2018年04月29日

◎2018-4-29大谷スタメン外れ/マー君先発(ネット観戦)、失点▲5▲5◎1、田中9K、7回裏(9点差)で観戦はここまでとする《田中将大全球動画》

左足首捻挫のためか大谷くんの指名打者は無かった。
マー君との投打対決は延期??

昨日のホームランも捻挫もまだ起きる前の事
日曜はどういうスタンスで二人を応援しようかな…と4/25(水)に考えた
大谷くんは4打数2安打(1本塁打(マー君から))
マー君は1被弾だが勝利投手…
てなつもりでいたのだが、大谷くんがスタメンDHじゃないので、
全面的にエンゼルス打撃陣を応援します。

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042916

《エンゼルスvs.ヤンキース(10:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(DH)プホルス(5) (※通算安打2995本 達成間近!!)
5(三)バルブエナ(18)
6(遊)コザート(7)
7(右)カルフーン(56)
8(一)マルテ(19)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/リチャーズ
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
ヤンキース先発/田中将大(右腕)

(※ネット観戦のブログ投稿記事を軽量化)
《エンゼルス打撃陣と田中先発の対決がメイン》(チームの得失点動き)
◆1回表見逃し三振→中前安打→ストレート四球1out21塁→遊ゴロエラー▲1点→左翼線二塁打▲1点1out32塁→2ゴロ▲1点→振り逃げout(ビデオ検証セーフ)▲1点→みぎ左翼フェンス直撃二塁打▲1点→3ゴロ《▲5対0》(大量失点で大谷くんが居ないとなると…)
◆1回裏(田中)キンズラー(邪飛(捕と一)お見合い落とすも)三振→トラウト遊ゴロ→アップトン一飛《三者凡退》
◆2回表四球+二塁打▲1点、色々あって▲2点(投手交代)▲1点▲1点 やっと2ゴロ《▲10対0
◆2回裏(田中)プホルス空振り三振→バルブエナ空振り三振→コザート空振り三振 《三者連続三振》《投球数(Strike)K:25球(19)4K》
◆3回裏(田中)カルフーン投ゴロ(好捕/田中反応良し)→マルテfullから遊ゴロ→マルドナド四球→キンズラー右飛
◆4回裏(田中)トラウト左前安打→アップトンfullから空振り三振→プホルスfullから見逃し三振→バルブエナ空振り三振 《7K
◆5回裏(田中)コザートソロHR◎1点→カルフーン空振り三振→マルテ遊ゴロ→マルドナド3ゴロ《▲10対1》《8K
◆6回裏(田中)キンズラー3ゴロ→トラウトストレート四球→アップトン空振り三振→プホルス一飛《田中9K
◆7回裏(投手交代)バルブエナ左翼フェンス直撃二塁打→コザート左飛→(暴投3塁)カルフーン空振り三振→マルテ空振り三振
(観戦はここまでとする)
1対11の大敗でヤンキースに2連敗
明日、大谷くんは!?
★田中将大 4/28/2018 - Masahiro Tanaka Highlights - Yankees Vs. Angels | C Highlights (田中将大投球全球)
https://www.youtube.com/watch?v=QqlZ9y-0zKk


★大谷 昨季は右足首で長期離脱「もともとゆるい」***日刊スポーツ4/29
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804290000173.html
「日本ハムの球団トレーナーは大谷の足首を「もともとゆるい」と言う。骨と骨とをつなぐ靱帯(じんたい)が人よりも伸びていることで、足首に強い負荷がかかると捻挫しやすい状態にある。俗に言う「捻挫癖」があるのだ」
今回は、左足首の捻挫!?!?

★大谷「今後も全力で駆け抜ける」 前日に左足首捻挫 5月2日の次回登板は「大丈夫」***デイリー4/29
https://www.daily.co.jp/mlb/2018/04/29/0011209477.shtml
「一塁へ駆け抜ける際に起こった。「一塁の選手の足がベース上にあったので危ないなと思って、(ベースの)端を踏んだんですけど、その時にひねった」」
「全力でやってる中でのことなので、安全に、安全にっていう中でのプレーというのはないと思ってますし、するべきではないと思ってる」
「プレーしてる時っていうのは勝つためにプレーしてますし、けがをしないためにプレーはしてないので、そういう意味では、そんなに(右足首のけがが)トラウマになってるということはない」

(ファーストの足との接触を避けようとした心優しい対応を感じていたけど…踏み飛ばす感じで駆け抜けるの!?)
(ルール的には、どうしたらベターなの!?)

田中将大はMLB随一の「勝てる投手」 驚異の勝率.712は現役1位&“歴代3位”***Full-count4/29
https://full-count.jp/2017/04/29/post66648/
★田中将大が示した“先輩”としての貫禄 大谷を特筆しない、それこそがリスペクト***スポーツナビ4/29
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804290001-spnavi
------------------------------------------------------------------
《4/30追記、大谷代打は!?》
1点差の9回裏、投手はチャプマン
1outに8番Cヤングが四球で出塁
大谷登場のお膳立ては出来た!?…と一応期待していたけど…
9番リベラは空振り三振で2out
1番キンズラーは(途中でヤングは盗塁し2塁に)空振り三振でゲームセット〆
-----------------------------------------------------------------
★左足首負傷の大谷、ソーシア監督は走塁ミスを否定「一塁手がど真ん中に…」***Full-count4/30
https://full-count.jp/2018/04/30/post125411/
------------------------------------------------------------------
《5/1追記》
★“2大スター”に続き…大谷の負傷の原因にも 米記者が「ベースの変更」提言***Full-count5/1
https://full-count.jp/2018/05/01/post125565/
「ファンも同調「ベースの高さを低くすればいいじゃないか」」
日本で大谷くんのベース事故があった時に、
あんなに高くするから踏み外し事故が起きるのでは…と思ったことを思い出した。


posted by yumenoya at 10:04| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

◎2018-4-28大谷翔平初5番DH(ネット観戦)大谷先制ソロ!!◎1点《HR動画》▲1▲1◎2▲1(延長)▲1、(HR/2ゴロ/左足首の捻挫★代打)

大谷翔平くん、プホルスに続く5番DHスタメン
前回4/23にはプホルス休養で4番DH、4打数1安打、さて今日は!?

★大谷「5番DH」でヤンキース戦 マー君と再会握手***日刊スポーツ4/28
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804280000093.html
マー君vs.オオタニの投打対決は明日4月29日10:07開始

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042813

《エンゼルスvs.ヤンキース(11:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(DH)大谷(17) →7回裏代打バルブエナ(18)
6(遊)シモンズ(2)
7(三)コザート(7)
8(右)カルフーン(56)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/ヒーニー
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆ヤンキース先発/セベリーノ(右腕)
(セベリーノ「4勝1敗、防御率2.32の好成績で、すべての試合で速球の平均球速が97マイル(約156キロ)を越える剛腕投手」Full-countから)

(※ネット観戦のブログ投稿記事を軽量化する)
《大谷くん打撃がメイン》(前後の打者成績+チームの得失点動き)
◆1回表《三者凡退》
◆1回裏キンズラー四球→(盗塁out捕手ドンピシャ送球)トラウト左飛(イイ当たり)→アップトン空振り三振
◆2回表ヒット+暴投2塁残
◆2回裏プホルス投ゴロ→大谷ソロHR◎1点(BS(見)からの三球目(内角真中)が右翼に刺さった!!)→《0対1◎
(これだけ注目、だからそれだけ警戒・注意されているというのに…コレって何なのでしょう!?!?)
(追記:代打を除くと、11DHスタメン、そして4つのホームラン)
◆3回表右中間を抜けそうなライナーをカルフーン横っ飛び好捕(大谷ソロで周りも燃えている)
★メジャーリーグ 大谷翔平(Shohei Ohtani) 第一打席で4号ホームラン
https://www.youtube.com/watch?v=osaakFg3BGg

★大谷4号(まー君苦笑い)Shohei Ohtani)
https://www.youtube.com/watch?v=XHLYjqR7gug

◆4回表1out右翼線二塁打+四球→1ゴロ2out31塁→左飛(フェンスギリギリ)
◆4回裏トラウト見逃し三振→アップトン右前安打→プホルス2ゴロ併殺(繋がらなかった)
◆5回表左翼線二塁打→空振り三振→左前安打1out31塁→中犠飛▲1点同点→《1対1
◆5回裏(追いつかれたンでヨロシク)大谷S(見)S(F)から2ゴロ(バット折れ)
◆6回表3内野安打→(投手交代)遊エラー(お手玉)→(暴投32塁)カルフーンは塀でジャンプしホームラン阻止して右犠飛▲1点▲2対1
◆7回裏トラウト中前安打→アップトン右飛→プホルス中前安打1out21塁→大谷に代打!!!!バルブエナ空振り三振→(暴投32塁)シモンズ右翼線三塁打◎2点2対3◎》(何故大谷に代打、同じ右腕なのに、不可解、あの全力疾走!?)
(※1塁ベースでの交差シーンを映していたから、やっぱり!?!?ベースの踏み方とファウストとの擦れ違いに…)
★大谷、左足首の軽い捻挫…逆転のチャンスで代打送られる あすの出場は状態見て***スポニチ4/28
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/28/kiji/20180428s00001007143000c.html
◆9回表先頭サンチェス四球(マー君の相方なのでサンチェスだけ記憶にある)→空振り三振→左翼線二塁打1out32塁→敬遠四球1out満塁→左犠飛▲1点→2ゴロ《3対3
◆9回裏(大谷ホームランでまだ負けは無し)トラウト見逃し三振→アップトン三邪飛→プホルス3ゴロ
《延長突入》
◆10回表右飛→3番グレゴリアスにソロHR▲1点→空振り三振→3ゴロ《▲4対3
◆10回裏代打マルテ右飛→シモンズ中飛→コザート左翼線二塁打→代打Cヤング一飛
3対4▲の延長負け
大谷くんの交代が残念でした
明日は出場してマー君と対決できるか!?!?
★2018.4.28 大谷翔平 5番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs ヤンキース Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=CiWj1e2WbtQ

-----------------------------------------------
《追記》
★大谷に被弾のセベリーノが脱帽「もう内角には投げない」***デイリー4/28
https://www.daily.co.jp/mlb/2018/04/28/0011206469.shtml
「内角への156キロ直球を右翼席へ運ばれた。鋭く振り抜かれたバットから放たれた打球は飛距離125メートル、初速180キロの弾丸ライナー」
セベリーノ投手「インサイドに投げてはいけないことだけは言える。もう内角には投げない。外角だけ、それもチェンジアップ。速球もダメ」
★大谷、左足首捻挫で交代 治療のため会見キャンセルも表情は明るく***デイリー4/28
https://www.daily.co.jp/mlb/2018/04/28/0011206562.shtml
「大谷は治療のため、試合後の会見はキャンセル。試合終了から30分後にクラブハウスに姿を見せたが、左足首にはテーピングがまかれ、足を引きずる仕草もあった。ただ同行していた球団広報には冗談を交えながら笑顔ものぞかせ、症状が深刻ではない様子もうかがわせた

★2018.4.28 セベリーノ 先発登板!大谷翔平と初対決!投球全球 エンゼルス vs ヤンキース New York Yankees Luis Severino
https://www.youtube.com/watch?v=1VBE0OcWi_Y

「チャップマン登板 10:25〜」
-----------------------------------------------
《5/6追記》
★落合博満氏、大谷翔平の唯一の不安は「優しさ」***スポーツ報知5/6
http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180506-OHT1T50080.html
「ただ、大谷の優しさっていうのかな。ケガさせちゃいけないっていうのと、変に自分が手を出して。あさって投げるものに差し支えあったらいかんなっていうんで端を踏みにいってケガした。この優しさがどういう風にこれから出てくるのか。一番の不安材料はその一点だけ」

やっぱりコレ、気になりますねぇー
posted by yumenoya at 11:09| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

◎2018-4-25大谷翔平先発4戦目(ネット観戦速報)先制◎1点◎1▲1◎2▲2▲2◎1◎3▲2(1点リード)、2連勝し首位に、6回1死で交代(7K)《動画》《追記》マー君と対決は4/29(日曜)10:07!?

一週間前の4/18には、右手中指のマメで2回66球緊急降板だった

昨年王者・アストロズとの三連戦が開幕したけれど
その真ん中の先発投手なので、DHとしては打席に立てない
初戦に勝ちゲーム差は今0.5
大谷先発に西地区首位の奪取がかかっている

大谷くんの先発はやっと4戦目だが…
対峙するのは最強のアストロズ打線!!
同じフォームから繰り出される速度差の大きい
直球&スプリットは打者を翻弄できるのか!?

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語生中継必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042510&rf=on

《エンゼルスvs.アストロズ(9:10/ビジター)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(DH)トラウト(27) (トラウトの指名打者は初か!?盗塁でも撹乱)
3(左)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(遊)シモンズ(2)
6(三)コザート(7)
7(右)カルフーン(56)
8(中)Cヤング(24)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/大谷翔平(17)(右腕)
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆アストロズ先発/モートン投手(右腕/防御率はリーグトップ0.72で3勝0敗)

勝ち星を目指して、いざ出陣!!
今日はストライク先行で配球を組み立てたい
(大谷くん先発のブログ速報は攻守どちらも気になるので忙しい)
《大谷投手がメインのネット観戦速報》
◆1回表(モートン)キンズラー遊飛→トラウト右翼ソロHR◎1点→アップトン遊ゴロ→プホルス2ゴロ《◎1対0
◆1回裏(大谷)1Bから右前安打→中飛→fullから見逃し三振(ランナー挟みアウトに)《投球数(Strike)K:12球(6)1K》
◆2回表シモンズ左翼ソロHR◎1点→コザート左飛→カルフーン1ゴロ→Cヤング《◎2対0
(援護弾が連チャン、これで波に乗れるのか!?)
◆2回裏(大谷)2B2Sから空振り三振→3球で見逃し三振→(大ファウル)fullから左翼二塁打2out2塁→3B1Sから四球2out21塁→右前安打▲1点もランナー刺す《◎2対1》《投球数(Strike)K:36球(19)3K》
◆3回表マルドナドfullから四球→キンズラーfullから四球0out21塁→トラウトfullから四球で無死満塁!!アップトン3ゴロ◎1点無死満塁→プホルス一邪飛→シモンズ3ゴロ弾き◎1点→コザート併殺《◎4対1
◆3回裏(大谷)先頭fullから四球→邪飛→空振り三振→四球2out21塁→空振り三振《投球数(Strike)K:56球(29)5K》
◆4回表カルフーン空振り三振→Cヤングfullから四球→マルドナド2ゴロ併殺
◆4回裏(大谷)先頭中前安打→2ゴロ1out1塁→2ゴロ併殺《投球数(Strike)K:63球(35)5K
◆5回表キンズラー左前安打→(盗塁成功)トラウトfullから四球0out21塁→(投手交代(引きずり下ろした!!))アップトン空振り三振→プホルス三飛2out21塁→シモンズ遊ゴロ
◆5回裏(大谷)先頭fullから四球(少し低かった)→2ランHR▲2点→右前安打→(コーチマウンドへ)空振り三振→二飛→fullから右飛《◎4対3》《投球数(Strike)K:88球(49)6K
◆6回表コザート中飛→カルフーンfullから空振り三振→Cヤング遊飛《三者凡退》
◆6回裏(大谷)fullから四球(抜け球)→(マウンド続投)空振り三振→(1アウトを取って投手交代)降板の直後2ランHR▲2点→《4対5▲》《大谷投球数(Strike)K:98球(55)7K
(勝ち星を逃したけど、昨年の王者打線をここまで……今後も期待のできる投球内容でした)
(エンゼルス打線には逆転して欲しい)
◆7回表2out21塁にプホルス右中間二塁打◎1点シモンズ3ランHR◎3点◎8対5
(大谷の熱投が逆転3点リードを手繰り寄せた!!)
◆7回裏連打で0out31塁→2ライナー→ヒット▲1点1out21塁→(暴投32塁)四球1out満塁→中前安打▲1点1out満塁→空振り三振→3ゴロ《◎8対7
◆8回表カルフーン空振り三振→Cヤングfullから3塁ライナー→マルドナド空振り三振
◆8回裏捕邪飛→空振り三振→右飛(カルフーン突っ込み直接キャッチ!?/ビデオ検証はセーフに)右前安打→(投手交代)見逃し三振
◆9回表キンズラー3ゴロ→トラウト左飛→アップトン中飛
◆9回裏(1点リードを守れるか!!)遊ゴロ→中飛→fullから四球2out1塁→見逃し三振〆
◎8対7と1点差で2連勝し首位を奪取
《本日の大谷投手:5回と1/3、98球6被安打(1本塁打)7奪三振5与四球4失点》
大谷くんが先発してチームが勝利したのは、オレは行けるぞ!!という自信へ繋がる

★2018.4.25 大谷翔平 先発登板!投球全球 アストロズ vs エンゼルス Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=Hh3QQlpvb4A


★大谷、163キロ連発の粘投も降板後に3勝目消滅 エ軍は乱打戦制し首位再浮上***Full-count4/25
https://full-count.jp/2018/04/25/post123910/

《追記》
今度は打撃での活躍だ。27日は試合が無いので、4/28(11:07)のヤンキース戦だ。
ヤンキース・マー君との対決は実現するのだろうか!?!?マー君の先発予定は何時なの!?!?
今のローテーションのままだと、4/29(日曜)10:07開始の第二戦に田中将大くんが先発らしい
田中右腕だから大谷DHは当確で本拠地にてMLB初対戦か!?!!
(追記:マー君のニューヨーク州からの移動距離は!?3874kmで北海道庁から沖縄県庁経由で栃木県庁までの距離!?)

★大谷の配球に問題あり カーブと内角使え/西本聖***日刊スポーツ4/25
https://www.nikkansports.com/baseball/column/nishimoto/news/201804250000533.html
★大谷、データが示す課題と懸念。首を絞めた制球力、負傷を招く34.7%の”球種”***baseballchannel4/25
https://www.baseballchannel.jp/mlb/46905/

配球はバッテリーとコーチにまかせることとして、
両チームともにフルカウントからの四球は多かった。
これはお互いに当たっているチームだという意識があるからこそ、
臭い球で勝負をした結果で、悲観的に取る必要はないと感じた。

★大谷101マイル2度 今季メジャー先発投手で最速**日刊スポーツ4/25
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804250000661.html
「この10年間で101マイル以上の球速をマークした投手は…大谷が7人目」
「走者を背負ったセットポジションからの100マイル超えとあって「現実とは思えない」」
---------------------------------------------------------------------
《4/26追記》
★変化していた大谷翔平の球質…“世界一”に触れたピッチングの中身とは?***THE PAGE 4/26
https://thepage.jp/detail/20180426-00000004-wordleaf
4/25の四球判定に疑義!?ストライクがボールに!?
「5回、先頭のマーウィン・ゴンザレス」と「3回 カルロス・コレア」の位置図
---------------------------------------------------------------------
《5/31追記》
マメで降板した次のアストロズ戦4/25(勝ち負け付かず)の独自映像、試合開始前の映像も有り(5/29 に公開)
★大谷翔平の応援アメリカンベースボールの旅 高画質実写 4K UHD 2018 Ohtani LAA Angels vs HOU Astros
https://www.youtube.com/watch?v=kp2SPQKC0tA
posted by yumenoya at 09:08| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

◎2018-4-24大谷くん今日は居ない(ネット観戦)先制◎1点+◎1点、三連戦の初戦を勝利でスタート、明日は大谷先発

(禁煙二日目)
ア・リーグ西地区の1位アストロズは6連勝中(16勝7敗)
エンゼルスは開幕ダッシュも失速し同2位(14勝8敗)
直接対決はモノにしたい、勝ち越したい
◆アストロズ(テキサス州ヒューストン)(2144km)
(北海道庁から沖縄県庁までの距離にマイナス100km)
本拠地デーゲームの翌日は敵地でナイター

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042405

★【今日の生中継】Los Angeles Angels @ Houston Astros 
http://mlb-live.stream/watch/22668/1/los-angeles-angels-houston-astros-live.html
(今日の観戦はgoogle chromeで、Firefoxだと何故かフリーズなど不調)

《エンゼルスvs.アストロズ(9:10/ビジター)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(DH)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(三)バルブエナ(18)
6(遊)コザート(7)
7(右)カルフーン(56)
8(左)Cヤング(24)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/スカッグス(左腕)
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆アストロズ先発/コール(右腕)

(※ネット観戦のブログ投稿記事を軽量化する)
大谷翔平選手はベンチで明日対戦するアストロズ選手の打撃を注視しているのでしょう
チームの得失点動きのみ
(※マー君先発のヤンキースは4点リード中→1失点)
◆3回裏守備で乱れ
((二)キンズラーと(右)カルフーンとがフライの譲り合い!?でポテン…キンズラーにエラーは付いていないけど)
◆4回表の攻撃が終了してエンゼルスはまだ無安打…
(※マー君6回表を投げ終え79球1失点、4点リード)
◆5回表1死に守備シフトの中、バルブエナ初ヒット+コザート四球→カルフーン右前安打◎1点1死31塁→Cヤング2ゴロ併殺《◎1対0》
(※マー君7回表2outで四球を出して降板、4点リード)
◆6回表2死トラウト中前安打→(盗塁成功+暴投3塁)アップトンに中フェンス直撃二塁打◎1点→プホルス四球→バルブエナ《◎2対0》
(トラウトはしっかり盗塁をしてチャンスメークしてます、さすがー)
◆8回表2死トラウト四球+盗塁→アップトン2ゴロ
◆8回裏2outから連打31塁のピンチに空振り三振
(※マー君3勝目)
◆9回裏(投手交代ミドルトン)中前安打→四球で無死21塁→空振り三振→空振り三振→(暴投に3盗でセーフもビデオ検証でoutに)〆
◎2対0で直接対決に勝利 
去年の王者&西地区1位との三連戦を勝利でスタート
この気分の良い流れで大谷くんが先発!!
posted by yumenoya at 09:39| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

★3/31にタバコ10個買い置き→4/22禁煙に突入、最大の影響は食欲増大

発端は!?「「梶尾真治「たゆたいエマノン」……明日からタバコ値上げだって〜」へ飛ぶ
◆3月31日 明日から値上げと知り驚いて久々のカートン買い
(郵便切手でコンビニに行かなければ、値上げを知らなかった)
(そこで"禁煙"を即断できたらオレもなかなかなんだけど…)
この10個が無くなったら「禁煙しよう」
◆4月18日 買い置きのタバコ10個は吸い終わった→シケモク・モードの開始
※シケモク=吸い終わって短くなったタバコの吸い殻
シケモクを100円SHOPのミニパイプ(20個入り)を付けて吸う
長年愛用していたハイライトが値上げした時に格下げし
安いモノ(ニコチン、タールが多い)に変えた時からミニパイプ必須となる
(ハイライト→(2006年?)エコー→(2010年?)わかば)
(わかばの方が長いので、シケモクも考慮し変更)
◆4月22日 明日は燃えるゴミ収集日なので灰皿などのシケモクを処分
シケモクも無いので少しイライラとなる
この5日間は、シケモクを時々吸っていたけど、
翌日集荷の燃えるゴミを夜に出したので、吸えるシケモクが遂に無くなった
◆4月23日 コンビニへ買い物に行くが当然煙草は買わない
ニコチン禁断による身体の震えはまだ無いけど、
予想通り「腹が減った」という自覚を頓に感じるようになり、
実際にお腹が空いたから食事の回数が増えた(これは予想以上だ)

ニコチン・タールには食欲を減退させる機能があったので、
腹のぜい肉はそんなに増えなかったけど
こんな感じで食事や間食や酒の肴が増えたらちょっとヤバイ
今までの簡素で少し貧しい食生活が身体に合っていると思っていたのに…


禁煙によって味覚はより敏感になったようだ。
食品の旨さが増すとともに食欲もパワーアップしている。
かつて禁煙に挑戦したのはもうかなり昔のことだが、
あの時は食事の主食もオカズも、酒のツマミも旨くて腹周りに肉が増えた。
今回はすっかり忘れていたそんな昔の美味しさが
戻って来たような感じがする

わかば360円×10個÷19日=190円/日
タバコを止めたら、一日当たり190円の原資があることに…
禁煙に伴う食欲増分に一日200円もかかるとは思わないが…

まずは明日の買い出しで、酸っぱい飴玉、ミント、ポテトチップなど

食事で増やすのなら食パン、めん類(焼きそば、ザルそば、スパゲティ)
posted by yumenoya at 22:18| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2018-4-23大谷翔平初4番DH(途中からネット観戦)▲4点◎2点、4打数1安打《動画》《追記》1打席21球のメジャー新記録バリアvs.ベルト

大谷翔平くん初めての4番DHスタメン
6回裏の攻撃から観戦を開始

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042313

《エンゼルスvs.ジャイアンツ(5:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(DH)大谷(17)
5(三)バルブエナ(18)
6(遊)コザート(7)
7(一)マルテ(19)
8(右)カルフーン(56)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/バリア
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆ジャイアンツ先発/クエト(右腕)

(※ネット観戦のブログ投稿記事を軽量化する)
《大谷くん打撃がメイン》(前後の打者成績+チームの得失点動き)
6回表までに4失点《▲4対0
大谷は2空振り三振、エンゼルスはノーヒット
◆6回裏キンズラー中前安打(初H)→トラウト空振り三振→アップトン遊エラー出塁1死21塁→大谷2B2Sから右前安打→バルブエナ1ゴロ併殺
◆8回裏先頭キンズラー安打→トラウト2ランHR◎2点→(投手交代/左)アップトン空振り三振→大谷1B2Sから遊ゴロ→バルブエナ空振り三振《▲4対2
◆9回裏コザート見逃し三振→マルテ左前安打→カルフーン右飛2死1塁→代打リベラ左前安打2死21塁→キンズラー中飛〆
2対4▲と連勝ができない
《大谷4番DHの本日成績:4打数1安打2三振》
(左右別)三振(右)/三振(右)/右安(右)/遊ゴ(左)

★2018.4.23 大谷翔平 4番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs ジャイアンツ Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=HbHyfGILRuw


★大谷「メジャー初4番」57年ぶり16人目の快挙を安打で飾る***東スポWeb4/23
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/988591/
「先発のメジャー通算123勝右腕クエトだ。ここまで2打席はチェンジアップで連続空振り三振だ。初球、外角低めに外れるチェンジアップを見送り、2球目のフォーシームを空振り。3球目のチェンジアップは外角に外れ、4球目のチェンジアップは外角ギリギリに決まった。カウント2―2。5球目、真ん中低めに沈むチェンジアップを、体勢は崩されながらもバットのヘッドだけ残し、ライナーで右前へ運んだ。芸術的な一打は4番での初安打だ」

「チェンジアップ」とは!?
4/20先発左腕に2連続空振り三振したのもチェンジアップ
今日右腕にヒット前の2連続空振り三振したのも同じチェンジアップ
大谷選手が同じ投手で2連続空振り三振したのはこの2回で、決め球がチェンジアップ
それだけ有効だということ
ウィキペディアWikipediaによると、日米で少し異なるようだが
「「直球と同じ腕の振りから投じられる球速の遅いボール全般」を指すことも多い」
「主に打者のタイミングをずらすために投じられる
「速球より回転が少なく球速も遅いため、減速しつつ沈む軌道になり、回転の向きがバックスピンから傾いて横回転が加わっていれば右か左に曲がりながら沈む。変化よりも打者に速球と誤認させることが重視され、速球との速度差が大きいと打者からはボールが失速しているように感じられる場合もある」
------------------------------------------
《追記》1打席21球のメジャー新記録
★ジャイアンツのベルト1打席21球のメジャー新記録 「屈するつもりはなかった」***Full-count4/23
https://full-count.jp/2018/04/23/post123535/  (この次ページに動画有り)
「フルカウントから11球ファウルで粘り21球目で右飛」
1回表の無死一塁で起きた(私はじっくり眠っていた)
ベルト-21.JPG
ピッチャー[エンゼルス]:バリアvs.ベルト:2番一塁手[ジャイアンツ](ランナーは一塁にパニック)

大谷動画ダイジェストには登場しないシーンなので、
午後7時にこのニュースを読むまで知らなかった
posted by yumenoya at 08:16| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

◎2018-4-22大谷くんベンチ(エンゼルスをネット観戦)▲2◎1◎1(同点)◎2(勝越し)▲1(1差)、やっと連敗ストップ、大谷出番無し

レッドソックスにギャフンと完敗の三タテ
続くジャイアンツ3連戦での初戦でも●1-8という湿った大敗
7連戦後のこの4連敗の流れを変えれるのは大谷選手だけ!?
と昨夜は思っていたのに…
今日はベンチスタート
「相手先発は左腕のデレク・ホランド。エンゼルス打線は全9人を右打者で揃えた」(Full-count4/22)
明日は右腕なので、大谷DHスタメンは当確らしい。
(追記:明日はデーゲームで5:07開始、生観戦は諦めよう、先は長いのだから)

今まで誰が左打者かなんて気にしていなかったけど
昨夜アップした「大谷翔平は"左腕が苦手"なのか!?part2」もあったので…
左打者はバルブエナ内野手とカルフーン外野手と大谷だけ
大谷DHって希少価値の左だった!!

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042214

《エンゼルスvs.ジャイアンツ(10:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(DH)プホルス(5)
5(三)コザート(7)
6(遊)シモンズ(2)
7(一)マルテ(19)
8(右)Cヤング(24)
9(捕)リベラ(44)
先発投手/リチャーズ
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆ジャイアンツ先発/ホランド(左腕)

(ダルビッシュ先発のカブスが気になるけど、生中継はエンゼルスを)
《大谷くんはベンチなので得失点動きだけ》のんびりと…
◆2回表2ランHR▲2点《▲2対0》
(追記:トラウトの「キャッチミス。グラブを跳ねた打球は今季から本塁打と判定されるイエローラインを越えてスコアボードに当たってしまった。先取点となる2ランを“献上”」(スポーツ報知4/22))
◆2回裏マルテにソロHR◎1点《▲2対1》
(↓一球速報 ↓によるとダルビッシュが5回に逆転された!!更に追加失点…)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042211
◆3回裏トラウトに同点ソロHR◎1点《2対2》(追記:ミス取り返す)
◆6回裏プホルス2ランHR◎2点《2対4◎
◆8回表四球&二塁打で▲1点《3対4◎
◆8回裏(1点差)1死トラウト二塁打→(3塁に盗塁!!/走塁妨害で監督クレームも)アップトン四球1死31塁→プホルス3ゴロ併殺
(トラウトの3塁への盗塁には驚いた、サードがトラウトに覆いかぶさらなければボール転々の間に生還していた)
◆9回表内野安打→空振り三振→空振り三振→3ゴロ〆
◎4対3で勝利、連敗ストップに
4得点は3本のホームランによるもの
これを含めて6安打だから、まだ湿っぽい打線だ
(追記:トラウトが一人3安打だから、ホームラン打者以外では、シモンズだけ)
今日は最初の2失点に始まりトラウトさんが一番目立っていた

明日の試合は5:07と早朝なので観戦はお休みします。
観戦される方、私の分も応援をよろしく

《追記》
まだずっと先の話だけど、MLBのシステムも1年生として勉強中だが…
エンゼルスが地区で優勝するか、または勝率でワイルドカードを手に出来るか
その時そこに居なければ、次のステージへ進めないから、取りこぼしは全てそこに繋がっている
だから大谷くんが出ていなくとも、ネット観戦で応援をしよう
posted by yumenoya at 11:15| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

★大谷翔平は"左腕が苦手"なのか!?part2、MLBでの現在実績では一目瞭然!!そして大谷シフト《追伸》近藤くんと語れ!!《4/22追記》★今日はベンチ

こういうことは、専門の記者が具体的な数値をあげて解説してくれたら、
大谷くんファンも楽チンなのだけれど…
知りたいココを書いてくれた記事を見かけていないので、
しょうがない、自分で集計するしかない。

まず、日本ハム時代の大谷翔平くんはどうだったのか!?は4/11の記事
大谷翔平くんは"左腕が苦手"なのか!?明日の先発は左腕!?日本での右腕・左腕別成績を作成し比較したら…!!《追記》右腕・左腕のゾーン別データ***2018年04月11日
http://yumenoya.seesaa.net/article/458738583.html
(これはサイト「データで楽しむプロ野球ホーム」のデータに感謝)
打者・大谷くんが(暗黙の了解??で)内角攻めをされなかった2016年データに
MLBに居る今、どれだけ意味があるのかは不明だが、
日本ハム時代にはどちらかというと、左腕の方をお得意さんにしていた。
つまり、大谷翔平選手には"左腕が苦手"という意識は全く無かった、と想像できる

日本の実績を右腕・左腕別に集計したのは、
MLBで"左腕が苦手"という記事が多いからだった。
MLB大谷ファンもそのイメージで大谷DHの試合を観戦している。
でも内角攻めをされているMLBでの今を具体的に数字を挙げて解説してくれた記事に出遭っていない
だからまた右腕・左腕別に自分で集計することとした。
その結果が下表のとおりで一目瞭然でした
shohei_ohtani左腕右腕別打率.JPG
4/21現在で打席は指名打者9試合プラス代打1回、
41打席38打数でその内訳はそれぞれ
(左腕)12打席11打数2安打(長打0本)1四球3三振6ゴロ
(右腕)29打席27打数11安打(長打5本)2四球7三振4ゴロ5飛直
それぞれの打率は
対左腕投手の打率0.182(2÷11)
対右腕投手の打率0.407(11÷27) (※長打5本は全て右腕から)
打率:0.342(13÷38)
もう左腕投手相手では圧倒的に結果を残していない

左打者は左腕投手の球筋に恐怖を覚えて腰が引けるモノなのか!?
(話題となった大谷投手の右打者に対するスライダー…!?)
日本と違い急増した内角攻めは左腕投手が攻めやすくて有利なの!?
三角ベースとソフトボールしか知らない私には実感が無いから、
これは元プロによる詳しい解説を読むか、聴くしかない。
私の子ども時代の野球漫画に変化球はカーブとシュートとドロップしか無かった、
だから今の変化球はさっぱり分からない……フォークは判るけど…

左腕について苦にしているような大谷コメントは一切無いし、
監督も左腕先発を気にしてはいないと発言している。
何らかの対応・工夫をしている真っ最中なのでしょう。
日本時代には必要の無かった対応が今急務となっている。

上の対左腕の実績を見ると、
11打数2安打に対してゴロ凡打が6本(1遊ゴロと21塁間ゴロが5本)
これを見ると左腕の時には大谷シフトを敷きたくなりますねぇ。
21塁間にファウスト・セカンド、2塁ベース奥にショート、
32塁間にはサードが独り…
(昨日の第一打席、センターへ抜ける当たりが遊ゴロと大谷シフトでドンピシャ)


4/21ジャイアンツ戦では大谷シフトは無かったようだが、
中安/左飛/左飛/右安とレフトフライが2本
やはり反対方向を意識した打撃にも心がけているのかな??
それにしても3連続空振り三振の翌日に2安打とは!?
やっぱりスゴイ選手ですねェ!!
今日も湿っていたエンゼルス打線は5安打のみ
その中で2安打を打ったのは、トラウトと大谷!!
--------------------------------------------
《追伸》近藤くんと語れ!!
大谷翔平くんがアメリカへ行っちゃったので、今日本で一番の注目株は日本ハム・近藤健介くん
大谷くんも一目置くという近藤くんの打撃センス
もし今度、大谷くんが近ちゃんと話す機会を持ったならば、
絶対、大谷くんのプラスになるはずだと愚考します。(もう密談済みかな??)

★日本ハム・近藤健介、打率4割の現実味 ヒットを量産できる3つの要因***スポナビ4/21
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804190006-spnavi
短い独自の表現で、お互いに相通じてしまう境地に居るような気がする
だから多くの言葉は不要……
去年、ケガで戦線離脱した日本ハムの二人だが、
近藤くんはその時に開眼したのか!?
内角攻め対策では近藤くんが大谷くんの大先輩
大谷くんの"すり足"打法とは違うけど、
じっくり引き寄せて観察してからガツーンと振り抜きたいのは同じ
今大谷くん必要なのは、対左腕への近藤くんの見極め反応速度とセンス!?!?
---------------------------------------------------------------
《4/22追記》
今日のジャイアンツ戦は大谷くんベンチスタート
「相手先発は左腕のデレク・ホランド。エンゼルス打線は全9人を右打者で揃えた」(Full-count4/22)
posted by yumenoya at 22:53| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2018-4-21大谷翔平6番DH(大谷打撃は!?ネット観戦)先制さる▲1点+▲6+▲1◎1点、《動画》(大谷:中安打/左飛/左飛/右安打)《追記》柳田サイクルヒット

レッドソックスにギャフンと完敗の三タテ(今13勝6敗)
ジャイアンツとの3連戦で湿った空気と流れを変えたいものだ

今日のニュースから
★エ軍大谷を容赦なく内角攻め 初対戦強豪3球団の怨恨と因縁***日刊ゲンダイ4/21
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/227581
「21日からジャイアンツ、アストロズ6連戦」「28日からはヤンキース3連戦」
「大谷に対しては特別な感情も抱いている。あすからの9試合はくれぐれも要注意」
面談に進んだ7球団も面談進出を逃した球団も…
キーマン大谷選手を今のうちに叩いて置きたい…
こういうことも頭に入れておくと、観戦はより面白くなりそうだ

エンゼルスの試合スケジュールはいつも次のサンスポで確認
(5時頃開始の試合は観戦を諦めた、歳を取ったのでキツイから)
★2018年打撃成績 - 大谷翔平 - MLB - SANSPO.COM
http://www.sanspo.com/mlb/japanese/ohtani/201804_b.html

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042115

エンゼルスvs.ジャイアンツ(11:07/ホーム)》
(ジャイアンツ:ナ・リーグ西地区4位)
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(三)バルブエナ(18)
6(DH)大谷(17)
7(遊)シモンズ(2)
8(右)カルフーン(56)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/ヒーニー
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆ジャイアンツ先発/サマージャ(右腕)

(※ネット観戦のブログ投稿記事を軽量化する)
《大谷くん打撃がメイン》(前後の打者成績+チームの得失点動き)
◆1回裏中飛→空振り三振→右飛《三者凡退》
◆2回表ソロHR▲1点《▲1対0
◆2回裏プホルス3ゴロ→(内野シフト)バルブエナ空振り三振→大谷1B2Sから中前安打→シモンズ3ライナ
 (大谷/S(F)→B(顔近く)→S(Fライト線鋭い当たり)、イイ振りしてます)
◆3回裏右飛→三飛→キンズラー四球→トラウト2塁横飛びグラブ弾く強襲ヒット2out31塁→アップトン空振り三振
◆4回表《三者凡退》
◆4回裏プホルス遊ゴロ→バルブエナ右飛→大谷左飛(B→S(F)から)
(大谷くんの打順が終わったのでメシ支度をしていたら猛打が爆発し6失点)
◆5回表▲6点《▲7対0
◆5回裏シモンズfullから四球→カルフーン四球無死21塁→マルドナド空振り三振→キンズラー中飛2死31塁→トラウト四球2死満塁→アップトン左飛
 (角度は良かった、もうひと伸びが…足りない、このチャンスに無得点とは!?!?)
◆6回裏プホルス二飛→バルブエナ空振り三振→大谷1Bから左飛《三者凡退》(左方向か良いのだが…)
 (今日のヒット2は大谷とトラウトのみ、湿っぽいまま)
◆7回裏2ゴロ→1ゴロ→遊飛《連続三者凡退》
◆8回表▲1点《▲8対0
◆8回裏中飛→トラウトにソロHR◎1点→アップトン遊ゴロ→プホルスにセンター越え二塁打(代走マルテ)→バルブエナ空振り三振《▲8対1》(大谷まで回らず)
◆9回裏(左腕)先頭大谷初球右前安打→シモンズ右飛→カルフーンついてない遊ゴロ併殺
1対8▲の大差4連敗

《大谷6番DHの本日成績:4打数2安打
大谷くんの2ヒットも流れを創る起爆材料とは成れず…
明日は長打を…
そうそう大谷くん以外にも内野シフトは極普通のようです、MLBでは効率的な守備として…

★2018.4.21 大谷翔平 6番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs ジャイアンツ Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=CbXdP1igyA0


★4/21野手陣の打率落ち込み(4連敗前と後の対比)
野手陣打率4-21.JPG
トラウトとCヤング以外は下落
この大敗4連敗は35失点に対し4得点のみという貧打ですから当然
(本拠地のエンゼルスファン観客はストレスが溜まるー)
13勝3敗という球団の開幕新記録で7連勝だったあの勢いは、遠〜い昔のことのよう…
5連敗阻止の流れを創るのは、大谷くんの長打しかない!!
「遠〜い昔のこと」は忘れて、今の現実に立ち戻ろう
失点以上に打って得点するしか勝利の道は無い!!
-----------------------------------------------------------
《追記》ソフトバンク柳田選手にサイクルヒット(日本ハムは●0対10と完敗)
★4/21 ファイターズ対ホークス ダイジェスト
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/662524/
★【8回表】チーム史上4人目のホークス・柳田がサイクルヒットを達成!! 2018/4/21 F-H
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/662656/
敵チームだけど、柳田選手は好き
今日残念なのは"目指せ!!4割打者"の近藤くんが「無安打無四球」
「無安打無四球」って快投した投手に対する言葉だけど、今回は打者・近藤くんへの言葉だ
ヒットも四球も無しゼロの試合は今年初の事件だ!!
★【動画】リーグ11年ぶりの快記録!! 福岡ソフトバンク・柳田がサイクルヒット達成!!
https://sports.yahoo.co.jp/video/player/662565
-----------------------------------------------------------
《4/22追記》
★大谷「予習復習の繰り返し」3三振翌日きっちり修正***日刊スポーツ4/22
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201804220000165.html
「毎回毎回、予習して復習しての繰り返し」
posted by yumenoya at 10:46| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

◎2018-4-20大谷翔平くん初6番DH(ネット観戦)先頭被弾▲1◎1▲2◎1▲2▲1▲2(6点差)、3タテを喰らう!!《動画》《4/21追記》シモンズ“寝そべりトス”併殺

4/18の先発は2回66球3失点で「右中指のマメ」のため緊急降板
その日は●1対10、そして翌日は●0対9と大敗
レッドソックス投打の圧倒的な強さを続けて見せられた!!(今期初連敗)
 (昨日は大谷君が不在のエンゼルスを眺めていた、英語中継で)
今日は3連戦の最終日
大谷DHが初6番で打撃に加わり、一矢を報いて欲しいものだ。
初戦で3失点した敵討ち…ショーヘイ活躍は3連敗阻止!!へと繋がる…
(今度は打者目線でレッドソックスの投打研究を…)
(このレッドソックスはまだやっと5チーム目…始まったばかり…そして広い…)

★スポーツナビのMLB「一球速報」(英語放送観戦必須のお供)
https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2018042009

エンゼルスvs.レッドソックス(11:07/ホーム)》
◆エンゼルスのスタメン(背番号)
1(二)キンズラー(3)
2(中)トラウト(27)
3(左)アップトン(8)
4(一)プホルス(5)
5(遊)シモンズ(2)
6(DH)大谷(17)
7(三)コザート(7)
8(右)Cヤング(24)
9(捕)マルドナド(12)
先発投手/トロピアノ
(※「一球速報」の更新は遅いので英語観戦には背番号が必要)
◆レッドソックス先発/ロドリゲス(左腕)

《大谷くん打撃がメインのネット観戦》
◆1回表先頭ベッツにソロHR▲1点《▲1対0》(大敗の悪夢はまだ続いている!?)
◆1回裏先頭キンズラー中飛→トラウト0B2S(チップボールで主審ケガ治療?かなり中断)2ボール続きから空振り三振→アップトン空振り三振《三者凡退》(一昨日4/18の3回1得点以降ゼロ行進)(翌日に追記:球審負傷交代していた!!)
◆2回表見逃し三振→遊ゴロ内野安打→捕飛→右飛
◆2回裏プホルス遊ゴロ→シモンズfullから四球→(大谷シフト)大谷S(空)Bから2ゴロ記録は遊ゴロでoutも進塁&悪送?2out3塁コザート遊横抜ける左前安打◎1点2out1塁→Cヤング左飛《1対1同点》(進塁打が同点に結びついた)
(追記:スポーツ報知「一塁走者のシモンズが“大谷シフト”でガラ空きとなった三塁へ進塁」)
◆3回表2ゴロ→空振り三振→fullから空振り三振《三者凡退》(同点にして三者凡退、流れはコッチ…)
◆3回裏マルドナド3ゴロ→キンズラー中前安打1out1塁→トラウト3ゴロ2out1塁→アップトン3ゴロ
◆4回表fullから四球→左翼越え二塁打▲1点→3ゴロ1out2塁→右前安打▲1点も2塁でout→三邪飛《▲3対1
◆4回裏プホルス遊飛→シモンズfullから四球→大谷BS(見)S(空)に空振り三振(大谷シフト)→コザート一邪飛
◆5回表遊ゴロ→左安打→2ゴロ併殺
◆5回裏CヤングfullからソロHR◎1点→マルドナド空振り三振→キンズラー左飛→トラウト2ゴロ《▲3対2
◆6回表ソロHR▲1点→中飛→fullから左前安打→(投手交代)フェンス直撃右翼二塁打1out32塁→左安打▲1点1out31塁→(投手交代)遊ゴロ併殺(シモンズにナイスプレー)▲5対2
(追記4/21:シモンズ併殺の記事と動画がアップ/最下段からリンク/動画は必見!!)
◆6回裏アップトン右飛→プホルス一邪飛→シモンズfullから四球→(大谷シフト)大谷S(空)S(空)FFに空振り三振
◆7回表 (※メシ作りで暫く休み)

◆8回表右前安打→フェンス直撃二塁打無死32塁→左犠飛▲1点→敬遠四球→遊ゴロ→遊ゴロ《▲6対2
◆8回裏トラウト中飛→アップトン見逃し三振→プホルス三飛《三者凡退》
◆9回表左前安打→エンタイトルツーベース32塁→中前安打▲2点/無死2塁→中飛1死3塁→死球1死31塁→(投手交代)空振り三振→左飛《▲8対2
◆9回裏(右腕)シモンズfullから3内野安打→(暴投2塁)大谷粘るも空振り三振→コザート右飛→カルフーン空振り三振
2対8▲で三連敗、レッドソックスさん、貴方はとても強かった!!

《大谷DHの本日成績:4打数無安打3空振り三振》(大谷シフト)
2回のゴロは進塁打となり久々のチーム得点につながったけど
この回も含め全4打席にシモンズがランナーとして居たのに、3連続で空振り三振とは不甲斐なし

明日の同時刻11:07にはジャイアンツとの三連戦が開始
三連敗で溜まった鬱憤を晴らして…
湿っぽい流れを変えたいねェ

★2018.4.20 大谷翔平 6番・DHスタメン!打席全球 エンゼルス vs レッドソックス Los Angeles Angels Shohei Ohtani
https://www.youtube.com/watch?v=AgtZsZLYjI4


★大谷翔平、4打数無安打を反省「攻め方自体が今までと違った」***Full-count4/20
https://full-count.jp/2018/04/20/post122489/
「試合後、大谷は「前のバッターのシモンズ選手が四球も選んでいたし、いい出塁の後につなげなかった。大量得点になるチャンスだった。何とかフォアボールでもいいし、ヒットじゃなくてもいいから、そこでつないだらワンチャンスあったんじゃないかなと思う」と反省」

★“大谷シフト”で安打阻まれ4打数無安打3三振「普通ならヒット。僕の傾向を見てるんだと思う」***スポーツ報知4/20
http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180420-OHT1T50172.html

大谷DHは7試合連続でヒットを打って来たが
今日、対戦5チーム目のレッドソックスに初めて無安打を帰した
第一打席のセンターへ抜ける当たりは大谷シフトによって遊撃手の正面ゴロに打ち捕られ
続く打席は3連続で空振り三振を記録、それも全てランナーが居たチャンスに…
大谷DHがしっかり研究され、その対策がツボにハマった最初の成功例か!?
これからも対戦チームによる研究と対策は進むのだろうが、
大谷DHもまた新たなる対策を研究し、打撃技術をより磨いて打席に立つ……
大谷シフトを挫く逆方向へ…
この大谷くんの進化がまた楽しみでワクワクさせる…
あの大谷シフトで遊ゴロに終わったが、大谷シフトの結果、3塁まで進塁することができ、久々の得点となった。
前々試合3回裏から遠ざかっていた得点
これで応援するファンの気分は少し変わった…
こういうプラス思考も長いロードには必要

★大谷と一問一答 シフトは「むしろヒットコースが広がることがある」***スポニチ4/20
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/20/kiji/20180420s00001007203000c.html
------------------------------------------------------------------------------
《追記》「すり足」誕生のウラ話、長谷川滋利さんがコーチに訊いた
★大谷翔平、“ズレ”でメジャー初黒星 エンゼルスOB2人が解説***スポナビ4/20
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201804200001-spnavi
ヒンスキー打撃コーチ「「…小さく変化するボール…今のままでは打てない」と伝えただけ。次に会ったとき、大谷は自分の判断で「すり足」に変えていて、驚かされたという」
「ヒントを与えたら、自ら対応してくる。これはすごいアジャスト力だ! と2人で盛り上がったんだよ」
------------------------------------------------------------------------------
★「大谷シフト」の背景、データで分かること…ゴロ打球がグラウンド右半分に集中***スポーツ報知4/20
http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20180420-OHT1T50229.html
このことは上記事の図を見ればわかる事だが、
私が毎日整理している下表によると
大谷シフト4-20.JPG
いわゆる反対のレフト方向へ飛んだのは前回の試合までで(背景緑色)
4/12の左安が初、4/13左飛が二本目、4/14の大谷シフト?での左二でやっと三本
30打数でたった3本だけ…
守備する側がレフト方向をあまり心配してくれないと…大谷シフトもあるなと感じていたので
4/12から続いた3本があったので、あまり気にしなくなっていたのだけど、
レッドソックスはしっかりと大谷シフトを敷いて結果を出した。
これに追随するチームも多いだろうとしたら、
内野守備の薄いレフト方向・3塁線へ打ちたいところだけど…
大谷くんの打撃センスで抜いて欲しいものだ。ただ三振では何も始まらない…
あの4/14のレフト線二塁打のように、大谷シフトを笑いたいものだ…
明日の「してやったり」はドッチ!?だ

大谷シフトに対して、アンチ・データを供給できるのは大谷選手だけ
----------------------------------------------------------------------
《4/21追記》6回表シモンズ“寝そべりトス”併殺
名遊撃手の“0.5秒の寝そべりトス”から美しきに感嘆「歴代最高の守備…?」***THE ANSWER 4/21
https://the-ans.jp/news/22203/
【動画】たったの0.5秒!? 超人的プレーから美しき併殺が…MLBが公開したシモンズの“寝そべりトス”の瞬間
https://the-ans.jp/news/22203/3/
-----------------------------------------
posted by yumenoya at 09:43| Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする