2016年02月11日

離島の小笠原高校の受験生の大学入試センター試験は大変「24泊25日」、受験格差…

「センター試験24泊25日」というのが目を惹き、いったい何のことなのと最初に読んだのが、2月10日付けの連載三番目の記事でした。(下段で一木重夫・小笠原村議ブログと石渡嶺司連載3記事にリンク)

東京都小笠原村父島にある小笠原高校(小笠原諸島父島・母島の多くの中学卒業予定者が小笠原高校に進学する)

Google地図(東京と小笠原村の位置と距離) 遠いですねぇ
ogasawaramura.JPG

●父島と東京とを結ぶ唯一の定期船である「おがさわら丸」時刻表
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/service/
父島発→東京着の時間は船内一泊の25時間半
1月と2月の時刻表を確認すると1/17(日)東京着を最後に
1/18から2/1がドック入りなのか完全空白になっています。
1月16日と17日のセンター試験に間に合う父島発の最終便は1/10(日)の14:00
そして父島へ帰る最初の便は2/2(火)10:00東京発で2/3(水)11:30着
1/10(日)から2/3(水)までは「24泊25日(船内2泊)」です。
"おがさわら丸時刻表"で確認するとまさに驚きの「24泊25日」です。二日間の大学入試センター試験を受験するだけで…
もし海大荒れの長期予想があって欠航の心配をしたら一便早くすることも
すると1/2(土)14:00発となり丸一か月に…
★おがさわら丸主要目★総トン数:6,700t/全長:131m/通常期営業定員:769名
欠航の心配は無用かな?

現代の大学入試システムに無知ですが、センター試験後に今度は希望大学の入試があるんでしょうね。
東京へ向かうにしても、父島へ帰るにしてもほとんどが6日に一度の定期船に乗るしかない。
試験そのものの成績の前に、スケジュールとか予算とか宿泊とかの心配だけで疲れてしまいそうです。

定期船ドッグ入りという特殊事情があるとは言え、大学入試センターとか文部科学省とかは、特に受験格差の際立っている小笠原高校の受験生を何とかして欲しいですね。受験格差の是正です。

受験する本人も親にしても22泊の長期滞在となると、親戚などを頼って泊るのが一番安心できるし、高価な宿代もかからないとすれば、親戚などが住む地に近い受験会場で大学入試センター試験を受けれるような特例の道を拓くことが一番簡単で喜ばれる方法だと思います。小笠原高校が受験会場になるのは難しそうですから…。


色々活動しておられる小笠原村議・一木重夫さん、そのことなどを記事にしておられる石渡嶺司さんを応援いたします。ブログの話題にするだけですが。


《石渡嶺司さんの記事の発端となった小笠原村議・一木重夫さんのブログ》
●センター試験で24泊25日 - 小笠原村議会議員 一木重夫の政治日記 - Yahoo!ブログ 2016/1/12(火) 午後 0:41
http://blogs.yahoo.co.jp/ichikishigeo_07/69079449.html


《大学ジャーナリストである石渡嶺司さんの連載記事》
1●センター試験で24泊25日!〜離島高校生の受験格差を考える--2016年1月23日 0時2分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishiwatarireiji/20160123-00053703/
★《離島の受験会場は?》と《どこの離島に受験会場がないか》についても記載
★「ざっと見ていくと、24泊25日なんて馬鹿な話は小笠原のみ」

我が北海道の受験会場がない離島に高校があるのかを確認しましたら、
利尻高校/礼文高校/天売高校/奥尻高校と4島に有り
焼尻島には高校が無い


2●小笠原高校生徒の「センター試験24泊25日」はどうすればいい?--2016年1月24日 23時44分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishiwatarireiji/20160124-00053764/

3●「センター試験24泊25日」を変えたい!〜一木重夫・小笠原村議インタビュー--2016年2月10日 9時17分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishiwatarireiji/20160210-00054278/
posted by yumenoya at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック