2016年10月04日

★「ジャニーズ事務所の錬金術」patr3(KinKi Kidsツアー落選返金問題の巻)←背景などを私はこう推理(原因はSMAP解散)、真面目に読んだら長いよ/《追記10/11》/《追記11/24》part4へ

・このKinKi Kidsツアー落選返金問題は9/30付けメールから始まった(私の記事への投稿コメントがあったのは10/夕方でその情報による)
・下段(点線の下)に記してあるのは、推理の経過などの生メモ
・今日、起きてから考えた結果は次のとおり
・書いている私がKinKi Kidsファンではない事(関心皆無)を念頭に読んでください
※本記事の翌日10/5、ついにメディアで初めて??ニュースになった(2016.10.05サイゾーウーマン)※
ジャニーズ、Kinki Kidsコンサート落選分を返金せず!? 「早くお金返して」の声噴出のワケ
http://www.cyzowoman.com/2016/10/post_22092.html

◆《結論》◆
●悪徳商法は、熱いうちに撃て!!
 (推理に記すが、詐欺ではない。結果的にそう見えるように事件が展開しただけで、当初から騙すつもりは無かったので、詐欺罪は成立しないだろう。詐欺ではないが、かなり悪質な押し付け商法だ。長いけど現金人質担保押し付け商法という感じ)

●旬の内が訴える好機
 (「優先受付を希望しない場合は、11月中旬以降に返金する」となっているけど、返金されてから訴えるよりも、自分の金が戻る前に訴える方がインパクトある。詐欺まがいの悪徳商法は、現在進行形がホットな話題です。part2までの記事を読んだ方は判ると思いますが、ジャニーズ事務所の錬金術商法を問題視して記事を書いています。ですから今回の返金問題を荒立てるつもりが全くないファン・会員の方には、私の記事は全く意味がありません)

●弁護士会の法律相談センターか消費生活センターに相談
 (今回の返金問題は、かなり悪質な現金人質押し付け商法ですから、公的な機関に相談いたしましょう。もし弁護士であって被害者ファンの怒っている方がいたならば、集団起訴も…。KinKi Kidsファンの弁護士にも本来業務はあるし、もし訴訟したらファンクラブ除名もあるし、またそれも訴えるなど、大変な仕事になります。勝っても金銭的な見返りは微々たるものですからね)
 (相談するには、まずファンクラブ事務局?からのコンサート案内文、不明だけどあると思うが落選通知、9月30日ジャニーズコンサート事務局からメールなどの経過の判明する関連文書全ての用意、ついでに当落の確認できるファンサイトの画面があればその画像も、証拠は多いほどベター)
 (たった一人に起きている問題ではないことの資料として、想定できる総被害者数と総被害額があったら、訴求力は増すでしょう。私の推理は下記のコーナーに)

●マスコミへのアピール(ジャニーズ事務所の御用新聞、御用雑誌、御用TV局は無用)
 (今回の問題は9/30の一方的なメールに始まっているので、Twitter上でファン同士の間ではごく普通のホット話題かも知れないが、ファン界の外ではまだ全くニュースになっていないようだ。新たな話題を求めているマスコミなら飛びつきそうな新鮮なネタだと思います。上の相談で用意した資料はマスコミ対策でもそのまま使えます。ほぼ全紙、全誌、全ネットメディアへ、経過の説明文と資料を一斉送付。願わくはマスコミに対応できるスポークスマン(怒った被害者のファンであることが望ましい)が欲しいけど無理かな。無理でも、関心を持った記者は、KinKi Kidsファンの被害者を探し出してインタビューし、ウラ取り(裏取り)をしますから心配はご無用。私なら、返金を普通郵便で発送しているらしいという不正経理疑惑についての資料を送付しますね)
 (※上で追加リンクしたサイゾーウーマンの10/5記事は、ネット情報(ツイッター上の話題)をまとめただけで、被害者の生証言や問題のメールの画像も無いから、アピール度合いはまだ低い。こんな記事が増えてこの話題が大きくなったら、返金時期が早まる可能性も……。資料を送ってプッシュするのならば、週刊文春と週刊新潮とが良さそう)

◆《背景などの推理 その1》◆
今回の事件の背景は後回しにして、まず「総被害者数と総被害額」から始めます。
●想定できる総被害者数と総被害額
・9/30付けメールが届いて落選ファンが驚き困惑して、それがTwitterで大きな話題となっていることから判るように、今回のような似たケースは無かったように思われる。
・もし過去に似たケースが他のグルーブで起きていたら、今回のようなファンが困惑するような拙い対応をしているはずはないから。このようにお粗末な対応しているということは初めてのケースということだ。
・ここに至った背景の推理は後述するが、追加の公演を行うことに決定した、対象は抽選ではずれた人だ(メールには落選者を再抽選した当選者とあるけどその真偽は不明)、さてどれだけの席を用意する必要があるか、何せ初めてのケースだ!?!?
・再抽選で当選した人にメールを出していて、申し訳ありません、手違いでご用意できませんでしたという恥の上塗りはできない。
・すると最低、追加公演で用意した席数だけの被害者(申込金人質)がいると推測できる。またもしも対象の「落選者を再抽選した当選者」が本当だとすると、再抽選で落札した人には、9/30付けメールの発送後には返金作業を進めているはず。こんな再落選者が果たして存在するのかは、Twitter(私はやらない)などで話題にしたら即判明するかも…また十割全部が追加公演を喜ぶとは思えませんから0.9掛けなどの読みもあり得ますけど。
 (人気グループの公演がどんな規模で開催されるのか、その限られた席数にどの程度の倍率で応募があるものか、どれほどの抽選ハズレがいるものかが私にはイメージできません。ひょっとしたら、ファンクラブ会誌などには概数が公表されているかも)
・となると、想定される総被害額は、追加で用意した客席総数×9千円となります。どの程度の被害なの!?という時の概数にはなるでしょう。

◆《背景などの推理 その2》◆
私にとってはこの背景の部分がこのブログ記事の本編です。
●突発的な事故・事件が起きたのではないか!?
・今回話題となっている公演返金問題は、拙い対応が問題を大きくしています。ジャニーズ事務所ともなれば、過去に色んなトラブルが発生し、それらを乗り越えてきたノウハウが蓄積されているはずです。長年蓄積してきたノウハウでは対応できない突発的な事故・事件が発生した。
・常識的に考えると、普通、追加公演が決まったら、別途案内して、前回落選者を優先しますとかの手立てを講じて、再度申し込みをするいつもの方式をとれば、希望者も事務局も何ら困ることは無かった。チケットには時と所と価格の三つがセットであって、初めてチケットが欲しいとなるはずなのに…なのに何故に人質担保という違法らしい方式を取ったのか!?
・何故そうしなかったのか!?そうできなかった理由があったからだ!!
・それは返金の問題です。返金を速やかにできるのなら、「9月28日頃」の一部返金時に全て返金していれば、何も今回の問題は発生していない。するとそれが出来なかったのは何故!?
・そこで思い至ったのはSMAP解散のことです。私のメモ帳で確認すると、SMAP解散発表が報道されたのは、「2016年8月14日未明」となっています。
・一方、今回問題となっているKinKi Kidsアリーナツアーの申し込み期限は「8月5日までに」です。。
※これしかない!!突如発表することとなった「SMAP解散」が突発的な事故だった※
(↓背景推理の結論↓)
・事務所の当て込んでいた収入の大元である、SMAPツアー(これは未確定で実施は困難そうだったけど念のため会場確保の必要性があった)とファンクラブとがパーに!!そこで空いた会場はKinKi Kidsアリーナツアーを増やして対応しよう。投資での失敗があったのか、資金繰りが苦しいから、それは落選者への返金を遅らせよう。返金分を人質にとる苦肉の策を取ることに。
・「優先受付を希望しない場合は、11月中旬以降に返金する」とは、定期とか投資とかの満期が11月上旬なのでそれを返金に充てる。途中の解約はしたくないから、が真実のような気がします。(資金繰りが窮屈そうなのはこれで明らか)
・原因は突発的「SMAP解散」で、本音は「窮屈な資金繰り」
(原因となる事故は別にも陰で起きているのかもネ)
(ただ上のように背景を推理すると、奇妙に思えたパズルの色んなピースがうまく埋まりました)
(以上で私的には、これで解けたと思ったので、返金問題は終了)
(ここ追記;このような少ない情報を紐解いて読みとる推理作業が楽しいのは、推理小説の場合、最低の情報は作者から呈示されているけど、現実の謎はそうじゃないからね。情報集めと連想と発想「閃き」)
---------------------------------------------------------------------------
以下は、昨日10/3に書いたもの
(読み返して、修正・訂正とか前後の文章を入れ替えとかをするのは、エネルギーの無駄遣いなので、そのままメモから転記。なお最初からブログに投稿するつもりで整理しながら書いているけど、私の推理の経過に近い発想の生メモです。メモをしながら、ネット記事(情報)を確認し必要なものを転記し、更に推理する、という作業の繰り返し。途中で自分の書いたものを読み返してチェックし、あれはどうなっている、するとこの点は!?と推理を重ねるのが原稿書き作業。そしてやがて決定稿となる。ですから、以下に転記したのは単なる原稿案メモです)
《アクセスの急増(予兆)》
・ここのブログにはアクセス解析の機能があって、
毎日どのページへアクセスがあったのかをカウントして、
上位から順番に表示してくれる。
・秋になると「落葉キノコの保存」が増えてトップとなるのが恒例、
年間を通して何故か多いのが「胃潰瘍穿孔」の病気話題、
一ノ関圭「鼻紙写楽」が二賞を獲った時には関連記事へが増加、
一ノ関圭ファンとしては嬉しいことに毎日そこそこのアクセスがある。
大谷くん関係の記事は一番多いので反応が多数あると嬉しい……
・9/30に微々たるものだが、ジャニーズ事務所の錬金術がトップ
・それが10/1には猛進し1000超えのアクセス記録で不安に……
(↓↓この辺のことは)
★「ジャニーズ事務所の錬金術」記事へのアクセス急増は何なの!?!?不安→原因らしきものが判明して1000超えもホッ/《10/2追記》2点+更にKinKi Kidsで追加-2016年10月01日
http://yumenoya.seesaa.net/article/442422722.html

《発端》
・アクセス急増の原因がTwitterにあるらしいことは判ったが、
何故私の記事が着目されたのかの理由は不明のまま…
・(2016年10月02日 16:40)通りすがりさんからコメント投稿
「10/2の今現在、ツイッター上で KinkiKidsの返金が大モメにもめてます。」
「「kinki 返金」や「きんき 返金」を入力…(略)…ツイッターの書き込み内容が見れますよ。」
・(2016年10月02日 18:45)私の返信
早速、「kinki 返金」をキーワードにGoogle検索しましたら、
KinKi Kidsツアー落選返金問題のページがゴロゴロ見つかりました。
(↓↓コメント投稿の内容確認は下記ページの下欄で)
★ジャニーズ事務所のチケット販売"錬金術"を推理し試算してみた。手数料とは、"ジャニーズ商法"とは/《追記》/《追記8/23》会員数と年会費/《9/30追記》part2にリンク-2016年01月24日
http://yumenoya.seesaa.net/article/432953943.html

《patr3のようなつもりで、ちんたら推理の開始》
・SMAPの中居くん、草gくん、稲垣くんは深夜番組で時々、香取くんは定時制高校のドラマだったから一番古いかも。稲垣くんは映画の狂気をはらんだ暴君殿様が光っていました。基本的に日本のテレビドラマも日本映画も当然歌番組も観ないので、一番印象の薄いのが木村くん、最初に顔を覚えたとは思うけど。SMAPというグループになると唄には関心がないから、携帯電話会社のCMくらいしかイメージがありません。
・それが「KinKi Kids」になると、顔だけは知っている程度。昔テレビを常時点けていた時、KinKi Kidsの番組が始まったらきっとチャンネルを変えていたでしょう。歌を知らないから歌手だとの認識もなかったし、オジサンの歳になるとこんなもんでしょう。女の子アイドルではキャンディーズが最後かな?…という世代ですから。

・「KinKi Kids」とは接点が全くないけど、今年の1月にチケットに絡むジャニーズ事務所の錬金術を推理した時には、ネットを調べてもほとんど情報が無くって困ったけど、今回はTwitterツイッターを使った証言と画像がチェックと整理に困るほどたくさんあるようです。まずは通りすがりさんのコメントから始めるかな?ちんたらと…

《ちんたら推理とは!?》
・KinKi Kidsのファンでないし、また今回話題となっているツアーの被害を受けた当事者でもないし、かつKinKi Kidsと縁の無さから言っても、私にこの推理を急ぐ理由は一つも無い。
・が、「ジャニーズ事務所の錬金術」をpart2まで推理してきたことがあることと、多数の疑義が残ったままであることから、色んな新情報を材料に、ジャニーズ事務所商法を攻撃するつもりで、ただ慌てず急がず、来年3月にプロ野球開幕するまでは時間的余裕があるので、推理を進めることとします。

・ジャニーズ事務所には色んなグループがあるけど、長年培われてきた手法(ファンクラブ、チケット販売など)が屋台骨を支えていて、同じ商法が全てのグループに適用されているはず(↓↓下の記事を読んで「当選してから入金する方式のグループ」のあることを知り訂正します)。KinKi Kidsの解明は全てに通ず。全てのグループで起きている(プラスこれから起きる)ブラック問題は、KinKi Kidsが突破口になるかも。
(↑と思っていたら、次の記事を発見「当選してから入金する方式のグループ」もあった↓↓不思議!?!?)
http://anond.hatelabo.jp/20161002031151
「先に申込・入金をしてから、当選確認する方式のグループ(KinKi Kidsなど)と、
メールで申込んで、当選してから入金する方式のグループ(嵐など)が同じ事務所にいるのも変だよな。」
http://anond.hatelabo.jp/20161002122726
「現在メール申込みで当選者のみ後振り込みなのは、全国ドームツアーができる規模
(=人数が多い?)のところだけで、私が入ってるFCは未だに先振り込みだ。
正直振り込みの手間だの返金手数料だのより一番どうにかして欲しいと思ってるのは
「当選確認の電話」なんだよね。
公演の一ヶ月くらい前にナビダイヤルに電話をかけて、会員番号等入力すると
自分が振り込んだ公演が当選か落選か(だけ)わかる、というシステム
実際のチケットが送られてくるのは1〜2週間前なので、少しでも早く遠征の手配や
チケットの割り振りなど考えられるのはありがたい。
ただこの電話が本当にかからない!
スマホ時代になって大分リダイヤルは楽にはなったものの、休まずリダイヤルし続けて
2時間3時間は当たり前、iphoneの履歴の回数は100以上になるとカウントしなくなるって知ってた?
大抵数日かかってようやく確認できるのだけど、これが本当に時間の無駄すぎてイラつく
ジャニーズネットではFC会員がログインして見られる会員ページがあるのだから
そこで結果を載せるなり、メールで送ってくるなりすれば一瞬で済む事なのになぜ??」
(↑↑大変な当落確認の方法にも驚いちゃった!!!!!!!!!!)


《推理の叩き台集め、疑問点は攻める問題点となる》
◆(通りすがりさんのコメント)
「ジャニーズの返金証書は書留などは使われません。
恐ろしいことに普通郵便で送付されます。」

これを読んだ時に「信じられない」と思ったのは、
簡易書留を使ったのならば、何時何処の誰に送ったのかが判ります。
これは事故があった時に損害賠償をしてもらうための制度です。
またこれは税務調査でも、返金証書を何時何処の誰に送ったとの説明にも使えます。
これがもし普通郵便の場合には、損害賠償の対象でないのは当然で、
さらに税務調査で、7千円の証書を普通郵便で送付したという説明には納得しないでしょう。
事故もあり得るから手数料を取っているのではないのですか。
貴方か誰かがネコババしていないって誰が保証してくれるんです。
もし事故が起きたら、どうするつもりだったんです。
過去に事故の例があると思いますが、どのように対応したのです。
その時の会計処理はどうなっていますか。
この時には書留を使ったんですか。
それではその控えを見せてください。
普通郵便なら、この会員と電話の連絡を取っていただけますか。
ちゃんと返金を受け取ったのかを、当方で直接本人に確認いたしますから、余計な説明はしないように。
(ってな事になりそうな気がします、だから信じられない)


★KinKi Kidsアリーナツアー ジャニーズ落選返金問題についてファンが困惑 - NAVER まとめ(9月以降のツイート)
http://matome.naver.jp/odai/2147524103739352301
★ジャニーズの落選チケ返金が詐欺っぽい(追記あり)-2016-10-01 はてな匿名ダイアリー
http://anond.hatelabo.jp/20161001030609

◆(KinKi Kidsツアーの落選時の返金問題と手数料)
はてな匿名ダイアリーの記事が経過を含め一番まとまっているので整理。
・9月29日の日本武道館公演から11月2日のマリンメッセ福岡公演まで全国7アリーナをめぐるツアー
・8月5日までにチケット代金(1枚9,000円)と申込手数料(700円)を郵便振込にて支払う必要(振込手数料80円は別途支払)
・落選した場合は、【返金手数料(700円)を差し引いた金額】を【払出証書を申込公演日までにお届け】と記載
・日本武道館公演の9月29日のチケットを1枚と、9月30日のチケットを2枚申し込んだ
・抽選の結果、落選
・返金用紙が届いたのは、9月28日頃
(↑普通郵便ですか??それとも簡易書留ですか??↑)
・返金額は9,000円
(↑それは郵便局の為替??定額小為替??↑9月29日の落選分らしい)

↓↓9月30日ジャニーズコンサート事務局からメールが届いた↓↓
※落選者のなかで、抽選で選ばれた人に次回コンサートの優先案内
※コンサートは12月22日〜1月2日に開催
※落選したチケットの枚数と同じ枚数だけ応募できる。チケット枚数の変更は不可。
※落選した振込金額分を充当するので、応募に際し再度チケット代金を振込む必要はない。
(↑未返金18,000円の2枚分)
※優先受付を希望しない場合は、11月中旬以降に返金する。
・申込時の案内書類に、落選した場合も手数料700円は返金されない旨がはっきりと書いてありますから、手数料が返金されないことは承知して応募しました。
・私が行けなかった公演のチケットがチケキャンで15万円以上で取引されてるのを見たり

(↑私の勘違いかも知れませんが今年のネット記事。転売対策で顔認証が導入され、会場から追い出されて泣いた人も…と。さすがーと驚いた記憶があります)

★ファンではない私の感想★
(手数料の件は承知して応募したとのことなので別途話題に)
・イベントにはまず時と所と価格があって、懐具合と相談し、それなら行けるからと(休暇の手配もし)決断して申し込むものです。
・別の日に同じツアー企画が増えたからと云って、行けるかどうかはこちらの問題で、返金分の現金を人質にとって、優先確保をしてもらう必要は全くありません。
・申し込みの時に、もし申込み希望者が多い場合には、別途、抽選はずれの方を優先した同様の企画を組むこともあります。その時に優先申し込みをしたい方は、□「落選の場合、優先の申し込みをする」にチェックを入れてください。この時には、ハズレの返金は優先申し込みに充当します。充当しますので、申し込み口数の変更はできません、などと事前に告知するべきでしょう。それ以外の今回のような対応は完全にペケですね。
・年末の追加12月22日〜1月2日に、仕事、バイト、帰省など色んな事情で行けない人は多数いるでしょう。
・常識的に考えて、稼ぎ時の年末年始の会場が急に抑えれるはずもないとすると、最初から会場は確保してあったんでしょう。
・ひょっとしたら、SMAPツアーで早くに抑えてあった会場が浮いてしまって困ったの!?だから急遽KinKi Kidsツアーを増やして埋めることになり、苦し紛れ計画で返金人質作戦になったの!?

・KinKi Kidsアリーナツアーの最初の申し込み期限は「8月5日までに」でした。そしてSMAP解散の報道があったのは、私のメモ帳(今も真実に近そうな記事のタイトルとアドレスは増殖中)にある最初のネット記事よると、解散発表は「2016.08.14未明」となっている。この二つの期日は8/5と8/14、これで新たな戦争が始まったのかな!?当て込んでいた収入の大元である、SMAPツアーとファンクラブとがパーに!!そこで空いた会場はKinKi Kidsアリーナツアーを増やして対応しよう。投資で失敗があったので、資金繰りが苦しいから、それは落選者への返金分を使おう。返金分を人質にとる苦肉の策、なんかこの線が怪しいですね。
(上の「2016.08.14未明」の出処)
緊急取材?SMAP解散決定の真相とメンバーのこれから(前編)
●SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない! ジャニーズがキムタクを守るために仕掛けた狡猾な情報操作-LITERA/2016.08.14
http://lite-ra.com/2016/08/post-2496.html

今は「KinKi Kidsツアーの落選時の返金問題」でしたので戻ります。
・未返金分を追加ツアーへの取りあえず申込金とし、優先受付を希望しない場合は、11月中旬以降に返金する。などとは「完全にペケですね」。私には、11月上旬までには資金繰りのメドが立つので、待って、お願い、に聞こえます。
・はてな匿名ダイアリーさんも書いていますが、KKという製品が欲しくって商品代金と手数料を払って申し込んだところ、申し訳ありませんが人気があり過ぎて、貴方は残念ながら抽選にハズレてしまいました。今度KK-idsというパワーアップした新製品が年末に入荷します。お詫びに貴方にはそれを優先的に販売させていただきます。と言われたような感じですね。オレは発売の日に是非欲しかったんで、入荷が年末までまたされるんなら、オレ要らないよ。即、払った金、返してよ!!!!
・これは既に全額払ってもらっている前金を担保(人質)に取った上で、別製品の購入を強く迫っている消費者イジメの悪徳商法でしょう。その上、別製品を断ったら、返金は「11月中旬以降」なんて言語道断。
・本来、最初に事前告知・説明しておくべき大事なことが、事後に一本のメール連絡で済まそうなんて、あくどいやりかたですね。それも長い付き合いの会員相手にですから、失礼きわまるです。

・このレベルのトラブルは消費生活センターを越えて、弁護士会の法律相談センターじゃないでしょうかね。
●法律相談センターとは|弁護士会の法律相談センター
http://www.horitsu-sodan.jp/houritsusodan.html
ここによると、電話無料相談があって15分程度とのこと。
札幌なら法律相談センター(無料でできる法律相談の総合窓口)で
電話で事前予約して最寄りの法律相談センターへとあります。
地区によって曜日と時間は異なると。
当然ですが、最初の案内手紙と返金の通知書と、メールでの人質的通知書(コピーできなかったら画像写真など)とか、参考資料になりそうなものは当然持って(電話相談なら近くに用意して)
(判断材料が無いと向こうが困るので)
弁護士会の敷居が高かったら、消費生活センターへ

・この問題の被害者の数と未返金の被害額は判りませんけど、おおよそならば推理はできると思います。会場の収容人員×公演回数×9,000円が一つの目安にはなるのではないか。事務所はイベントのプロですから、これを目安に追加公演の企画しているだろうと。優先申し込みがない分については、追加で新規募集したら再度観たい人が多いのでしょうから即埋まるだろうという目算。ガラ空きじゃカッコ悪いですからね。

・だからではないけどメールの最初の「落選者のなかで、抽選で選ばれた人に」優先案内というのは、端から胡散臭く感じていました。常套句ですから。


本日は今話題の返金問題をメインとしここまでです。
続きが何時頃かは全く不明。
時間が空くでしょうから、
次回は」patr3(ちんたら推理の続き)

ただ最初とpatr2で追いかけたのは、
チケット申し込み金の内、返金が発生するものを預かって運用し、
返金の時期が来たら、他の運用していたものを解約していたという
預け、その期間終了をという運用を繰り返していたのでは、
が私の推測でした。
各国の利率を見据えながら、長期と短期を適宜組み合わせ、
動きにあわせながら、解約と契約を繰り返していた。
マイナス預金利率が低くなると運用責任者も大変てございます。

なお、私は大学で法律は「法学」「憲法」のみ
経済は「経済原論」だったかのみ
出席を取らないと出てません。授業を聴いていません。
必須ものはレポート提出が一番楽チンでした。
50年代の時に一時期行きつけの飲み屋(フランチャイズ)でバイト
全て自宅で作業のバイトで複式簿記はその時に勉強
後に確定申告も担当しましたけど、必携は勘定科目の事典が一冊
その意味では、商法とか、会社の経理に詳しい人ならば
もっと別の切り口で色々な推論が可能だと思います。

ファンは自分の財布を守るために理論武装して戦わないと…
困った時には終結して知恵を出し合わないと…
相手は強大であくどいですから…
怒りはエネルギーです。
折角のエネルギーを浪費しないように気を付けねば(自戒)
-------------------------------------------------------------
(以下は投稿するつもりの無かった今後のためのメモ)
★私が当事者ならこうする
株式会社ジャニーズ事務所(東京都港区赤坂8-11-20)を管轄する税務署(麻布税務署らしい 〒106-8630 港区西麻布3丁目3番5号)か東京国税局に手紙を出そう、このような不正の疑惑のある処理がされていると。そんな手紙が届いたから動くことは無いが、たくさん届いたら、今度少し精査せねばぐらいの効果は??あるかどうかは別。鉄砲は数撃たないとね。暖簾に腕押しの事務所への苦情電話よりは、イライラする肉声の事務所対応よりは手紙の方が楽チン。

・上で紹介したはてな匿名ダイアリーさん記事へのコメントに、
天下りの噂が書いてあったので、検索してみたが、はっきりとしたウラは取れない。
でも、同族会社とは云え大企業ですから、
麻布税務署などから総務畑へ天下りしていても何らの不思議でない。
となると狙いは国税局!?!?
少々のネタでは動かないかな!?!?
テレビはダメだから、大きな新聞社が取り上げるようなデータ集めが必要か??となると組織的な活動が必要だ。

・ジャニーズ事務所の御用達マスコミは多く提灯記事も多そうだけど、今回のSMAP騒動・解散では幹部連もかなり堪えているように見える。
・毎年定期的に入っていたファンクラブ会費とツアーの収入はSMAP解散で消失。今一番何が堪えるのは何か!?ここで痛いのは、会社の経理の杜撰さについての疑惑が持ち上がることです。地元の税務署と国税局とが動くのが一番嫌なはず。所得隠しの不正をしていなくとも、色んな誤りの指摘を受ける可能性がありますから、税務調査は嫌なものです。
・ジャニーズ事務所は過去に所得隠しなどの大きな問題を起こした事が無くって、地元の税務署と温厚な関係にある可能性があります。するとあまり細かくは精査しない税務調査しか経験していない可能性も。
---------------------------------------------------------------------------
《追記10/11》私にとっての新情報
●KinKi Kids、初の紅白出場に期待高まるも一部ファンの間でとある不満が大爆発中-2016/10/11(週刊女性2016年10月25日号)
http://www.jprime.jp/articles/-/8303
「振り込んだお金が勝手に別の公演に振り替えられるというのは初めてのこと」
-----------------------------------------------
《追記11/24》
★「ジャニーズ事務所の錬金術」patr4、ジャニーズ商法に消費者団体がクレーム(会員規約の変更を求める申し入れ)/《随時追記》-2016年11月23日
http://yumenoya.seesaa.net/article/444234599.html
posted by yumenoya at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442512523
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック