2017年04月01日

◎2017/4/1日本ハム、対西武戦、3対1で逃げ切って初勝利、大谷選手3番DHヒット+二塁打+ヒット、143分の2《追記/ワクワク度》

昨夜の開幕戦は黒星スタートとなりましたが
まだ143試合(うち交流戦18試合)の第1試合目
143分の1が終わっただけ
シーズンは長い
ただ大谷翔平くんを視れるのは短い


昨夜のベンチには、お馴染みの杉谷拳士くんも谷口雄也くんも名前がありませんでした。
鮮烈デビューだった淺間大基くんも巨人から移籍した大田泰示くんも…
熾烈な外野争いかと思っていたのに、こんなにケガ人??が多いとは…
ベンチが少し寂しいですね


■日本ハムのスタメン
1(左)西川
2(二)田中賢
3(指)大谷
4(一)中田
5(右)近藤
6(三)レアード
7(中)岡
8(捕)大野
9(遊)中島
先発:メンドーサvs野上亮磨

(今日のブログ速報はより簡潔化の予定)
(◎は日本ハムが得点、▲は失点)
◆1回表(メンドーサ)遊ゴロ→空振り三振→投ゴロも捕れず1塁→レフト前ヒット21塁→一ゴロ
◆1回裏西川左飛→田中空振り三振→大谷2塁ゴロヒット→中田ライト前ヒット(初)2out31塁→近藤フルから四球満塁2out→レアード空振り三振 (チャンスものに出来ず)
◆2回表1outフルから粘られるも見逃し三振→死球→遊ゴロ
◆2回裏岡一ゴロ→大野遊ゴロ→中島ニゴロ 《三者凡退》
◆3回表秋山レフト線二塁打→一ゴロ1out3塁→遊飛2out3塁→中村空振り三振 (しのいだ)
◆3回裏西川先制ソロHR◎1点→田中中飛→大谷レフト最上フェンス直撃二塁打→中田二飛→近藤センター前ヒット◎1点(大谷生還)→レアード中飛 、《0対2》
◆4回表先頭に四球→犠打2塁→レアードにエラーで1out21塁→ライト前ヒット1out満塁遊ゴロで▲1点→一邪飛、《1対2》
◆4回裏岡三遊間ヒット(初)→大野犠打2塁→中島中飛2out2塁→西川空振り三振
◆5回表二遊間ヒット1out1塁→中村死球1out21塁→一ゴロ2out32塁→メヒア死球2out満塁→右飛 (しのいだけど2死球は…替えて欲しい)(投球数:75)
◆5回裏田中ライト前ヒット(初)→大谷空振り三振→中田四球1out21塁→近藤ライト前ヒット1out満塁レアード犠飛◎1点2out32塁→岡遊ゴロ、《1対3》
◆6回表(交代/谷元圭介)レフト前ヒットも抑える
◆6回裏(交代/小石)大野投ゴロ→中島三ゴロ→西川空振り三振 《三者凡退》
◆7回表(交代/宮西尚生)浅村投ゴロ→中村空振り三振→栗山投ゴロ 《345番三者凡退
◆7回裏(交代/野田)田中一ゴロ→大谷三遊間ヒット→(交代/牧田)中田右飛→近藤ライト前ヒット2out21塁→レアード左飛
◆8回表(交代/増井浩俊)空振り三振→ライト前ヒット→フルから投ゴロ併殺
◆8回裏(交代/シュリッター)岡ニゴロ→大野遊ゴロ→中島空振り三振(珍しい三球三振)
◆9回表(交代/守護神マーティン)(守備2塁交代/石井一成/ドラフト2位)三ゴロ(レアードさばく)→秋山三ゴロ安打(レアードの動き良し)1out1塁→田代三遊間ヒット1out21塁→浅村フルから空振り三振2out21塁→中村ファウルで粘るも空振り三振
3対1で逃げ切って初勝利
勝つのって大変ですね、こっちは視ているだけなんだけど
宮西→増井→マーティンが勝ちの7・8・9回リレーパターンになるのかな
今日の大谷くん4打席3安打1得点(1本はもう少し伸びたらホームランという二塁打でした)
(2試合8打席5安打で打率は.625)
ヒーロー・インタビューはメンドーサ投手と西川選手

★【3回裏】打った瞬間!! ファイターズ・西川が完璧な一発を放つ!! 2017/4/1 F-L 動画
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/336034/
★4/1 ファイターズ対ライオンズ ダイジェスト 動画
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/336086/

★日ハム栗山監督、初勝利に手応えも…“猛打賞”の大谷を「あした説教します」***Full-Count 4/1(土) 18:33配信
https://full-count.jp/2017/04/01/post63537/
「4打数3安打の“猛打賞”を記録した大谷については、初回の二塁内野安打で痛めている右足で一塁ベースを踏んだことやツーベースで二塁にスライディングしたことについて「説教します」と“ダメ出し”した。」

《追記/ワクワク度
まだたった2試合が終わったばかりですが、
パ・リーグの打率で大谷くん第二位(同率3人)
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/stats/batter?series=2&type=1
オープン戦はホームラン4本が第一位で大谷くん以外に3人居ます
白崎浩之(D)は17試合、ダフィー(ロ)は16試合、山俊(神)は18試合
これに対し大谷くんは9試合でホームラン4本達成
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/stats/batter?series=5&type=9
今シーズンの大谷くんワクワク度はヒートアップです。
◎大谷翔平くんがもし打者に専念していたら、どんな成績を残していたか!?そのif記録と順位は!?(ワクワク度)***2016年10月06日←2016年の打撃成績
http://yumenoya.seesaa.net/article/442579404.html
上の記事の画像を再掲します。
2016-ohtaniIF-batter.JPG
今年はまだ全力疾走が禁止だけど、当分3番DHに専念してどんな記録を残してくれることか!?
想像しただけでワクワクしてきます。
今からでもワクワクに参加しませんか
posted by yumenoya at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする