2018年09月07日

★(北海道大地震part1)9/6の大地震の時に考えたこと、やったこと、気付かずやらなかったことなど…(札幌の隣の石狩市/停電&断水)《9/9追記》

(ベッドの中で懐中電灯を点けて書いたメモに始まる、全てがメモに基づく)
(携帯もスマホも持っていない貴重種)
(なおテレビを点けない生活が春からずっと続いている、今も…)
今、午前3時半
寝ようと思って、ベッドへ移動
短編でも読んでから寝ようかな、と思ったら
突然グラグラと来た!!
この大きさは記憶に無い揺れだった
何が起きた!!地震でコレは記憶に無い
隣の部屋からは何かが崩れ落ちる音
揺れが静まってから起きて茶の間へ
(ドアを塞いでいた本をよける必要があった)
パソコンを起動して、ヤフーで地震を確認、あそこが震度6!!!!
崩れたのは、日本酒の3リットル紙パックの空箱と本のヤマ
まずはタバコを一服
それを整理している時に、突然、停電!!
今、懐中電灯で、メモしている
電灯は点かないし、パソコンの電源もオンにならない、寝よう

目覚まし時計の小さな音が鳴った(9時少し前にセットしてあった)
あっ、大谷だ!!(頭にあるのは大谷くんの試合だけでした、9時5分開始)
(ベットの周りの崩れた本も茶の間の酒紙パックも取りあえずは無視)
まずパソコンのスイッチを…ダメ!!
(この時に頭にあったのは、ブレーカーの事。停電がまだ続いているとは考えなかった)
(数時間で復旧した停電しか経験していないもので…)
崩れた酒紙パックを整理してから、やっと電気のブレーカーへ
ガスのブレーカーは一度操作した経験はあったけど、
ここの電気のブレーカーは初めてなので、とにかく色々いじったが点かない
これは管理人の工務店に訊くほかないなと公衆電話へ…
向かいかけた時に、隣をピンポーン
この時に初めて、停電と断水を知る、情報はラジオだと…
(トイレは小便だったので断水にも気付かなかった)
数年使っていなかった携帯ラジオを出し点ける
(こういう時のために購入してあった携帯ラジオが役立った)
やっと全道的な状況を知る

ラジオでは停電からの復旧に、一週間はかかると…

少し暗くなり、小さな二本の懐中電灯をつるし灯りに…

腹が減ったので焼きそばを(ガスに問題が無い事は確認してあった)
前日の焼きそばに使ったフライパン
クッキングペーパーで拭っただけで使用
暗くなってからやっと今日の一食目
調理には懐中電灯一本を台所につるす

水道が復旧 (時刻のメモは無し、ラジオ情報か)
ガスと水があれば食事は何とかなる
冷蔵庫に入っている買い置きの食料が腐らないかが心配だけど

懐中電灯とラジオの電池が心配になり、在庫をチェック
単3はたっぷりあるが、単4は2本しかない
ラジオには単4が必要なので、大事をとって単4を使う小さい懐中電灯を消す
この時に思い出していたのは停電に備えて買ってあったローソク
1時間持つというローソクを2本立てる
上からは単3の懐中電灯が1本

情報源はラジオのみ(pm8:45)
大谷くんはどうだったろうか
スマートホンがあれば…

夜9時電灯が点いた!!
早速パソコンを起動
これで冷蔵庫の食料の心配は無くなった
ローソクを吹き消し、懐中電灯を切る

停電してから約16時間が経って、電気という文明社会に復帰
(視れなかった大谷くんの打撃成績については、
秋田に住む大谷ファンの美和さんよりメールが数通届いていた。
その朗報をネットで確認して、ブログ記事を投稿)
※ここまではメモ書きと(補足書き)による
----------------------------------
9/7 翌日になってやっと気付いた事
(スカイプの不調な美和さんと電話で会話)
美和さんはノートだから、充電していなかったの!?という指摘
オレはデスクトップだよ
思い出した、非常時用のノートパソコンをオレは持っていた
あのノートなら、大谷くんの試合を観戦できたかも…

滅多に使わないアプリ・ソフトと同じで
普段使っていない携帯ラジオ、ローソク、ノートの存在を
咄嗟には思い出さないものだ!!
携帯ラジオもローソクも災害時用に備えて買ったのに…

昨夜、スカイプ仲間の好友堂(札幌市南区澄川)さんへ
「午後9時に電気が点いた」とメール
その返信が無かったので、
今日は商売用のスマホにも届くメルアドヘ
「こちらはまだ停電中です。でも大丈夫」と昼近くに返信

夕方には姉(札幌市厚別区)から携帯で電話連絡
向かいは点いているけど、姉のとこはまだ停電中だと…
近くの学校が避難所なので、そこでスマホの充電
やはり冷蔵庫と冷凍庫が悩みだそうで
腐らすのはもったいないから、美味しいもの食べているとのこと

午後7時42分、好友堂さんから「やっと電気がきました」という追伸メール

南区が点いたのなら、北区はもう大丈夫かなと
北24条の行きつけの飲み屋に電話
停電は昨日の夜11時に解除(結構復帰は早かった)
近くても地区によって停電かどうかは様々とのこと
地震の被害は焼酎ビンが3本だけ
もう金を貰ったキープだから問題無し…
飲み友達の馴染み客は皆、問題は無いらしい

次は同じ北区住む馴染み客(女性)に電話
飲み屋からはかなり離れた地区
その娘さんが千歳なので…
千歳はまだ停電、やはり停電かどうかは地区によって様々とのこと
ガス管の亀裂が心配なので、携帯式ガスボンベのコンロを使っているとのこと
子どもが二人だから、母としては慎重になるのですね
なお、北区の彼女は近くに大きな病院があるので、
停電からの復帰は午後9時台と早かったそう
被害は皿が数枚棚から落ちて割れただけ
それと有線テレビJコムが視れないので
ワンセグを視ているとのこと
また携帯はガラケー(持ってない私は無知)
旅行用に電池で充電する器具を持っているので
充電の心配は何も無いとの事

断水の話題が出なかったということは、
私の狭い交際範囲で断水したのは、私だけのようだ

ネットニュースによれば、
北海道が地元のコンビニ・セイコーマートが頑張っているようだ
地震の時に開けるコンビニはエライ
補給が間に合わなくって、空の食品棚が多かったとしても
停電の時に…

札幌の北区には社会人になって25年ぐらい暮らしたけど
とにかく地盤の悪い揺れやすい地域で
ダンプが通っても、アレっ地震かなと思うほど敏感なところ
震度6弱 千歳市
震度5強 札幌北区
震度5弱 石狩市
9-6地震.JPG
地盤がしっかりした石狩市でもあれほど驚いた揺れでしたから、
北区の揺れは半端じゃ無かったでしょう。
私だって結構長く生きているけど…
当然震度5は初めて…
震度3は何回か経験してるけど、震度4は??
それにこんな長い停電も長い断水も初めてだー

旅行や飲み会など以外でネットからこんなにも隔絶されたのは初めて…
パソコンが壊れた時には翌日パソコンショップへ行ったし、
当時はISDNになる前か、ネット接続時間に課金された時代
貸本屋のホームページの掲示板書き込みをするぐらいで
今のように常時接続という時代では無かった。
スマホとパソコンという違いはあるが、
私はネット中毒なのだろうか
(大谷くんの試合観戦、ブログ記事投稿、ネットニュースでウロウロなど)

私は朝9時5分の大谷くんの試合を愉しみに思いつつ
そろそろ寝ようかとベッドに入ったばかりで起きていたけど
もし眠っていた時だっだら、もっとパニックだっただろうな

まだまだ余震が続いているようだけど
石狩市の私が余震だと気付いたのは今日の日中の1回だけ
その時はまだラジオを点けていたので
ラジオからも余震を知らせるアナウンスが流れた


明日は9時10分、大谷くんDHのシカゴ・ホワイトソックス戦
9/6朝は停電でネット観戦出来なかったけど
《大谷DHの9/6成績:4打数4安打2本塁打3打点4得点1盗塁1四球》
見逃したあの時のような大活躍を魅せて欲しい

この記事を投稿しようと作業をしていた22時43分
一瞬だがグラッと余震らしい揺れ (感知したのはこれが二回目)
--------------------------------------------------------------------
《9/9追記》
今は日曜
月曜からは管理停電の可能性があるというニュース
そこでまさかの時のために、ミニノートパソコンを点ける
充電をしようというのと
ネット環境を整備してその使い方に少し慣れておこうというつもり

ススキノ9-8夜か.JPG
9/8夜のらしいススキノのネオン風景
まだ少し寂しいが管理停電が始まるのなら、ネオンの消灯自粛は当然だ
ニッカのオジサンには休んでいただこう

大地震の後で、9/9夕方に初めて近くのセイコーマートへ行った。
タバコと赤ワイン
他に別に欲しいものは無かったけど
食品の棚はまだ空白が目立つ
まだ補給する物流は回復していないようだ
火曜には生協へ行くつもりだったけど、食品棚にはまだ空きがおおいのだろうか
不安から買いだめした人も居るのかな

《9/9追記》
22時55分、余震では一番大きかった、グラッグラッグラという感じ(石狩市 震度2)

《9/18追記》この記事のジャンルをpart2以降に合わせて「雑感」から「権力」に変更する
posted by yumenoya at 22:49| Comment(0) | 権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする