人も、日常生活に運転が欠かせない人も危険の紙一重
人身事故になったら、それも運転手だけならともかくも
誰かを巻き込んだら、他人を巻き込まぬとも死んで残った家族は…
"恐ろしい車"
ネット注文でとても便利で重宝な車配達
私も書籍購入を筆頭に、パソコン本体と関連機器などで利用しています
札幌に出る時のバスも酔っぱらった時の帰りタクシーも
普段歩いている歩道、止まるだろうと渡る横断歩道
ただ歩くだけでも危険の多い恐い車

寝酒が進むとボヤキの時間になるようです
ペーパードライバーの私が言いたくなるほど多い交通事故
酔っ払い運転は言語道断
こういう時に使いたい"人間失格"
私にも前夜の残り香の"酒気帯び"クラスはあったから、一方的に批判はできないけど

あのスピードで走っていて事故が起きるのは当然だ!!!!
人間はチータじゃない
とっさの反応力を持ち合わせていないのが人間
-------------------------------------------------
《8/28正午近く》昨夜、酔っぱらって書いたことのチェックは後回しにして…
両手両足のバラバラの操作は熟練で慣れるものだとしても(脳の運動機能)
眼と耳とで周囲に注意しながらの安全運転の維持は至難の技
とっさ状況変化に対する反応速度などは、肉体的・精神的な疲労・ストレスなどで鈍るもの
アルコールのようなものは問題外としても
車の前後左右の周りには他の自動車・バイク・自転車・歩行者が…
過重な運転環境や心的悩みなどから来る疲労とストレスの蓄積や寝不足などで注意力は散漫
突然の進路変更・飛出し、急停車など、常時周囲に注意していなければならない運転環境
高速だと危険度は累乗となる。
年齢が進むとともに反応速度は少しずつ遅くとなり
とっさの危険にパニック反応する可能性も増す
こんな危険に満ちた環境で車を走らせていることは事故に巻き込まれる可能性は低くない
いくら自分は気をつけていても、とっさの危険を回避することは難しい
自分の手足と眼だが思っている以上に鈍いのが手足と眼であり脳の限界

歩行者としては信号で車は停止くれるだろうと横断歩道を渡るけれど
かなり減速したのを目視しないと渡り始めないように気を付けるようにはなった。
でもまさか歩道に乗り上げて疾走する車の出現までは予想していないから
コンビニなどに居ても、まさかアクセルをふかした車が飛び込んで来る可能性を心配してはいない。
運送トラックなど車社会の恩恵のもとで暮らしているけど
恐い怖いクルマです

酔っぱらい運転にまだまだ寛容すぎる
自動車事故で人が死んだら殺人
不可抗力の事故で無罪だったとしても一生ついてまわる
便利だけど極力減らして欲しいものがクルマ
矛盾のクルマ社会
その便利さにしっかり浸っているのに危険な殺人車
自動車事故の死亡者数は減っているようだけど
日本で毎日10人以上が死んでいる。
重傷者はその十倍で毎日100人以上……
《平成28年中の交通事故発生状況》
交通事故平成28年.JPG
素面で書いてもボヤキにしかならない
こんな恐ろしいクルマ社会に慣れてしまっている
事故の当事者にならない限りそれを実感できないものなのかなー唖然
------------------------------------------------
《8/29追記》今、読書についてで投稿したばかり、
投稿済みの記事を読み返して修正するのも面倒なので
新たに思い出したら追記するのが当然楽だー

初めて係長と車で札幌に乗り込んだ時のこと
田舎と違い周りは飛ばす車、車間距離も狭い車陣営
私には手にを得ない状況だと判断し係長にハンドルを代わってもらった。
札幌の中心部に入ったらば右折禁止と一方通行が多くて
早くに替わってもらって良かったと思った次第だ。
慣れだとは云えオレには無理だなと感じた次第だ
だから私の運転歴は3年で卒業できました
あれから35年以上経った
今はただ身分証明書の保持のために、
更新の通知が届いたらせっせと通うだけ
posted by yumenoya at 04:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

★「運ぶ人」ドライバーがいない物流現場の疲弊part2、今の「◆時間帯指定無し◆」を改めて「時間帯指定」システムをアマゾンなどは導入すべき/《適宜追記》コンビニの疲弊

part1は下記の記事
★「運ぶ人」ドライバーがいない物流現場の疲弊(ヤマト、宅配、時間帯指定、再配達、ネット通販、アマゾン等々)-2017年03月05日
http://yumenoya.seesaa.net/article/447603099.html?1489385540

今日の記事
★「再配達地獄」を解決するシンプルで効果的な方法―中国式「職場受け取り」のススメ-JBpress2017.3.13(月)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49380
「職場受け取り」が可能なのは、持って帰れる小さい物の場合やマイカーなどで通勤の場合に限定されると思う。


問題の「再配達」は、配達時に受取人が不在のため、発生する。
宅配便やゆうパックの場合、受取人に都合の良い配達希望の時間帯指定ができるはずなのに、
大手ネット通販の注文システムの多くは、「時間帯指定」に対応していないと思われる。

part1でも少し書いたが、昨年11月にプリンター複合機はアマゾン直営店へ、トナーカートリッジはアマゾンへの出品店へ注文した。
プリンター複合機はヤマトで、トナーカートリッジは佐川で届いたけれど、注文確定の手続きに「時間帯指定」のできるコーナーが無かった。
昼起き生活を1991年から続けている私は、午前の早い時刻にピンポーンで起こされるのは避けたい。
だから「時間帯指定」ができるものなら、午後を希望するのに、「時間帯指定」の手続きシステムがアマゾンには無い。だから、配達ドライバーにすると、いつでも配達OKの客になってしまう。

今年の2月には、外付けハードディスクをヤフオク!で落札した。連絡は取引ナビ(以前β版と云った落札者がまず連絡する方式)で、「時間帯指定」コーナーがあったので、午後の時間帯を指定した。この時は、初めてのヤフネコ!(宅急便コンパクト)で届きました(何と午前に届いてしまった!?人間のやること、ミスもあるさ)。ただヤフオク!取引ナビβ版には「時間帯指定」システムが既に導入済みなのかな!?と感じました。

先日、同業のネット古本屋でスカイプ仲間の好友堂さんに訊いた。アマゾンには「時間帯指定」をするコーナーが無いけど、楽天はどうだい?最近注文した楽天には「時間帯指定」コーナーは無かったと。大手の通販サイトは、案外「時間帯指定」を導入していないのかも?システムの変更は大変なのだろうか?大手の通販サイトが自らドライバーの負担を増やしていることになる。

一人暮らしのサラリーマン、OLなどは、定休日や夜に受け取りたいと思っても、「時間指定」ができない。「再配達」の原因の多くは、「時間帯指定」システムの無いアマゾンなどにあると思う。

アマゾンなどは甘えており、「不在だったら「再配達」があるから」と配達業者へ丸投げしている事に問題があります。

アマゾンなどが「時間帯指定」システムを導入したならば、明らかに自宅に居ない時の配達は無くなります。不測な外出や仕事の都合などによる不在の時のみの「再配達」となるでしょう。不在の可能性が高い、「時間帯指定」無しの余計な最初の配達が減るだけで、ドライバーたちはかなり楽になると思います。

急げ!!アマゾンなどによる「時間帯指定」システム導入!!


「時間帯指定」とは関係ないが、今日のニュースから
★<宅配3社>一括配送強化 ヤマト・佐川・郵便、高層ビル内-毎日新聞 3/13(月) 7:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000004-mai-bus_all
http://mainichi.jp/articles/20170313/ddm/001/020/182000c
(上のyahooニュースは消えるのが早いが、下の本元の毎日新聞は有料記事……)
「宅配便最大手のヤマト運輸は業界2位の佐川急便、3位の日本郵便と連携し、首都圏の高層ビルなどで3社の荷物を1社に集約して配る取り組みを強化する。」
「ヤマトは東京都港区の高層ビル「虎ノ門ヒルズ」で2014年6月、佐川急便、日本郵便と一括配送を開始。」
「配達員不足が深刻化する中、ヤマトは3社の連携強化が急務と判断。昨年4月には、東京都多摩市の多摩ニュータウンの団地でも佐川急便と日本郵便の荷物を各戸に届ける一括配送を始めた。今後は3社の調整を急ぎ、首都圏で一括配送する高層ビルを増やすほか、マンションや戸建て住宅にも広げる方針だ。」

上の記事で思い出したのはビール会社の提携。
キーワード「ビール会社 配送 連携」で検索 
(どちらの記事も読んだ記憶があります)
★ビール離れが迫った「呉越同舟」 アサヒ・キリン共同輸送
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ27H4T_X20C16A7000000/
「日本貨物鉄道(JR貨物)、日本通運と提携し、関西圏の工場から同じ貨物列車に積み、北陸の物流拠点まで共同で運ぶ。」
★大手4社、北海道でビール共同配送へ-中日新聞2017年3月9日 11時08分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017030901000928.html

連携で無駄を減らす取り組み・工夫は、これからも進むのでしょう。
-------------------------------------------------------------
《追記3/14》
★「超・人手不足」の物流業界を救う3つの大革新―「デジタル・ロジスティクス」が物流を変える***東洋経済オンライン2017年03月14日
http://toyokeizai.net/articles/-/161884
「「シェアリング・エコノミー型サービス」が物流を補完」
「日本でも、ネット印刷サービスを提供するラクスルが、2015年12月に「ハコベル -hacobell-」という運配送シェアリング・エコノミー型サービスを開始している。」

上の「ハコベル -hacobell-」で検索したら次の記事がヒット
★ユーザーと配送業者をアプリでマッチング−−ネット印刷のラクスルがシェアリング型の新サービス「ハコベル」***TechCrunch Japan 2015年12月03日
http://jp.techcrunch.com/2015/12/03/raksul-hacobel/
「配送会社の空き時間に配送をすることで安価な価格設定を実現」
「ユーザーと、その周辺にいる配送業者のドライバーを直接マッチングする。」
「配送を担当する車両は、認可を得た業者が保有する商用の軽自動車、つまり黒地に黄色文字が入ったナンバープレートをつけた軽自動車だ。日本の運送業者は5万7440社。ただしトラック物流市場14兆円の50%は上位10社で占められている。ハコベルでは大手ではなく、中小・個人運営の業者とパートナーを組んでサービスを展開する。」
★14兆円のトラック物流業界に挑む「ハコベル」の立役者に聞く、マーケットを拡張するサービス構想 ラクスル株式会社***2016/01/12
https://www.wantedly.com/journals/19
「『ハコベル』は、PC・スマホアプリから 「すばやく」「かんたん」に最適なドライバーをマッチングさせて、荷物の配送予約ができるサービス。運送会社の非稼働時間で配送することにより、品質を保ちながら安価に利用ができるという、これまでにない新しい物流のシェアリングエコノミーサービスです。」

「中小・個人運営の業者とパートナーを組んでサービスを展開」ということは、
こんなマッチングによって中小の運送業者がより効率的に機能すれば、
大手業者における「ドライバーがいない物流現場の疲弊」の軽減には少し繋がりそうです。

アマゾンなどの大手ネット通販業者が、今の「時間帯指定無し」注文システムを改めて
「時間帯指定」システムを導入することが真っ先にやるべきことです。

一人暮らしは、配達の「時間帯指定」が出来ないネット通販サイトでは注文しないことにすれば…
ネット通販サイトには、全ページに「宅配便の場合は時間帯指定が可」と表示を義務付けたら…
せっかく「時間帯指定」で再配達に来たのに、不在でまた重い荷物を持って階段を降りる、
その荷物を道路に投げたくなる気持ちのドライバーは格段と減るでしょう。

《業種は違うけど疲弊が気になり、ブックマークしていた記事》
★「24時間営業、もう限界だよ」便利さの裏に。コンビニオーナーの悲鳴-BuzzFeed 2017/03/12 10:01
https://www.buzzfeed.com/daichi/truth-of-convenience-store?utm_term=.suwj0DD1q#.lkJMNooBW
---------------------------------------------------------
《追記3/16》
★ヤマト春闘、サービス見直しで妥結 時間帯指定一部廃止***朝日新聞デジタル 2017年3月16日21時44分
http://www.asahi.com/articles/ASK3J6VFDK3JULFA02G.html
「利用が比較的少ない「正午〜午後2時」と、幅が短く多忙になりがちな「午後8〜9時」を廃止し、「午後7〜9時」の時間帯を新設する。6月中に実施」
「再配達の受付時間は午後8時の締め切りを1時間繰り上げて午後7時にする。4月24日から実施」
これで少しは……
ネット通販の利用者も変わらないと…至り尽くせりの配達に慣れてしまったから…
長年そう慣らしてきたのは、配達業者に丸投げしてきた大手ネット通販サイトの責任。
ネット通販サイトが率先して今のシステム「◆時間帯指定無し◆」をまず変えないと!!
---------------------------------------------------------
《追記3/18》
★ヤマト、来月から環境改善 アマゾンなど大口顧客との交渉鍵 現場からは疑問の声も***2017.3.18 06:05
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170318/bsd1703180605008-n1.htm
「大口顧客の一つ、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「送料無料は大事なサービス」として手厚い配送サービスを維持する考えだ。」
「石井啓一国土交通相は17日の閣議後会見で「送料無料でも実際は誰かが負担している。サービス高度化にはコストがかかるという意識を持っていただきたい」と指摘。」
---------------------------------------------------------
《追記3/20》
★ヤマト、労使で合意した「働き方改革」の全容―これからは社外交渉、値上げを実現できるか***東洋経済オンライン2017年03月20日
http://toyokeizai.net/articles/-/163667
「外部委託費の増加で業績を下方修正」「同業他社もヤマトの交渉を陰から応援」
★荷物再配達でクロネコがクタクタ 「ヤマト値上げ検討」の背景 もうわがまま運べない!?***産経ニュース2017.3.19 11:00
http://www.sankei.com/premium/news/170319/prm1703190026-n1.html
「平成3年に「日本のわがまま運びます」とテレビCMで打ち出した同社だが、消費者側も“わがまま”を言ってばかりもいられない時期に来たようだ。」
「“再配達を前提とした不在”が計約40%を占めていたのだ。」
「ラインのトーク感覚で日時変更」
「中小の通販事業者が集まるモールなどに対し、日時指定ができるシステムの構築など、再配達を減らすための提案を行っていくという。」
「消費者、意識の変化も…」
----------------------------------------------------
《追記4/7》
★ヤマト:「アマゾン即日」撤退…配送負担減へ検討***毎日新聞2017年4月7日
https://mainichi.jp/articles/20170407/k00/00e/020/198000c
「人手不足の中で夜間配達が増える原因ともなっており、サービスを維持するのは難しいと判断。当日配送の引き受けを徐々に減らす方針だ。 」
----------------------------------------------------
《追記5/9》
★【変わる働き方】(5)宅配業界を窮地に追い込む「おもてなし」の実態 収益にならない日本人の働き方***SankeiBiz 2017.5.9 06:24
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170509/bsg1705090500003-n1.htm
----------------------------------------------------
《追記9/12》
★郵便受け投入口、じわり大きく ネット通販の再配達防ぐ***朝日新聞デジタル2017年9月10日19時37分
http://digital.asahi.com/articles/ASK954RSRK95ULFA00B.html?rm=574
「集合住宅の郵便受けは外から手が入らないようタテ約2・5センチの隙間が主流だったが、3・6センチのタイプが増え、最大手メーカーでは出荷量の約3割を占める」
「新商品は、ナスタ、日本郵便、ネット通販大手アマゾンの話し合いから生まれた。当時、佐川急便がアマゾンの配達を打ち切ったことで日本郵便の取扱量が急増。」
posted by yumenoya at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

★「運ぶ人」ドライバーがいない物流現場の疲弊(ヤマト、宅配、時間帯指定、再配達、ネット通販、アマゾン等々)

 私は2012年に札幌から隣の石狩市に引っ越して来ました。引越した頃は、何か欲しいものがあったら、札幌へ出た時に買おうと思っていました。けど、まずバスで札幌へ出(地下鉄麻生駅まで30分、冬は40分)、地下鉄に乗り継いで中心街(大通駅)へとなります。ところが年齢とともにわざわざ札幌へ出るのも段々と億劫になり、ネット通販を利用するようになりました。往復のバス代・地下鉄代と束縛される時間などを考えると、少し高くともネット通販で。これに慣れると、アマゾンなら送料無料という甘言も当たり前のように受け容れ、当初の予定に無かったアレもコレもネット注文に…。やがて札幌の街の店で買うよりは安いこともあるのに気づきました。そうなると、地元(直買)が安いのかなという神話は消えました。
 古本の場合だと、札幌時代には時々古本屋巡りをしていましたので、いつか探している本に出遭うはずと思っていたから、よっぽどの事がないとネット古本注文はあり得ませんでした。引越した地元には歩いて行ける所に図書館はあったし。もちろん蔵書していない本も多かったけど、そんな時には他館から取寄せてもらうサービスを利用しました。あまり(送料込み価格が)高くないと手元に置きたいものもタマにあります。そこでネット古本屋の利用が増えました。少ない札幌へ出た時に探したって、欲しい本が見つかる可能性は低い。そうなると、ネット古本屋は便利です。私のネット古本屋開業は2000年ですけど、私がネット古本屋の便利さを実感したのは、一昨年くらい前からです。札幌へ出るのは億劫、でも欲しい本がある→ネット古本屋、と自然に発想するようになりました。ネット古本屋自身も無知だったその活用法。
 最近だと、大きいものでプリンター複合機、中ぐらいでトナーカートリッジと外付けハードディスク、小さいものでマウスなど、古本だとほとんど一冊注文(ゆうメールが主でたまにクロネコDM便)ですがたまにはまとめ買いも。配達業者はヤマトと郵便局(日本郵便)、佐川はたまにです。

 アマゾンで感じたこと。直営店で新刊2冊(送料無料)を購入したら、大きな箱に入ってヤマトの宅配便で届きました。空気分の容積の方が多い。小さな箱がそもそも用意されていないし、契約送料が安いのでアマゾンは容積のムダは全く意識していないようです。それと宅配便を利用の場合、直営店も出品店も、注文する手続きに「配達の時間帯指定」が全く無い。何も指定が無いと、一応いつでも居るのかなとドライバーが思ったとしても、そもそも時間帯指定の手続きが無いのです。私は寝るのが遅い昼起き生活を1991年からしていますので、午前にピンポーンと鳴っても出ません。午前は来なくてもイイ迷惑なセールスマンだと思っています。だから時間帯指定のできるものは必ず午後の時間帯指定をします。午前のピンポーンで起こされたら、また寝れる保証も無いので、それだけで不快な一日の開始となります。

 昔、クロネコメール便が初登場した時には、ネット古本屋として歓迎しました。登場の前は古本の発送といったら冊子小包(今のゆうメール)しかなかったけど、厚さ2cm以内ではヤマトが風穴を開けてくれました。そのおかげで、冊子小包は初めて他の業者・ヤマトを意識するようになり、重さによる価格帯に変化がありました。でもヤマトにとっても初めての試みだったので、後に大きさの変更があって今の「最長辺34cm以内」に落ち着きましたけど、その前に引き受けていた大サイズでは、郵便受け、新聞受けに入らない時には、ドアノブにひっかけて盗難に遭ったら困るので、安い送料なのに、再配達となりヤマトも困っていたようです。その頃、同業者(好友堂)に教えてもらったのは、クロネコメール便の配達は契約したバイトの人が行うけど、速達の場合はヤマトのドライバーが直接するので、本代が高い本の時は速達(100円プラス)が安心だと。私もこんな時には、こちら負担でクロネコメール便の速達にしていました。今はヤマトも大きなサイズから撤退しましたけど、「ゆうメール」は三辺合計1.7mまでの大サイズがOKで、"本を好んで読む国民は国家の礎だ"という精神が動画・音楽まで拡がり、その安い送料の恩恵に浴しています。ネット古本屋としても、古本愛好者としても。
 「ゆうメール」って、厚い本やセットで大きなサイズになると、郵便受けや新聞受けに入らないのは当然で、ピンポーンの手渡し配達を想定しています。宅配便やゆうパックと比較したら格安のゆうメール。格安なのに再配達してくれる有難いゆうメール。感謝しつつ満喫いたしましょう。

 ネットに流れた佐川急便のドライバーが荷物を道路に投げつけている画像にはインパクトがありました。折角、連絡の通りに再配達で来たのに客がまた不在だったことに対する怒りのシーンなのか!?と私は感じました。
 また毎年11〜12月になると、スーパーなどの年始の営業が話題となります。私の子ども時代とは違い、冷蔵庫が当たり前ですから、元旦と二日や三日が休業だとしても、食料の買い置きが無いと慌てることは無いはず。休みだと思ったら、事前に買って確保しています。それなのに元旦営業の店の多い事。正月くらい休んで家族揃ってのんびりしましょうや、と感じるのが毎年恒例の暮れです。

 ヤマト運輸を代表とする配達業者の現場ドライバーの悲鳴ニュースが目立ち始めたのは、昨年の11月からです。3/2には、NHKの「クローズアップ現代+」でも取り上げられました。少しNHK番組の斬り込みに期待していたのですが、特に新鮮さを感じなかったので、真面目には視ておりませんでした。この問題については、ブログでいつか何かを書きたいと思って、ブックマークをしていましたので、今回アップすることとしました。

 吐息の運送業者も、安い契約送料を押し付けるアマゾンのようなネット通販業者も、少量多品種の品揃えコンビニも、ずっと甘えてそれに慣れてしまった消費者も、大変な時期にあることを自覚しないと、物流の崩壊はヒタヒタと迫っています。今までの安価な便利さが変だった事に消費者が気付かないと…(私がネット古本屋だからじゃなく、読書や映画・音楽鑑賞を育む「ゆうメール」は大事ですから、ずっと堅持してください!!)

(私のブックマークを、今日の記事から遡ると下記のようになります)
(◎←まとまった記事)
★クローズアップ現代+「はやくて安いネット通販に危機が!? 〜宅配サービス・過酷な実態〜」-YouTube(25分)
https://www.youtube.com/watch?v=oX5vUpZ7ec4

★クローズアップ現代+▽はやくて安いネット通販に危機が!?宅配サービス過酷な実態-NHK総合 2017年3月2日(木)22時00分〜22時25分
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3944/index.html

★ネット通販急増!!ヤマト運輸が昼の配達見直しへ カギ握る「再配達」と「宅配BOX」-Abema TIMES 2017.03.02 16:30
https://abematimes.com/posts/2083805

★ユニクロだけじゃない 潜入記者が見たヤマト運輸物流崩壊-文春オンライン 3/2(木) 7:00配信
http://bunshun.jp/articles/-/1572

◎このままではアマゾンとセブンイレブンとヤマトが全滅する!―商品はあっても 「運ぶ人」がいない…-現代ビジネス 3/2(木) 10:01配信
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51042

★一戸建て用「宅配ボックス」で再配達率が49%→8%に パナの実証実験-ITmedia NEWS 2017年02月27日 10時51分 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1702/27/news078.html

★ヤマト、時間帯指定の配達を見直しへ 運転手の負担軽減-朝日新聞デジタル 2017年2月28日21時18分
http://www.asahi.com/articles/ASK2X6RT6K2XULFA021.html

◎ヤマトさえ耐えきれない「EC豊作貧乏」の苦悩―ネット通販で仕事激増、現場の疲弊は頂点に-東洋経済オンライン 2017年02月27日
http://toyokeizai.net/articles/-/160315

★アマゾン宅配急増、ヤマトに集中 「今の荷物量、無理」-朝日新聞デジタル 2017年2月24日05時09分
http://www.asahi.com/articles/ASK2R5WFCK2RULFA03S.html
(途中からは有料会員のみ)

★ヤマト運輸が荷受けの抑制を検討 ネット通販拡大で、労組が春闘で要求-産経ニュース2017.2.23 11:10
http://www.sankei.com/economy/news/170223/ecn1702230012-n1.html

◎ネット通販の激増で日本の宅配便は崩壊する 2割占める「再配達」を宅配ボックスで減らせ-東洋経済オンライン 2017年02月19日
http://toyokeizai.net/articles/-/158973

★ヤマトHDに迫る「異常事態」 「取扱量が過去最高」でも喜べない-J-CASTニュース 2017/1/19 07:00
http://www.j-cast.com/2017/01/19288258.html?p=all

◎過重労働にのめり込む宅配ドライバー 若者たちの「やりがい」が搾取されている-BuzzFeed News 2017/01/12 17:00
https://www.buzzfeed.com/akikokobayashi/delivery-yarigai

◎「アマゾン多過ぎ」ヤマトドライバーから悲鳴続出、「利便性」が生んだ過酷な実態-弁護士ドットコム 2016年12月28日 09時53分
https://www.bengo4.com/internet/n_5530/

★ヤマト運輸に労基署が是正勧告、元ドライバー「アマゾンを扱うようになって人手不足」-弁護士ドットコム 2016年11月16日 21時41分
https://www.bengo4.com/c_5/n_5357/

★再配達や年中無休、本当に必要ですか? 過剰品質が働く人を追いつめる-AERA 2016/11/14 16:00
https://dot.asahi.com/aera/2016111400153.html
posted by yumenoya at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

◎肩身の狭い愛煙家&タバコ代節約術とそのグッズ(煙草/たばこ)/《追記2/9》受動喫煙対策、喫煙者の会員倶楽部/《追記2/25》/《追記2/27》/《追記3/9》窪田順生さ〜ん

《喫煙場所》
今から15年ほど前に、学生時代の友人7人が集まり東北で内輪のクラス会をやった。二泊三日で3台の車に乗り東北をウロウロしたが、その時、既に禁煙に成功した友だちが居た。その頃、少しずつタバコを吸える場所が減っており、飛行場の待合室の喫煙コーナーで、しばし別れの煙草を。
また昔、年末年始の旭川往復で利用していたJRも一時期2号車は喫煙車両だったけど、やがて全面禁煙に。その頃、ホームの端っこに喫煙コーナーがあり、ただ灰皿がいくつか並んでいるだけの吹きさらっしだった。それもやがては囲まれた密室の喫煙室になった。それが今もあるのかは知らない。
札幌市内も繁華街などは路上全面禁煙となり、それもどんどん拡大したけど、今タバコを吸っても構わない外の場所って何処にあるのでしょうかね。昔は携帯灰皿が必携だったけど、もう持ち歩いたことは無い。
2007年にリハビリ病院を退院してから、クモ膜下出血の手術をした病院に、半年ぐらい毎月一度検査に通ったけど、その頃1階に密閉の喫煙室があり利用していたが、今は病院全面禁煙でしょうから、もう無くなったのでしょうかね(脳卒中だというのに、私は退院したら即、しっかり吸っております)。後に咽喉科で別の病院に入院したが、そこは屋上が喫煙コーナーで患者も看護婦もそこで吸っていましたけど、看護婦さんたちは今どうしているのかな。
もうほとんど出かけない札幌だけど、札幌へ出るときにタバコは必ず持つ。別に何処かの外で携帯灰皿を片手にタバコを吸おうとか、タバコを吸える食堂を探すつもりもないので、馴染みの居酒屋に行ったら吸おうと考えているだけ。今の世の中、居酒屋とかスナック以外にタバコを吸える場所は何処にあるのでしょうかね。

