2018年04月13日

◎2018-4-13大谷翔平くん8番DH(ネット観戦速報)先頭ソロ!+2点+大谷に走者一掃右中間三塁打3点!+トラウトにソロ《三塁打動画+全打席》完全型三刀流《動画》これを探していた!!

苦手と言われていた左腕から初のレフト方向の安打で先制点
大谷くんは広角のバッター
たまにレフト方向へも飛ばさないと、
一二塁間に内野三人のオオタニ・シフトが敷かれるかも…
(二ゴロが多かったから…でも強打者と認知されたから無いだろうけど)
その意味でも昨日のレフト前安打は良かった、と素人は感じた。

エンゼルスvs.ロイヤルズ(ミズーリ州カンザスシティ(アメリカのほぼど真ん中!?))(9:15/ビジター)》
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(右)カルフーン(56)
6(遊)シモンズ(2)
7(三)バルブエナ(18)
8(DH)大谷(17)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/トロピアーノ
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆ロイヤルズ先発/ケネディ(右)

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018041307

(※昨夜&今朝のwindows10の自動更新で動画受信が変になった!!慌てたー)
(※広告カットのアドオンを解除しないと受信不能に、余計な更新を!!)
《大谷くん打撃がメインのネット観戦速報》
◆1回表先頭キンズラーにソロHR◎1点《◎1対0
◆2回表2out走者無に大谷BS(F)S(見)から見逃し三振
◆4回表2out1塁で大谷BS(F)S(F)FBB(フル)左飛
◆4回裏1out31塁のピンチにサード・ライナーで戻れず併殺!!
◆5回表2outから2番3番連打21塁もプホルス投ゴロ
◆6回表2out2塁に大谷(申告制)敬遠四球→右飛
 (ガス器具点検が来ていた。申告制敬遠四球の場面を見逃してしまった、心配していた通り残念)
◆7回表2out32塁にカルフーンにセンター前安打◎2点→フルから四球→二安打で2out満塁→(投手交代/右腕マウアー)何と!!大谷走者一掃右中間抜け三塁打◎3点(カウントは1-2から)→三ゴロ《◎6対0
 (他の事をしていて見逃した―!!千両役者ですね!!凄い)
投稿の速い人には助かります
★メジャーリーグ 大谷翔平(Shohei Ohtani) 走者一掃のスリーベースヒット
https://www.youtube.com/watch?v=8-c1qGfFPi8

(動画によると、悠々の三塁打、足が速いけど)
◆8回表トラウトにソロHR◎1点◎7対0
◆8回裏連打で▲1点《◎7対1
◆9回表1out1塁で大谷3ゴロで2塁アウト1塁に生き(併殺は免れた)
◎7対1、5連勝でア・リーグ西地区1位を驀進中

ヒーローインタビューは大谷選手のようだが中継は終了
《大谷DHの本日成績:4打数1安打3打点1四球1三振》
2out満塁に走者一掃三塁打(勝負場面に強い)+申告制敬遠四球
3試合連続ホームランのようなインパクト!!
明日のDHはあるのかな!?14日はDHで一日休んで16日は先発投手…

本家のダイジェスト動画投稿も最近早くなった(インタビューまで入れて…)
★2018.4.13 大谷翔平 8番・DHスタメン!打席全球 ロイヤルズ vs エンゼルス Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=CWf9nTS5Jl4


《スポーツナビでの投球内容(三塁打のシーン)》
shohei ohtani3塁打.JPG
内角低め(空振りS)→内角低め(B)→真中低め(空振りS)(カウント1-2)→内角真中を三塁打(低めの攻めが続いたけれど…)
(途中にリンク追記:もう内角が弱いとは言わせないぞ!!)
「「大谷翔平くんは"左腕が苦手"!?」の「コース別(ゾーン別)打率・成績」のコーナー」へ飛ぶ

★大谷「チームの雰囲気で打たせてもらっているかな」走者一掃三塁打振り返る***スポーツ報知4/13
http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180413-OHT1T50069.html
大谷に聞く「難しいコースでしたし、なんとか前に飛ばせればと思っていったのでいいところに飛んでいってくれて良かったんじゃないかなと思います
★大谷の3点三塁打 米データ解析システムが圧巻数値紹介「アメージングな瞬間」***Full-count4/13
https://full-count.jp/2018/04/13/post120471/
「「スタットキャスト」の公式ツイッターはこの三塁打の詳細をレポート。96.7マイル(約156キロ)内角の速球をはじき返したこと、打球速度が106マイル(約171キロ)だったこと、大谷が秒速28.3フィート(8.6メートル)を記録したこと、11.49秒で三塁まで到達
完全版投打走"三刀流"のご挨拶
★大谷 申告敬遠「何が起きたか…」バットの贈り物には「他の子に“くれ、くれ”と言われても…」***スポニチ4/13
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/13/kiji/20180413s00001007167000c.html
大谷との一問一答は以下の通り
――メジャー初の敬遠は申告敬遠。
「想像はしていなかった。最初は何が起きたか分からなかった。(球審から)“Walk,Walk”と言われて分かった
――打った瞬間、三塁打と決めて走った?
「外野手も前にいたので、抜けて、三塁までいけるだろうなと思ってました」
――チェンジアップが頭にありながら、実際打ったのは97マイルの直球。どうやってアジャストした?
「もちろん真っ直ぐも速い投手なので、頭には入れていきましたし、どちらかと言ったらどちらに絞ることなく打席の中で待っていた。チェンジアップは頭の隅にあって、来たときにしっかり対応できる準備をしようみたいな感じで、どちらに絞るとかはなかったです
※噛み砕いた言葉を紡いで判りやすく表現してくれたが、境地もスゴイけど、さりげない表現力も!!
オヌシ、やっぱり出来る…

-----------------------------------------------------------------------------------
日本ハム球団と栗山監督とに特別賞を
MLBは、投打両面での逸材とは云え、初めての"二刀流"の育成方法を模索しながら実施して、
ここまで育て上げ、更に大リーグへの挑戦の後押しまでした日本ハム球団と栗山監督に対し、
エンゼルス球団並びにMLBは、声高らかに感謝の意を表すとともに
特別賞でも授与すべきと考えるが如何!?
デビュー直後からベースボールを超えて与え続けているインパクトなど
もはやこの現時点で、それらの価値があることは言うまでない。
今後の二刀流大谷選手の影響は計り知れない。
新聞・テレビ・雑誌などメディアの団体もまた然り

(追記:取消し線は次の記事を読んだから)

一番欲しい選手をドラフト1位で指名するというポリシーを持った日本ハム球団と
(日本ハムのそのポリシーは巨人希望の菅野投手を指名したことでも明らかだ)
大リーグ挑戦の道筋と二刀流育成計画とを説明した栗山監督とが無かりせば…
(大谷くんにも、先発投手&指名打者という二刀流の具体的イメージは無かったはず)
(投手と打者の両方を追い続けたかっただけ。イメージは(DHが無い)ナ・リーグか?)
ドラフト会議の直前に大リーグ希望を表明していた大谷翔平くんは
無謀にも思えた日本ハムの1位指名が無ければ、本人の希望通りメジャー球団へ…
1Aでスタートしても、二刀流という発想の無いメジャー球団では
既に160キロを出していた大谷選手は恐らく投手の道を選んでいただろう。
それが球団の獲得の狙いで希望でもあるから…
すると二刀流の大谷選手は誕生していなかったことに!!
だから大恩人には特別賞が授与されて当然だ!!

日本の大谷ファンは決して喜んで大リーグへ送り出した訳ではない
入団当初から大リーグは本人の夢であったし、挑戦を決意したから、拍手しただけた
(もう二年あったらならば、投手専業と野手専業とでタイトルレースに参戦できたのに…)
予想以上の開幕ダッシュ活躍に毎日ワクワクさせてもらっているから
日本野球を巣立つというのに拍手したことについてくやみ悔いは無い
まだまだ進化の途上、いったいどこまで成長するのかは想像力を超えているだけに
何を見せてくれるのかが毎日楽しみだ
-------------------------------------------------------------------------------------
本当にアメリカは大谷フィーバーなのか?***時事ドットコム4/13
https://www.jiji.com/jc/v4?id=1804shimura060001
日本のテレビ番組などで目にする「全米が熱狂」というレベルには、まだ達してはいないというのが現実だ
「というのも、アメリカは広大で多様だからだ。
 人々の興味は様々。」
だから日本のメディアが、日本の有名人が「全米を熱狂」させたと報じるのには違和感を感じるのだ
そうだろうねー、マスコミ報道は日本もアメリカも眉唾で読めということか!!
スポーツ紙・雑誌もスポーツ番組も面白く盛り上げてナンボ!!

でも、現地でのエンゼルスファンの盛り上がり振りは客観的に伝えています。
あくまでも野球界に関心のあるファンの間では…という限定で
大谷ミーハーオジサンとしては、眉唾報道が多いとしても、
気分が良くなるようなニュースは、誇張してあっても腹は立たないね、これがファン心理か?


★大谷、イチローから称賛の声「ありがたい」一問一答***日刊スポーツ4/13
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804130000602.html
「目標にしていくような方ですし、日本で野球やっている選手が、トップだと思って追い求めているような選手だと思うので、僕も個人的にもお世話になっていますし、そう言ってもらえるのはすごく有り難いことだと思っています」

《追記》こんな動画をずっと捜していた!!
◆大谷くんが打った瞬間に走り始め、加速して、コーナーリングして3塁ベースに到達するまで、という大谷くんの走りに特化した映像
◆更に、左側は大谷くん、右側はボールという2画面構成で、真中に打った瞬間から開始ののタイム表示(これぐらいの編集は即出来ないものか!?何台ものカメラが追っているのだから!?ファンの視たがる映像が判らないのか!?)
結局、次のようなファンが撮った映像に敵わないのか―!!嗚〜呼、情けなや、残念なMLB
大谷くんが走る、加速して走る、もうとにかく走る
MLBならばもっと鮮明で、大谷くんの表情を追う3画面構成も可能
YouTubeで話題となるチャンスを逃した
テレビ中継でも話題の再生編集映像となったはずなのに
★4/13 大谷、走者一掃スリーベース!大歓声でスタジアムが揺れる映像!(現地ファン映像まとめ)【スカッとGJ】 Shohei Ohtani AT ANGEL STADIUM
https://www.youtube.com/watch?v=IPZzIqDuK38

posted by yumenoya at 09:42| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。