2022年04月02日

◆大地震の時に図書館本棚の書籍は落下し床に散乱していた、踊り落ちた本たち《6/20追記》【珠洲震度6弱】小学校の図書室

被害の少ない地震だと 揺れの大きさを示す一番判り易い映像は
コンビニのビン酒コーナーか酒屋の床に散乱した割れた瓶……
が大地震の時に 図書館、古本屋、新刊書店の散乱した本の映像は全く記憶に無い
大地震ともなれば まず津波 そして電気に水道など 気になるニュースは色々とある
臭いのある映像としては判り易いのは割れた酒の瓶 
けど書棚から落ちて床に散乱した書籍 その映像の記憶は無い

今日、東北大付属図書館の写真入りニュースには驚いた
蔵書などで木造アパートの床が抜けたというニュースは時々あるけれど
書籍は重いから地震の揺れで本棚は簡単には倒壊しないとは思うが
本棚が長い時間揺れると、棚に収まっていた書籍は…浮いて踊りだす
こうなると棚から落下する書籍を押しとどめる力は何も無い
5度の傾きも 厚いハードカバーには少し効果があるのかも知れないが
たかが数キロの重さでは 踊り始めた本は跳ねて棚から落ちるしかないのだろう
★本40万冊が落下、地震に頭抱える図書館 傾斜5度でもダメだった**朝日新聞4月2日 9時21分
https://www.asahi.com/articles/ASQ416SFXQ3TUNHB00W.html
《2022年3月25日、仙台市青葉区の東北大付属図書館、石橋英昭撮影》
2022-3-25-library-A.JPG
⇑ 踊りだして落下した棚もあるみたい
 個々の棚に落下防止ストッパーなんて そんな想定が無いのかも
2022-3-25-library-B.JPG
2022-3-25-library-C.JPG

◆北海道南西沖地震(ほっかいどうなんせいおきじしん)は、日本標準時1993年(平成5年)7月12日午後10時17分11.7秒に、北海道奥尻郡奥尻町北方沖の日本海海底で発生した地震
この時に札幌は震度3
◆東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい、英: Great East Japan earthquake)は、2011年(平成23年)3月11日(金)14時46分18.1秒に発生した東北地方太平洋沖地震による災害(加えて長野県北部地震に拠る災害を含む場合もある)およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故に拠る災害である
この時に札幌北区は震度3
ちょうど隣ビルの地下1階にある食品スーパーへ買い物に行っており気づかなかった
ボロ鉄筋アパート3階では床に平積みの古本のヤマの一部が崩れていたけど
テレビを点けてニュースで地震を知るまで全く知らなかった
◆北海道胆振東部地震(ほっかいどういぶりとうぶじしん)は、2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒(日本時間)に、北海道胆振地方中東部を震央として発生した地震である
この時に石狩市は震度5弱だったけど、わたしはベッドの中でまだ起きていた。
起きてからネットで地震ニュースを確認するが、テレビとは縁遠くなっていた
床の古本ヤマが少し崩れていたけど、大事だとは思わなかった
翌日になって起きてから停電なことに驚き慌ててしまった
携帯電話を持っていないしパソコンも使えない 即使える携帯ラジオも無し
情報から隔離された孤島みたい

※わたしの少ない地震経験では
本棚から落下した本の記憶は無い
揺れで平積みの本が少し崩れたぐらい
********************
《2022/6/20追記》
【珠洲震度6弱】「やっぱり大地震が来た」悲痛な声、食器や瓶散乱 小学校で本落ちる**北國新聞6/20
https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/773249
◆図書室の棚から落ち、床に散乱する本=19日午後5時40分、珠洲市正院小
hokkoku-img_85ea4879924652c7f5c66c9d3415ef07358346.jpg

posted by yumenoya at 22:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。