2018年09月01日

★Firefoxで動画が自動再生するのはウザイ、無効・拒否のアドオンは無いのか??

大谷翔平くん関連ニュースを読むのが日課だ。
でも最近とみに増えたのが、大谷くんと何も関係の無い動画の自動再生だ。
プロ野球、MLBの動画で、あの有料試合中継サイトの宣伝だと思うが、
何故か広告ブロックのアドオンの対象では無いようだ。(広告ブロックが取り締まってくれない)
読んでいる文字ニュースの横で動画が再生されているのは邪魔だし、
動画再生で余計な負荷もかかり重くしていると思う。
自動再生機能が無ければ、YouTubeへ行く都度、
再生ボタンを押す必要があるとしても、今の煩わしさよりはマシだ。

そんなアドオンでも無いものかと検索したら
アドオンでは無いが、次のサイトがヒット
★ブラウザで動画を自動再生をさせない設定***アトム電器 三軒家店2018年03月27日
https://www.okamoto-net.com/c1052/
「Windows 10 Pro 64bit上のFireFox 59.0.1(64bit)という環境で設定しました。その他のバージョンでも同じように設定可能なはずです」

Firefoxのバージョンは、新しくすると使えなくなる大事なアドオンがあるので、
かなり旧いバージョンを使っているけど、大丈夫かな…

上のサイトの解説通りに設定し、Firefoxを再起動…
今のところ、何も問題は起きていない。
何か不都合なことが発生したら、設定を元に戻すだけだ。

《追記》
YouTubeで最近とみに感じていること
大谷翔平くんの動画が視たいからYouTubeへ来ているのに!!
ネットニュースの記事を使って、動画の文字として流すという変てこな動画の投稿が多い。
タイトルで文字動画らしいのは判るけど…ここまで氾濫していると邪魔!!!!
ネットで大谷翔平くん関連ニュースをチェックしてない人には、意味があるのだろうかねぇー????
posted by yumenoya at 23:35| Comment(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2018-9-1大谷翔平6番DH(左腕)/ネット無料観戦《完封勝利2連勝◎3対0》《2ゴロ/遊安打/二直/四球》

左腕先発にDHでスタメンなのは何時以来だろう
9/3の大谷投手復帰登板(アストロズ戦)が明らかとなった昨日は
5番DHスタメンで敵地4連戦の初戦に勝利
エンゼルスが連勝したのは8/16が最後
先発のバルデスと対戦したのは8/27、●1-3で敗戦

大谷選手の復帰登板が決まったので、次の記事を昨夜アッップ
★2018大谷翔平選手の詳細な投手成績(8/31現在、ESPNサイトのデータ)、投手復帰は9/3
http://yumenoya.seesaa.net/article/461417750.html
打者編は
★データサイトESPNによる大谷翔平選手の打撃成績(得点圏打率、対左腕打率など)、勝負強さも判明!!
http://yumenoya.seesaa.net/article/461382757.html

《エンゼルスvs.アストロズ(9:10/敵地)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(右)カルフーン(56)
2(二)フレッチャー(6)
3(中)トラウト(27)
4(左)アップトン(8)
5(遊)シモンズ(2)
6(指)大谷翔平(17)
7(一)マルテ(19)
8(三)ワード(3)
9(捕)ブリセニョ(10)
先発投手/バリア(8勝8敗/防御率3.67)
●奪三振は多いけど、失点も多いから、打つしかない
(※スポーツナビ「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
■アストロズ先発投手/バルデス(左腕)(2勝0敗/防御率0.96)

★ネット生中継(いつもの英語サイト(アドレスは毎日変わる))
http://www.speedsports.me/mlb/531424/h
(※プラウザはFirefoxかgoogle chromeで広告カットアドオンを使用し機能オンに)
★スポーツナビ「一球速報」
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018090108

(◎はエンゼルスが得点、▲は失点)
《大谷くんの打撃がメイン》(前後の打者成績+得失点の動き)
(今日は寝坊した、予想先発が左腕だったから…も原因か。今は3回裏で0対0)
◆1回表トラウト四球のみで凡退
◆2回表1out大谷初球を2ゴロ《567三者凡退》
◆3回表ワード三内野安打+四球も空振り三振+併殺打
---------------------------
◆4回表トラウト遊ゴロ→アップトン3ゴロ→シモンズ投ゴロ《345三者凡退》(今日も新人投手に手こずっているようだ)
◆5回表大谷ボテゴロ遊内野安打→マルテ投ゴロ1塁(2塁アウト)→ワード右飛→ブリセニョ空振り三振
(投手戦 バリア75球対バルデス85球)
◆6回表(三巡目)カルフーンにストレート四球→(投手交代右腕)(けん制暴投2塁)フレッチャー犠打失敗し2ストライクから左前安打31塁→トラウト中犠飛◎1点→アップトン捕邪飛2死1塁→シモンズ2ランHR◎2点→大谷低い弾道の2ライナー(捕ったのは大谷シフトの遊撃手)《◎3対0
(※マルドナド、キンズラーそしてリベラの放出、更にプホルスの離脱。首位相手にやっと開き直ったか!?)
◆7回表マルテ見逃し三振→ワード空振り三振→ブリセニョ空振り三振《三者連続三振》
(バリア投手6回85球無失点)
◆7回裏(投手交代)3ゴロをエラー出塁+三振+併殺打
◆8回表カルフーン空振り三振→フレッチャー3ゴロ(名手サード)→トラウト見逃し三振《123三者凡退》
(※さすがに首位チームの継投陣)
◆8回裏(投手交代バトリー)中前安打+右翼線二塁打0out32塁→(観客の歓声がスゴイ、継続中/番打者)fullから空振り三振→四球1out満塁→3番アルテューベ空振り三振→fullから一邪飛〆
(※この大ピンチを無失点で凌いだバトリー投手)
◆9回表(右腕)アップトン左前安打→シモンズ左前安打0out21塁→大谷BBS(空)Bから四球0out満塁→マルテ3ゴロ本塁アウト1out満塁→ワード空振り三振→ブリセニョ中飛
(※どちらも大チャンスをモノに出来ず、両監督の想定外だ!!)
◆9回裏(投手交代パーカー2勝1敗12S)fullから四球→fullから遊ゴロ併殺→fullから投ゴロもセーフ内野安打→(進塁)fullから1ゴロ〆
(追記:フルカウントが4人も続くと心臓に悪い)
◎3対0で完封勝利、首位に2連勝って気持ちがイイ
明後日の大谷先発の時にも、2連勝のように打って
《大谷DHの本日成績:3打数1安打1四球
(追記:ブログ記事を確認したら、8/4インディアンス戦8回、交代したばかりの左腕から左安打、即盗塁に成功し、生還もしている。この時以来の左腕からヒットらしい)

★2018/9/1 大谷翔平 - Shohei Ohtani Full Highlights -エンゼルス Vs ヒューストン・アストロズ | DJT Studio
https://www.youtube.com/watch?v=cWaik4FSVfo

★大谷翔平 2018/9/01 - Shohei Ohtani Angels - エンゼルス Vs アストロズ | C Highlights
https://www.youtube.com/watch?v=-QbCMoSyW7g

★018.9.1 大谷翔平 6番・DHスタメン!打席全球 アストロズ vs エンゼルス Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=MtSBk81z3Cs

★2018年9月1日 大谷翔平 6番DH! 全打席全球! エンゼルスvsアストロズ Shohei Ohtani Los Angeles Angels Houston Astros(※日本語)
https://www.youtube.com/watch?v=Tjk9xqrnToA


★大谷3日復帰登板70〜80球程度「頑張りたい」***日刊スポーツ9/1
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201809010000178.html
「前回登板の内容を考慮すれば、球数は70〜80球程度に制限される見込みだ」
※誤解していた。50球が目安だという記事を読んだ記憶があったけど、あれは実戦方式練習での球数だったのかな!?

★大谷、快足内野安打 チームは連勝***デイリー9/1
https://www.daily.co.jp/mlb/2018/09/01/0011598603.shtml
「ボテボテの打球が三遊間を守る三塁手の前に転がる間に快足を飛ばした。打球を処理した野手は送球を諦めざるを得なかった」
※記者は日本語放送を大画面で視、必要があれば再生して確認しているのだろうな。
私は、パソコンの左側がgoogle chromeのネット中継画面、右側はFirefoxのブログ投稿画面
YouTubeのハイライトを視ても、Firefoxの中のYouTubeの小さな画面……

大谷 9・3アストロズ戦復帰登板は全米中継***8/31
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201808310000355.html
「試合開始は現地時間午後7時05分(日本時間3日午前9時05分)。米スポーツ専門局ESPNで「サンデーナイト・ベースボール」として放送」

大谷翔平、今後は左腕相手に出場機会増加 指揮官「数多くの打席に立つ」***9/1
https://full-count.jp/2018/09/01/post193692/
監督「ショウヘイは左腕投手相手にも数多くの打席に立つことになると思う。もっと評価することができるだろう」
「プホルスが離脱。左腕相手に先発起用されることが多かったマルテが控えから正一塁に昇格したため」

何時の動画なのか不明だが、打撃練習の風景(記憶に無い映像)、不明だが「ストライク集」では無い!!
★【大谷翔平】華麗なるストライク集☆vol.1【ハイライト】
https://www.youtube.com/watch?v=6bzPuWr5um8&t=21s


------------------------------------
※打撃結果の表示方法についての愚痴
今日の大谷くん4打席の表示は次のようになっている
◆スポーツナビの場合
二ゴロ/遊安打/遊ライナー/四球(注・遊安打は三安打に訂正されるのか)
◆サンスポの場合(全て2文字表示)
二ゴ/三安/遊直/四球
●第二打席では表示が異なる。
極端な大谷シフト(一二塁間に3選手)で二三塁間を守る三塁手が処理した。
私は一瞬の判断で、遊内野安打とブログに記載したけど…
●第三打席では2サイトの意見が一致している。

処理ミスなどのエラーが発生したら、処理していた選手のエラーとなるから、「三安」と記載するのは判るが、後にどちらの方向の打球だったのかを確認するのには、使えないデータとなる。

第三打席の遊ライナーは大谷シフトの遊撃手がライナーを捕った。
実際にどちらの方向へ飛んだのか、というと本来の二塁手が処理しているであろう打球だ。
二塁ベースの少しライト寄りに飛んでいるのだが、
かなり経ってから文字「遊ライナー」「遊直」を読むと、もう判らない。
大谷シフトもチームによって様々で、二塁ベースの少し奥を遊撃手が守るのもある。

打者の打撃データによって選手ごとのシフトがあるのだから、
ある意味で使えないデータだとも言える、困ったデータだ。
だから今日のブログでは「二直」「2ライナー」と記載した。
恐らく自分でも一貫していないかも…
posted by yumenoya at 10:24| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2018大谷翔平選手の詳細な投手成績(8/31現在、ESPNサイトのデータ)、投手復帰は9/3《画像の追記》試合ごとの成績表

先日、ESPNというデータサイトを知り、
色々な面白いデータがあったので、次をアップした。
◎データサイトESPNによる大谷翔平選手の打撃成績(得点圏打率、対左腕打率など)、勝負強さも判明!!***8/30
http://yumenoya.seesaa.net/article/461382757.html

今日8/31、大谷選手の復帰登板が9月3日(月曜9:05)の敵地アストロズ戦に決定
そこで、今度は大谷選手の投手成績について
データサイトESPNの面白そうなデータを選び、また表を作った。
投手編は縦に長くなるので、二つの表に分けた。
★ESPN.com(大谷翔平投手成績)(▼でBattingとPitchingの年号で切り換え選択)
http://www.espn.com/mlb/player/splits/_/id/39832/type/pitching
(表の項目が英語なので戸惑うけど、日本語表記にしてあります(並記))
(類推で訳したのもありますが、これ以外の意味は無いだろう…)
2018大谷翔平選手の投手成績》※左クリックで拡大、拡大画像の上で右クリックしたら画像保存ができます
2018大谷翔平選手の投手成績.JPG
2018大谷翔平選手の投手成績その2》※左クリックで拡大、拡大画像の上で右クリックしたら画像保存ができます
2018大谷翔平選手の投手成績その2.JPG
大谷投手の実績はまだ9試合49回1/3と少ないですけど、
データは何らかの過去の傾向を示しているであろう


日本のプロ野球だと、投手個人成績表で勝率を結構重視している。
ところが、ESPNのデータ表に「勝率」という項目はそもそも無い。
アレっ!?で思い出したのは、次の記事
こんな考え方が主流だから、「勝率」は重要な指標では無いと…
★MLBに異変「オープナー」制で勝利数の重要性低下***日刊スポーツ8/27
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/mizutsugi/news/201808270000519.html
「勝利数の死」「投手で最も語られるべきは、失点をどれだけ防いだかということだ」

防御率は、敵地よりも本拠地、ナイトよりデーゲームが良い。
9/3の復帰戦は、「敵地」「ナイト」と防御率では悪い方だ。
でも大谷くんは観客が多い方が燃えるだろうから、現地の日曜が向いている

(今、ESPNの元データを確認したが、曜日別データは無し)

左右打者別で、被本塁打数は右4本、左1本と右打者が優っている。
これを失点で見ると、被打率はほぼ左右同じで、
4本塁打の右が優位に思えたが、与四球が格段と多い左打者での失点が多くなったようだ。

走者の状況別の被打率は、走者無し0.221、走者有り0.169と
ランナーを背負った方が熱くなっているようだ。
ただ、打席数の少ない「走者有り」が、被本塁打数も与四球数も優っている。
「走者有り」の方がより緊張している表れなのだろう。

打者の巡目別では、ヒットの多い1巡目の失点と被本塁打数が多い。
(追記:巡目別で)
エンジンを始動して軌道に乗るまでの1巡目は少し打たれ易い、
軌道に乗った2巡目はかなり抑えている
が少し疲労して来た3巡目はまた少し打たれ易くなる…ということか??

打者の打順別にみると、ボルテージが上がるのか
肝心な2番、3番、4番の被打率を低く抑えている
斬り込み隊長の1番バッターはさすがですが、
被安打数の多いのは、6番>1番、5番>9番
失点の多いのは、どちらも2本塁打で、7番>9番
打たれたくない、抑えようと一番思う2番、3番、4番
その反動が下位打線で緊張度が少し緩むのだろうか…

試合を大きく左右することがあるのは本塁打
私の調べでは、被本塁打5本で9失点
その内訳は、ソロ2本、2ラン2本、3ラン1本



9/3は首位アストロズの打線を相手にどんな投球を見せてくれるのか
ケガから復帰した投手の目安は50球(※下記で追記のニュースがあり、70〜80球程度らしい??)
無事投げ終えてくれるのか
そして思い通りに抑えることはできるのか
いつもやっていた試合中の軌道修正はうまく行くか
3か月という長い実戦のブランク
エンゼルスの野手の皆さん
打線と守備とで大谷投手の援護をお願いしますよ
特にまだ本番で受けた経験の無いアルシア捕手
切れ味の鋭い変化球を後逸しないように…特にスプリット

MLB登録では先輩になる年下の大谷投手がリズム良く投げれるように…
日本では捕手を投手の"恋女房"とも呼びます
投手に惚れて気持ち良く投球させて、それを受ける、
その能力を引き出すのは"恋女房"の腕、
時にはタイムでマウンドへ行き、雑談で熱くなった旦那の頭を冷やすのも"恋女房"の役目

復帰はするけど、復活したと云えるのは、投球の結果次第

上手く行かなかった時は、次回の登板があります
焦ることは無い
-----------------------------------------------------------
《追記》
★大谷3日復帰登板70〜80球程度「頑張りたい」***日刊スポーツ9/1
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201809010000178.html
「前回登板の内容を考慮すれば、球数は70〜80球程度に制限される見込みだ」
※誤解していた。50球が目安だという記事を読んだ記憶があったけど、あれは実戦方式練習での球数だったのかな!?

《画像の追記》私が整理している試合ごとの投球成績(サンスポのデータ)
◆◎2018大谷翔平くん投手成績
2018大谷翔平くん投手成績.JPG


posted by yumenoya at 00:14| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする