2018年06月02日

★2018MLBオールスターのネットファン投票にご協力を、大谷翔平選手をDHで選出し本塁打競争へ、投票は7/6まで

Full-countによるとDHでは「マルティネスが頭一つ抜けている」とのこと。
大谷翔平選手がDHで選出されたら、辞退者が多いというホームラン競争も!!

今日やっと下記の投票アドレスが判明した。(投票方法についての知恵袋は少し下でリンク)
https://www.mlb.com/all-star/ballot
左側欄がア・リーグのコーナーで、
まずDH(Designated Hitter)で大谷翔平選手の◯をクリックして選択
他の野手も全員エンゼルス選手(赤い帽子はLAAだけなので迷わない)を選択
ナ・リーグは判らないので、何も選択せずに無視
「Review & Submit」をクリックで画面が替わり
メールアドレス、パスワード郵便番号、画面乱数などを入力
(6/10追記:「パスワード」と思い込んでいましたけど、エラーも出ずに通っていました)
最後に右欄「Submit your Vote」をクリック
(また同じ画面が開いて乱数画面だけが変わっていたので、
これは失敗したのかな、と思い、同じ作業を何度も繰り返したけど、
ちょっと変だぞと考え、暫し休む。
するとMLBから2通のメールが届いていた。Google翻訳の和訳では、
「最大35回投票してください。 24時間以内に最高5回まで投票することができます」
上の仕組みがスッキリはしないけど、最大35回までは、5回分まとめ投票できるということかな!?
だから同じ投票画面が何度も開いたのか!?
1日1回の方が判りやすいのに…私のように間違えたのかな、という不安は発生しない)
投票は日本時間7月6日まで
(追記:寝酒でかなり酔って次の日になってからやっと気づいた、MLBの心配りの"仕組み"。
私は投票ページをずっと探していて、開始の初日に見つかったからバンザイだけど…
世の中は様々で、ネット投票なんて知らなかったとか、やっと見つけたらもう残り少ないとか…
貴方には最大35日間(35回)の投票権利はあったのですから、24時間以内なら5回の投票を受け付けております。
少し遅れてしまった方は、お急ぎください、遅れの挽回は1日5票まではOKです。
このシステムがベストかどうかは別にして、"心配り"にはやっと気づきました。
日本風の"心配り"とは少し違う、アメリカ風"優しさ"の現れなのか!?
それとも度重なる苦情に対する単なる処理方法の結果がコレなのか!?)

大谷くんファンの方は投票をよろしくお願いします。
私は今回が初めてですけど、イチローくんも日本から沢山投票していたらしい。
全てのポジション最低二人は選ばれるのだと思いますけど、(1位以外は選手間投票など!?!?)
どうせならDHで1位選出を…
本塁打競争で打撃練習のように、思う存分かっ飛ばしてー
視ている者も爽快感でスカッとさせて…

★オールスター投票| MLB.com
https://www.mlb.com/all-star/ballot

MLBオールスター投票方法を教えてください***2015の知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14146665509
実は投票ページのアドレスが判らないものだから、検索でウロウロしていた時にこのページが…
ここに記載されていたのは2015年のアドレスでしたけど、念のためクリックしたら、
MLBはエライ、ちゃんと2018年ページに転送してくれました、なかなかの心配りです
この転送が無かったら、今もまだウロウロしていたと思う。
ファン投票についてのネット記事サイトがアドレス紹介の告知記事もちゃんと書いてくれれば…
MLBのトップページにはそれらしいのが見つからないし、日本語のMLBジャパンにも告知記事無し。
ネットマスコミも日本のMLBも、みんな不親切だよー!!!!
知りたがっている人が日本にたくさん居るだろうことが判らないのかねぇー

途中追記
★大谷翔平、球宴選出の可能性は? 米メディア予想、打者は「対抗」も投手は…***Full-count6/2
https://full-count.jp/2018/06/02/post134858/
「各球団から最低1人が選出されるルールになっている」という初めて聴いたのが選出の足枷になる可能性が…!?
何だか選出ルールが複雑過ぎる…
投打の二刀流での選出は望まない、ホームラン競争さえ視れたらそれでファンは満足なんだけど!!
「最終的に、私の最後の選択はオオタニだ。彼をチームに入れないなんてことが可能なのか?」
「上記のシナリオを想像してほしい。もしも、我々がスネルをフィットさせなければいけないとするならば、オオタニをはじき出すことになるかもしれない」
私は本塁打競争に参加さえできれば他に何も要らない、何でもOKだけど…
今の選出ルールだと来年もまた大谷取り扱いで困るのであれば、ルールは変えましょう、来年に向けて
もし今年のDH選出に上の記者発言のような難題が立ちふさがるのであれば
ラストの選出儀式である最後の一人選出ファン投票5人?枠にオオタニの名前さえあれば、
日本のファンはこぞって投票キャンペーンを張るであろう。
二刀流での最初の選出なんていう名誉なんかよりは
まずホームラン競争でかっ飛ばすこと
その次が投手としての未体験の強打者との対決
だからDHで1位通過さえ出来たら、本塁打競争も当確に近いように思う、
何せ要請されたら大谷くん、期待にワクワクして絶対断りませんから
DHの中間発表の票数によっては、マスコミが音頭を取るような何らかの動きが必要となるのかも
(日本野球ファンという組織票はイチローの時以上に動く、私だってMLBのファン投票は大谷くんが初めてなんだから)
(イチロー選手の倍は軽く動くでしょう、知らない選手だけれど"打倒マルティネス"と投票では唱えることに…)

-------------------------------------------------
《オールスター関連記事》
★MLBオールスター2018の日程やファン投票の方法と中間発表は?放送予定も調査!***MLB侍(2018/2/23→5/23)
https://mlb-samurai.com/mlb-all-star-2018
「日本時間で7月18日(水)の9:00」
「ワシントンD.Cにあるナショナルズ・パーク」
「野手ファン投票開始日(現地時間) 2018年6月1日」

★MLBオールスターゲーム***ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/MLB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
◆選出方法
「公式投票用紙、インターネット(パソコン)から投票」
「ファン投票選出は投手を除く各ポジションにつき1位選手ずつ(但し外野手は3位まで)」
「後日発表の投手を含む関係者の投票と監督推薦(前年度リーグ優勝監督が担当)を併せて両チーム32名ずつ(計64名)がメンバーとして登録」
「5人の候補の中から「33人目の選手」を選ぶファン投票(インターネット投票)を行い、両チーム33名ずつ(計66名)がメンバーとして登録」
◆試合方式
「2010年からはア・リーグ、ナ・リーグの球場を問わず指名打者制を採用」
「9イニングで決着がつかない場合は延長戦を原則として決着がつくまで行う」
◆諸記録>打撃部門>本塁打
「ランニング本塁打は2007年にイチローが初めて記録した」
MLB本塁打競争
「出場選手は基本的にオールスター出場選手の中から選ばれるが、辞退者などがある場合この限りではない」
「オールスター出場選手の中からさらに8人を選抜して、本塁打の本数の合計を3ラウンドで競う。まず第1ラウンドを行い、本数上位4選手が第2ラウンドへ進む。第2ラウンドでは前ラウンドとの合計本数を争い、上位2名が決勝戦に進む。決勝戦はそれまでのラウンドでの本数は関係なく、決勝戦の本数だけで争う」
「本塁打以外は全てアウトと計算し(ファウルや空振りもアウトになる。ただし「見逃し」は許されていて好球が来るまで待つことができる)、1選手1回の試技で10アウトになるまで打つことができる」
◆フューチャーズゲーム
「オールスターゲームの前々日に同じ球場で行うマイナーリーグ版オールスターゲーム」
「出場選手はマイナーリーグから選抜され、「アメリカ合衆国出身選手選抜」と「世界選抜」の2チームに分かれて対戦」

★大谷、球宴ファン投票はDHで登録 二刀流出場の可能性は?
https://www.daily.co.jp/mlb/2018/05/23/0011282531.shtml

エンゼルスの大谷翔平選手(23)が、7月17日(日本時間7月18日)にワシントンで開催されるオールスターゲームのファン投票(6月1日開始予定)に指名打者として登録
球宴の出場が注目される中、エンゼルス関係者は「大谷はファン投票の指名打者部門に登録されている」と証言。メジャーのファン投票は日本とは異なり、投手部門がなく、投手は選手間投票と大リーグ機構に推薦で決まるが、選手間投票もファン投票同様、指名打者として登録しているとみられ、「投手での出場は大リーグ機構次第」(同関係者)と投手としての可能性は否定しなかった。だが、大リーグの球宴は年に1試合だけのため、指名打者で選出された場合でも日本のような二刀流での出場は難しい状況
MLB関係者によると、ファン投票は6月1日から開始予定。例年の5月初旬より1カ月遅らせたのは「ファンに判断の時間を与えるため」と説明。ア、ナ各リーグの登録メンバーは32人で野手20人、投手12人となる可能性が高い。32人目の選手はこれまでどおり、「ファイナル・ボート」と題し、5人の候補からインターネット投票で決定される

★大谷、球宴ファン投票 DH部門のライバルはスタントン、マルティネスら***デイリー5/23
https://www.daily.co.jp/mlb/2018/05/23/0011282528.shtml

★大谷 球宴ファン投票にDH登録 イチロー以来両リーグ最多得票いける***スポニチ5/24
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/24/kiji/20180523s00001007363000c.html
▽大リーグ球宴ファン投票選出方法 先発野手を選ぶファン投票は例年、5月下旬〜6月初旬に開始。15年からは球場などで配布される投票用紙に書き込む形式がなくなり、全てインターネットによる投票となった。大リーグ公式サイト内の専用ページから投票するもので、日本など米国以外からも同様の方法で行う。ファン投票以外の投手と野手は選手間投票、大リーグ機構推薦で選出。最後の1枠は両リーグ5人の候補から1人ずつ、ネット投票で決める。日本と異なり、球宴は1試合だけの開催となる。

★大谷、大量得票も夢じゃない MLB担当記者が期待***日刊スポーツ5/24
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805240000134.html
メジャーの球宴ファン投票は、インターネットで見たい選手に1人35回まで投票できる仕組み

★大谷に「球宴リアル二刀流問題」浮上***東スポWeb 5/24
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1017046/

★米で賛否両論!大谷翔平はホームランダービーに出るのか?!***サンスポ5/24
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180524/mlb18052413000010-n1.html
「昨年のアーロン・ジャッジ(ヤンキース)のように後遺症(後半の不振)があるかもしれない。あれだけ(投打)いろいろやっているのに、今度はホームランダービーに出場させるって? 冗談だろ? 絶対ない!」という反対意見も
「メジャーのオールスターではファン投票の対象は先発野手のみで、投手と控え野手は選手間投票、監督推薦などで決まる。大谷は指名打者(DH)として投票用紙にノミネートされる見通しだ」
「試合の前日に行われる“前夜祭”が本塁打競争。試合のスタメンはファン投票で選ばれた選手だが、本塁打競争の出場選手はファン選出ではない。基本的にはオールスター選出プレーヤーの中から選抜されるが、所属チームは出場する主力選手をできれば休養させたい…など、さまざまな“思惑”があり、なんでこの選手が出ないの? ということも少なくない。」

球宴本塁打競争を大物が続々辞退 大谷に期待***日刊スポーツ5/25
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805250000180.html

ファン投票はDHで 大谷の“球宴スタメン”を左右する組織票***日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/230292
「大リーグ公式ホームページには日本語での投票サイトもあるため、これまで日本人ファンの得票の恩恵を受けた選手は少なくない。10年連続出場のイチローには毎回、少なくとも70万票近い日本の組織票があったといわれる」

★DHで球宴ファン投票候補入りの大谷翔平、異例の“二刀流選出”へライバルは?***Full-count6/1
https://full-count.jp/2018/06/01/post134509/
「マルティネスが頭一つ抜けている」
「左翼21試合、右翼4試合、そしてDHが29試合。打率.317、18本塁打、47打点」
-----------------------------------------------------------------
《6/5追記》
★大谷 米球宴で投打プレー待望論***東スポWeb 6/5
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1029640/
「DHとしてファン投票、投手として選手間投票などで選出される以外に本塁打競争の出場も期待される」
「大谷は本塁打競争に「機会があれば光栄なこと」と話している。どうなるか」
-------------------------------------------------------
《6/6追記》「エンゼルスタジアムでの大谷のフリー打撃は“初体験”」
★大谷翔平、脅威のフリー打撃にエ軍OBも驚愕 「凄まじいバットスピード」***Full-count6/6
https://full-count.jp/2018/06/06/post135710/
「彼は6フィート4(身長193センチ)、200ポンド(体重92キロ)。すらっとしていますが、バットは強烈です。ストライクゾーンで凄まじいバットスピードを見せます。時速60マイルの打撃練習のボールをですよ。非常に感銘を受けましたよ
「左右で打席は違えど、豪快なスイングに共通点を見出したハドラー氏だったが、大谷とウィンフィールドの体格の違いから驚きを募らせている」
こういう記事を読むと、"本塁打競争"を是非とも…
posted by yumenoya at 16:41| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2018-6-2大谷翔平くん5番DH(ネット観戦)先制◎2点◎2◎2、完封勝利《動画》《二塁打/四球/見三振/2ゴロ》

長かった10連戦の転戦ロードは4勝6敗
その前のホーム11連戦も4勝7敗
今2連敗で30勝27敗と貯金はたった3のみ(162試合)
レンジャーズとは敵地で3連勝中だがエンゼルスは本拠地試合にちと弱い…
大谷くんは5/28のヤンキース戦以来の久しぶり打者
(※次回登板予定は中6日で7日(木/11:07/ホーム)ロイヤルズ戦)

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦には必須)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018060212
★今日のネット無料中継は?? (ここが一番見慣れたので、広告も少ないし)
http://www.speedsports.me/mlb/530267/h

《エンゼルスvs.レンジャーズ(11:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(DH)大谷(17)(※3試合連続無安打、4四球だが今日は快音を)
6(遊)シモンズ(2)
7(三)バルブエナ(18)
8(捕)マルドナド(12)
9(右)Cヤング(24)
先発投手/バリア(51)
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆レンジャーズ先発/最年長45歳のコローン(右腕/2勝2敗/防御率3.55)

(※ネット観戦のブログ投稿記事を軽量化)
《大谷くん打撃がメイン》(前後の打者成績+チームの得失点動き)
◆1回表《三者凡退》(スタートは良し)
◆1回裏1outトラウト左翼線二塁打→アップトン空振り三振→プホルス2ランHR◎2点大谷右中間二塁打→シモンズ中飛《◎2対0》(5月25日ブルージェイズ戦以来の快音!!/打球は時速163.7キロ)
◆2回表1out右前安打→中飛→右中間二塁打2out32塁→空振り三振
◆2回裏バルブエナ右翼線安打(フェンス跳ね返りが良すぎて単打)→マルドナド見逃し三振→Cヤング見逃し三振→キンズラー2ランHR◎2点→トラウト3ゴロ《◎4対0
 (※昨日というか昨夜(今朝)のブログに引用した"喝"記事が少しは効いているのかな!?)
◆3回表左翼線二塁打→3ゴロ→空振り三振→ゴロ
◆3回裏アップトン中前安打(強烈ライナー二塁手はじく)→プホルス左前安打0out21塁→大谷3・1から四球0out満塁→シモンズ左前安打◎1点→バルブエナ三振1out満塁→マルドナド2ゴロ◎1点2out32塁→Cヤング3ゴロ《◎6対0
◆4回表《三者凡退》
◆4回裏1outトラウト右前安打→アップトン右飛→プホルス左飛
◆5回表《連続三者凡退》
◆5回裏先頭大谷fullから見逃し三振→シモンズ投ゴロ→バルブエナ空振り三振《三者凡退》
◆6回表1out左翼フェンスぎわ捕れず二塁打(上空は風が!?)→三直2out2塁→四球2out21塁→空振り三振
◆6回裏マルドナド中前安打→Cヤング左前安打0out21塁→キンズラー三振1out21塁→トラウト一邪飛2out21塁→アップトンfullから四球2out満塁→プホルス遊ゴロ
◆7回表(投手交代)《三者凡退》
◆7回裏先頭大谷2ゴロ→シモンズ投ゴロ→バルブエナ空振り三振《三者凡退》
◆8回表右前安打→遊ゴロも併殺ならず→中前安打1out21塁→併殺
◆8回裏マルドナド右飛→Cヤング捕邪飛→キンズラー一飛《三者凡退》
◆9回表中前安打→見逃し三振→ストレート四球1out21塁→二安打(ゴロを止めただけで)1out満塁→(投手交代)2ゴロ併殺〆
(※2塁への走者オドルが併殺防止で足蹴りスライディンクしたので(ビデオで確認したがその所為で1塁への送球が逸れるところだった)揉め両軍2塁ベース近辺に集合(これについてのネット記事はダイジェスト動画の下に))
◎6対0で勝利
《大谷DHの本日成績:3打数1安打1四球1三振》
★2018.6.2 大谷翔平 5番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs レンジャーズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=0eiInodVPUw

★エンゼルス大谷、メジャーで乱闘初体験!?試合終了も両軍がベンチ飛び出す***スポーツ報知6/2
http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180602-OHT1T50101.html
「二ゴロ併殺打に倒れ試合終了。しかし、一塁走者のオドルが二塁に入った遊撃手シモンズにめがけてスライディングに行き、交錯したため、球場は一時騒然となった。当事者を中心に二塁ベース付近に両軍選手が集まり一触即発の状態になった。」
(ビデオで確認しましたけど、倒すつもりで膨らんだスライディング。送球がもっと逸れて併殺が不成立だったら乱闘か!?というシーン)
baseballking6-2.JPG

★【5番DH 全打席全球】大谷翔平選手 Shohei Ohtani At Batt vs Rangers 2018 06 01
 (※スタンドかなり上からの撮影、新鮮でズームには迫力もある)
https://www.youtube.com/watch?v=OmEPIlWcm5U

(この動画で判った。四球で外した手と足のガード?とバットとを取りに来たボーイ?にちゃんと手渡ししていた!!優しいねー)
(そうそうバットをまず大事なモノを扱うようにそうっと置き……ボーイ?にはわざわざそのバットを拾って手渡し…)

★大谷翔平、響いた復活の轟音 “生まれる前から現役”の45歳から164キロ超速打***THE ANSWER6/2
https://the-ans.jp/news/24973/
「14打席ぶりの安打は現役最年長コロンから弾丸ライナーの右中間二塁打」
今日憶えた言葉「スタンディングダブル」、スライディングをしない立ったまま悠々の二塁打のこと

《追記》日本ハム戦(対中日第二戦)
途中までネット動画を視ていたが、あの近藤くんがスタメンじゃないので、視聴は中止した。
でも次のシーンは凄かった
★日本ハム大田“神走塁”生還、体ひねりタッチ交わす***日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806020000751.html
「初回1死二、三塁の場面。5番横尾が放った二ゴロで三塁走者の大田は本塁へ突入。タイミングは完全にアウトだったが、巧みに体をひねってのスライディングで中日の捕手・大野奨のタッチを交わして左手でホームに触れた。
 中日森監督はリクエストでリプレー検証を要請したが、判定は覆らず。三塁側ベンチで待機していた大田は大喜びしていた」
ビデオ検証の最中に、3カメラかな、何度もビデオを再生していたが、どうも捕手のミットを巧みに躱してベースにタッチ!!
この記事を読み、忍者ですねーと思いながら
接続したままの「一球速報」を確認したら、同点の5回裏、その大田くんに勝越しソロホームラン!!
「一球速報」によると7回裏に日ハム打線爆発
あの大田くん併殺打で2outになってからドラマは始まった
2out3番レアードソロ◎1点→中田◎1点ソロ(連弾)→横尾四球→杉谷二塁打→岡死球満塁→鶴岡走者一掃二塁打◎3点も(32塁間か)挟まれアウト
この◎9対3で終了し勝利
デイゲームで西武は阪神に負けている。巨人とオリックスは延長中だが…(追記:12回オリックスのサヨナラ勝ち)
これでゲーム差無しで西武に並んだ、正式にはまだ不明だが!!
★【動画】ファイターズ・大田選手・鶴岡選手ヒーローインタビュー 2018/6/2 F-D
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/698578/
(インタビュー動画によると宮西投手の誕生日だそうです、鶴岡によると3塁狙って挟まれたようだ)
鶴岡捕手が当たっています。
ダルが渡米した年だったと思うが、打率3割の鶴岡にツイッターで「それは無いだろう!?」という驚きの発言があった!?
★【動画】6/2 ファイターズ対ドラゴンズ ダイジェスト
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/698579/
---------------------------------------------------
《6/3追記》
★【試合終了なのに乱闘⁉】大谷翔平選手 Shohei Ohtani Game Set vs Rangers 2018 06 01
https://www.youtube.com/watch?v=J1frh1ha6DU
posted by yumenoya at 11:07| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★エンゼルスの現在順位とワイルドカード、大谷翔平選手、そろそろエンゼルス独自の起用方法を模索する段階に…《6/6追記》ワイルドカード争い順位表

大谷翔平くんは一流の打者・投手と対戦することを楽しみに、もっと強くて大きな投手&打者となることを願ってMLBに来た。
エンゼルスは優勝争いに必要な選手として二刀流・大谷翔平をゲットした。
その点で両者の利害は一致しているはず。
今のエンゼルスには開幕ダッシュで西地区1位だった勢いは無い。
投手陣の故障者、少し湿っぽい打線
現在西地区ではゲーム差5.5の3位に付けている。

大谷ファンとしては、エンゼルスが優勝争いに絡むことを願って、チームを応援している。
日本ハムのファンとしては、今2位に付けている快進撃に快哉しているが、
昨年5位だったから、最低限3位を確保して、クライマックスシリーズへの進出が願いだ。
4位以下だと、他チームによるクライマックス、日本シリースを視ることとなってしまう。
つまり日ハムが4位以下の年は、クライマックスの開催前にそのシーズンは既に終わってしまう。

今のままだとエンゼルスにはその可能性が高まっていると危惧している。

大谷くんを追いかけて来たMLB観戦の1年生としては、
MLBの複雑な優勝争い仕組みを理解したとは言い難いが、
◆「レギュラーシーズン」
現在戦っているのがこれで、162試合で西・中・東地区ごとの優勝を決める(優勝チームは地区シリーズへ進出)。
次に始まるのが日本方式に比べると結構長い
◆「ポストシーズン」
■「ワイルドカードゲーム」(歴史は浅く2012年から導入)
地区優勝しなかったリーグの勝率上位2チームによる地区シリーズ進出を賭けた1回勝負
■「地区シリーズ」
優勝3チームとワイルドカードゲーム勝者の4チームによる5回戦制で3勝先勝した2チームがリーグ優勝決定シリーズに進出
(※個人的な感想としては、これをリーグ優勝を決定するシリーズにしたらもっとスッキリし試合数も減るのに…)
■「リーグ優勝決定シリーズ」(7回戦制、4勝先勝でワールドシリーズに進出)
■「ワールドシリーズ」(7回戦制、4勝先勝でワールドチャンピオン)
(※長い「ポストシーズン」の投手は一番大変そうだ)
(※二刀流大谷ならば、足もあるから、八面六臂の起用となるだろう)

今目先で心配すべきなのはエンゼルスの最近の戦績だ!!
6/1現在の勝敗は次表のようになっている。
ア・リーグ順位6-1.JPG
ア・リーグ西地区で優勝出来れば御の字だけど、
ただ今、西地区で3位というのが現実で、
ア・リーグ1位チームを除いた勝率上位チームは
ヤンキース.673、マリナーズ.607、エンゼルス.526と
「ワイルドカードゲーム」の視点では3位に位置している。
162試合中のたかが57試合が終わったばかりだと"安穏"としては居られない。
こんな流れで進んだならば「ワイルドカードゲーム」も覚束ないまま、
「レギュラーシーズン」だけで今シーズンは終了…という弱気が最早チラチラしている。

最近の記事から
★投打に活躍する大谷が周囲に与えるジレンマ 米メディア指摘「欠点は…」***Full-count5/30
https://full-count.jp/2018/05/30/post133767/
「チームがオオタニをもっと使いたくなり、彼が貢献できる上限を試してみたくなるのかどうか」
★大谷翔平はプレーオフの切り札!? 元GMが現在の慎重な起用法に理解示す**Full-count6/1
https://full-count.jp/2018/06/01/post134449/

私には、慎重になっている余裕は無く、もっと切迫している!!と感じている。
何かのテコ入れをしなければ…

次のような記事もあった
★大谷翔平の起用は打者を基本に考えるべき!? 米データサイトが提言***Full-count5/30
https://full-count.jp/2018/05/30/post133970/
「エンゼルスは少なくとも対右投手の場面で彼をもっと打席に立たせる必要がある」
★米メディアも大谷をもっと見たい!? 「いつになったら手綱を緩めるのか?」***Full-count5/30
https://full-count.jp/2018/05/30/post133708/
「二刀流のスターに対する保守的なアプローチはすでに勝利を犠牲にしている…」

エンゼルスは日本ハム方式を踏襲して"慎重な起用"を続けているが、
ケガを一番心配している大谷ファンとしては有難い事だけれども、
今年の優勝争いレースに参加続けるのであれば、
そろそろエンゼルスは独自の起用を模索する段階に入っていると思う。
もっと勝率をアップしないと「ワイルドカードゲーム」も遠ざかってしまう。
ケガを誘発するような危険な酷使の起用は困るが…
日本ハムの奇抜な起用にも臨機応変で対応し、結果を残して来た大谷選手!!
少しぐらいの事じゃ動じないし、より燃えるタイプだ。
大谷にギアが入るのは何も投手だけじゃ無い!!

今までのは二刀流起用方法の一例にしか過ぎない事を一番知っているのは大谷本人!!
そして球団に応急処置が可能なテコ入れアイテムは、"大谷"しか浮かばない…
"大谷"ならば、起用で色々な選択肢が可能であり、
それを試すしか今のエンゼルスに道が無いのが現状では!?
と、ド素人は妄想するのでありました。
"野球少年"のまま成長した"野球オタク"の努力のヒトが大谷くん
引き出しが豊富で底の知れない人物って、一種の"天才"だー
その"大谷"に賭けてみましょうよ!?
それが失敗したとしても、"大谷"への評判が落ちるだけ…
でもそんな些細な事は気にせずに、すべてを糧として黙々と進むのが大谷くんのモットーですから

(ちょっと酔って来たが朝のDHの鑑賞は大丈夫か??)
大谷起用の理想形は打撃(DHか外野手)で打ってリードしてから、クローザーで登場して〆る
これじゃ野球漫画になってしまうけど
その漫画が"大谷"ならば…と酒を呑むと日本ハムの時から妄想している
あの成功例もあるけど…あれはあくまであの一度だけの特殊例
エンゼルスにはそんな前例の歴史を塗り変えるチャンスが眼前に拡がっている
物怖じしない大谷くんが居る
さあエンゼルス、どうする!!

(酔っぱらいの更なる妄想)
先発しても継投陣を頼りにできない…
守護神の不在による大逆転敗北の試合もたくさんあった
いっそ勝ち流れ試合の8・9回には打者から変身してストッパーに…(9回だけでは不安)
ただ問題は誰も知らないよー
そんな打者から投手に変身する試合毎のウォーミングアップって…
誰もやったことないよー、でもそれに対応するしか無い!?!?
---------------------------------------------------------------
《翌朝、素面での追記(あの特別の1回の経験はあるけど)》
◎2016/10/16パCSファイナルS(日本ハムvsソフトバンク)9回表DH解除大谷投手が決めた!!
http://yumenoya.seesaa.net/article/442850739.html
あれはあくまでも日本シリーズ進出を決める最終投手に大谷が一番相応しいという"御祝儀"起用なので、参考にはならない。
2勝2敗の最終戦、3番(DH)大谷→9回表(7対4)DHを解除しての交代で大谷投手(新記録165キロも出て三者凡退の〆)

今朝のニュース
★大谷&トラウト&シモンズ以外も奮起を…米メディアがエンゼルス野手に“喝“**Full-count6/2
https://full-count.jp/2018/06/02/post134499/
「エンゼルスがプレーオフにたどり着くためには、スター選手を支えるためにキンズラーやコザート、カルフーン、ヤング、バルブエナからの更なる手助けが恐らく必要になってくる」
“喝“ぐらいで簡単に変われるものならば、「恐らく必要になってくる」という他人事の記事で済むけど…
今の大谷起用方法を変革するぐらいの荒療法でないと、打線のカンフル剤にはならない。
------------------------------------------------------------------------
《6/6追記》
ワイルドカード争いの全地区順位表が「レギュラーシーズン」の下欄に掲載されていた
★MLB - 順位表 - スポーツナビ
https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/standing/
posted by yumenoya at 00:49| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする