2018年09月13日

◎2018-9-13大谷翔平4番DH(右腕)/ネット無料観戦《勝利◎8対1》《空三振/右越え二塁打(生還)/四球/右前安打》《2本ライナーをホームランの打球速度と比較》

今季まだ4人だけという「打率3割、20本塁打、10盗塁」に期待

(今は5回の表、守備の時間はネット記事のチェック……)
★大坂なおみ帰国会見、テニスに無関係の質問にSNS上で疑問噴出***スポーツ報知9/13
https://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20180913-OHT1T50074.html
テニスは私の関心事ではないけど、
優勝した選手の帰国記者会見なんだから、
優勝のこと、あこがれの選手との決勝戦のことなどテニスでまず質問せよ
ファンは一番知りたいことについての肉声を聴きたい
そのためにファンの代理としてそこに居るのがオマエの仕事
オマエは芸能記者か??
質問の相手は芸人じゃないぞ!!
あのテレビのニュースキャスターはまた居たのかな??(居たなら今日は大丈夫??)
ところでこのニュースを伝えたのはスポーツ報知
報知関係の記者は何人も居たと思うが、報知グループは大丈夫なのかな??
阿呆な質問しかできない、ピントハズレの記者が増えているのかなー

《エンゼルスvs.レンジャーズ(11:07/本拠地)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(右)カルフーン(56)
2(二)フレッチャー(6)
3(中)トラウト(27)
4(指)大谷翔平(17)★(試合前)打率.291/19本塁打/9盗塁★
5(左)アップトン(8)
6(遊)シモンズ(2)
7(一)フェルナンデス(20)
8(三)ワード(3)
9(捕)アルシア(37)
先発投手/ペーニャ(2勝4敗/防御率4.04)
(※スポーツナビ「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要、馴染みの顔でないと誰なのか判らないので)
■レンジャーズ先発投手/ガヤード(右腕)(8勝4敗/防御率6.22)

★ネット生中継(馴染みの英語サイト(アドレスは毎日変わる)
http://www.speedsports.me/mlb/531594/h 予定
(※プラウザはFirefoxかgoogle chromeで広告カットアドオンを使用し機能オンに)
★スポーツナビ「一球速報」
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018091316

(◎はエンゼルスが得点、▲は失点)
《大谷くんの打撃がメイン》(前後の打者成績+得失点の動き)
◆1回裏カルフーン2ゴロ→フレッチャー3塁手悪送球エラー2塁→トラウト左飛→大谷空振り三振(ファウル4本)
◆2回裏アップトン空振り三振→シモンズ右前安打→フェルナンデス空振り三振→ワード四球2out21塁→アルシア右翼線二塁打◎2点→カルフーン空振り三振《◎2対0
◆3回表2out21塁にセンター前ヒット、2塁ランナーはホームへ、トラウトは2バウンドの好送球、アルシアはホーム死守しアウトに
◆3回裏フレッチャー一邪飛→トラウト中飛→大谷右越え二塁打2out2塁→アップトン左翼線三塁打◎1点2out3塁→シモンズ二内野安打◎1点フェルナンデス2ランHR◎2点→ワード遊ゴロ《◎6対0
 (※昨日は2安打のみ、その鬱憤を晴らすかのような2アウトからの連打の爆発は大谷に始まった)
◆4回表ビデオ検証2本立て、アップトンの前に落ちた左翼線の大ライナーが線の上か外かフェアかファウルか(ファウル)、1ゴロで足にタッチがアウトかセーフか(セーフ)
◆4回裏アルシア左飛→カルフーン空振り三振→フレッチャー左安打→トラウトfullから空振り三振
◆5回裏大谷fullから四球→アップトン遊ゴロ併殺→シモンズ四球→(投手交代)フェルナンデス遊直
◆6回裏ワード 右フライ→アルシアソロHR◎1点→カルフーン三振→フレッチャー左飛《◎7対0
◆7回表ソロHR▲1点《◎7対1
◆7回裏トラウト空振り三振→大谷右前安打→(暴投進塁)アップトン3ゴロ→シモンズ二安打2out31塁→フェルナンデス1ゴロ
◆8回裏ワード三振→アルシアまた出ました!!ソロHR◎1点2打席連続ホームラン《◎8対1
◆9回表3ゴロ→空振り三振→空振り三振〆
◎8対1の大差勝利
《大谷DHの本日成績:3打数2安打1得点1四球1三振》

★2018/9/13 大谷翔平 - Shohei Ohtani Full Highlights -エンゼルス Vs レンジャーズ | DJT Studio
https://www.youtube.com/watch?v=zfB8aXS3K7Y

★大谷翔平 2018/9/13 - Shohei Ohtani Angels - エンゼルス Vs レンジャーズ | C Highlights
https://www.youtube.com/watch?v=saCfXbp9e_8

★2018.9.13 大谷翔平 4番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs レンジャーズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=u6F3IRaPJMA


★大谷、174キロ打球で“ギリギリ二塁打” 米ファン「打球を強く打ち過ぎて…」***9/13
https://full-count.jp/2018/09/13/post202956/
「打球速度108マイル(約173.9キロ)、飛距離360フィート(約110メートル)の痛烈な一打。快足を誇る大谷だが、打球が速すぎたため、二塁到達はあわやアウトというタイミングだった」
※ハイライト動画で視たが、フェンスへの到達が早くその跳ね返りも強いから、とばして走る大谷くんも、あわやというタイミングでした!!

大谷2安打 174、175キロの弾丸打球連発***日刊スポーツ9/13
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201809130000535.html
右越え二塁打 打球速度は174・2キロ
右前安打 二塁打を上回る175・9キロ

★大谷「中継ぎ経験ある」発言が波紋 右ヒジ手術回避か***9/13
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1124113/
テレビ番組のインタビュー「「中継ぎとして登板したことはあるか。来年、その可能性は」と問われた大谷はこう返答した。「(日本で)何回かは経験があります。あとは、(救援で)使われるかどうかは、スタッフの方の判断になってくると思うので、任されたところでしっかり仕事ができる準備をしたいなと思っています」
監督「どうするかの判断は、彼がどうしたいかだから。年内には結論は出ると思うよ」
※「年内には結論は出ると思うよ」と手術の話は少しトーンダウン??
(これが上で話題のテレビ番組、昨日のブログから転載)
★Shohei Ohtani discusses earning AL Player of the Week
※テレビ番組の大谷翔平選手インタビュー(ネット記事にあった「ショートは即クビになったので内野手はもう無いかな」の発言はコレ、当たり前だけど、通訳の一平くんが翻訳して大谷に訊き、大谷は日本語で答えているので、英語が駄目の人もノープロブレム)
https://www.youtube.com/watch?v=9ZV1go0boag


★大谷翔平の174キロ弾丸二塁打に敵地解説も感嘆「煙が噴き出るような打球」***9/13
https://full-count.jp/2018/09/13/post203202/
「煙が噴き出るような打球でした」
「(右翼手)ノマー(マザラ)が目で追う前に、打球は頭上を超えて行きました。ロケットのようなライナーでした」

2本の本日ライナーを自身のホームランの打球速度と比較すると
3号180.9キロ>4号180キロ>11号178.2キロ>9号178キロ>今日の右前安打>7号175キロ>5号174.9キロ>今日の右越え二塁打174.2キロ
角度さえあったら文句無しホームランという打球の初速

大谷翔平の“得点創出力”は平均的な打者の「1.64倍」!? MLBで5番目の高指標***9/13
https://the-ans.jp/news/36709/
「打席あたりの得点創出の多さを示すセイバーメトリクスの指標「wRC+」。大谷の今季の数値は「164」で、平均的な打者の「100」を大きく上回っている」
「1位はエンゼルスのマイク・トラウトの「192」、2位はレッドソックスのムーキー・ベッツで「180」、3位はレッドソックスのJ.D.マルティネスで「171」、4位がアストロズのアレックス・ブレグマンで「165」。大谷は、そうそうたる打者に次ぐ5位に位置している」

★2018年9月13日 大谷翔平 4番DH! 全打席全球! エンゼルスvsレンジャーズ Shohei Ohtani Los Angeles Angels Texas Rangers
※日本語
https://www.youtube.com/watch?v=ywktGJAWEFw


ご存知??のShinsuke Handymanさん提供、4本立て
★【た〜っぷり塁上】大谷翔平選手 Shohei Ohtani【On Base】vs Rangers 2018/09/12
※敵チーム選手との談笑など色々と面白い、大谷がメインだが投手と打者との対決も一緒に収めるアングル
https://www.youtube.com/watch?v=aZOA0L9PGww

★【4番DH 全打席全球】大谷翔平選手 Shohei Ohtani At Batter vs Rangers 2018/09/12
https://www.youtube.com/watch?v=do5ZyxvPRP0

★【勝利に喜ぶ】大谷翔平選手 Shohei Ohtani【Game Set】vs Rangers 2018/09/12
https://www.youtube.com/watch?v=IgUIFJscWVE

★【試合直前ランニング】Shohei Ohtani【Warm up】vs Rangers 2018/09/12
※嫌いな歌詞があるのか??国歌のラスト部分以外は無音
https://www.youtube.com/watch?v=lJs83ULlRV4


★エンゼルス大谷、20度目マルチ「2本でも3本でも打てればいい」***スポーツ報知9/13「◆大谷に聞く」
https://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180913-OHT1T50092.html
「もっともっと1試合の中でも2本でも3本でも打てればいいと思いますし、そういう打席を多く作っていければいいと思うんですけど、なかなかそういうわけにはいかないので」
後半は特に見たことのない投手だったりとか、初対戦の投手とか多くなってきているんですけど、しっかり自分のタイミングで打席の中に入れてますし、打席の中でも自分のやりたいアプローチの仕方が多いんじゃないかなと思います」
「もちろん少ないデータの中で、自分の打席にどういう配球が多くなるのか、傾向を考えますし、単純な打撃の技術も上がってきていると思います」
「いいバットの出方次第では本塁打になったりとか、もうちょっといい所に飛んでくれたりするので。紙一重ではあったかなと思います」
「ああいうきわどいところ。審判によっても多少変わってきますし、投手からしたら振って欲しいところではあると思うので。そこをしっかり我慢するというのは、たとえストライクを取られたとしても止まるところかなと思います」
※なかなか含蓄のある自己分析と言葉

★大谷、5月の敵地“特大弾”は伝説!? 同僚「クレイジー」飛距離“180M説”も…***Full-count9/13
https://full-count.jp/2018/09/13/post203322/
「米メディア「デッドスピン」では「オオタニの伝説的なフリー打席の物語。目撃者の証言」と特集を組んでいた」
「ヒンスキー打撃コーチが伝説の一発を目撃して思わず「オー・マイ・ゴッド! あれは今までの人生で見た最も信じられないフリー打撃だったよ」と口走ったことを紹介」
「ESPNでは推定飛距離を517フィート(約157.5メートル)と算出したが、ヒンスキー打撃コーチは同意しなかったという。記事の中で「自分の口はポカーンという状態だったよ。あんなところまでボールが飛んで行くなんて、みんな理解できないよ。誰もあそこに打ったことはないんだ。彼の打球は毎回そんな感じだよ」とした上で、「600フィート(約182メートル)以上は出ているように見えたけれどね」と語っている」
「マルテ内野手は「あそこまで飛んだ打球を見たことがない。600フィートまで行ったんじゃないかな」とヒンスキー打撃コーチに同調」
「「自分のキャリアであそこまでボールを飛ばす選手を見たことはない。クレイジーだよ」とルイス・バルブエナ内野手が語れば、「自分もあそこまでかっ飛ばしたヤツを見たことがない。彼は次から次へと放り込んでしまうよ」とクリス・ヤング外野手は大谷の長打力を称賛」
「シモンズ内野手も「場外ホームランを打ってくれることをみんな祈っていたんだ」と話した」
「そして、敵地では驚くべきことが起きたという。「スタジアム全体からだよ。彼はスタンディングオベーションを受けたんだ。どよめきも聞こえた。彼のパワーを誰も信じられなかったんだ」」
※あの「球場の鉄柱にはボールの跡が」残ったフリー打撃の特大アーチは記憶にありますよー
シモンズ選手の言った「場外ホームラン」をいつか視たいですねー

★大谷、2安打にも満足せず「バットの出方次第では本塁打」9月強打者指標はメジャー1位***9/13
https://www.daily.co.jp/mlb/2018/09/13/0011636252.shtml
「規定打席には達していないが、長打率・593は、ア・リーグではマルティネス(レッドソックス、・629)、ベッツ(レッドソックス、・627)、同僚トラウト(・614)に次いで4位に相当する」
※268打数79安打で打率.295、長打率0.593=塁打数159(4×19本+3×2本+2×19本+1×39本)÷(打数268)

★エ軍打線に火をつける大谷翔平 敵将は無念「オオタニの二塁打から崩れた」***9/13
https://full-count.jp/2018/09/13/post203433/

★【MLB】大谷翔平はイチローの足跡を「どこまでたどれるか」 米経済誌が特集記事***グノシー9/13
https://gunosy.com/articles/aY2j4
「米経済誌フォーブス電子版」
「1シーズンが終わらないうちに、オオタニはすでにメジャーリーグに挑戦した最高の日本人選手の1人として格付けされている」
posted by yumenoya at 11:27| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。