《タバコの値上げ》
タバコを吸える場所は何処!?の問題以外に、タバコの値上げがあります。タバコをいたずらに吸うようになったのは、予備校時代の1970年です。その頃は一日に数本でしたから、10本入りのホープでした。それはやがてハイライトに変わりました。このハイライト時代が長かったけど、それも度重なる値上げで(2000年近くの値上げ時に)安いエコーに変えました。タールとニコチンの多いエコーに変わった時に、タールとニコチンを少しカットしてくれる100円ショップの25本入りミニパイプを使うようになりました。それもやがて少し長い「わかば」に変更。昨年の値上げ時には、少し短いが一番安いゴールデンバットを一時期試しましたが、両切りからフィルターに変更されたので、「わかば」に戻りました。

《節約グッズ》
2012年に札幌から石狩市に引っ越して来ましたが、少し経った頃、初めて100円ショップでタバコの火消しを購入しました。この時は、灰皿に置いたタバコ火がたまにシケモクに移って煙モクモクということがあったので、吸い終わったタバコの火をしっかり消そうと思ってでした。
灰皿に「火消し」置き、吸い終わったら「火消し」に立てて消すつもりだったのですが、長いまま消したタバコにはミニパイプが付いているので、また火をつけて吸いました。
学生時代には、短いシケモクをキセルで吸っていましたし、今だって買い置きのタバコが無くなったらシケモクを吸っています。
それとタバコって、灰皿に置いたまま煙を出している時間が長くて、時々思い出したようにタバコを手に取り吸っているだけです。置いている時間が長いから、火の移ったシケモクから煙がもうもうとなる訳です。
これに気付いた時から、一吸い二吸いしたら「火消し」に立てる。数分経ってタバコが欲しくなったら、また火を点けて一吸い二吸い、というのを繰り返します。タバコがかなり短くなったら、新しいタバコにミニパイプを移して火を、という次第で、タバコの消費量はかなり減ります。半分くらいに減ったと思います。これが自宅での「節煙(煙になるのを減らす)が節約だ」という方法です。ほとんど煙にしてしまうのはもったいない。また灰皿に置いた自分の吸っているタバコの煙も避けた方が良い。(追記2/1:私だってタバコが身体に良いとは思っていませんけど、独り者はそんな感じでしょう。ガンとかを宣告されたら少しは考えるかもしれないが…今は止めないつもりです。でも懐具合で寝酒も呑めないとなったらば、まずタバコを止めます。タバコより寝る前の日本酒が優先ですね)
去年一度、この「火消し」を持参して札幌の飲み屋で試しましたが、「火消し」をすっかり忘れて帰還しておりました。酔ったら持ち慣れないものは忘れやすいようです。
タバコ代節約.JPG

昔持ち歩いていた簡易灰皿(丸型)を今確認しましたら、火消しが付いていました。これって外出先でも使えるかも。一吸い二吸いしただけの長いシケモクは簡易灰皿の火消しでしっかり消してから、タバコ箱に戻すことも可能です。カッコは悪いが喫煙室などでもできる節約術。

《今後の環境は…》
昨年に続き、また4月から、わかば、エコーなどの安価タバコは30円再値上げです。何とかしてタバコ代の出費を抑えたい方にはオススメしたい私の節約方法でした。ミニパイプと「火消し」がその108円グッズで、「火消し」はヤニを取って洗ったら何度でも使えます。値上げに対抗するのならケチしかありません。

もしオーストラリアのように一箱2,000円の贅沢品となった時には、煙草とオサラバしましょう。そんな時代は日本にもやがて来そうです。

最近のニュースによると、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、居酒屋も禁煙とすることが検討されているらしいけど、私がよく行っていた札幌の小さな飲み屋・スナックは全てママさんも愛煙家でした。もし禁煙対象施設(罰金有り)なんていうことになったら、長居のしたい、長居のできる場所で無くなることは間違いない。
----------------------------------------------
《追記2/9》
★<厚労省>「屋内禁煙」骨抜き危機…小規模バーなど喫煙OK-毎日新聞 2017年2月8日 21時40分(最終更新 2月9日 09時32分)
http://mainichi.jp/articles/20170209/k00/00m/040/116000c
「小規模飲食店(30平方メートル以下)での喫煙に関する厚生労働省案」と
まだまだ揺れているけれども、もし小さな居酒屋もダメとなったら、
北24条街のあの店は廃業となるのか!?
札幌の北24条街は、路上喫煙はダメ地域なのだろうか!?
大家の英断でビルの空店舗を喫煙室とする手もあるけど……
小さな居酒屋やバー・スナックにとっては死活問題となる。

「当店は喫煙者会員の居酒屋(バー/スナック)です」と入口に貼り出し、
会員の氏名入り会員証を店が発行するなんてどうでしょうかねぇ??
喫煙者倶楽部があったってイイでしょう。
喫煙者のための会員倶楽部まで取り締まれるのでしょうかねー
--------------------------------------------------
《追記2/13》
●受動喫煙対策案、例外を認めるべき?-意識調査 Yahoo!ニュース
 実施期間:2017年2月10日〜2017年2月28日
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/27862/result
私は「小規模店舗は例外とする修正案に賛成」に投票しましたけど、
「例外は認めるべきでなく、飲食店は原則禁煙にすべき」が圧倒で、58.4%
喫煙派はやっぱり弱そうだ。

愛煙家限定居酒屋倶楽部を作ろう。
愛煙家会員倶楽部なら受動喫煙対策に触れないのでは…
受動喫煙が嫌な人は会員にならないし、そんな人を会員は誘わない。
小さな居酒屋そのものが喫煙室なんです。
この論法はダメでしょうかねー
--------------------------------------------------------------------------
《追記2/25》流れ悪し…
★居酒屋禁煙、例外認めず小規模店も…厚労省調整-YOMIURI ONLINE 2017年02月25日 09時02分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170224-OYT1T50173.html
------------------------------------------------------------
《追記2/27》
★「指定喫煙場所」増やす方針検討-ホウドウキョク 2/27(月) 20:30配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00010004-houdoukvq-soci
「受動喫煙防止対策をめぐり、厚生労働省が、条例で「屋外禁煙」としている一部の自治体に対して、屋外での「指定喫煙場所」を増やすなどの対応を要請する方針で検討していることがわかった。」
こういう記事で困るのは、「指定喫煙場所」という言葉を説明してくれないとー!?!?
囲まれている部屋のような形状が必要なの!?
私有地で公道から離れていれば、灰皿があればOKなの!?
喫煙家と規制される小さな居酒屋・焼き鳥店にとって必要な情報は、
行きつけのあの店は!?、当店は!?、このビルは!?です。
馴染みの客もテナントもビルオーナーも!?
しっかり判るように説明してくれないとー!!!!
--------------------------------------------------
《追記3/1》
★飲食店内は原則禁煙、違反すれば過料30万円以下 厚労省が法改正原案公表-産経新聞 2017.3.1 16:55
http://www.sankei.com/life/news/170301/lif1703010066-n1.html
「原案では、未成年や患者が利用する小中学校や医療機関は最も厳格な敷地内全面禁煙にした。大学や運動施設、官公庁は建物内禁煙で、喫煙室の設置も認めない。」
「レストランやラーメン店などの飲食店では、喫煙室の設置を認めた上で、建物内禁煙。ただ、延べ床面積「30平方メートル以下」のバーやスナックなど小規模な酒類提供の店は妊婦や未成年者の利用が想定しにくいとして規制の対象外とした。」

カウンターのみで午後5時開店の「30平方メートル以下」の小さな焼き鳥屋はどうにるの!?
--------------------------------------------------
《追記3/5》
★飲食店の原則禁煙「吸う自由、吸わない自由」 JTは改正案に危惧も-BuzzFeed Japan 2017/03/05 11:01
https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/smoke-jt
--------------------------------------------------
《追記3/7》
★「小さい店は禁煙にすると潰れる」渡邉美樹氏が全面禁煙に反対する理由-THE PAGE 2017.03.07 08:50
https://thepage.jp/detail/20170306-00000009-wordleaf
--------------------------------------------------
《追記3/9》
★「禁煙化で小規模飲食店が潰れる」は大ウソだ(ノンフィクションライター 窪田順生)-ダイヤモンド・オンライン 2017.3.9
http://diamond.jp/articles/-/120560
スペインの例「実はこの国では06年から公共施設や職場などで喫煙が禁止されたが、飲食店に限っては、敷地面積によって例外規定が設けられた。具体的には面積100m2以下の店の場合、「喫煙店」にするか「禁煙店」にするかを、所有者が自分で決められることにしたのだ。逆に面積100m2以上は、喫煙室を設置せよとなったのだ。」

ところが「スペインでは規制がゆるすぎて守らない店が続出、法律を機能させるために必要な「平等性」を著しく欠いてしまったことで、形骸化してしまったのだ。こういうシステムエラーが見受けられる制度を日本に導入したところで、スペインと同じ轍を踏む恐れが高い。」

「今は当時とは流れがまったく違う。喫煙者の数は年々減っており、嫌煙家が社会の主流になりつつある。そんな環境にあって、小さな店が「喫煙可」を掲げるということは、短期的には儲かったとしても、中長期的には客足を限定させ、経営規模をどんどん小さくさせてしまうのだ。

 もちろん、喫煙者のマスターがいる、喫煙者のためのバーという店や、シガーバーなどの専門店はそれでいい。ただ、「食事」がメインの小さな店は、間違いなく当初の愛煙家殺到バブルの後は死屍累々だ。」

ライター・窪田順生さんの云う「喫煙者のマスターがいる、喫煙者のためのバーという店や、シガーバーなどの専門店はそれでいい」なら、タバコ好きな老い先の短い店主(マスターやママ)と愛煙家で老い先の短い客が集う小さな居酒屋やスナックは今のまま例外規定で残してよー!!店も客も遠い将来を考えるほど長生きできません。馴染みの店での飲み仲間との会話にタバコが必須アイテムなんです。老い先短い現在の楽しみを奪わないで欲しいですね。店も常連も、煙草が嫌いな人には誰も来店して欲しくない。
後十年は持ちませんから、例外規定でそっとしていて欲しいですね。
-------------------------------------------------------
《8/20追記》マンションでのベランダ喫煙のホタル族も大変そう
★<ベランダ喫煙>煙たいよ! 「被害者の会」登録急増***毎日新聞8/20(日) 10:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000018-mai-soci
https://mainichi.jp/articles/20170820/k00/00m/040/115000c
posted by yumenoya at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2016→2017の年末年始(12/30〜1/1)、映画(タイムパラドックス)、鮭の飯寿司、独り歳取り、ネット作業など(途中追記有り)/《追記1/2》初スカイプ(江戸川乱歩)

《12/30》
・兄から電話があって、来ていた姪に代わり、昔ホームページに設置してあった問い合わせフォームは無いのと訊かれたけど、それはもうかなり昔に無くなったと説明…フォームがあったらネットで簡単な連絡ができると。メールをやらない義姉にも簡単なネット連絡ができると思ったとのこと…
・夜、楽しみに待っていた「運動神経悪い芸人」(運痴)をテレビで堪能」(これが2016年最後のテレビ、2017年最初の予定は1/5深夜ビートたけしのNHKヒストリー再放送)
・「運動神経悪い芸人」を視ていた時に姉から電話、「ゆうパックは明日12時から14時に着く」と
・タイムスリップもの「ミッドナイト・イン・パリ」(ウディ・アレン/脚本・監督)。ウディ・アレンにあまり関心はないけど、下記サイトで紹介されていた。1920年代のフランスに憧れているアメリカ人が、当時へタイムスリップして色んな芸術家たち(フィッツジェラルド、ピカソ、ヘミングウェイ、ダリなど)と知り合うストーリーで楽しい映画でした。(2016年最後の映画)
☆タイムトラベル映画25選
http://www.jikanryoko.com/tteiga.htm
・ベッドでの読書は都筑道夫「梅暦なめくじ念仏(時代ミステリイ)」(これが2016年最後に読んだ小説)
・読書中に思いついたのだが、パスワード付き掲示板を開設したら、姉の孫(姪の息子)の勉強で質問電話があった時に、参考になる解説サイトのアドレス連絡にも使えるゾ。と枕元の紙にメモ…

《12/31》
・昼近くに起きて真っ先に調べたのは、パスワード付きの無料掲示板。検索するとFC2掲示板が良さそうだったので、早速設定などの作業。(姉からの荷物は届いたが開けずに作業を継続)
・やっと非公開の体裁が整ったので、兄のところの居る姪に電話をしアドレスとパスワードを伝える。(後に姪の義姉に対する説明が終わったようで初書き込みがあった。姪が居る時でないと出来ない事でした)
・上の電話で姪に、姉の携帯へのメールが届かないと話したら、パソコンからのメールは受け取らないという設定があると。たまにあるヤフオク!の受信拒否は、設定がそうなっている事を知らない人が姉のようにいるのでしょうかね。
・今年最後の古本の梱包をして郵便局に集荷依頼電話
・姉からの荷物をやっと開けて、冷凍ものと冷蔵ものを整理。午後4時近く、送って来た高価な牛肉で豪勢なスキヤキを。さすがにまだ酒は飲めないけど…
・姉が一緒に入れてくれた本「JAPAN CLASSニッポンばっかり、ズルいって! 」。面白そうな「漢字、ひらがな、カタカナ、3種すべてが生き残ったのは日本人の表現欲」から読み始めた、なかなか面白い。
・姉に電話、急ぐ用事でないけど、掲示板を作ったから、電話をちょうだい、明日でもいいから。
・9時近くに「JAPAN CLASSニッポンばっかり、ズルいって! 」を読みながら日本酒の開始、肴は姉の送ってくれた市販の鮭の飯寿司、十勝(中札内)の冷凍枝豆、数の子。美味しさに驚いたのは「鮭の飯寿司」。市販の飯寿司のイメージは酢とミリンの味でマズイものと思っていたのに、素材の鮭の旨さは生きているし、微妙な甘みと塩かげんと酸味がほどよい美味しさ。オフクロが死んで我が家から「鮭の飯寿司」が消えましたけど、その頃は兄貴のお得意先には「鮭の飯寿司」を作る家庭が残っていました。けどその作り方の伝授も老齢で途絶えました。その味が復活したのが、同郷のママさんの味でしたけど、寒い時期に札幌まで出ることはありません。だからその味をすっかり忘れておりました。それが再現したかに感じておりますが、ママのを食べたら、これが本物よーと思うのかも…
・札幌時代ですと大晦日は行きつけの飲み屋で友達も入って歳取りをしていました。引っ越してからも一度はそこで歳取りをしネット喫茶に泊ったことも…がとにかく億劫で出るのが面倒、翌朝二日酔いでここまで帰ってくるなんてアホらしい。だから独り歳取りです、ずっと…
・結局今日はテレビを点けることもなく12時前に、ベッドでの読書もせずバタンキュー(「鮭の飯寿司」が旨かったから日本酒も効いたのでしょう)
(12/31分追記)下記ブログ記事に追記投稿もしてました
◎「アメトーク 運動神経悪い芸人」が楽しみで12/30放送を待っています、大笑い保証♪♪♪♪/《追記12/31》野球新ルール-2016年12月27日
http://yumenoya.seesaa.net/article/445274928.html

《1/1》
・朝起きる(今日は早く9時)とまずパソコンと灯油ストーブのスイッチを入れてトイレへ
・ネットニュースを確認すると「大谷WBC開幕キューバ戦先発、以降は野手起用重点」、去年も今年も大谷翔平くんがメインです。そこで下記ページの作業で2017年は始まりました。
◎2017年大谷翔平くん関連の気になるネット記事にリンク(一覧表)
http://yumenoyabook.web.fc2.com/ohtani_news2017.html
・一食目はどん兵衛の天ぷらソバに生タマゴと質素な新年スタートです。
・姉から電話が来た、パソコンにそんなに慣れていない姉への掲示板アドレスの説明に失敗してしまった。テキストにアドレスとパスワードを保存する方法のやり方から入ってしまった。料理の準備があると…二つ目のホームページで掲示板にリンクしたので、明日はここから再度説明だ。(追記1/5、姉了承で掲示板OK)
・今年初めての映画は久しぶりの日本もの「サマータイムマシン・ブルース」(上でリンクした「タイムトラベル映画25選」で取り上げられていた作品)これは同じ時間軸をタイムマシンが移動するというタイムパラドックスを扱った青春コメディで結構楽しめました。ただ疑問が…タイムマシンから落ち慌てて部室のロッカーに隠れた人がそこで一夜を過ごして翌日になってタイムマシンで戻って来た友人たちに会うというのはおかしい。納得がいかないよー!!!!ウィキペディアによると元は演劇らしいけど、元演劇の展開は判らないが、映像で視たら変です。部室のロッカーに隠れた時は、前日の自分も自宅などに居るという世界ですから、その翌日もその延長で同じ人物が二人いることになる。そう考える私がおかしいのか????
(映画で追記)映画の中のラストで、全ては神によって予定されていたからタイムマシーンによる矛盾は起こらない、という発言がありましたけど、このパラドックスを回避するため、タイムマシーンが出現すると新たな世界が枝分かれして新時間軸が始まるという説が誕生したのではないか??(この説の最初のSF小説は何なのでしょうか?ご存知の方、教えてください)
・昨日のスキヤキの残り物に牛肉を足し入れて二回目の食事。
・昨夜寝る前に、12/31のブログのアクセス数トップ(微々たる数値ですけど)を確認したら、2015年の一ノ関圭「鼻紙写楽」についての記事だったことを思い出し、11〜12月に掲載予定だった「鼻紙写楽」はどうなったのと、秋田の美和さんにメール

・このブログを書いていたら、今は9時過ぎ。例の飯寿司と枝豆とスキヤキ残りで独り元旦宴会の開始です。

ということで今年もよろしく
--------------------------------------------------------------------------------
《追記1/2》1/1初スカイプ
昨夜一杯やっていた11時頃にメール、秋田からで件名は「スカイプ」
早速スカイプを起動して、お互いに一杯やりながらの会話
午前1時ぐらいまでスカイプ宴会でした。
流石に呑み過ぎたのかバタンキューで、今朝の頭は少し酩酊状態です。
・一ノ関圭「鼻紙写楽」は、ビッグコミック増刊号の掲載作品をチェックしているが、12月発売号にも載っていないので、延期なのでしょうとのこと。
(↓これが美和さんのスカイプ起動の眼目話題)
・下旬は切手オークション(最大手の目録オークション)の出品締め切りがあって、テレビ番組のチェックもしていなかった。出品が終わってからネット記事をチェックしていたら、NHKBSで江戸川乱歩のドラマが放映されていたことが判明。あの「人間椅子」が……
・NHKBSを視れない私は驚いて早速検索すると番組情報はあったけど、動画はヒットしません。美和さんによるとNHKBSのドラマは地上波で再放送するはずだからと。それに期待することとしよう。
・「人間椅子」については次の記事を書いているけど、日本の作家で一番好きなのが江戸川乱歩で、中でも特に「人間椅子」が大好きなんです。今まで映画かTVドラマで「人間椅子」を視たことがあるけど、つまらなかったから、NHKBSのシナリオ&演出には期待しております。早く視たい。
☆江戸川乱歩の名作「人間椅子」を石川球太がマンガにすると……-2015年12月24日
http://yumenoya.seesaa.net/article/431622487.html

《追記1/2》YouTubeを再度検索してみたら、見つかりました。
これから視ますけど、楽しめそうです。
今回分?「何者」「黒手組」「人間椅子」(黒手組と人間椅子とは変則版動画)
前回分?「屋根裏の散歩者」「D坂の殺人事件」「心理試験」
posted by yumenoya at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

★初めての腰痛、私は腰痛の初心者、血流促進体操など/《追記12/22》体操が効いた!?痛くない/《追記12/23》

12/17のことか、寝る前にベッドの中で本を読んでいた時に、腰に違和感があり、脚の姿勢によっては、右のふくらはぎに鈍痛が走った。
起きてから、椅子に腰かけていても横を向くなどの動きによっては鈍痛が走る。腰に少し痛みを感じると右足全体にパルスが走る感じだ。このパルスの発信元は腰だ。

私はもう64歳だから、64年以上酷使してきた我が肉体、何が起きてもちっとも不思議ではない。更にタバコは吸うし酒も呑む。

これがいわゆる「腰痛」という奴なのだろうかと思い、ネットを検索してみた。
◎腰痛の対処方法|今すぐ出来る改善までの7ステップ
http://zi-gen.com/lumbago-cope-7174
一応漫然と読んだが、たまに痛みのパルスが走るだけですから、あまり心配する状態ではないのでそのままにしていた。

12/19はいつもより長湯でゆつたりとつかった。
12/20は毎週火曜定番の食品買い出しの日、歩いて15分の距離にある生協。折角行くのだから、サロンパスでも買ってくるか。そこで思い出したのは、腰痛のベテラン・猛者の美和さん。教えてと電話をし、スカイプの開始です。

ベテラン・猛者によると、下半身の血流が悪くなって酸素の供給が滞ることで起きるのが腰痛だと。ベテランの言葉を拝聴するだけ。
私の場合、生活のほとんどがパソコンの置いた机を前に、椅子に腰かけています。コーヒーのお替りとかトイレとか食事以外はずっと椅子に貼りついたかのような毎日です。散歩をするわけでもなく、運動とは無縁の無精者。
美和さんによると、そんな毎日でよく腰痛にならないものだとずっと不思議だったと。

美和さんオススメの体操。
立って少し足を開き、深呼吸を2回。普通の体操のように両手を開いて鼻からたっぷり息を吸い、口から時間をかけてゆっくりと息を全て吐き出す。
次に両手を下げたままニギニギを繰り返す。そして次は両手をブラブラさせる。(これらを正面向き、左向き、右向きで繰り返す)
血流を促進させる体操は効くけど、腰痛の状態が良いと忘れてしまうと。人間そんなもんでしょう。
座りっぱなしは悪いから、30分に一度は立った方が良いとも。

薬の専門用語も色々出てきました。バンテリン、カトレップ、ロキソニン。ロキソニンは飲むのもあるが、病院でくれるのが湿布用ロキソニンでこれは効くとのこと。

私は初心者ですから、とりあえずサロンパスかなと思って出立。歩道も車道も融けて凍ったツルツル状態だったのと腰に少し違和感もあったので、いつもより恐る恐るの前進。

生協ではまずNo.2の幕の内弁当を確保してから薬局へ。サロンパスのコーナーへ案内してもらい、念のため湿布用ロキソニンを確認すると取り扱っていないと(美和さんが云っていた、ツルハのような専門店でないと無い)。痛みにも対応して効くのはコレっと取り出したのが塗り薬「バンスキットZゲル」でした。
オススメの「バンスキットZゲル」(60g)を買ってきました。
来年2月使用期限で584円値下げの1360円ですから、結構高価な塗り薬でした。(期限間近で早く売りたかっただけかも…)

石狩に引っ越して来て、オロナイン、マキロン、キズバン以外を買ったのは初ですから、効いてもらわんと困るぞ思いつつ、食事後に早速腰に塗ってみました。何となく腰の違和感が薄らぎましたので、高価だから効いたかな…
がベッドに入って文庫本を読んだら、姿勢によっては右足に痛みが。朝目が覚めて読書を始めたらやはり同じでした。

上の説明サイトにあったように、薬に即効性はあるかも知れないけど、私のような運動不足という根元を根治するつもりで、長く付き合う覚悟が必要のようです。例の血流促進体操が一番簡単だけど、それを習慣づけるのは大変そうです。

上のサイト「腰痛の対処方法|今すぐ出来る改善までの7ステップ」には
「心と体を健康にするための10の知恵」という92ページのpdfファイルにリンクしてあった。
kokoro_karada_kenkou10.pdf
長い付き合いとなるのだから、これは暇な時に読んでみよう。
入門者はゆっくりと立ち向かうのみ。
------------------------------------------------------------------
《追記12/22》体操が効いた!?
昨日やったこと。
1.塗り薬を腰と右足ふとももに(ふとももを追加して塗った)
2.血流促進の体操を真面目に初挑戦
 (印象:腕を上げての深呼吸は普段やっていない筋肉の緩和・緊張の運動をしているという実感。さらに横向き(左&右)体操では右足が左足が伸びているぞという実感。何となく普段使っていない筋肉を少しほぐぐしているんだなという感じ)

昨夜寝床で横向きになって短編小説を読んだが、脚を色々な体勢に変えてみても痛みは走らない。
今朝また寝床の中で別の短編小説を読んだが、毎度になっていた痛みは全く無い。
この痛みの無い状況は最近では初めての事だ。
塗り薬が所詮一過性の紛らわし効果だとすると(初心者の素人考えだけど)、
何となくこの体操に血流促進の効果があって、痛みのパルスが走らなくなったように思う。
毎日、最低一度はこの体操をすることとしよう。(今日は塗り薬を使わないでみよう)

この体操を口頭で指南してくれた美和さんによると、
昔YouTubeで視た体操とのことでした。
先ほど試しに「腰痛 血流促進 体操」でYouTubeを検索してみたら、
色んな方法の体操動画が投稿されていました。
美和さんの元になった動画は不明だけど
体操を取り入れている方が多いということなんですね。
---------------------------------------------------------------
《追記12/23》
昨日は塗り薬を使わず、体操を1回やったのみ。
それで、昨夜も今朝もベッドでの読書時に痛み無し
やはり体操効果のようです。
まだ慣れていない体操を忘れずに習慣化するのはちょっと大変そうだけど…
---------------------------------------------------------------
《追記12/24》
腰の痛みは無いし足にパルスが走ることも無い。
ただ右のふくらはぎに張り感がある。
普段あまり使わない筋肉が、体操によって緊張したことでハリを感じているのだろうか。
今日も体操のみ
《追記12/28》
一日は体操を忘れたかも知れないが、体操のおかげで腰痛無しで一週間以上になります。
先日は、いつも通り酒を呑み、以前から気になっていた本を出してベッドで読み始めた。
野地秩嘉「エッシャーに魅せられた男たち 一枚の絵が人生を変えた」光文社(知恵の森文庫)
その面白さに4・5時間ぐらいかかって朝の6時半ぐらいになっていた。
なのに腰痛も脚へのパルスも無しでした、
ついでに読書しながら時々心配していた水っ洟(今冬すでに3回)にもなりませんでした。
こんなに寒さが本格化してくると、備え態勢も発動するのか、簡単には風邪をひかなくなるのか??
「エッシャーに魅せられた男たち 一枚の絵が人生を変えた」については、
そのうち、ブログの記事にしよう。
学生時代(40年前)に行ったデパートのエッシャー展はオドロキでしたから、
エッシャーについてはちゃんと書いて残して置かないと…
posted by yumenoya at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

★眼の異常、青い小さな点、瞬きするとそれが光る、三角形の頂点か二点(光視症)/《1/8》

突然、右方向に小さな青い●が近距離で2点発生、小さな(正)三角形の頂点にも視える。
そして瞬きした時(瞼を閉じた時かな)は、その点が輝く、発光した感じだ。
一分近く続いたけど、交互の青と光は突如消えた。

「眼 青い点 光る点 異常」で検索したら、
★青い光が突然見えることがある光視症について
http://xn--54qu82fj9ba764w.net/entry23.html

★放置しないで! 視野の中に光が飛ぶ「光視症」
http://kenko100.jp/articles/121019001761/#gsc.tab=0
「飛蚊症合併は注意」とあるが飛蚊症(ひぶんしょう)とは20年近くのつきあいだから、関連があるとも思えない。

「閃輝暗点」が初めて発生したのは、2011年のこと。
★眼 異常 ぎざぎざ(閃輝暗点)/'15年2月追記2|'15年10月追記3|'16年3月追記4|'16年7月追記5|8月追記(予兆と頻度高まる)|9/20|
http://yumenoya.seesaa.net/article/394425685.html
頻度が高まっているのは気になるが、「偏頭痛」を伴っていないので、あまり気にしていない。


再度、青い点が見えて光った時には眼科へ一度行ってみるかな。
年齢的なものと思いたいけど…

2008年にクモ膜下出血と軽微の脳内出血で入院したけど、
退院してからタバコも酒もやっているから、
脳に関連している可能性も…
-----------------------------------------------------------
《1/8》
久々の明るい陽射し。まぶしい太陽をちょっと眺めて机に戻ったら、青い点が現れた。
正三角形の3点のようにも2点のようにも見えたりする。
瞬きした瞬間は点が輝く。
5分ほどで消えた。
自覚したのはこれで2回目だが、
前回より青点の輝きは鈍いように感ずる。
この程度だと気づいていない事があるかも知れない。
posted by yumenoya at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

●怖い「影響力」大のネットメディア誤報とその拡散、そのpart3(今度はまだ懲りない朝日新聞)/《追記:朝日新聞の記事を褒めた例》/《追記9/29》追跡・検証から撤退/《追記10/8》朝日をはめた臨時職員が解雇に(記者にも止むを得ない面があり)

別ブログ(カテゴリは「権力」)の続き記事であるpart3を敢えて、ここに書くのは「朝日新聞」の誤報だからだ。(ここでのカテゴリの選択肢は「雑感」しかない、そのうち別名を起こす必要が…)
あの朝日新聞の従軍慰安婦「強制連行」記事捏造(私の中では、未だに謝罪をしていない)と全く同じ体質で何も変わっていないと感じるからだ。
未だに「ウラを取らずに記事を書いている」ことがまた判明してしまった。
本人の言うことをそのまま信じて全て記事になっていたら、(私が読んでいるネット)記事は法螺話(ホラばなし)だらけになってしまう。
だから内容を検証して信用できるニュースだけを流すのがマスコミの仕事でしょう。
なのに本人の解説・主張を鵜呑みにし、ウラを取らずに、ほとんど疑わずに記事にしてしまうという懲りない朝日新聞。
長年で記者たちに沁みついた体質は、チェックする年輩族かな、何も変わっていないようです。
まずは記事ありき(話題性のあるスクープっぽい記事ありき)、で記事の肉付け作業が開始…
そこにニュース内容を補強するためのウラ付け収集の作業は無い。
想定した記事内容に沿わない情報は無視、としか思えない。
政治ネタでも出版社ネタでも格闘ゲームのネタでも

ブログで朝日新聞の記事を話題にしたことは沢山あり、良い記事もあったけど、ここで批判したのは次の二つだ。
●朝日新聞よ、どこへ行く!?(従軍慰安婦「強制連行」/右手にジャーナル/ご臨終)-2014年09月04日by yumenoya at 05:44
http://yumenoya.seesaa.net/article/404842661.html
●「本の値引き、仁義なき攻防 アマゾン」12/24←筑摩書房、朝日新聞記事に「看過できぬ」と抗議12/25(筑摩書房が抗議したのは12/24)/《追記あり》/《追記1/13、★2/4》-2015年12月25日by yumenoya at 15:08
http://yumenoya.seesaa.net/article/431662269.html

そして本題です。さっき読んだ記事
●格ゲー世界大会で日本人優勝虚偽疑惑を本人に追及 その後朝日、上毛新聞も記事削除-
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00010002-bfj-game
「その後、朝日新聞は記事を削除。上毛新聞は上毛新聞は27日午後8時、記事を削除し「格闘ゲーム部門で優勝したとする報道は事実無根だったことが分かりました」と謝罪文をホームページ上で掲載した。」
問題となった最初の記事がどうだったかは不明だが、「朝日新聞は記事を削除」しただけで、謝罪もしていないらしい。

これについては、色んな関連記事を検索して、時系列で調査中
整理できたら報告します。
既に削除された朝日新聞デジタルの記事(これ(「お探しの記事は見つかりませんでした」)は私も確認済み)の関連記事を追いかけます。
色んなサイトに引用され、疑問も呈せられた記事が、謝罪もしないで、何故こうなったのかの検証も無しに、削除だけで済むなんて考えているであろう思い上がりを追いかけてみます。

(あまり美味しくは進まなかった寝酒の深夜3時、関係の無い別の記事をチェックしたら寝ます)
起きた翌朝からは陰湿に追跡します。
逃しませんよ!!

《追記9/29》
part1とpart2へのリンクを追加
●怖い「影響力」大のネットメディア誤報とその拡散、NHK番組の<貧困高校生>を批判・攻撃-2016/09/19(月) 20:36:10
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-166.html
●怖い「影響力」大のネットメディア誤報とその拡散、そのpart2(NHKによる“イノシシの刺身”)-2016/09/28(水) 00:36:10
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
(↑上のリンクは当然したものと誤認していましたので、改めて追加します。)
(同じ日に二つもの誤報記事で驚かせるお粗末なマスコミが悪いのよ)

《追記》
☆貶すばかりじゃありません、朝日新聞の記事に感謝した例(ブログ記事から引用部分以外を転載)☆
------------------------------------------------------------------------------
《8/22》こんな解説の記事を待っていました。(★無料登録すると全文を読めます)
◎シューズ4分の1足分の勇気、歴史つくった リレー銀 - 2016リオオリンピック:朝日新聞デジタル-2016年8月20日21時10分
http://www.asahi.com/articles/ASJ8N627VJ8NUTQP03B.html
記事を書いたのは増田創至さんです。
私の知りたかったことを記事にしてくれて、ありがとう。

《追記8/25》上の朝日新聞スポーツ部記者・増田創至さんによる記事の別サイトへの再掲載のようです。
◎10秒切れていない4人がなぜ銀メダル? 「ちょっと怖かった」決断 - withnews(ウィズニュース)8月25日(木)
http://withnews.jp/article/f0160825002qq000000000000000G00110101qq000013915A
------------------------------------------------------------------------------
問題記事の調査は、日ハムの優勝が決まってから始めます。

《追記9/29》
昨夜、日ハムの優勝が決まりました。
けど上で追跡・検証しますと書いたものの
それを始めるヤル気が全く出てまいりません。
その原因は何なのかと考えてみると
まず、格闘ゲームを含めたゲームそのものに全く関心が無いこと。
かなり昔、喫茶店でスペースインベーダーゲームをやったことはあるけど、
今風のゲームには興味が無かったので、ゲーム機器もソフトも一切縁が無かった。
今やるのは、ネット無料パチンコぐらいなもので、
ネットパチンコというのはハンドルの強弱を設定して打ち始めたら、
後は当たるのをただ待つだけ、可能性の高いリーチがかかったり、当たったら、
BGMが変わるので、パチンコの画面を眺めるという単純ゲームで、
ゼニのかかる本物のパチンコは出来ないから、やっているだけ。
そんな私の興味の持てない「格闘ゲーム」というネタは無縁過ぎました。

以前、朝日新聞の二つの記事で怒ったのは、
慰安婦記事では、直接ではないけど私自身が長年翻弄されいたと感じたからで、
また出版社とアマゾンとが話題の記事で、本はまさに私の関心分野だったからで、
その問題には、私のエネルギーを注いで時間を割く価値が私にはありましたけど、
その意味で、今回の「格闘ゲーム」誤報には、その価値が無いと気づきました。

読みかけの本はたくさんあるし、気になる映画もたくさん…
書きかけのブログ記事も色々あるしで、
「格闘ゲーム」誤報記事の追跡・検証からは撤退いたします。
呆れ果てている朝日新聞の誤報記事なんぞで、まだ煩わされるのはアホということで…
---------------------------------------------------------------------------
《10/1追記》
朝日新聞そのものについての下記の記事を時々思い出す。
今はFirefoxのブックマークに入れているが、
この記事のページを保存しておく適切なフォルダが無いものだから、
何処に保存したかが判らなくなって、その在り処を探して困ることがある。
そこで、このブログからその記事にリンクしておく。
ブログ記事を検索したら、簡単に見つかる可能性が高まるからだ。
●「朝日は不治の病」 OBの敏腕記者が激白 著書『崩壊 朝日新聞』が話題に-イザ! 2016.1.19 21:20(全3ページ)
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/160119/lif16011921200012-n1.html ←イザ!なら
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160119/dms1601191140004-n1.htm ←ZAKZAKなら
「朝日は『不治の病』に侵されている。処方箋は見当たらない。相対的に部数が多いこともあり、日本にとって不幸ではないか」
元朝日新聞の敏腕記者、長谷川氏は言葉を選びながら、古巣への思いをこう吐露した。
---------------------------------------------------------------
《追記10/8》
●朝日をはめた臨時職員、太田市が解雇 格ゲーチャンプうそ会見で-産経新聞 2016.9.30 20:24
http://www.sankei.com/affairs/news/160930/afr1609300026-n1.html
「男性は9月26日に同市役所で記者会見し同20、21両日に開催された「オータムスタンフェスト2016」の格闘ゲーム部門で優勝したと発表。翌日、朝日新聞と上毛新聞が報じ、インターネット上で「嘘ではないか」などの指摘が相次ぎ、市が確認したところ、これを虚偽だと認めた。」
この記事によると、「太田市の臨時職員の男性(23)がパリで開かれたゲームの国際大会に優勝したと市に虚偽の報告をしていた」ことから、市が市役所で記者会見を設定したことが、誤報記事騒動の発端のようです。
少しやむを得ない状況があるけれど、会見に出た記者は多数いたはず。もしこの二紙以外に誤報記事が無かったとすれば、ウラが取れなかったから記事にすることを断念した記者が多かったのかも知れない。少し肉付けをしようとゲーム世界大会についてネットを調べたけれども、本人の説明と合わない点が出たから断念とか、本人に質問の電話を入れたがスッキリしないとか…。
鵜呑みにするな、とは云っても、市の記者会見で発表され、そこに本人が居て説明したら、俺も記事にしてしまうかな…

(↓訂正記事の画像あり)
●ゲーム世界大会で優勝は“虚報” 朝日新聞、上毛新聞がそろっておわび 群馬県太田市の臨時職員が虚偽の内容で記者会見-産経新聞 2016.9.28 12:10
http://www.sankei.com/entertainments/news/160928/ent1609280006-n1.html
27日付朝日新聞群馬県版と28日付の朝日新聞おわびの画像がありました。
-------------------------------------------------------------------------
誤報記事を書かされ、その訂正お詫びまで書かされた朝日新聞が、
何故こんな事になったかの検証記事を書いていたら、
興味深い記事になっていたと思うが、
これらを産経新聞にはネタとして使われただけ…
ネット記事を単純に削除しただけで、「お探しの記事は見つかりませんでした」…
posted by yumenoya at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

★塩野直道記念「算数・数学の自由研究」作品コンクール(発想がスゴイ)、2016年度募集には夏休み研究で間に合う(締め切りは9/10)/《追記8/30》笑える自由研究「受験生の観察」/《追記2017/8/27》文房具図鑑/カタツムリ/クモ

本日届いた【JBpress/isMediaメール No.1117】にあった記事です。
●日本の小学生が見せる驚くべき"数学力"
塩野直道記念「算数・数学の自由研究」作品コンクール [桜井 進]
http://miu.ismedia.jp/r/c.do?zwE_N0v_Zq_sds

・JBpressでは小学生は下記3作品の一部が画像紹介されています。
・研究レポートの全文は下記リンク先のPDFファイルで確認を
・小学生の書いた文字なので、それだけで微笑ましいのに、算数のレポートですから、大した発想と推理力です。
☆「きみはどっち? ぼくはこっち!」(仲野勇毅君、2015年塩野直道賞)小学校1年
http://www.rimse.or.jp/research/past/pdf/3rd/work01.pdf

☆「ケーキを3とう分にする方ほう」(中尾眞奈さん、2015年審査員特別賞)小学校2年
http://www.rimse.or.jp/research/past/pdf/3rd/work10.pdf

☆「パタパタパズルのひみつをあばけ!」(古川 豪君、2015年学研賞)小学校3年
http://www.rimse.or.jp/research/past/pdf/3rd/work09.pdf

☆「数を形に表す」(丁梁君、2015年文部科学大臣賞)小学校6年
http://www.rimse.or.jp/research/past/pdf/3rd/work05.pdf
・「数を形に表す」という発想そのものがスゴイですね。
・分母が素数の1/7(0.142857142857)と1/13(0.076923076923)の形に興味が湧いたので、エクセルで方眼紙を作って印刷し、循環小数を実際に方眼紙で描いてみた。するとレポート通りのファンタジーで不思議な形が閉じて出来上がりました。でも何故基点に戻る閉じた形になるの??循環小数だから、繰り返せば戻るということなのか??オジサンの頭ではダメかな!?!?
・無作為の0.12345(分数だと2469/20000)で形を描いてみたら、やはり4回で閉じた形に。循環小数とは関係無いようだが、4回繰り返したから0.1234512345という循環小数を描いたことになるか。円周率のような無理数だと閉じようがないけど、循環小数は4回で閉じるという形での法則性があるのかも…文系オジサンはこの辺で許してもらおう。
(この部分は追記:四角の方眼紙だから4回で基点に戻るたけ!?何だかこんな単純なこと!?最初に描いたものを起点を軸に90度ずつ回転してつなげたら閉じた形になるのは当然のようでした。鈍いですね)
・レポートで使われていたヴェーダ魔方陣については、下記サイトに解説がありました。
http://trpggasuki.com/bluebird/veda.php
(この解説サイトに書いてある「1から9までの各数について、マス目の中点を線で結ぶと、そこに図柄が現れます。この図柄が数を象徴する図形になります」が判りません?「マス目の中点を線で結ぶ」って、どういう意味なの?どうしてそんな図柄になるの?)

このJBpressでは、中学生と高校生の部も紹介されていますが、私は下記1点のみ読みました。さすがに中学生以上となると難しそうな研究なので…
☆「メロスの全力を検証」(村田一真君、2013年塩野直道賞)中学校2年
http://www.rimse.or.jp/research/past/pdf/1st/work03.pdf
・村田一真君の感想「「走れメロス」というタイトルは、「走れよメロス」のほうが合っている」は面白い。小説の内容を検証した村田一真君はエライ。もう忘れているのかも…2013年のネットニュースで話題になっていたかも。この研究を読んだ国語の先生は授業でどう対応しているのかな、ちょっと気になる。(この部分は追記:実録小説じゃないんだから、拘ることはないけど、でもさあ…ぐらいは)

◎過去の受賞作品|一般財団法人 理数教育研究所 Rimse
http://www.rimse.or.jp/research/past/winner3rd.html
2013年度から2015年度までの受賞作品を紹介
最優秀賞と優秀賞とはPDFファイルで作品及び講評が掲載されています。

◎作品コンクール 第4回(2016年度)
http://www.rimse.or.jp/research/4th.html
応募期間=2016年8月20日〜2016年9月10日 (当日消印有効)
---------------------------------------------------------------------
《追記8/30》笑える自由研究「受験生の観察」
●中学生2年生の弟の自由研究「受験生の観察」がTwitterで話題に- ライブドアニュース2016年8月30日 12時17分
http://news.livedoor.com/article/detail/11951591/
中2の受験生が弟の「受験生の観察」をTwitterに投稿したというもの。
2年生の夏だからこんな感じのもんかな?
弟のシビアな観察研究を、第三者に晒すというのは…
諦めるには早すぎるから、やっぱ余裕≠ニいうことにしておきましょう
-----------------------------------------------------------------
《追記2017/8/27》
★天才キッズのスゴすぎる夏休み自由研究「文房具図鑑」「カタツムリと意思疎通」***2017/8/27週刊女性PRIME
http://www.jprime.jp/articles/-/10460
★自由研究|自然科学観察コンクール(シゼコン)
https://www.shizecon.net/
★第57回自然科学観察コンクール | 入賞作品(自由研究)
https://www.shizecon.net/award/award_detail.html?nendo=2016
posted by yumenoya at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする