2016年09月28日

●怖い「影響力」大のネットメディア誤報とその拡散、そのpart3(今度はまだ懲りない朝日新聞)/《追記:朝日新聞の記事を褒めた例》/《追記9/29》追跡・検証から撤退/《追記10/8》朝日をはめた臨時職員が解雇に(記者にも止むを得ない面があり)

別ブログ(カテゴリは「権力」)の続き記事であるpart3を敢えて、ここに書くのは「朝日新聞」の誤報だからだ。(ここでのカテゴリの選択肢は「雑感」しかない、そのうち別名を起こす必要が…)
あの朝日新聞の従軍慰安婦「強制連行」記事捏造(私の中では、未だに謝罪をしていない)と全く同じ体質で何も変わっていないと感じるからだ。
未だに「ウラを取らずに記事を書いている」ことがまた判明してしまった。
本人の言うことをそのまま信じて全て記事になっていたら、(私が読んでいるネット)記事は法螺話(ホラばなし)だらけになってしまう。
だから内容を検証して信用できるニュースだけを流すのがマスコミの仕事でしょう。
なのに本人の解説・主張を鵜呑みにし、ウラを取らずに、ほとんど疑わずに記事にしてしまうという懲りない朝日新聞。
長年で記者たちに沁みついた体質は、チェックする年輩族かな、何も変わっていないようです。
まずは記事ありき(話題性のあるスクープっぽい記事ありき)、で記事の肉付け作業が開始…
そこにニュース内容を補強するためのウラ付け収集の作業は無い。
想定した記事内容に沿わない情報は無視、としか思えない。
政治ネタでも出版社ネタでも格闘ゲームのネタでも

ブログで朝日新聞の記事を話題にしたことは沢山あり、良い記事もあったけど、ここで批判したのは次の二つだ。
●朝日新聞よ、どこへ行く!?(従軍慰安婦「強制連行」/右手にジャーナル/ご臨終)-2014年09月04日by yumenoya at 05:44
http://yumenoya.seesaa.net/article/404842661.html
●「本の値引き、仁義なき攻防 アマゾン」12/24←筑摩書房、朝日新聞記事に「看過できぬ」と抗議12/25(筑摩書房が抗議したのは12/24)/《追記あり》/《追記1/13、★2/4》-2015年12月25日by yumenoya at 15:08
http://yumenoya.seesaa.net/article/431662269.html

そして本題です。さっき読んだ記事
●格ゲー世界大会で日本人優勝虚偽疑惑を本人に追及 その後朝日、上毛新聞も記事削除-
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00010002-bfj-game
「その後、朝日新聞は記事を削除。上毛新聞は上毛新聞は27日午後8時、記事を削除し「格闘ゲーム部門で優勝したとする報道は事実無根だったことが分かりました」と謝罪文をホームページ上で掲載した。」
問題となった最初の記事がどうだったかは不明だが、「朝日新聞は記事を削除」しただけで、謝罪もしていないらしい。

これについては、色んな関連記事を検索して、時系列で調査中
整理できたら報告します。
既に削除された朝日新聞デジタルの記事(これ(「お探しの記事は見つかりませんでした」)は私も確認済み)の関連記事を追いかけます。
色んなサイトに引用され、疑問も呈せられた記事が、謝罪もしないで、何故こうなったのかの検証も無しに、削除だけで済むなんて考えているであろう思い上がりを追いかけてみます。

(あまり美味しくは進まなかった寝酒の深夜3時、関係の無い別の記事をチェックしたら寝ます)
起きた翌朝からは陰湿に追跡します。
逃しませんよ!!

《追記9/29》
part1とpart2へのリンクを追加
●怖い「影響力」大のネットメディア誤報とその拡散、NHK番組の<貧困高校生>を批判・攻撃-2016/09/19(月) 20:36:10
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-166.html
●怖い「影響力」大のネットメディア誤報とその拡散、そのpart2(NHKによる“イノシシの刺身”)-2016/09/28(水) 00:36:10
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
(↑上のリンクは当然したものと誤認していましたので、改めて追加します。)
(同じ日に二つもの誤報記事で驚かせるお粗末なマスコミが悪いのよ)

《追記》
☆貶すばかりじゃありません、朝日新聞の記事に感謝した例(ブログ記事から引用部分以外を転載)☆
------------------------------------------------------------------------------
《8/22》こんな解説の記事を待っていました。(★無料登録すると全文を読めます)
◎シューズ4分の1足分の勇気、歴史つくった リレー銀 - 2016リオオリンピック:朝日新聞デジタル-2016年8月20日21時10分
http://www.asahi.com/articles/ASJ8N627VJ8NUTQP03B.html
記事を書いたのは増田創至さんです。
私の知りたかったことを記事にしてくれて、ありがとう。

《追記8/25》上の朝日新聞スポーツ部記者・増田創至さんによる記事の別サイトへの再掲載のようです。
◎10秒切れていない4人がなぜ銀メダル? 「ちょっと怖かった」決断 - withnews(ウィズニュース)8月25日(木)
http://withnews.jp/article/f0160825002qq000000000000000G00110101qq000013915A
------------------------------------------------------------------------------
問題記事の調査は、日ハムの優勝が決まってから始めます。

《追記9/29》
昨夜、日ハムの優勝が決まりました。
けど上で追跡・検証しますと書いたものの
それを始めるヤル気が全く出てまいりません。
その原因は何なのかと考えてみると
まず、格闘ゲームを含めたゲームそのものに全く関心が無いこと。
かなり昔、喫茶店でスペースインベーダーゲームをやったことはあるけど、
今風のゲームには興味が無かったので、ゲーム機器もソフトも一切縁が無かった。
今やるのは、ネット無料パチンコぐらいなもので、
ネットパチンコというのはハンドルの強弱を設定して打ち始めたら、
後は当たるのをただ待つだけ、可能性の高いリーチがかかったり、当たったら、
BGMが変わるので、パチンコの画面を眺めるという単純ゲームで、
ゼニのかかる本物のパチンコは出来ないから、やっているだけ。
そんな私の興味の持てない「格闘ゲーム」というネタは無縁過ぎました。

以前、朝日新聞の二つの記事で怒ったのは、
慰安婦記事では、直接ではないけど私自身が長年翻弄されいたと感じたからで、
また出版社とアマゾンとが話題の記事で、本はまさに私の関心分野だったからで、
その問題には、私のエネルギーを注いで時間を割く価値が私にはありましたけど、
その意味で、今回の「格闘ゲーム」誤報には、その価値が無いと気づきました。

読みかけの本はたくさんあるし、気になる映画もたくさん…
書きかけのブログ記事も色々あるしで、
「格闘ゲーム」誤報記事の追跡・検証からは撤退いたします。
呆れ果てている朝日新聞の誤報記事なんぞで、まだ煩わされるのはアホということで…
---------------------------------------------------------------------------
《10/1追記》
朝日新聞そのものについての下記の記事を時々思い出す。
今はFirefoxのブックマークに入れているが、
この記事のページを保存しておく適切なフォルダが無いものだから、
何処に保存したかが判らなくなって、その在り処を探して困ることがある。
そこで、このブログからその記事にリンクしておく。
ブログ記事を検索したら、簡単に見つかる可能性が高まるからだ。
●「朝日は不治の病」 OBの敏腕記者が激白 著書『崩壊 朝日新聞』が話題に-イザ! 2016.1.19 21:20(全3ページ)
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/160119/lif16011921200012-n1.html ←イザ!なら
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160119/dms1601191140004-n1.htm ←ZAKZAKなら
「朝日は『不治の病』に侵されている。処方箋は見当たらない。相対的に部数が多いこともあり、日本にとって不幸ではないか」
元朝日新聞の敏腕記者、長谷川氏は言葉を選びながら、古巣への思いをこう吐露した。
---------------------------------------------------------------
《追記10/8》
●朝日をはめた臨時職員、太田市が解雇 格ゲーチャンプうそ会見で-産経新聞 2016.9.30 20:24
http://www.sankei.com/affairs/news/160930/afr1609300026-n1.html
「男性は9月26日に同市役所で記者会見し同20、21両日に開催された「オータムスタンフェスト2016」の格闘ゲーム部門で優勝したと発表。翌日、朝日新聞と上毛新聞が報じ、インターネット上で「嘘ではないか」などの指摘が相次ぎ、市が確認したところ、これを虚偽だと認めた。」
この記事によると、「太田市の臨時職員の男性(23)がパリで開かれたゲームの国際大会に優勝したと市に虚偽の報告をしていた」ことから、市が市役所で記者会見を設定したことが、誤報記事騒動の発端のようです。
少しやむを得ない状況があるけれど、会見に出た記者は多数いたはず。もしこの二紙以外に誤報記事が無かったとすれば、ウラが取れなかったから記事にすることを断念した記者が多かったのかも知れない。少し肉付けをしようとゲーム世界大会についてネットを調べたけれども、本人の説明と合わない点が出たから断念とか、本人に質問の電話を入れたがスッキリしないとか…。
鵜呑みにするな、とは云っても、市の記者会見で発表され、そこに本人が居て説明したら、俺も記事にしてしまうかな…

(↓訂正記事の画像あり)
●ゲーム世界大会で優勝は“虚報” 朝日新聞、上毛新聞がそろっておわび 群馬県太田市の臨時職員が虚偽の内容で記者会見-産経新聞 2016.9.28 12:10
http://www.sankei.com/entertainments/news/160928/ent1609280006-n1.html
27日付朝日新聞群馬県版と28日付の朝日新聞おわびの画像がありました。
-------------------------------------------------------------------------
誤報記事を書かされ、その訂正お詫びまで書かされた朝日新聞が、
何故こんな事になったかの検証記事を書いていたら、
興味深い記事になっていたと思うが、
これらを産経新聞にはネタとして使われただけ…
ネット記事を単純に削除しただけで、「お探しの記事は見つかりませんでした」…
posted by yumenoya at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック