2018年10月13日

◆(ちょっと笑える話とイイ話と不思議な話)バンクシーの絵画「少女と風船」の続報、リスに心肺蘇生…、ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”、《追記》”恩送り”

ネットにはギスギスした話題が多いけれど
ちょっと笑えたり…少しほのぼのとしたり…不思議な縁のような話は好きだ

★バンクシー代表作、1.5億円で落札直後に自壊 仕掛けシュレッダーで***AFPBB News10/7
http://www.afpbb.com/articles/-/3192432

★バンクシーの騒動で値上がりするかも?→自分の「風船と少女」を切り刻んだオーナー、「価値はタダ同然」と切り捨てられる***ねとらぼ10/11
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/11/news126.html

★細断のバンクシー作品、価値倍増も? 落札者は購入の意向***AFPBB News10/12
http://www.afpbb.com/articles/-/3193005
「仏美術専門誌アルトンシオンのミカエル・フォージュール氏は、「バンクシーは自作を破壊することで買い手の資産家たちに損をさせるつもりだったかもしれないが、それは見込み違いだ」と指摘。「この破壊行為の後に残ったものには、新たな評価と、さらなる金銭的価値がつく」と述べた」
「仏パリの競売会社アールキュリアルの専門家、アルノー・オリブー氏は、バンクシーは作品全体を破壊しないように配慮していたと指摘。細断が部分的にとどまったために、「ソーシャルメディア上でのバズ(ざわめき)からの勢いを得て、別の何かになる」と同時に、「象徴的なアート作品」としての風格が備わったと述べた」
--------------------------------------
★意識失ったリスに心肺蘇生…“小さな救助劇”が米で大反響***日刊ゲンダイ10/12
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/239306

★ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ***日刊ゲンダイ9/20
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/237880

(上の米ミネソタ州とは違う記事と動画)
★【動画】ネットを席巻 心肺蘇生法で生き返ったリス***ナショナルジオグラフィック2018/04/19
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041800176/
「ただ、覚えておいていただきたいことがあります。動物を救うつもりの処置が、反対に動物を傷つけてしまったり、命を奪ってしまったりすることがあり得るということ。また、野生動物には、人間が自分を助けようとしているかどうかはわかりません。動物から噛みつかれたり、ひっかかれたりする危険があることも忘れないでください」
※北海道では寄生虫のエキノコックスで感染する「エキノコックス症」が話題になることがある。可愛いとされるキタキツネに触ったり、川水などの生水を飲むのは厳禁。可愛いリスに「噛みつかれたり、ひっかかれたりする危険」、野生動物はどんな寄生虫などを介在しているか不明なのだから、安易に心肺蘇生法はすべきでないと記事は警告している。私は子どもの頃、友だちと少し奥地に探検したら「エキノコックス」を知らないから、沢水を飲み野イチゴを食べていた。オジサンになっても発症していないということはタマタマなのかも…
★エキノコックス症***ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E7%97%87#%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%A7%E3%81%AF_2
★【動画】ネットを席巻 心肺蘇生法で生き返ったリス 専門家は警告。野生動物に直接手を出すのは2重の意味でリスク リスの命を救うため***2018/04/19
https://www.youtube.com/watch?v=lk9UXiEnvLo

--------------------------------------------------------------------------------------------
《10/13追記》
★セブンで突然、5千円札くれた人…被災地で生まれる”恩送り”***withnews10/13
https://withnews.jp/article/f0181013000qq000000000000000G00110401qq000018093A
----------------------------------------------------------------------------------------
《10/25追記》
★作品の細断、計画通りでなかった=英国の芸術家バンクシー***10/19
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101900205&g=int

★'In rehearsals it worked every time ’: Banksy on incomplete shredding of Girl With Balloon
https://www.youtube.com/watch?v=TTqgVPHJeNY



posted by yumenoya at 02:05| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

★3/31にタバコ10個買い置き→4/22禁煙に突入、最大の影響は食欲増大

発端は!?「「梶尾真治「たゆたいエマノン」……明日からタバコ値上げだって〜」へ飛ぶ
◆3月31日 明日から値上げと知り驚いて久々のカートン買い
(郵便切手でコンビニに行かなければ、値上げを知らなかった)
(そこで"禁煙"を即断できたらオレもなかなかなんだけど…)
この10個が無くなったら「禁煙しよう」
◆4月18日 買い置きのタバコ10個は吸い終わった→シケモク・モードの開始
※シケモク=吸い終わって短くなったタバコの吸い殻
シケモクを100円SHOPのミニパイプ(20個入り)を付けて吸う
長年愛用していたハイライトが値上げした時に格下げし
安いモノ(ニコチン、タールが多い)に変えた時からミニパイプ必須となる
(ハイライト→(2006年?)エコー→(2010年?)わかば)
(わかばの方が長いので、シケモクも考慮し変更)
◆4月22日 明日は燃えるゴミ収集日なので灰皿などのシケモクを処分
シケモクも無いので少しイライラとなる
この5日間は、シケモクを時々吸っていたけど、
翌日集荷の燃えるゴミを夜に出したので、吸えるシケモクが遂に無くなった
◆4月23日 コンビニへ買い物に行くが当然煙草は買わない
ニコチン禁断による身体の震えはまだ無いけど、
予想通り「腹が減った」という自覚を頓に感じるようになり、
実際にお腹が空いたから食事の回数が増えた(これは予想以上だ)

ニコチン・タールには食欲を減退させる機能があったので、
腹のぜい肉はそんなに増えなかったけど
こんな感じで食事や間食や酒の肴が増えたらちょっとヤバイ
今までの簡素で少し貧しい食生活が身体に合っていると思っていたのに…


禁煙によって味覚はより敏感になったようだ。
食品の旨さが増すとともに食欲もパワーアップしている。
かつて禁煙に挑戦したのはもうかなり昔のことだが、
あの時は食事の主食もオカズも、酒のツマミも旨くて腹周りに肉が増えた。
今回はすっかり忘れていたそんな昔の美味しさが
戻って来たような感じがする

わかば360円×10個÷19日=190円/日
タバコを止めたら、一日当たり190円の原資があることに…
禁煙に伴う食欲増分に一日200円もかかるとは思わないが…

まずは明日の買い出しで、酸っぱい飴玉、ミント、ポテトチップなど

食事で増やすのなら食パン、めん類(焼きそば、ザルそば、スパゲティ)
posted by yumenoya at 22:18| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

★大相撲舞鶴場所、市長が土俵上で倒れ、女性が救命に土俵へ!!しかし…!!小池都知事が動くべき時、クモ膜下出血《4/28追記》ちびっこ相撲と女の子《5/29追記》「わんぱく相撲全国大会」女子の参加は!?

今回は土俵上で挨拶途中に倒れた市長の人命救助の話だが、
「女性は土俵から降りて下さい」というアナウンスや
「女性が降りた後、土俵に大量の塩がまかれ」たことが問題に…
こんなとっさの時の対応はマニュアル通りの硬直した行動となるもの。
古い体質の相撲の世界ですからそれはなおさらに…
(ずっと下にこの報道記事とYouTube動画があります)
(私もクモ膜下出血、その繋がりもあったので投稿)

大相撲の土俵は"女人禁制"という話題で思い出したのは、
女性大臣とか女性知事だかが断られたという話で、検索したらあった。
★森山眞弓-ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B1%B1%E7%9C%9E%E5%BC%93
「官房長官時代に、相撲界の神事としての不文律(女人禁制)を無視して内閣総理大臣杯を土俵に上がって授与しようとして日本相撲協会に拒否されると、森山やその支持者らがこの事態を(日本文化の伝統だけではなく)女性差別問題でもあると問題提起を行い、その後の女人禁制反対派の活動により各地で様々な伝統行事のあり方に議論を呼びかけることになった。」
★太田房江-ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E7%94%B0%E6%88%BF%E6%B1%9F
「大相撲の優勝力士に贈る大阪府知事賞の贈呈を巡り、女人禁制の土俵に知事自らが上がりたいという意向を示したが、日本相撲協会に拒まれた」

小池百合子都知事が「是非とも自ら優勝力士に都知事杯を授与したい」と強く要望したら、相撲協会はどう対応するのか!?
ここはやはり小池都知事が動いて、不文律の"女人禁制"をぶっ飛ばすべきでしょう。
女性の総理大臣が誕生するまで変革は起きないのか!?
ニュースキャスターだった現職の小池都知事こそ動くべき
ニュースキャスターの小池百合子さんなら率先して発言していたはず
今一番行動を起こし易い都知事という立場に居る
面倒臭がらないで…歴史に残しましょうよ!!
初の女性都知事にふさわしい態度表明・行動
たかが江戸時代から伝統、時代は動いて変わった
"女性蔑視"の問題として起て
貴女は秘書に一言云うだけ「次からワタシ、直接、都知事杯を渡しますから。よろしく
(秘書も担当部局もてんやわんや→相撲協会も…。今のあなたの睨みには威力がありますから)
オイシイ場面!?これを見逃すようじゃ、今後プロとは呼べないヨ!?
(4/7追記:空気と流れを読むのがプロ)

相撲が好きで相撲部(同好会)所属の女性も居るというニュースを見た記憶があるけど、
地方巡業には定番だと思うが、相撲取りが相撲ファンの子ども達の相手をするイベントがあったと思う。
もし、相撲ファンの女子中学生や女子高校生が希望したら、どうするのだろうか。
不文律の"女人禁制"を説明して、ご遠慮願うのだろうか??
相撲ファンを減らす方向の対応をするのだろうか??

"女人禁制"ではないが似た臭いを嗅いだのは次の事件(2016)
★【高校野球、甲子園、女子】朝日新聞が先頭に立って女子選手の門を開放すべきです、女子選手歓迎/《追記8/13》/《追記11/25》甲子園練習補助認める/《追記2017/3/14》初参加***2016/08/02
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
これは女子マネージャーの話で、少しは進展したようですけど、
私には大相撲も高校野球も根っこは同じだと思います。

ということは似たような事が他の分野にも色々とありそうです。
"女人禁制"が話題となっている今を好機と捉えて、検討するチャンスです。
こんな問題を担当する省庁は何処なの!?担当大臣は誰なの!?
特命大臣でも居ないのかな!?

こんなニュースを読むとすこし情けなくなりますねぇー
"情けない"というより"呆れる"の方が近いかな…
所詮 皆 女の腹から 生まれたのに…
その意味で、女性を蔑視しているイスラム教の国は、端から不可解、と言うしかない
(追記:今、思いついた、実力が無いから、そんな男たちは"セコイ"、行動も発言も全てが…歴史に胡坐(あぐら)することで体面を保っているだけ…そんな国家が部族が会社が組織が…長続きするわきゃ無いよ……そうは思ってもそこに生まれ育ったら睥睨に怯えるだけか…"反抗"は難しいから凡人だらけとなる…(反省)NO!!という投票のうねりを感じたことはホント少ないから棄権したくなる、と愚痴っぽくなったら寝酒もソロソロかな)

《舞鶴場所の事件関連記事》
★土俵で救命に当たった女性の初期対応、医師が絶賛「相当トレーニングを積んだ方と思われます」***HuffPost 4/6
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/05/rescue-doctor_a_23404339/
「朝日新聞デジタルによると、女性は看護師だったという」
(日本救急医学会の「ICLSコース」ディレクターで、昭和伊南総合病院麻酔科診療部長の大房幸浩さんは、YouTubeに投稿された動画に映った土俵上の様子から、中心になった女性がとった初期対応を検証、自身のFacebookで公表)
「たぶん、市長の意識はなく、呼吸は確認できなかったか、あっても死戦期呼吸(あえぎ呼吸)だったのではないでしょうか」
「胸骨圧迫のスキル、周りへの指示の的確さから、相当トレーニングを積んだ方であると思われます。胸骨圧迫の早さや強さは完ぺきで、救急蘇生のスペシャリストと考えられます」

★大相撲舞鶴場所、舞鶴市長倒れ、救命女性に「女性は土俵から降りて下さい」とアナウンス***YouTube 4/4
https://www.youtube.com/watch?time_continue=45&v=35aIqDTYOD8

「2018年4月4日 舞鶴市制施行75周年記念で行われた大相撲舞鶴場所にて
舞鶴市長からの挨拶の途中、市長がいきなりバタッと倒れ、急いで駆け寄った救命女性が心臓マッサージ?を施し、他の女性が土俵に上がった辺りで、「女性の方は土俵から降りて下さい!」と数回アナウンス。聞いていた観客、「えっ?」と、どよめく。」

★舞鶴市長を助けようとした女性が降りた後、土俵に大量の塩がまかれる。観客ら目撃***HuffPost 4/5(朝日新聞社提供 )
https://www.huffingtonpost.jp/2018/04/05/salt-sumo_a_23403415/

★脳神経外科医が絶賛する「土俵で救命」女性の神対応 くも膜下出血の怖さとは?***AERA dot.4/6
https://dot.asahi.com/dot/2018040600074.html?page=1
(小倉記念病院脳卒中センター長・脳神経外科主任部長の波多野武人医師)
「女性の救命措置がなければ、亡くなっていた可能性もあります。すばらしい対応ですね」
「倒れた直後は、くも膜下出血かどうかわからなかったはずです。ただ、そうであってもなくても、意識を失っていて呼吸がなく脈が触れなければ、心臓マッサージが必要になります」
-------------------------------------------------------------------------------------
《4/9追記》
★「倒れても男性の医者がいる」発言で静岡県掛川市民から批判の声 市「特段の対応は考えていない」***産経ニュース4/9
https://www.sankei.com/politics/news/180409/plt1804090013-n1.html
騒がれている話題の事をネタにして受けようとする人は割と多いのかも知れないが、
そんなおっちょこちょい(軽薄)が政治家に多いのは困ったことだ。
それもよりによって「静岡県掛川市の松井三郎市長が9日、大相撲春巡業のあいさつで「こけないように、倒れないように。万が一の時も男性のお医者さんが近くにいる」などと発言」とは…
逆なでする発言になる、という事が判らんとは…
唖然と呆れるレベル…それが市長!?!?
-----------------------------------------------------------------
《4/28追記》
★<ちびっこ相撲>「女子出られないのおかしい」子供たち疑問***毎日新聞4/27
https://mainichi.jp/articles/20180428/k00/00m/040/118000c
-----------------------------------------------------------------
《5/29追記》
★山形 「ちびっこ相撲」中止 「女人禁制」問題余波***毎日新聞5/29
https://mainichi.jp/articles/20180529/k00/00e/040/197000c
「土俵上の「女人禁制」をめぐり、今後の対応を協議している日本相撲協会に対し、市側は再三にわたって開催を求めたが、協会から「いったん休止したい」との連絡を受けたという」

わんぱく相撲全国大会 ※女子の参加は!?!?
https://www.wanpaku.or.jp/
◆参加方法◆
「わんぱく相撲全国大会は、小学校4年生から6年生の男子を対象にした大会です。まず各地の予選大会(LOM大会)に出場します。予選を勝ち残った小学生が、両国国技館で行われる全国大会へ出場することが出来ます」
「小学1年生〜3年生の男子、ならびに女子については各地の予選大会ではそれぞれのクラスを設けて大会を行っているところもあります
◆よくある質問◆
「Q 女子は参加できませんか?」
「A 全国大会には残念ながら出場できません
しかし、各地域の予選大会では女子の大会を行っている場合があり、そちらへの参加は可能です。」
※両国国技館で行われる全国大会は「小学校4年生から6年生の男子を対象」だが、
地区の予選大会で「女子の大会を行っている場合が」あるという地区おまかせの仕組み

第34回わんぱく相撲全国大会 (大会事務局  公益社団法人東京青年会議所に置く)
https://www.wanpaku.or.jp/tournament/
第34回という結構長い歴史のある全国大会だが、
「女子参加」を特に問題視せずにか、大きな議論も無しに第34回に至ったのか!?

歴史ある宗教的な風習だと、女人禁制の島が福岡県にあるし…、男人禁制だと沖縄の伝統行事にあったし…
★大相撲…ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%9B%B8%E6%92%B2#%E5%A5%B3%E4%BA%BA%E7%A6%81%E5%88%B6
「女人禁制」の項目によると
「この女人禁制の風習は明治期の「違式註違条例」発令と「神道の穢れ感」を利用し「虚構の伝統」が創られたとされる。日本の相撲の歴史においては、室町時代から女相撲も存在した」
1957年には四国巡業において女相撲の大関若緑の引退セレモニーが行われ、この際、若緑は大相撲の土俵に上がっている
※大相撲の「女人禁制」は、格別大した歴史のある風習では無さそうだ!!
posted by yumenoya at 22:20| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

★プロ野球ファンのオジサンは「ソフトボール投げ」(全国体力テスト)の記録が気になる/《追記2/14》大谷翔平くんのニュースでワクワク

昨年も驚いたが、下記の記事によると、やはりソフトボール投げの距離は低迷しているようだ。
キャッチボールをしたことの無い親も多いだろうから、
その子どもは、ソフトボールの投げ方を知らなくて当然だ。
親も体育の授業でしかソフトボールを経験していないだろう。
キャッチボール禁止の公園が普通だから、
キャッチボールをしたくとも、それをする場所がそもそも都会には無い。
(親子のキャッチボールは札幌時代もここでも見かけたことは無い。交通事故の元!?)
(車の少ない昔なら、小路でキャッチボールができたが、今は飛出しがお互いに恐い)

私のこども時代は、「巨人、大鵬、卵焼き」だったので、小学校には土俵もあった。
運動が得手で無い私に、五つ違いの兄貴は、
まずキャッチボール、次はシートノックでゴロとフライの捕り方を鍛えてくれた。
(追記:私がもっと幼かった頃、湾内の一部を埋め立てて出来た広場で砂利敷き。だからゴロは全てイレギュラーとなった。小学1年生の頃か。公道を走る車も少なかったし、干し昆布を積んだ馬車がタマに通った。狭い道ではキャッチボールも出来た。"三丁目の夕日"の時代の田舎の風景だ。近所の遊びはビー玉とメンコで、白黒テレビはまだ無かったかな)

これがあったからやっと普通レベル(体育3程度)となり、三角野球で楽しく遊ぶことができた。
小学校の広い校庭は、Sケンや柔らかいボールでの三角野球、ドッジボールなど様々
今の狭い都会のグラウンドでは、キャッチボールも禁止かも知れない。
野球がどうなっていくのか、心配だ。
サッカーも公園では禁止なのだろう球技……


中学の体力テストは、ハンドボール投げに変わるようなので、
ボールの大きさが違うから、一応あくまで参考に記して置く。

★体力、女子が最高更新=握力とボール投げは低迷−スポーツ庁***時事ドットコム2018/02/13
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021300761&g=soc
「「体力合計点」が、女子は小中とも08年度の調査開始以来最高を更新」
「握力とボール投げは小中男女とも低い傾向が続いており、中2男子はいずれも過去最低だった。」

★平成29年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査報告書-スポーツ庁
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/toukei/kodomo/zencyo/1401184.htm
ソフトボール投げ(小学5年):(男子)22.52m、(女子)13.93m
ハンドボール投げ(中学2年):(男子)20.51m、(女子)12.88m

ダウンロードしたPDFファイルには暦年の記録が無かったので、
前年の平成28年度をダウンロードしたらグラフがあった。
★平成28年度全国体力・運動能力等調査結果-スポーツ庁
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/toukei/kodomo/zencyo/1380529.htm
男子のソフトボール投げはグラフで平成20年25.4mが、3mも落ちている。
昔の記録は判らないが、ずっと落ち続けているのだろう。
これも当然だけと、嗚呼……
今も野球少年は居るのだから、心配は無用なのだろうけど…

(ソフトボール投げ)
2016小・ソフトボール投げ.JPG
(ハンドボール投げ)
2016中・ハンドボール投げ.JPG
-----------------------------------------------------------------------
《追記2/14》大谷翔平くんキャンプイン直前
毎日チェックしている大谷翔平くんの関連ニュースも増えてワクワクだ。
★二刀流・大谷翔平の能力に同僚はキャンプイン前から“衝撃”「どうかしてる」***Full-count2018.02.14
https://full-count.jp/2018/02/14/post107472/
「ちょっとどうかしてるよ。とてもワクワクするね」
「彼にはあそこまでの反射神経と運動神経があるから、やりたいことがほとんどできてしまうんだ」
★Ohtani reports to Angels camp-MLB.com (練習風景動画/50秒)
https://www.mlb.com/angels/video/ohtani-reports-to-angels-camp/c-1874910983

大谷翔平くんの気になるニュースなら
★2018年ワクワク大谷翔平くん関連の気になるネット記事にリンク(一覧表/MLB・メジャー、2/2から)
http://yumenoyabook.web.fc2.com/ohtani_news2018.html
★2017-18年ワクワク大谷翔平くん関連の気になるネット記事にリンク(一覧表/大リーグ・メジャー挑戦表明以降、2017/11/7から)
http://yumenoyabook.web.fc2.com/ohtani_news2017-18.html

同僚発言の和訳に「ワクワク」とあった。どんな単語を使ったのだろう?
英訳を検索するとやはり 名詞 Exciting、動詞 excite
「ワクワクした」I was excited. らしい
日本語のニュアンスとは微妙に違うように思うけど…
-------------------------------------------------------------
ラベル:大谷翔平
posted by yumenoya at 20:59| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

★リンリンリンという可愛らしい音が鳴り続いた、それは火災報知器、誤検知だったらしい

昨日2/3の午後3時過ぎ
リンリンリンという可愛らしい音が鳴った
オレの目覚ましの音では無いし
オレの部屋のガス洩れ検知器の音でもなさそうだし
でもリンリンリンという高音の音色はずっと続いている
大きな音ではないけれど、かなり耳障りの音だ
玄関のドアを開けて外を確認するが
この音は何だ!?と飛び出したアパート住人は見当たらない
ドアの横に何だかの盤があったことを思い出した
サンダルで外に出たら、火災報知器の管理制御盤が犯人らしい
赤い点滅の箇所は「車庫」と「小屋裏」
おいおい「小屋裏」って何処のことなのよ!?!?
そんなの知らないよー
スイッチらしいのが三個あるけど、この煩わしい音を停止したい
恐る恐るそれらしいスイッチを下げる
これで音は止まったけど…
取りあえず大家である工務店へ連絡電話
装置の誤作動かも知れないけど
工事現場に出ているものを伺わせると…
今度はアパートの外へ出て確認するが煙も火も人も変な臭いも無い

買い物で外出する用事があったけど
工務店の人が来た時にオレが居ないと困るかな、考えて外出は中止
これを機会に、少し装置の操作で聴いておこうと…
こっちは一応ピンポーンの御機嫌伺いを待っているというのに
結局誰も来ず………

翌日の今日2/4午前、買い物に出たら、制御盤の二つの点滅は消えていた
おいおい、電話通報したオレに、一言の挨拶も無しかよー

それにしても、火災報知器って、今はあんな可愛らしい音なの!?!?!?
ジリジリッ、ジリジリッ、ジリジリッって
もう少し驚く大きな音がするものというイメージだったけど
リンリンリンというあんな可愛らしい音で住人は外に飛び出すのかよー
ガス漏れ報知器ならば部屋の住人に知らせるのだから、ともかくも
あれで火災時の警告音の役目を果たすのか!?
鳴っているのが自分の部屋のドア横だったから
オレは少しうるさいなあと気付いたけどさぁ
鳴り響くようなのが警告では!?
近所迷惑もあるからコレに変わったのかな!?

このアパートはもう5年半になるけど
火災報知器が鳴ったのは、これが初めて
氷点下のボヤでなくって良かったけれど…
誤検知だったらしいが
これが度重なるようなら、あの"オオカミ少年"だ
posted by yumenoya at 17:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

◎面白かった「謎のクィン氏」、"鼻風邪"の事前対策、水っ洟用ティッシュ鼻栓の作り方《追記1/30》アームウォーマー

今日の朝、ベッドの中で「謎のクィン氏」(クリスティー文庫)を読み終えた。
最近読んでいるクリスティーの探偵もの短編集ではクィンが一番面白かったので、
手元に置いて再読しようとアマゾンに注文した。
(追記:後ろの短編回では、文芸の風味も加味されていた。"文芸"で突っ込まれると困るけど)
訳者が変わると雰囲気も変わることがあるので、創元推理文庫「クィン氏の事件簿」を。
アマゾンの注文は久しぶりだが、ゆうメールの価格改定の影響なのか、
出品している店によって、送料にかなりバラツキがあった。
送料込みで351円なり
「謎のクィン氏」については別に書くことがあるかも知れないけど、
これは読み応えのあるオススメ短編集です。
(補足:女の心理の機微が…さすが女性作家だと感じさせる描写)

雪の日に外出はしたくないが、
延長して今日までの本もあったので図書館へ返却に
晴れていた昨日行けば良かったのだが
26日までの「謎のクィン氏」がまだ読み終えていなかった。
一昨日ネットで確認したら、予約が入って延長ができないので、今日の返却となった。
外へ出ると、視界100メートル程度の吹雪
海風で体感気温はかなり低い。
下を見て歩いていたものだから、気づいたら道路脇の雪山に突っ込んでいた。
1km位の距離だが、さすがに吹雪の中だと目線は下向きだし遠い。
今日の狙いはクィン氏短編が1編ずつ収録されているという
「愛の探偵たち」「マン島の黄金」の2冊だったけど、貸し出し中
戻ってから図書館蔵書を確認したら、間違いなくある。
今度は予約してから行こう、手ぶらで帰ったのは珍しい。

アパートの外の廊下も結構積もっていたので、今日は雪かきをした。
氷点下が続くと灯油の減りも速い。
私の定位置はパソコンを置いてある机の前の椅子
灯油ストーブは椅子の左後に置いて温風は足元を狙っている。
今日も起きて即灯油ストーブを点けたら、気温の表示は0度
0度以下を表示する機能は無いから、いったいホントは何度なのやら
点けると温風で即暑くなるけどケチって消すと即に冷え込んでくる。
床冷えの厳しいアパート(下は車庫でもない単なる空間)なので、
秋からは電気アンカが活躍し、座布団で挟んだ中のアンカの上に足を入れる。
今年は灯油ストーブの温風の通り道をダンボールで例年より工夫したので
昨冬よりは暖かくなったけど、ケチで消すと即寒くなるし…
灯油代を節約したいけど、ハロゲンランプにしたら電気代が心配となる…
布団には電気敷布、寝る少し前にスイッチを入れ、布団に入ったら切る
自分の体温で布団の中は暖まるから普通切る。
よほど寒い時は最低にする。
(好みもあるでしょうが、電気毛布は不快だ)
また子どもの頃は、窓はアルミサッシじゃなく建付けが悪かったから、
起きたら吐く息で濡れた掛布団は少し凍っていました。
当時は湯たんぽ(石炭ストーブに湯沸かし器を接続)か、
豆炭あんか(石炭ストーブで豆炭を焼く)でしたね。

寒くなって恐いのは風邪だ。

《風邪》
今冬の風邪はまだ水っ洟だけで特に熱は無い(体温計はずっと行方不明)。
もし重くなれば熱もあって、ベッドの中では汗も出る。
その寝汗をたっぷり出させるのなら、オフクロ時代から"玉子酒"だ。
日本酒を小鍋で沸騰させて、アルコールを飛ばし、
そこに溶き卵を入れてかき混ぜるだけ。
子ども時代は甘酒が好きで、玉子酒は結構おいしかったのだろう。
子ども用には砂糖を足したかもしれない。
玉子酒を飲むと身体が火照り熟睡できた。
熟睡中にはしっかり寝汗をかき、起きて下着を替える。
たっぷり寝汗をかいた翌朝、熱は結構下がっていた。
だから大人になってからも、この玉子酒をよく飲んだものだ。
もったいないのでアルコール分をあまり飛ばさないけど、結構効果がありました。

《風邪の事前対策》
秋には、丹前がもうかなり古くなって使えなかったので、
丹前の代わりにドテラを買った。
というのは、風邪をひくのはどうもベッドの中でだと思ったから。
水っ洟という最初の症状が出るのは、
ベッドの中か、起きて少し経ってからだ。
ベッドでは、寝る前も、目が覚めた時もまず読書が習慣だ。
読書の時は、腕も肩も少し寒さに対して無防備となってしまう。
この時にドテラを着ていたら、少しは寒さ防御になるのではと思い購入した。
かといって丹前があった時にも毎年何度かは風邪をひいた。
腕を守る必要があるなと考えて、今ヤフオクで注文しました。
アームウォーマー:送料込みで473円
これでベッドでの読書時の腕寒さ防御となるか!?効果は如何!?

《水っ洟のティッシュ鼻栓》
今冬は今のところ水っ洟の風邪で熱は無し
12/29〜1/1(両鼻)、1/21〜23(左鼻)の二回だ。
熱は無いけど水っ洟がタラタラ
タラタラ具合は当然起きている時の方がキツイ
タラタラと流れ落ちたら困るので必須が鼻栓
鼻かみと鼻栓の取り替えの繰り返しだ。
ティシュ箱も速く空となり
布団から手を出しての読書時も水っ洟は出るので
椅子に腰かけている時ほどでは無いが、
鼻をかんで新しい鼻栓が必要となる。
だから風邪の時の読書はイカンと思うがなかなか我慢できない。
早く直さなきゃいけないのに……読書をストップできない悪循環
寝る前に読書、目が覚めたら読書、という習慣はなかなか止めれない。
でも読書を自重し、たっぶり眠ったらば、水っ洟から解放されました。

《鼻栓の作成》
ティッシュの鼻栓は昔は適当に丸めていたけど
今は、まずティッシュを半分に切る。(ハサミを使った方がキレイ)
それを一度折るとほぼ正方形になる。
今度はそれを同じ方向へもう二度折るとかなりの長方形
(ここで方向を変えて二度折ると少し違う太さとなる)
それを端から終わるまで、海苔巻きように丸めると円柱に
これで鼻栓は完成で、私の鼻の穴にはちょうどよい太さ。
水っ洟が片方だけの時は、切った残りティッシュは次回の替えに
(鼻栓もパターン化すると何も意識せずに作業ができるので楽チン)

水っ洟も重症時から直った時は後に鼻の皮がむける
日焼けの皮むきのようで少しは楽しめる

アームウォーマーの効果のほどは後日報告します。
寝床で読書しない人には無用のアームウォーマー
------------------------------------------------------------------
《追記1/30》
昨日も少し水っ洟
夕方に「アームウォーマー」が届いた。
寝る時に、アームウォーマーを装着して読書
着けたまま寝て、起きる前にも読書(今はクリスティー「リスタデール卿の謎」を読んでいる)
起きても着けたままセーターを着たが、灯油代の節約にはつながりそうだ。
灯油も値上がりしていますから、節約効果は大事だ
★2017年今冬、初の灯油配達(ポリタンク4個)、昨年より少し値上げ、《1/29》更に値上げ
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-235.html
posted by yumenoya at 21:21| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

《教えて欲しい、実話?伝説?民話?創作?》津波にまつわる話、ツナミ、寺、お坊さんの機転、火事と鐘

大きな津波があった時に、飲み屋のママが思い出して語る話がある。
初めて聴いたのが何時だったのかは忘れてしまった。
二十年以上は経っていると思う。
二回目に聴いたのは東日本大震災(2011年3月11日)の時だった。
飲み屋のママもかなり昔、お客さんから聞いた話で、誰かは不明とのこと。

昔むかし、小さな漁村があったそうな
村の背後には小さな山があり、その中腹には寺があった
いつものように小舟が浮かぶ海を眺めていたお坊さん
海が沖へ向って引いている事に気付いた
これは言い伝えにあるツナミの前兆だと直感したお坊さんは
寺の鐘を突いて知らせようかと思ったが
鐘の音では、何か異変が!?で終わってしまうかも…
そこで坊さんは寺に火を付け、それから鐘をゴーンゴーンと突き続けた
寺が燃えている、これは大変だと慌てた村人たちは、山を登って寺へ駆けつけた…

寺を火事にして鐘を鳴らし続けた坊さんの機転で
津波から助かった村人はたくさんいたそうな


これを初めて聴いた時には、なかなか出来た話だと感心し
その後、ネットで何度も検索したことがあるのだけれど
この話の出処らしいものには未だ辿り着いていません。

津波にまつわる似たような話について、
出処などで何かご存知の方がおられましたら、
是非とも教えてください。
ずっと気になっておりますので、よろしくお願いします。

昨年の12月だったと思うが、
大きな仏像制作の完成時の記念写真らしきものについての探索が
寄せられるネット情報で判明したという記事があった事を思い出したので…
(追記)
ロボット書き込み対策で、コメント用の必須認証コードはyumenoyaです
posted by yumenoya at 21:10| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

◎12/25札幌市図書館のカウンターが大通地下街にあって驚き!!夜は忘年会、12/27凍れています

12/25(月)は運転免許証の更新手続きで札幌まで出た。
わざわざ札幌まで出るいつもならば、まずブックオフを目指すのだが、
免許更新がメインなので、地下鉄大通駅の北口から出て中央署に向かったら、
何と札幌市図書館の立派なカウンターがあったので驚いた。
5年前の免許更新時には無かった…

大通駅が勤務先などの最寄駅ならば、
ネットで予約し大通駅で受取り返却もできる…
さすが札幌、何と便利になったのでしょう。

私が石狩市の図書館を利用し始めたのは
5年前に札幌から引っ越して来てからで、
簡単には札幌の古本屋へ行けなくなったからだけど…
図書館で借りて済むのなら、古本屋をウロウロして探す手間は省ける。
もし話題の本ならば、予約が多くてかなり待たされることもあるけど、
何たって無料ですから、古本購入代金は他のものに振り向けることが可能となる。
今やネット古本屋もあるけれど、話題の人気本はネットでも高い。
資金的に余裕のある人は新刊を買うのでしょうが、
他の人より早く読みたいとは特に思わない私としては、
半年も1年も待ったとしても、そんなに残念だとは感じない。
懐が寂しいのだから、予約待ちは当然だ、と思えたならば、
図書館愛用者の誕生は間近だ。

札幌市図書館のシステムは知らないし、
大通カウンターの利用方法も知らないけれど、
まずは「貸出券の発行(新規の利用者登録)」の手続き
◎大通カウンター/札幌市の図書館
http://www.city.sapporo.jp/toshokan/sisetu/odori.html
(平成27年2月23日(月曜日)に移転オープンしました)
札幌市図書館の蔵書は上のページからネット検索ができる。
大通カウンター以外の札幌市図書館・図書室に登録してあれば、
上の蔵書検索コーナーから予約が可能となる。
恐らく大通カウンターにも登録してあれば、
大通カウンターで予約本の受取りが可能となるはず。
(石狩の場合、用意ができましたとメール通知が入ります)

なお、蔵書スペースに限りがあるので、
札幌市図書館に何でも蔵書しているわけではないから、
所定の様式に記載して図書館・図書室に要望すると、
他の図書館からの取寄せもでき、これも無料サービスです。
こうなると全国図書館の蔵書は自分の蔵書のようなもの
(取寄せの場合、貸出延長はできず、対面返却で返却ポストは不可)
(石狩の場合、メール通知ではなく電話連絡となる)

私が新刊でリクエストし、購入してもらったのは2冊ある。
シリーズもの小説の続巻が近々に出るとのニュースを視て、
話題の本だから仕入れの予定に入っているだろうとは思ったけれど、
続巻を待っている人が居るよ、というアピールのつもりでリクエストした。
この時に感じたのは、新刊の予約第一号だったのでは、ということ。
第二号リクエストは笑芸人の本が出版されたばかりだったので、
他の図書館ではまだ仕入れていないだろうというタイミングだったけど、
石狩市は笑芸関係の本が結構充実しているので、
ひょっとしたら新規購入もあるかなとリクエストしたもので、
これも予約第一号だったと思う。
新刊リクエストもうまく行けば、予約待ちの1番となる可能性も…

もう一昨日だけど、25日(月)は北24条街の飲み友達と18時に久々の待ち合わせをした。
というのも大谷翔平くんのサヨナラ記者会見の日だったから、
折角逢うのだから、記者会見の日がふさわしいし、盛り上がると思って、
メインの免許更新を25日にセットしたもの。
今日のネットニュースによると、
大谷くん記者会見の視聴率は5局で55パーセントとのこと。
私も馴染みの飲み屋で記者会見をテレビで視ておりましたけど、
大谷くんは2018年も今度はMLBでワクワクさせてくれることでしょう。
25日にはビール小ジョッキーを口開けに、八海山の本醸造と吟醸とを呑み、
隣のスナックでは山谷ブルースを唄い、チークも踊り、
懐かしい仲間たちとの楽しい忘年会となりました。

《追記》
今日27日は生協への食料買い出し日だった、つまり今年最後の仕入れ…
25日はバス停で待つ間、帽子キャップが飛びそうなほどの風の強さだった。
耳を寒さから守る機能のあるキャップだったので、
帽子は飛ばなかったけど、何度も帽子を押さえるほどの強風。
痩せた身体が風に持っていかれないように、何度か下半身で踏ん張った。
今日は風はそれほどでないが、寒さは今年では一番の冷え込み。
キュッキュッと鳴る片道15分の買出しから戻り、幕の内弁当を食べて、
ドア前の外廊下の今冬初雪かき
今夜は灯油ストーブを消すと割とすぐにスイッチを入れ直す冷え込み
凍てる凍れも本格化かな
posted by yumenoya at 19:50| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

★「ワクワク」「わくわく」について、黄金伝説の島「ワクワク島」とワクワク大谷翔平くん/《追記11/27》MLBを襲う"黒船""黄金伝説"!?

今朝ベッドの中で読んでいたのが次の本
樋口清之「お金と日本人 日本人の歴史3」(講談社文庫)
その最後の項目「つくられた黄金伝説」で
マルコ・ポーロのジパングの前に触れられていたのが、
モロッコ生まれの地理学者イドリーシーの地理書に
「ワクワクという名前の金銀の島として、日本のことがでてくる。」と…

大谷翔平くんへの期待&その活躍を形容する言葉として「ワクワク」をよく使うようになったが、「湧く」が語源なのだろうとは思ったけれど、「ワクワク」「わくわく」を調べてみた。
黄金伝説の「ワクワク」と大谷くんの「ワクワク」とに繋がりがあるとは思えないが…
言葉は一致しているので、ただ連想つながりだけの縁…

★ワクワク***ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AF
「中世アラブ世界で、東方の彼方にあると考えられていた土地である。ワクワク島、ワクワクの国、ワークワーク、ワクワーク、ワーク、ワク、ヴァクヴァク島、幸福の島などとも呼ばれる。日本の古名倭国(わこく)に由来するとする説がある。」
★ワクワク***語源由来辞典
http://gogen-allguide.com/wa/wakuwaku.html
「ワクワクは、水などが地中から出てくるさまや、物事が急に現れるさまを意味する「沸く(わく)」から生まれた言葉と考えられる。
「沸く」は、「興味が沸く」など感情などが生じる際にも使われ、心の中から外へ激しく現れる感情やその様子を「ワクワク」と表現したものであろう。
江戸時代には「わくつく」という語があり、「ワクワクする」という意味で使われていた。
中国の東(東シナ海)には「ワクワク島」という島があり、「ワクワクの木」という樹木のアラビア伝説がある。
「ワクワク島」は、その位置から日本という説もあるが不明。」

★興味がわくの「わく」は「湧く」と「沸く」のどちらが正しい正しい使い方ですか? ***Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1079449965
「「湧く」は奥底などからふつふつを湧きあがってくること
「沸く」は水が沸点に到達して沸騰すること」

とすると、私が大谷翔平くんに使っている「ワクワク」は
「興味が湧く」「水が湧く」ではなく、「水が沸騰」する「沸く」の方がふさわしいようだ。
語源由来辞典にある「心の中から外へ激しく現れる感情やその様子を「ワクワク」と表現したものであろう」で
「沸く沸く」ということにしておこう。
温泉、名水ならば「湧く湧く」……が似合うけど
温泉が湧き上がった時に掘り当てて「ワクワクする」喜びには使えるけど、
湧き上がる様を「ワクワクする」とは表現しない。
だから「沸く沸く」で決定だ。
(そうそう「ワクワク感」という言葉もありました)

(いつもなら、この記事は下記の別ブログに投稿するところだが)
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/
(ブログは一つの方が管理しやすいし、過去記事の検索も一回作業で済む…)
(それに別ブログだとアドレスをリンクさせる作業が必要なのも面倒だ)
追記11/27
寝酒をやりながら、さっき次の文章を上の文章内に追記した。
「言葉は一致しているので、ただ連想つながりだけの縁」

でも巨額の資金の用意は無くとも
MLBでの爆発の可能性を秘めた魅力十分な二刀流・大谷翔平くんを獲得できるかも……!!
"てんやわんや"でアタオタしている全MLB
断念したら、断念したことを宣告しなきゃ治まらない環境に追い込まれているMLB
うちの球団にはそぐわないからスルーしましたでは、マスコミもファンも許さない。
だから獲得レースから降りるのならば、その説明の声明が必要だとまでなっている
そんな雰囲気のヒートアップ状況…これはまるで幕末の"黒船"。
大谷翔平くん獲得でMLBチームに何かの革命が起きるかも知れない
これってMLBにとって過去に無かった"黒船の襲来"
二刀流投手が巻き起こす革命の起爆剤となるかも…
色んなことが試せる、可能性に満ちた"黄金伝説"がOHTANI……
更に追記》ここで思い出したのは次の記事
★海を渡る“平成の勝海舟”大谷に期待するメジャー維新*** 東スポWeb 2017年11月15日 11時00分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/827482/
日本史→幕末→勝海舟、坂本竜馬→→この話題の流れで読書として『氷川清話』が出てくるとは!!!!お主なかなかデキル
上は私的な大谷くんニュースリンク集からの転載です
http://yumenoyabook.web.fc2.com/ohtani_news2017-18.html

「ワクワク」つながりで黄金伝説の島と語源から始まった話題のはずだったのに
こんなにも連想で拡がってしまってスケールも大きくなり
酔ってキーを叩いている自分も驚いています……

今の自分を現わしているのがブログのような文章
もし記事内容での前後の齟齬や投稿記事によって異なる齟齬があったとしても
それら全てが"わたし"です。
いつも揺れ動いている多面性
自分にもまだ判然としない基軸はあるのだけれど
何らかの不明な揺れ幅で振れているのが"わたし"

いわゆる"作家"と呼ばれる部類になると、ブレ幅が小さくなるのかな
それを別に羨ましいとは思わないが
揺れ幅が大き過ぎて主軸が消えてしまったら、それはやっぱり問題だ
posted by yumenoya at 22:13| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

★コープさっぽろの"幕の内弁当"の副食(オカズ)がガタ減り(豪華さ消え)に驚いた!!(食品のサイズが縮む?)《追記が色々ダラダラと…続く食い物ネタ》鮭の切り身が半分だけ!?など

毎週一度、市民生協へ食材のまとめ買出しに出かけている。
その時の、週に一度の楽しみは、税抜の398円の幕の内弁当だった。
色んなオカズが付いており、私には週に一度の豪華な弁当だった。
必ず副食は少し残ったので、二食目のオカズの足しか晩酌の肴になっていた。
昨年2016年だったと思うが、同じ価格で同じ名前の"幕の内弁当"の副食から豪華さが消えた。
オカズが貧弱になったとは言え、内容の落ちた"幕の内弁当"を今も買っている。
(追記:容器だけは大きく変わったので、私の古い電子レンジでは回転しなくなった。)
(追記:テーブルが回転するような規格の容器を…私のが古すぎる規格なのかなあ、30年モノです)
(追記:滅多に買わないが"カツ丼"もホリュームダウン、これは食品を巡る世の趨勢なのでしょう)

今年になって旭川へ行くため、姉と札幌駅で待ち合わせた。
札幌駅近くなら、結構豪華な弁当のはずだからと、私は弁当仕入れの担当になった。
私の好きな焼き魚サバがメインの"幕の内弁当"が600円。
サバの半身が普段私が買っているのより大きく副食もすごく豪華でかなりの満足でした。
がその待ち合わの二度目の仕入れ、かなり貧弱になっていた。
サバの半身は普通で、それ以外の副食からも豪華さが消えていた。
これは生協と同じパターンだなと思った。

色んな食品の重さなど変わっても、つまり減っても価格は変わらない、
ということには早くに気づいていたけど、
毎週楽しみだった生協の弁当の、突然のオカズのボリューム減にはショックでした。

下の記事を読んで、生協での"幕の内弁当"のオカズ貧弱劣化を思い出して投稿する。
豪華さの消えた、さっぽろ市民生協の"幕の内弁当"よ!!
カムバック!!戻って来て!!
今のワンランクアップの498円?489円?(税抜)の弁当は、そんなに旨そうに感じない…

★食品のサイズが縮むわけは?***(Yahoo!ジャパンの独自ニュース(猪瀬聖))11/20(月) 22:01
https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20171120-00078375/

札幌の地下鉄北34条駅のすぐ隣のボロマンションから石狩市に引越して来たのは2012年
札幌の隣の地下1階には丸正という安い食品スーパーがあって重宝していた。
 (追記:夜9時を過ぎると弁当と総菜は値下げシールが、良くチェックに通っていました)
 (追記:もしここの生協にも値下げシールがあるのならば気になる、夜に往復30分は行けないけど)
あれから5年も経つから、食品を巡る価格状況はかなり高くに変化しているだろうけど、
チリ産豚バラ冷凍スライスとかシシャモのメスの冷凍フライなどは懐かしい。
このチリ産豚バラだと、包丁を入れると必要な枚数を剥がせた、100g50円だったはず。
今も安いのかは判らねど、チリ産豚は生協には無い。
小さな丸正と大きなさっぽろ市民生協とを比較しても始まらないのだろうけど、
例えば、さっぽろ市民生協に無いモノ、消えたもの。
生そば2食の安いのは税抜88円のセール時しか並ばない。(追記:そばつゆ無しの安いのを常時希望)
ソバ汁付き2食で230円以上となると普段は手が出ない。(賞味期限間近の値引き時だけ買える)
100円ショップにあるようなスパゲティを値引き時に利用していたけど、
人気が無いからなのか、儲からないのか、棚から消えてしまった。
玉ねぎと人参と豚肉があれば、フライパンで炒めるだけで簡単だったスパゲティなのに…
安くて味方だったのに消えてしまった食品は多いし、
一時期だけ試しに利用した生協の宅配にしか無い食材もあった。
丸正で買っていたサンマの冷凍開きフライがそれだ。(追記/小さな3枚で100円程度)
これは安かったし薄いからフライパンで焼くと簡単で美味しかった。
(今は小さなサンマもそんなに安くは無いけど)
さっぽろ市民生協を利用して5年になるが、
安いものを常時陳列するという貧乏人寄りの考えは、市民生協には無いように感じている。
儲けの度合いの高いものに移行しているようにずっと感じている。
そこそこ美味しくって安いものを求める需要のことを考えて欲しい。
---------------------------------------------------------------
《追記11/21》
"幕の内弁当"(税込で430円)にはご飯の部分に2種類があった事を書いていなかった。
「五目ご飯」と「白飯」とがある。
「白飯」には黒ゴマをまぶして梅干し1個が付いているだけなので、
断然「五目ご飯」の方が美味しいしお得である。
「五目ご飯」だとオカズの残る量が多く、二度目の楽しみが増えるので、
目指すのは「五目ご飯」の方なのだけど、
生協へ行く時間が少し遅くなると、「白飯」"幕の内弁当"しか残っていない事が多い。
やはり「五目ご飯」ファンのライバルが多いようだ。
生協では、真っ先に弁当コーナーへ行くのだが、
「五目ご飯」無いとガクっ、まだ残っていたらチョッピリうれしい貧乏人でした。

《更に追記》
先週11/15の買い出しのこと
「五目ご飯」は無く「白飯」幕の内弁当でガマンしたのだが、
幕の内弁当の一応メインおかずは安そうな鮭のはずなのに、
小さくって薄い白っぽい切り身のはずのモノが、
いつもより少し赤みがかって旨そうなのだけれども
鮭は切り身の半分だけが載っかっていた
これは間違いだろうと残りのもう一つを確認したら、
やっぱり鮭は切り身の半分が小さくなって鎮座していた。
切り身の半分の仲間はお互いに"片割れ"のようでした。
鮭が不漁だとはニュースにもなっているけど、
鮭の切り身の半分という弁当は初めてだったので驚いたよー!!!!
少し赤みがかっていたので、いつもより美味しかったけど、半分は可哀想……
二度目の楽しみである酒の肴はほとんど残らなかった。
明日買い出しの予定だけど、もし切り身の半分が"ひっそり"鎮座していたら、別の弁当に変えようかな…
最後に鮭を載せようとしたら1個しか無かったので、半分に…ということは無いでしょう。
いつもより少し高い鮭だから、今日は半分で我慢して…ということなのか?
この疑問は明日の買い出しで判明するかな…
「小さくって薄い白っぽい切り身」で良いから、半分にしないでー!!!!

何でも値上がりしているから工夫が大変なのでしょうが。
---------------------------------------------------------
《追記:割と最近に消えた佃煮》
「ふじっ子煮 しじみ生姜こんぶ」が好きだったけど…陳列棚から突然消えていた
 (同時に隣の「ふじっ子煮 あさり生姜こんぶ」も消えていた、これは買ったことが無いけど)
だから替わりに「ふじっ子煮 生姜こんぶ」で我慢している。(購入頻度は減った)
フジッコ株式会社のサイトを確認したが、製造中止、在庫切れなどとの注釈は特に無かった。
念のためアマゾンを確認したら「現在在庫切れです」と表示された。
 (「ふじっ子煮 あさり生姜こんぶ」も現在在庫切れ)
もしフジッコでも「在庫切れ」ならば少しの期間、(少ない?)ファンにお知らせポップが欲しいものだ。
"しじみ"と"あさり"とが高騰したので…なんていうのは何ら不思議でない…
 (シジミなのに、ほんの少し高いだけだから、お得感があった。)
どちらも人気が無いので取り扱いを止めました、もあるけど…
---------------------------------------------------------
《追記11/22》
食い物の貧乏ネタって、"東海林さだお"さんのマンガが学生時代から好きだったけど…
最近の魚買い出しのメインは、国産サバの薄塩の半身だ。
ノルウェー産は脂がのっていて美味しいのだが、ちと高いので滅多に買わない。
たまに鮭も喰いたいのだが最近は高いので、端切れの詰め合わせのようなのを買っている。
これは量にバラツキがあるので、量の多いものを選んで購入している。
その量が少ない日は断念となる。
タイミングだから端切れの詰め合わせそのものが皆無の事も多い。(同好の士は居そうだ)
厚くとも切り身が200円クラスでは手が出ない。
不漁だという今冬は諦めるとして、来年は…

思い出した、30年近くも昔のことです。
当時マス(鱒)の子は全く評価されていなかったのか、
近くの食品スーパー(スーパーA(エース)と記憶)にマス(鱒)の子の生が山盛りで格安。
私は驚喜して買い、日本酒を入れ醤油漬けにして…
白ゴハンと酒の肴に、かぶりつきバクバク三昧でした。(スーパーAでは何度か発見した)
今も鮭のイクラ・筋子よりはマスの子の方が美味いと思っているが、
今はどちらも高すぎてメッタに買えません。
古き安い良き時代を懐かしく語るのは、それだけ年寄りになったということなんでしょう。
posted by yumenoya at 02:22| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする