2018年05月11日

★パックンが日本の"お笑い"笑芸で語った、家系図データベースと犯罪捜査、《追記》日本ハムは連夜の延長戦(清宮犠飛阻止)

パックンの文章を読むのはこれが初めてかも知れない。
書き言葉でもしっかり読者の笑いを獲っているから、
不自由な日本人よりは達者なものだ。
最初のアメリカ目線からの変遷も面白い。
数年後にまた変化についての続編を…
★パックン、「忖度の国」日本のお笑いを本音で語る***Newsweek5/11
https://www.newsweekjapan.jp/pakkun/2018/05/post-35.php

これはタイトルだけで気になり、ちょっと長かったけど読んだ。
★40年以上未解決だった性的暴行事件が、4ヵ月で解決した驚きの理由***現代ビジネス5/11
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55605
「米カリフォルニア州で、40年以上も未解決となっていた連続殺人・性的暴行事件があった。これに対し、同州の警官が最近、ブームになっている遺伝子検査に基づく家系図データベースを捜査に導入したところ、僅か4ヵ月で容疑者が逮捕され話題となっている」

日本で生活していると「遺伝子データベース」と云われてもピンとは来ない。
「遺伝子検査」なら、親子関係の確認方法として話題になったり、
遺伝性疾患リスクを判定する手法にもなることを割と最近知った。

「警官らは2017年末、GEDmatch上に偽のユーザー・アカウントを作って、ここに過去の事件現場から採取された中でも、最も保存状態の良かった犯人のDNAサンプルを登録した。これをGEDmatchの家系図データベースと照合することで、1800年代に生存していた、犯人の5代前に当たる先祖(great-great-great grandparent)を探し出した。

ここから警官達は「家系図専門家(genealogist)」の助けを借りながら、この先祖から分岐した多数の子孫たちを虱潰しに探索していった。その過程で過去の新聞記事、国勢調査、住民の死亡記録など、多種多様なデータと照合しながら候補を絞り込み、ついに今年4月、容疑者と、その現住所を探し当てた。」

未解決だった犯罪事件の捜査に、家系図データベースが使われ、
実際の逮捕に繋がったというこの記事には、驚かされました。
まるで小説や映画、テレビドラマといった創作の世界のよう…

犯罪学とか遺伝学とかの本で、犯罪家系一族のことが話題になっていた記憶があるけど、
犯人と遠い縁戚関係にある複数の人が自分の血筋に関心を持って検査を受け、
それらが家系図データベースに登録されていたということか…!?
犯人したら正に青天霹靂!!!!

《追記》日本ハムは連夜の延長戦
昨夜のオリックスは敵地で延長サヨナラ負け
今夜のソフトバンク戦も敵地で延長に突入
久々にスタメンだったレアードのソロホームランが決めました。
でも一番印象的だったのは次の清宮幸太郎の守備シーン
★動画【5回裏】「レフト清宮」 ファイターズ・清宮がプロ初補殺を記録!! 2018/5/11 H-F
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/678813/
慣れないレフト守備で、浅いフライでのタッチアップ勝越しを許すまじという本塁への好送球でoutに!!
あの大谷翔平くんもライトから3塁へのレーザービームで鮮烈デビューをしました。
外野を守るのなら捕殺のできる肩が欲しい。
その意味で他チームに対するご挨拶にはなったでしょう。
勝越しされそうなヤバイシーンは、これ以外にもたくさんあったけれど…
★日本ハム・清宮、左翼からの好返球で犠飛阻止 「さすがに走らないと…」***Full-count5/11
https://full-count.jp/2018/05/11/post128494/
「前進しながらこの打球をキャッチした清宮。浅い飛球だったが、清宮が外野に不慣れなところも考慮したのか、三塁走者の今宮は果敢にホームを狙った。「さすがに走らないと思いましたけど、準備はしていたので」。打球をキャッチし、すかさずステップを踏むと、本塁へスローイング。送球はワンバウンドで捕手の清水のミットに収まり、今宮を刺してみせた」
posted by yumenoya at 18:04| Comment(0) | 笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2018-5-11大谷翔平くん5番DH(ネット観戦)◎2点◎2▲3▲1(同点)+◎2◎1、《YouTube動画》☆“驚走り”二塁打!!《空三振/中二塁打/左飛/ソロHR》

5/5(土曜)以来のスタメンDH
5/9〜10は代打で2打席、5/10にはセンター前初安打

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018051108

《エンゼルスvs.ツインズ(11:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(三)コザート(7)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(DH)大谷(17)
6(遊)シモンズ(2)
7(二)キンズラー(3)
8(右)カルフーン(56)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/リチャーズ
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆ツインズ先発/ベリオス(右腕)

(※ネット観戦のブログ投稿記事を軽量化)
《大谷くん打撃がメイン》(前後の打者成績+チームの得失点動き)
◆1回裏コザート死球→トラウトストレート四球→アップトン3ゴロ併殺2out3塁→プホルス遊ゴロ
◆2回裏先頭大谷S(見)BS(空)から空振り三振→シモンズ中前安打→キンズラー2ランHR◎2点→カルフーン右飛→マルドナド空振り三振《0対2◎
◆3回裏コザート中飛→トラウト2ゴロ→アップトンソロHR◎1点→プホルス右二塁打→大谷中二塁打◎1点(S(見)Bから)→シモンズ右飛《0対4◎》(大谷くん単打かと思ったら滑り込みセーフでした!!)
◆4回裏キンズラー3ゴロ内野安打→カルフーン遊ゴロ併殺→マルドナド遊飛
◆5回裏コザート左飛→トラウト死球→アップトン右飛(右邪飛)→プホルス遊ゴロ
◆6回表1out31塁に暴投で32塁になったと思ったら3ランHR▲3点同点ソロHR▲1点4対4
◆6回裏先頭大谷BS(空)から左飛→シモンズ右前安打→(投手交代)キンズラー左前安打1out21塁→(暴投32塁)カルフーン犠飛◎1点マルドナド左二塁打◎1点→コザート四球→トラウト3ゴロ《4対6◎
◆7回裏アップトン3ゴロ→プホルス遊ゴロ→大谷初球ソロHR◎1点(5号)→シモンズ左二塁打→キンズラー左飛《4対7◎
◆8回裏カルフーン中飛→マルドナド左前安打→コザート3ゴロ併殺
◆9回表空振り三振→四球→右飛→空振り三振〆
◎7対4で本拠地4連戦を勝利でスタート
《大谷DHの本日成績:4打数2安打(二塁打&本塁打)2打点1得点1三振》
(こんなに当たってイイのかしら!?)

★大谷翔平 ホームラン 5回目 5/10/2018- Shohei Otani Home Run – Angels vs Twins | C Highlights
https://www.youtube.com/watch?v=7qnAjucYA7E

★2018.5.11 大谷翔平 5番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs ツインズ Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=X3JC-JFhkQM


《追記》
★エンゼルス大谷、高速二塁打 二塁到達タイムは今季チーム最速8・07秒***スポーツ報知5/11
http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180511-OHT1T50131.html
「単打を二塁打に変えた。打球は右翼・ケプラーの右横へ飛んだ。それでも、全力疾走と持ち味の大きなストライドで二塁ベースへ滑り込んだ。スタットキャストによると、二塁ベースまでの到達タイムは8・07秒。これは今季チーム最速だという。また、打球速度は111・4マイル(約179・3キロ)だった」

この時のことはブログ記事には「大谷くん単打かと思ったら滑り込みセーフでした!!」と記してある。
かなり経ってから上の動画ダイジェストを視たら、その時のことを思い出しました。
当たりが良かったので、これは1塁止まりだな、と思った。
中継画面は得点の本塁シーンへ行き、そこから2塁のシーンへ切り変わった…
すると右下から滑り込んで来る大谷くんが現れた、そして2塁はセーフに!!
タイミング的に2塁を狙っていないと思っていた大谷くんが突然現れたものだから驚いた!!(一瞬無謀と思った)
これが日本語中継だと大谷くんの走りを追いかけたビデオ再生が入るのでしょうけど…
もし大谷くんの走りを狙った別の動画が見つかったらアップします。
★5月11日 大谷翔平 タイムリーツーベースヒット! エンゼルス×ツインズ (別の視線が有り、やっぱり少し無謀だ)
https://www.youtube.com/watch?v=_bGpKC1SON4  ↓↓大谷くん走塁の特化動画が有り↓↓



★5月11日 大谷翔平 試合後インタビュー&全打席ハイライト エンゼルス×ツインズ
https://www.youtube.com/watch?v=MmN3Hb7bZV8


7回、5号ソロを放ち、ベンチ前でトラウトにお辞儀で祝福される大谷(AP) 
5-11_5solo.JPG
(※お辞儀パフォーマンス、エンゼルスで流行りそう…)

ツインズとの4連戦の最後5/14(月曜)05:07が先発登板の予定
すると明日5/12(土曜)11:07は当然5番DH
これだけ当たっている大谷くんを外す理由は見つからないから

★大谷が5号ソロ、圧巻の活躍に米記者唖然「そういえば彼は時々、投手も…」***Full-count5/11
https://full-count.jp/2018/05/11/post128292/
「大谷の凄まじい打撃成績を伝え、最後に「そういえば、彼は時々、先発投手もしている」と付け加えた」
中6日という週一登板だと、投手の印象は、連日の打者成績を前に薄れます

★大谷、圧巻の5号ソロ&マルチ 指揮官は絶大な信頼「簡単なことではない」***Full-count5/11
https://full-count.jp/2018/05/11/post128295/
「本人は試合後に「最初は(二塁は)無理じゃないかなと思ったんですけど、回ってる段階で行けそうだなと思ったので、送球の間にいけるんじゃないかなと思いました」とサラリと振り返った」
今日のホームランよりも、この二塁打にした打席の方が気になっている!!

★大谷の“驚速”二塁打、ジェットエンジンに喩える声も「信じられない爆発力」***Full-count5/11
https://full-count.jp/2018/05/11/post128480/
「二塁打での衝撃的な加速にエンゼルスOBら解説者が脱帽。「アフターバーナーを入れた」「信じられない爆発力」と規格外のスピードを絶賛している」
上動画大谷翔平 タイムリーツーベースヒットの“驚走り”は当分大谷くんベスト1になりそうだ!!
★5/11 大谷翔平、特大5号ホームラン&弾丸2塁打!大歓声でスタジアムが揺れる映像!(現地ファン映像まとめ)【スカッとGJ】 Shohei Ohtani ANGEL STADIUM
https://www.youtube.com/watch?v=5p66nLxgnyg (※お気に入り2塁打もファン映像が各種取り揃え)

(1塁ベースの手前で少しだけスピードを落としたが、ライト守備の動きを確認していた大谷くん)
(「コレは行けるゾ!!」と1塁コーナーを周ったら一気に加速して滑り込みセーフ!!)
(ライト守備の動きにミスがあったとも思えない、普通は2塁狙わないと思うのに…)
(一瞬の判断であれをセーフにしてしまうのだから…大谷くんの爆走りだと際どくないように思えてしまうから不思議)
《5/12追記》上の動画で初めて判った事!!
9回表の守備が終わって勝ったナインが戻ってくる時にハイタッチなどで出迎えるシーン
その先頭に居るのは指名打者の大谷くん
ナインの最後(今回は捕手)を迎えたら、今度はその後ろに続き大谷くんも出迎えられる立場に……
英語中継はココまでやってくれないので今日まで知らなかった
★【5号HRを含む2安打 全打席全球】大谷翔平選手 Shohei Ohtani At Batt vs Twins 2018 05 10
https://www.youtube.com/watch?v=W67_pG4cfyI (※コチラにもお出迎えシーン有り/お辞儀も)
posted by yumenoya at 11:13| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする