2017年02月26日

◎いい話で少しぽっかぽか…/漫画「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!」/北海道クローズアップ「病転じて 笑となれ〜漫画家・たむらあやこ〜」/《2/27追記》「つらいことはギャグになる」

姉と電話で話していたら、17日に北海道クローズアップで面白い番組をやっていたとその内容を説明してくれた。

ギラン・バレー症候群という難病が発症した女性(元看護婦)が、やっと手足が動かせるようになり、昔から好きだった動物なんかのイラストを描いて病室に貼っていた。押された車椅子に乗った若い男性が、馬の絵を見て、「うま」と発声した。訊くと、競馬の騎手だったが落馬で手足も声もずっと無反応の状態で、「うま」が落馬後の初発声だったと。「もっとちゃんとした馬の絵を描いてあげるから」と約束した"たむらあやこ"、数日がんばり水彩絵の具で馬の絵が完成した。何と車椅子の男性は(初)自力で立ち上がって「ありがとう」とお礼を言ったそうです。
この事で奮起した"たむらあやこ"は漫画作品を投稿したら、新人の1位でデビューし、初連載が自分の病気との戦いを描いた「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー」。
これだけでない。ギャンブル依存症だった父は、娘のギラン・バレー症候群でピタリとギャンブルを止めたそうです。
この放送の翌日、漫画「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー」を買いに本屋へ行ったが在庫無しで、それは昨日入荷したと。

最後に、録画してある番組のタイトルとマンガのタイトルをしっかりメモした。

メシを作って食ってから、検索の開始
★YouTubeで「病転じて 笑となれ たむらあやこ」と検索したら、
2分割した動画がアップされていました。
「NHK ほっとニュース 北海道 3」ですから正規なアップのようですのでリンク
https://www.youtube.com/watch?v=UjVcuwOAgLM
https://www.youtube.com/watch?v=ZH802pRuYgs
YouTubeでの解説を全文転載
「今、注目を集めている異色の漫画がある。難病ギラン・バレー症候群との闘病記。「どんな辛さも笑い飛ばす」独自の手法で読者に勇気を与える、異色の漫画家の素顔に迫る。

番組内容
函館市に暮らす漫画家たむらあやこさん。漫画「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー」の作者だ。神経の病気である「ギラン・バレー症候群」と宣告され、両手足の感覚を失い、激痛に耐える日々の中でも絵を描くことを諦めず、去年漫画家デビューを果たした。そして今、新たな笑いを生み出そうと新作に挑む。どん底から這い上がった彼女の半生と新たな創作活動に密着し、苦しみの中でもユーモアと希望を失わない、その生き様を描く。」

次に漫画を検索したら、かなり立読みのできるサイトが見つかりました。
★ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!/たむらあやこ-Webコミックサイト モアイ(講談社)
http://www.moae.jp/comic/funbareganbareguillainbarre/1
ここでは、第5話までと特別番外編が読めます。

明日再放送される別の1本もありました。
★ハートネットTV「つらいことはギャグになる〜漫画家・たむらあやこ〜」◆NHK Eテレ再放送◆2017年2月27日(月) 13時05分〜13時35分

姉の最初の出処は下記番組です。
★北海道クローズアップ「病転じて 笑となれ〜漫画家・たむらあやこ〜」2017.02.17(金)午後7時30分
http://www4.nhk.or.jp/P2866/x/2017-02-17/21/58827/8324575/


少し心がほんわかと暖かくなるイイ話でしたので、紹介します。
---------------------------------------------------
《2/27追記》
ハートネットTV「つらいことはギャグになる〜漫画家・たむらあやこ〜」◆NHK Eテレ再放送を視た。
始まった番組を注視していたところ、
その時、ヤフオクで2冊落札した方から電話が入り、少し長い電話となって、
テレビ番組から目を離してしまった。
電話終了後は、テレビを視ながら、発送する古本の梱包作業もしていた。
まだ昨夜のYouTube動画は画質も少し悪いので出だししか視ていないけど、
北海道クローズアップ「病転じて 笑となれ〜漫画家・たむらあやこ〜」を
全国版に再編集したものが
ハートネットTV「つらいことはギャグになる〜漫画家・たむらあやこ〜」かも知れない。

最初に書いた姉の話
今視た「つらいことはギャグになる〜漫画家・たむらあやこ〜」によると
少し私の記憶間違いがあったけど、そのままとしておこう。
--------------------------------------------------------
《2/27更なる追記》
夜になって2本の番組を視た姉に電話で確認したら、
ちょっと違うけど、ほとんど同じとの事でした。
昨夜姉に今日の再放送の事を連絡したのは私です。
posted by yumenoya at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

◎2017プロ野球の開幕もひたひたと…今日はオープン戦&侍ジャパン対SB、中日対広島戦の無料ライブ/《TV中継終了後の追記》

WBCに大谷翔平くんが出場できないなんて……
昨年は次のような記事を書いて、大谷翔平くんの活躍を楽しみにしていたというのに……
★2017ワールド・ベースボール・クラシック(2017WBC)の時?所?相手?&過去の日本成績/《追記10/21》2015プレミア12個人成績/《追記11/10》第1ラウンド開催概要-2016年10月08日
http://yumenoya.seesaa.net/article/442627984.html

◎2016年11月侍ジャパン強化試合WBC/《追記11/11》大谷3番DHの活躍/《追記11/12》大谷6番DHソロ特大HR(動画)/《追記11/13》代打大谷(動画)が流れを変えて延長勝利-2016年10月18日
http://yumenoya.seesaa.net/article/442918700.html?1479048094


今日からはオープン戦、日本ハムvs.阪神(名護)
先発は有原対秋山 だがテレビ中継は無し
スポーツナビLIVEでは中日対広島戦を無料でライブ中継をしている。
http://sports.mb.softbank.jp/live/player/5118
久々の懐かしい音と歓声など、ワクワクしますねぇ、日ハムじゅないけど
中日ファンと広島ファンは急げ!!

地上波テレビでは、侍ジャパン対ソフトバンク戦が始まる。
テレビを点けるのは何週間ぶりだろう…

大谷翔平くんがここに居ないなんて
早い復帰を願うのみ

侍ジャパン対ソフトバンクの一球速報
https://baseball.yahoo.co.jp/live/wbc/game/2017022511/score?rf=1


大谷翔平フォンの方、見逃したニュースがあるかも
◎2017年大谷翔平くん関連の気になるネット記事にリンク(一覧表)
http://yumenoyabook.web.fc2.com/ohtani_news2017.html


昨日読んだ、読み応えのある面白い記事を二つ紹介
◎選手の「伴走者」として――イチロー支えたトレーナーの流儀-Yahoo!ニュース 2/24(金) 13:36 配信(スポーツライター二宮寿朗/Yahoo!ニュース編集部)
http://news.yahoo.co.jp/feature/449
◎スタジオジブリという名の呪い――制作部が解散。後継者たちの「その後」-BuzzFeed Japan 2/24(金) 12:13配信
https://www.buzzfeed.com/yuikashima/studioponoc-studioghibli

《TV中継終了後の追記》
居るべき人が居ない、は予想以上に大きかった。
侍ジャパンにちっともワクワクしないものだから、ほとんど視ていませんでした。
これで大谷くんがアメリカへ行ってしまったら、どうなるのだろうか!?!?
そしてWBCの本番はどうなるのだろう!?!?
ブログの記事を書くのだろうか、そもそもテレビ中継を視るのだろうか
大谷くんが不在のワクワクしない試合は詰まらないよー!!!!
ケガで居ないだけなのに、喪失の虚脱感

《追記》
テレビのコンセントを抜き、上の記事を書いて、
読みかけていた野呂邦暢『愛についてのデッサン―佐古啓介の旅 (大人の本棚)』を開いた。
また今日は先日注文したミステリー文学資料館/編『古書ミステリー倶楽部』の一冊がまず届いた。
大谷くんの居ないWBCを視るよりは、
古本と古本屋にまつわる小説を読んでいた方が有意義な時間になりそうだ。
当然だがテレビの野球中継を見るとは私の時間が束縛されることだ
放送スケジュールに縛られるのが嫌だからテレビはほとんど見ない
あのワクワクさせてくれる逸材・大谷翔平に束縛されるのは私の望むところだけし注視したい
また地元球団・日本ハムのペナントレースはともかくも…
posted by yumenoya at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

★きな臭い★国有地の格安売却part3(森友学園)、会計検査院レベルに…/《2/24追記》複数(ソースにあった安倍昭恵名誉校長の挨拶文)/《2/25追記》「記録を廃棄」など/随時追記中

この「きな臭い★国有地の格安売却」記事については、2/9に最初記事を読んだ時から注視している。
新たな追跡ニュースが出るたびに、その"きな臭さ"はより増している。
私のもう一つのブログは、「こんな記事があったよ」レベルのニュースを読んで感じた事を書いているので、私の独り言であり、あんなニュースがあったよねというメモである。
今回もそんなつもりで書き始めた記事なのだが、追記のニュースが多いので、part2にまで進んでいた。
どちらも結構縦長になっていたので、part3にすることをそろそろ考えていた。厳密じゃないけど、アピールしたい時には、本家であるこのブログで書こうかなという線引きは一応あった。

すると今夜「会計検査院の河戸光彦院長は23日の衆院予算委員会で「事実関係を確認の上、国会での議論も踏まえ、正確性、合規性、経済性等の多角的観点から検査を実施したい」という記事があったので、この話題の舞台を本家のこのブログで書くこととした。
国会の委員会での質問レベルから、会計検査院による具体的な検査にレベルアップです。

テレビは視ないので、テレビ界でどれほどのニュースなのかは知らない。でも私の臭覚での「きな臭さ」はかなり高かったので、内閣総辞職もひょっとしら…ありえるかなあ…、と感じていた。今日、会計検査院にレベルアップしたので、part3はここのブログ、つまり本家で引き継ぐこととしました。
Fc2ブログと違い、新聞記事などへのリンクはこのSeesaaだと何も作業が不要だといことと、記事に反応した来訪者のアクセス数も簡単に判ります。更にGoogle検索エンジンでの目立ち度では、Fc2とSeesaaとには格段の差があります。読者の関心度の高さがSeesaaの解析で判明すると今の方針で書き続けようという刺激につながります。アクセス数という反応は少ないとして、私の関心度は高いから減速することは無い、大谷翔平くんにまつわる新ニュースのように追いかけます。

きな臭い★国有地の学校法人への格安!?売却、私立小学校建設予定地/《追記2/11》公表されたが…/-2017/02/09(木) 16:54:53(これがpart1となります)
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-204.html

★きな臭い★国有地の格安売却part2、日本会議!?!?/《2/18追記》安倍晋三総理が遂に登場/《追記2/21》そんな阿呆ナ!!!!/《2/23追記》-2017/02/16(木) 12:18:45
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

そして今夜のニュース
★国有地売却、会計検査へ=麻生財務相「適正価格で処分」-時事通信 2/23(木) 19:45配信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022301013&g=pol
「会計検査院の河戸光彦院長は23日の衆院予算委員会で「事実関係を確認の上、国会での議論も踏まえ、正確性、合規性、経済性等の多角的観点から検査を実施したい」と表明した。民進党の福島伸享氏への答弁。」

会計検査というのは、税金のムダ遣いが無いかを調べる強権発動の調査です。国の補助金が有効に使われているのか?から、国有地売却の価格が適正だったか?まで、国、県、市町村、補助金対象の団体などまで、あまねく検査、国費の動き全部が捜査の対象となります。普通であれば、役所に残っている文書は捜査されます。民間の団体ならば破棄による隠しもありえるけど、役所は確認できるはずの書類が提示できなかったら、怠慢(適正な経過を確認できる文書が残っていない)で補助金の返還命令もあり得ます、不適正な国費の支出だからと。でも今回の格安売却、買い受けた団体によほどの不正な行為(贈賄など)や瑕疵が見つからない限り、売却取消し(そんな手続き規定があるのも不明)なんて常識的には浮かばないなあ。

東京都のあの市場問題、百条委員会は罰則のある強権発動ですから、やはり注視しております。けど私の関心度は、大阪の「国有地の格安売却」よりずっと小さいです。大阪の国有地は政治家の思想と学校法人の思想とが絡んでいますから、政治・行政の根源的な問題に関わっています。その点、東京の市場移転問題は、いったい誰が結局儲けたの!?どの政治家にゼニは流れたのという産業と政治の癒着の話で、次元がちょっと低レベルです。でも思想レベルの癒着は恐い。お互いに本気でそう考えている、信じている可能性が高いからなおさら…。ゼニという旨みが絡んだ思想の癒着、ナチスみたいなものか……今、安倍首相を中心に法改正で何かが動いているのは間違いない……トランプはその点、言葉が先に出ちゃう人(落語「禁酒番屋」の正直もの)だから、反対の反応がしやすいけれど、安倍首相のソフトな仮面に騙されている人が多いのでは、と私は感じている。
--------------------------------------------------------
《2/24追記》翌日の目覚めた昼近く
★安倍首相夫人、名誉校長を辞任=国有地格安取得の私立小−衆院予算委-時事通信(2017/02/24-10:03)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022400172&g=pol

◆「会計検査」のこと
検察の特捜ならば家宅捜査をして証拠となりそうな怪しい書類の押収となりますけれど、
会計検査は厳密な意味での"捜査"ではないので、書類の押収は無く、
関連書類を精査の上、担当者の聴き取り調査などで補完し、重要な書類はコピーを取ります。
今回の「国有地の格安売却」
どういう経過で売却価格が安くなったのかをつまびらかにしてくれるはず。
今注目を集めている"事件"ですから、検査の陣容は"検察の特捜"レベルとなるでしょう。
当然、財務省と近畿財務局とに同時の会計検査が…!?!?

億レベルの国費の話ですから、売却価格決定の決裁書類が無いなんていう事は無いでしょうよ。
民間ならトップダウンがあるだろうけど、役所の意思決定は書類による決裁ですから。

part2の《2/22追記》で引用した
「一方、この土地には売却前の国の調査(2009〜12年)で、ヒ素や鉛による土壌汚染と地下ごみがあった。学園側は土地を取得する前の借地契約の段階で、いったん撤去費約1億3200万円を負担。後に国が支払ったことが分かった。」
この時の金の流れを確認するため、学校法人の事情聴取は当然あるでしょう。

また私立の学校法人に対し補助金などの支出は無いのか、国費、県費、市費の。
もしあるならば、別ルートでの国、県、市による検査も……
---------------------------------------------------------
《更に追記》少し古いニュース
★ごみ撤去費「財務局と航空局で算定」 大阪・国有地売却-朝日新聞デジタル2017年2月21日23時11分
http://digital.asahi.com/articles/ASK2P64KKK2PPTIL02Q.html?rm=702
「民進党は、国が09年度の調査で地下3メートルまでしか調べていないのに、より深いところにごみがあると算定した根拠を示すよう求めたが、航空局の担当者は「どの部分まで評価に含めるか、判断する立場にない。財務局と相談して出した」などと回答。ごみの場所や深さが分かる写真なども示さなかった。」
「民進党の玉木雄一郎・衆院議員は、財務局と航空局の説明を「8億円を超える撤去費用の根拠が極めて乏しい。ないと言わざるを得ない」と批判。その後の会見で「なぜこんなに値段を引いたのか、合理的な説明がない。改めて国会でも確認していきたい」と述べた。」

今回の報道では頑張っている朝日新聞だが、
個人的にはあの慰安婦問題の捏造事件以来、朝日新聞を嫌いです。
だからサイト・朝日新聞デジタルの記事をこまめにチェックしたくないので、こういう漏れが起きる。
これはしょうがないですね。
----------------------------------------------------------------------
《更なる追々記》私も確認できたソースの画像2枚
★【更新】疑惑の森友学園、サイトから安倍昭恵氏のあいさつ削除→実は、ソースに残ってる-BuzzFeed Japan 2017/02/24 06:01
https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/what-is-mizuhonokuni7-1


part2からの転載《2/23更に追記》
★小学校HPから安倍昭恵・名誉校長記載消える 森友学園-朝日新聞デジタル 2017年2月23日19時25分

上の記事を読んだ時に小学校HPはサーバーダウンで確認できなかったけど、Googleのキャッシュ(2017年2月23日 08:15:13 GMT)は一応保存(2017年2月23日、21:53:57)していたので、BuzzFeed Japan記事のように、そのソースは私にも確認出来ました。

全く知らない方に「ソース」を少し説明しますと、ホームページというのはhtmlというタグによって規則正しく構成されているから、普段閲覧しているようなホームページとして見ることが出来ます。(ここseesaaはタグを全く意識せずにブログを書いています)
このソースは誰にでも簡単に確認できます。HPやブログ記事を開いておき、「Ctrl」+「U」、この二つのキーを押すと表示されます。こんなことは普段意識する必要はありませんけど、複雑な文法で成り立っていることを心の片隅に記憶…。この「ソース」が役に立つことは時たまあります。今回もそうですね。

ソースの確認はgoogle chromeが一番見やすかったので、問題のソース画像2枚を掲載します。
一枚目はメタタグといって、Googleのような巡回して来るロボット型検索エンジンに、このページは何々ついて書いてあるよという情報やキーワードなどを提供する働きをします。
この時にはHP担当者も急いでいたのでしょう。この時点ではメタタグには安倍昭恵という名前はしっかり残っています。
あいさつ-1.JPG
二枚目は非表示タグで隠されているけど、安倍昭恵さんの挨拶文はソースではちゃんと確認できます。関連部分を完全に削除する前に、Google検索エンジンが来て、情報を集めて行ったのかな??
あいさつ-2.JPG
-------------------------------------------------------
《2/25追記》
※「朝日新聞デジタル」には有料ニュースがあって、記事の途中から読めなくってイライラする事があるので、Yahoo!ニュースの出処が「朝日新聞デジタル」の時、リンク及び引用をできるだけ避けることとした。※
「記録を廃棄」そんな阿呆な!?!?公文書には保存期間の規定があるだろう!?!?!?
急げよー会計検査!!!!関係書類の破棄は更に進むぞー

★<森友学園>財務省、土地交渉「記録を廃棄」-毎日新聞2017年2月24日 21時14分(最終更新 2月25日 06時24分)
http://mainichi.jp/articles/20170225/k00/00m/040/125000c
「建設現場から掘り出したごみの一部が敷地内に埋め戻されたのではないかと改めて追及した。財務省の佐川宣寿理財局長は「契約上、確認する義務はない」と答弁した。一方、国有財産を管理する財務省近畿財務局が学園側との交渉記録を既に廃棄したことも明らかになった。」

★<森友学園>土地取引、際立つ異例さ…国会で紛糾-毎日新聞2017年2月24日 21時28分(最終更新 2月25日 08時18分)
http://mainichi.jp/articles/20170225/k00/00m/040/135000c
「24日の衆院予算委員会では、開校時期や財務状況に配慮した前例のない手続きが明らかになり、野党は「政治家が関与していると国民が疑念を持つ」と批判した。」
「23日の質疑では、大阪航空局が行った約8億円の減額算定に関し、国が直接算定した前例がなかったことも判明。佐川局長が「今のところ(同様の)事例は確認できなかった」と明かした。」
「こうした手続きには「普通は不動産鑑定士ら第三者に頼む」(日本維新の会の足立康史氏)などの批判が出た。」
--------------------------------------------------
《2/26追記》
★松井大阪府知事が「森友学園」不認可の可能性に言及-日刊スポーツ2017年2月25日21時4分
http://www.nikkansports.com/general/news/1784160.html
--------------------------------------------------------
《2/27追記》
★<森友学園>「ごみの土は仮置き」…HPに反論掲載-毎日新聞2017年2月27日 11時13分(最終更新 2月27日 11時36分)
http://mainichi.jp/articles/20170227/k00/00e/040/135000c
★産廃土の埋め戻し報道について-瑞穂の國記念小學院(ニュース)2017/02/26
http://www.mizuhonokuni.ed.jp/information/%E7%94%A3%E5%BB%83%E5%9C%9F%E3%81%AE%E5%9F%8B%E3%82%81%E6%88%BB%E3%81%97%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
★<毎日新聞社説>森友学園 理事長は国会で説明を-毎日新聞2017年2月25日 東京朝刊
http://mainichi.jp/articles/20170225/ddm/005/070/025000c
毎日新聞の社説にも取り上げられるようになった。
ひたひたと…………
------------------------------------------------------------------
《2/27更なる追記》記憶に無い廃棄時期の記述があったので
★「隠蔽と言われても」財務省が森友学園交渉記録廃棄-日刊スポーツ2017年2月24日18時42分
http://www.nikkansports.com/general/news/1783611.html
「財務省は24日の衆院予算委員会で、昨年6月の売買契約締結後、近畿財務局と学園側との交渉や面会の記録を廃棄したと明らかにした。」
格安となった国有地の売却価格などが後に問題になる可能性が高いと恐れた財務省の幹部は、
近畿財務局の幹部に、交渉の経過が判る書類の破棄を指示した。のでしょうね!!
勿論シュレッダーにかけて細かくして…と
担当者のメモなど全てを、バソコンの中もメールも全て削除せよ!!と
検察か警察なら、担当者、担当係長、担当補佐のパソコンを押収して
普通のファイル削除ならば、それらを復元できるだろうに…
《2/27更なる追記の追記》
★<森友学園>言ってほしくない 「安倍首相がんばれ」教育に-毎日新聞 2/27(月) 21:03配信
http://mainichi.jp/articles/20170228/k00/00m/040/064000c
「民進党の大西健介氏らが、幼稚園の2015年度の運動会の選手宣誓を撮影したDVDの内容として質問した。園児が「尖閣列島、竹島、北方領土を守り、日本を悪者として扱っている中国、韓国が心を改め、歴史教科書で(大人が)うそを教えないようにお願いします」と述べ、さらに「安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ。安保法制国会通過よかったです。日本がんばれ。エイ、エイ、オー」と発言したことを紹介。」

こういう噴飯物の学校法人とはそろそろオサラバかな。
会計検査院が早くに動いて、次に検察の特捜が動けば、総理の退陣まではまっしぐらでしょう。
《追記》で報道の更新はするけれど、コメントは当分オヤスミにしますかな??
書類破棄という低レベルの話題だとか、運動会での園児の阿呆らしい選手宣誓などとか、
65歳にもなった私がわざわざコメントするような次元の話題ではもう無いようです。

今日届いて3冊揃った気になる短編アンソロジー『古書ミステリー倶楽部 (光文社文庫)』
安倍話題より、ミステリー短編の方がよっぱど面白い。
短編小説の方が犯罪者はもう少し上手く立ち回っている。
安倍総理は長編ミステリーの主人公には不向きかも…………
長編に向かない、事前の計算に不得意で追及に弱い立ち回りの下手なキャラだったような…………
私の興味、関心の糸が切れかかっています。
------------------------------------------------
《2/28追記》
★「森友学園」“ごみ埋め戻し”問題、“ごみ保管”の明示なし“違反”-TBS News i 2017年2月28日(火) 6時32分
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2994028_ie9.html
「廃棄物処理法の保管基準に違反しているとして、改善を指示」

★「マスコミが報じない」は本当? 神道小学校めぐる疑惑、各紙の報道状況を調べてみた-BuzzFeed 2017/02/22 16:30
https://www.buzzfeed.com/kotahatachi/what-is-mizuhonokuni6
「いちばん少なかったのは読売新聞。計2本だけで、価格や経緯に触れている記事は一つもない。」
読売は死んでいる

★財務省が籠池氏と接触=国有地払い下げで−参院予算委-時事通信2017/02/28-17:59
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022801003&g=pol

★<森友学園>海自、理事長に3回感謝状-毎日新聞2017年2月28日 17時50分(最終更新 2月28日 19時35分)
http://mainichi.jp/articles/20170301/k00/00m/040/015000c
「海自によると、籠池氏が園長を務める大阪市内の幼稚園は遅くとも1999年から、護衛艦が入港する際に園児の鼓笛隊が演奏で歓迎したり、東アフリカのソマリア沖アデン湾に海賊対処活動で派遣された護衛艦の乗員に顔や動物などを描いて激励する絵本や貼り絵を贈ったりしていた。」
---------------------------------------------------
《3/1追記》
★<森友学園>「安倍首相がんばれ」調査 大阪府-毎日新聞2017年2月28日 23時21分(最終更新 3月1日 00時57分)
http://mainichi.jp/articles/20170301/k00/00m/040/165000c
「委員会後、文部科学省から事実確認を要請された。府は幼稚園に即日連絡を取り、週内に園の見解やその他の教育内容を報告するよう伝えた。
 特定の政党を支持・反対するための政治教育を禁じる教育基本法に抵触すると確認された場合、是正を指導する。」

★ごみ撤去費、大阪航空局に算定経験なし 森友学園問題-朝日新聞デジタル 2017年3月1日12時03分
http://www.asahi.com/articles/ASK31324HK31UTFK001.html

★森友学園 安倍事務所出入りの男性が“口利き”を実名告白-文春オンライン/週刊文春 2017年3月9日号
http://bunshun.jp/articles/-/1566

★独自:森友学園が議員に“働きかけ”の記録-日本テレビ系2017年3月1日 19:31
http://www.news24.jp/articles/2017/03/01/07355418.html
「日本テレビが入手したのは、鴻池元防災担当相の公設秘書が森友学園の籠池理事長から2013年8月から去年3月にかけて、少なくとも15回にわたって陳情を受けた記録。」

★鴻池元防災相に陳情=14、15年に献金20万円―国有地払い下げ要請か・森友学園-時事通信 2017/03/01-22:53
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030101238&g=pol

★【スクープ!】安倍昭恵夫人、塚本幼稚園から報酬を受け取っていた可能性-HARBOR BUSINESS Online 2017年02月28日
https://hbol.jp/131054

《3/2追記》
★首相の妻・昭恵氏は私人?公人? スタッフに公務員5人-朝日新聞デジタル2017年3月2日12時00分
http://www.asahi.com/articles/ASK323QZ8K32UTFK006.html
「昭恵氏については第2次安倍内閣の発足後に拡充され、常勤2人、非常勤3人の計5人態勢になった。首相は「安倍内閣になって、海外出張が格段に増えている」と理由を説明した。」
「首相は、学園が開校予定の小学校の名誉校長になっていた昭恵氏について、「私人だ」と主張。これに対して、野党側は「学園のパンフレットや講演会でも『内閣総理大臣夫人』の肩書で紹介されている。明らかに公人だ」(共産党の小池晃書記局長)と批判している。」

★<森友学園>小学校認可先送り検討 大阪府、4月開校は困難-毎日新聞2017年3月2日 15時00分
http://mainichi.jp/articles/20170302/k00/00e/040/267000c
「財務状況への懸念に加え、国から取得した用地にごみを含んだ土砂が積み上げられていることが2月下旬に判明し、開校までに汚染調査や搬出作業が完了するめどが立っていないことなどが理由。府私立学校審議会(私学審)は引き続き認可に向けた議論を続けるが、開校は早くても来年4月になる見通しだ。」

★大阪府、森友学園への補助金交付決定済み 校庭芝生化に-朝日新聞デジタル2017年3月2日20時39分
http://www.asahi.com/articles/ASK325D8JK32PTIL01T.html

世の中、色んな補助金・交付金がありますから、上手く引き出せば、打ち出の小鎚になるのかな…
東北地方太平洋沖地震でもNPO法人を語った詐欺師がたくさんありました。
予算がつけば、新しい制度の間隙をぬって、その旨味に集る人も多い。
公務員には、たっぷり蜜を吸ったら捕まったって構わない、という発想の人間は想像外なのかも…
国会議員は似たグループのような気がするけど……
普通の公務員ならば、大きなトラブルに巻き込まれること無しに、つつがなく定年を迎えたい……
-------------------------------------------------------------
《3/3追記》
★<「森友」問題>民進、籠池氏の招致要求…自民と再協議へ-毎日新聞2017年3月3日 11時33分(最終更新 3月3日 12時57分)
http://mainichi.jp/articles/20170303/k00/00e/040/205000c
「学園の籠池(かごいけ)泰典理事長や売却時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官らの参考人招致を要求した。」
「大阪府が小学校の設置を認可しなかった場合、国有地の買い戻しが可能だと明らかにした。国と学園側の売買契約では、問題の土地は小学校として使用することが定められている。」

★昭恵氏の森友学園講演、官邸職員同行 「私的な行為」2017年3月3日12時57分
http://www.asahi.com/articles/ASK333W6FK33UTFK009.html
「3日の衆院国土交通委員会では、安倍晋三首相の妻昭恵氏が大阪市にある森友学園の幼稚園で2015年9月に行った講演に、首相夫人のサポート役として首相官邸などに配置されている国家公務員5人のうち、少なくとも1人が同行していたことが明らかになった。」
「土生氏はこのときの同行について「職員が公費により出張した事実はない。勤務時間外で私的な行為として同行した」と説明。これに対し、玉木氏は「外形的に公務員を伴っていることは事実で(講演が)完全に私的行為ということは難しいのではないか」と指摘した。」

「職員が公費により出張した事実はない。勤務時間外で私的な行為として同行した」とは不自然です。
安倍晋三首相の夫人が私的では無い用事だからサポート役を付けたのであって、
常識的に考えると、出張命令が出て、出張旅費も当然支給されたはず。
もし「勤務時間外で私的な行為として同行した」と言い張るのであれば、
誤解を招かないように当然、交通費(JR又は飛行機)、ホテル代などのサポート役宛の領収書は取ってあるのでしょう。
安倍晋三事務所からちゃんと補てんされないと、誰も「勤務時間外で私的な行為として」行動はしない。
ということは、安倍晋三事務所にはその領収書があるべきだ。
当然、サポート役に対する日当は公務員に準じて支払われているはず…
これらの支出についての書類が気になります。
またサポート役の出勤簿はどうなっているの!?(これはいくらでも改ざんが可能…)
講演のあった2015年9月5日は調べると土曜日らしい。
まさかのために、前日には大阪に着いていたと思う。
私の印象では、どう考えても「出張」だったとするのが自然ですから……
この「勤務時間外で私的な行為として同行した」辺りの追求をやって欲しいですね。
不自然なことは疑って攻めるべきです。

★森友学園「報告書は捏造」 鴻池氏会見には「嫌悪感」--朝日新聞デジタル2017年3月3日20時18分
http://www.asahi.com/articles/ASK33621YK33PTIL02L.html
★鴻池議員の会見について(3/3お知らせ)―瑞穂の國記念小學院
http://www.mizuhonokuni.ed.jp/information/%E9%B4%BB%E6%B1%A0%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%A6%8B%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
「事後的に捏造された文書で、献金や寄付を強要していた事実を揉み消そうとする態度には嫌悪感しか感じませんが、既に入学を決め、入学を心待ちにしている生徒のために、今は反論を控え、適切に認可がおりるのを待つことにします。」

日本テレビ系2017年3月1日「独自:森友学園が議員に“働きかけ”の記録」というニュース
http://www.news24.jp/articles/2017/03/01/07355418.html
このニュースは、鴻池元防災担当相の事務所がまるでリークしたようなタイミングでした。

★「首相頑張れ」今後言わせず=森友学園が大阪府に説明-時事通信 2017/03/03-21:31
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030301271&g=soc
-------------------------------------------------------------
《3/4追記》
★<森友学園>賃料、不自然な減額 国側「軟弱地盤」理由に-毎日新聞2017年3月4日 21時25分(最終更新 3月4日 23時28分)
http://mainichi.jp/articles/20170305/k00/00m/040/058000c
「財務局と学園は15年5月に貸し付け契約を結ぶが、この2回の査定を経て賃料は年2730万円まで下方修正され、学園側の希望額に近づいた。一連の価格評価について国は適正な対応だったと強調するが、野党は「学園の要望に沿う形で、できるだけ賃料を安くした疑いが強まった」としている。」
--------------------------------------------------------
《3/5追記》
★森友学園の「連携合意」報告、相手法人は「事実無根」-朝日新聞デジタル2017年3月5日05時00分
http://www.asahi.com/articles/ASK34554PK34PTIL00R.html
「中等教育学校を運営する学校法人の広報担当者は「合意どころか、学校法人として何かやりとりをしたような記録もない。そもそも、特定の学校との間に推薦枠を設けておらず、設ける予定もない」と否定する。」

会計検査院はどうなったのかね!?
検査が遅れるほど、関連書類の破棄は進み、
「記憶にありません」と逃げる担当者・管理職が増えるだけ…
★<森友学園>検査院検査を要請へ 参院予算委-毎日新聞2017年3月3日 21時00分
http://mainichi.jp/articles/20170304/k00/00m/010/129000c
「検査院への検査要請は早ければ6日の参院予算委で議決する。検査院は既に情報収集を始めているが、国会として真相解明に向けた姿勢を示す。」
-----------------------------------------------
《3/6追記》
★【森友学園問題】小学校認可先送りへ、大阪府が方針固める 環境整備見通せず-産経WEST2017.3.6 06:30
http://www.sankei.com/west/news/170306/wst1703060010-n1.html
★森友学園問題、政府「8億円減額」根拠を説明-読売新聞(YOMIURI ONLINE)2017年03月06日 12時37分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170306-OYT1T50042.html

★「安倍首相がんばれ!」森友学園の幼稚園児が連呼、「教育基本法14条」違反では?-弁護士ドットコム2017年03月06日 10時15分
https://www.bengo4.com/internet/n_5796/

★安倍首相、売却額値引き適切=国有地買い戻しも−参院予算委-時事ドットコム2017/03/06-16:47
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030600789&g=pol
「財務省の佐川宣寿理財局長は、31日までに小学校が認可されなかった場合、学園側が支払った売買代金で国有地を買い戻せると説明。買い戻しの判断時期については、「大阪府が23日に開く私学審議会の結論を踏まえ、適切に対応したい」と述べた。」

★森友問題で蓮舫・民進代表VS安倍晋三首相が実現 「あまりにも分かっていない」といなされたのは…-産経新聞 2017.3.6 14:16
http://www.sankei.com/politics/news/170306/plt1703060027-n1.html
「具体的な追及材料という「実弾」はなく、安倍晋三首相に「蓮舫さんはあまりにも分かっていない」といなされるなど、迫力不足が浮き彫りになる展開となった。」
情けない蓮舫党首、これだけの情報があって、それらを分析し試算して、
安倍首相を攻めることも出来ないとは……
「ごみを取っていないから1億数千万円になったのであって、取っていたら9億円で払い下げになっていたものです。午前中の質疑で西田昌司さんが計算式を示して証明された。具体的に批判していただきたい」
この「計算式」については知らないけど、実際に調べた深さと以前の記事にあった計算上の深さとには数メートルの差があった。このことは、鼻から判っている事なのだから、何故にその計算式を問題にして、我が党の計算では、こうなると攻めれないのか、責めれないのか!?
畳みかけて攻撃できない党首、分析してその用意を指示できない党首、
切れるスタッフだっているだろうに…スタッフが進言しづらい雰囲気の蓮舫議員なのか…
安倍首相はこれが問題になってから、慌てて後付け理論武装しているだけなのに…情けない
完璧そうに見える後付けだが、そこに付け入る穴があるものです。
流れのままだと自然に答えていればイイが、負い目がある後付けには不自然な繕いが目立つもの。
蓮舫議員の記憶は「二番じゃいけないんですか!?」←これしかないなぁーっ

期待している会計検査院の動き、政権党の人事権は強大だからねえ!!
検察の特捜ほどじゃないけど期待しています。動きはノロイようだけど…
まずは県と市のレベルで頑張っているようです。
-----------------------------------------------
《3/7追記》
★小学校建築費、3倍の開き=補助金申請時と工事契約で−森友学園-時事ドットコム2017/03/06-23:45
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030601267&g=soc
★森友学園“口利き”疑惑 与党幹部が激白「本当に口利きしたのは◯◯大臣」-週刊朝日 2017/3/ 6 16:00
https://dot.asahi.com/wa/2017030600043.html
-----------------------------------------------
《3/8追記》低レベルの話に…
★森友理事長、経歴詐称か 「自治省から出向」記録なし-朝日新聞2017年3月8日12時09分
http://www.asahi.com/articles/ASK383FD5K38PTIL005.html
★“森友”教員名を名簿に無断記載か 小学校認可巡り-テレビ朝日系(ANN)2017/03/08 11:51
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000095944.html

★安倍首相夫人同行は「公務」=政府が答弁訂正-時事ドットコムニュース2017/03/08-17:12
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017030800884&g=pol

★<森友学園>「役所仕事と思えぬ迅速さ」小沢一郎氏が視察-毎日新聞2017年3月8日 19時31分
http://mainichi.jp/articles/20170309/k00/00m/040/050000c
ボロ(襤褸)がこれでもかと言えるほど、露わになっているが
「役所仕事と思えぬ迅速さ」
まるで計画の絵図があったかのように速やかに進捗してきた森友学園問題(事件)。
その綻びを追求するのが野党の役目 なのに……
★<森友学園>大阪府が「小学院」現地視察 9日午後に-毎日新聞2017年3月8日 21時34分
http://mainichi.jp/articles/20170309/k00/00m/040/110000c
「府は入学予定者数などを資料を示させて確認するほか、認可申請を巡る虚偽報告疑惑について直接問いただし、認可の可否の判断材料とする。」
-----------------------------------------------
《3/9追記》
★「森友」保育園、補助金1000万円不正受給か-読売新聞2017年03月09日 10時30分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170309-OYT1T50029.html
★森友の幼保、補助金など不正受給か 大阪府・市が調査-朝日新聞2017年3月9日13時34分
http://www.asahi.com/articles/ASK3936QHK39PTIL00B.html
学校運営って旨みの多い魅力的な世界なんですね!!

★<森友学園>施工業者「15億円が正しい」 府に契約書提出-毎日新聞2017年3月9日 11時32分
http://mainichi.jp/articles/20170309/k00/00e/040/257000c
「「森友学園」が4月開校予定の小学校を巡り金額の異なる3通の契約書が作成されていた問題で、施工業者が府建築振興課に提出した契約書の金額は、学園が国と府私学課に示した金額のいずれとも異なっていることが、9日分かった。施工業者は「15億5520万円」と報告し、建築振興課の聞き取りにも正しい金額を記したと説明」

★稲田防衛相の夫は森友学園の弁護士だった- 週刊文春 2017年3月16日号
http://bunshun.jp/articles/-/1658
稲田防衛相って結構トンチンカンな阿呆??と感じていましたけど、こんな夫婦愛の話になるとは…!?!?!?!?
何でも有りのテレビドラマの脚本家にも思いつかないい、意外すぎる突然の展開に…驚いたー!!
この記事の前に、森友学園の弁護士もちょっとトンチンカンと感じていましたけど……
-----------------------------------------------
《3/10追記》
★<森友学園>小学校設置認可申請取り下げ 大阪府が明らかに-毎日新聞2017年3月10日 15時36分
http://mainichi.jp/articles/20170310/k00/00e/040/269000c
総理は少しホッとしているかも…
野党よ、逃すな!!
国有地の売買契約に瑕疵が無かったのか、不正が無かったのかは、小学校設置認可申請取り下げとは別問題

★国が土地買い戻しへ=「森友小」取り下げで-時事ドットコムニュース2017/03/10-18:34
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031001221&g=pol
森友学園に更地に戻す資金はあるのだろうか!?  破産……

★【森友学園】塚本幼稚園の園児保護者から転園相談相次ぐ 先行き不安視か-産経ニュース2017.3.10 21:11
http://www.sankei.com/west/news/170310/wst1703100085-n1.html
-----------------------------------------------
《3/11追記》
★<森友学園>府が本格調査 契約書虚偽で立ち入り検査も視野-毎日新聞2017年3月11日 11時21分
http://mainichi.jp/articles/20170311/k00/00e/040/251000c
「大阪府は学園に対し、私立学校法に基づく立ち入り検査も視野に、本格的な調査に乗り出した。」
会計検査院の動きはまだ何も見えないので、大阪府の立ち入り検査に期待しよう。
posted by yumenoya at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 権力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

◎夭折した村山聖九段の師匠である将棋棋士・森信雄についての記事(Yahoo!ニュースの独自記事)

Yahoo!ニュースというと、色んなメディアの記事を紹介したものを思い浮かべる。私も毎日パソコンを起動して、最初にチェックするのはYahoo!トップのニュースだ。このチェックが終わったら、次にスポーツナビで大谷翔平くんの新しいニュースが無いかを確認する。気になった記事は私のホームページの「2017年大谷翔平くん関連の気になるネット記事にリンク(一覧表)」に追加してアップするのが日課となっている。プロ野球が開幕しないとテレビは視ないしテレビニュースとも縁が無いので、Yahoo!のニュースのチェックはマメにやっている。
http://yumenoyabook.web.fc2.com/ohtani_news2017.html

Yahoo!ニュースには、独自の取材による重厚な記事があることを意識し始めたのは次の記事を読んでからだ。
●兵庫労働局、発達障害の非常勤女性に「いじめ」「虐待」〜前局長ら5人処分 障害者雇用推進の役所がなぜ?-Yahoo!ニュース 2016年10月13日(木)13時2分配信(Yahoo!ニュース編集部)
http://news.yahoo.co.jp/feature/392
(2/24追記:ネットの記事を読みながらこんなにムカついた事は記憶に無い。まだ投稿していない"私の宿題"だが、この記事を読んで即に、私なりに記事の再構成を行い、不明な点はネットで色々調べて補足し、昨年に私の推理はほぼ完成していた。原稿txtの最終更新を確認したら10/26だ。その原稿作成で何度もその記事を再読する必要があったので、その度にムカついていた。あのムカツキはあまり再現したくは無いが、決定稿とするためには、原稿を精査する必要がある。するとまたあのムカツキに襲われる。何とかせねば……自分に対する外堀埋めかな?)

そして今回のような将棋棋士・森信雄を師匠とする一門について取材した記事もあります。読み応えがありました。
◎将棋で不幸になってほしくない――「さえん」師匠が人を育てる - Yahoo!ニュース 2017.2/23(木) 11:23 配信(ノンフィクションライター・神田憲行/Yahoo!ニュース編集部)
http://news.yahoo.co.jp/feature/519

村山聖という棋士と森信雄という師匠を知ったのは、マンガ雑誌で「聖(さとし) −天才・羽生が恐れた男−」の連載が始まったからだ。私は駒の動かし方を知っているだけで、将棋のファンではないけど、羽生善治という名前は当然知っていた。その"羽生が恐れた男"とは!?
描くのはマンガ家・山本おさむ。この山本おさむの作品を意識しだしたのは、聴覚障害の野球部員たちが甲子園を目指す『遥かなる甲子園』(原作/戸部良也)を読んでからで、この作品を初めて読んだ時には泣けてしまいました(再読の時にも)。そして『わが指のオーケストラ』『どんぐりの家』『ペンだこパラダイス』……作者の眼差しは優しく暖かい。

マンガ『聖(さとし)-天才・羽生が恐れた男-』(監修:森信雄)は、「ビッグコミック」に連載された。その当時(2000年/ネット古本屋を開業した年です)はマンガの貸本屋を閉店すると、ほぼ毎夜小さな飲み屋へ通っていた。そこの常連の飲み友だちは色んなマンガ雑誌を持ってきた。当然この「ビッグコミック」も。

続きが気になるので、やがて大崎善生のノンフィクション小説『聖の青春』がある事を知り古本屋で入手して読んだ。

森信雄の最初の弟子が村山聖。このYahoo!の記事では、その後の弟子たちと師匠・森信雄とが色々と語っております。将棋を全く知らない方にもオススメしたい記事です。

《追記》
YouTubeに次の動画がありました。
2016/11/21に公開で、視聴回数 23,981 回ですから、結構人気のようです。
★ドラマ「聖の青春」ダイジェスト (38分52秒)
https://www.youtube.com/watch?v=5-YHw__1QOc
まだ途中ですが、なかなか面白い。
posted by yumenoya at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

◎古本と古本屋にまつわる小説のアンソロジー(ネタバレも有り)と三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」/《追記2/27》マニアの古書交換会

古本と古本屋にまつわる小説で思い出すのは、
まず梶山季之「せどり男爵数奇譚」
次が古本屋である出久根達郎さんによる初期作品群
最近では三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ

紀田順一郎/編「書物愛 日本篇」
紀田順一郎/編集解説「書物愛 日本篇」(晶文社/2005)は2/8に図書館で借りたもの。
(注・現在「書物愛 [日本篇] (創元ライブラリ) 文庫」で入手可)
「書物愛 日本篇」は延長して明日2/21が返却日なので、今このメモを書いている。

巻末にある収録テキストの出処を最初に確認すると、
書物愛 日本篇.jpeg
夢野久作は教養文庫か角川文庫で読んだ
出久根達郎は『古書綺譚』新泉社(1985)と中公文庫(1990)の両方かな
横田順彌は『古書狩り』ジャストシステム(1991)
宮部みゆきは『淋しい狩人』新潮社(1993)
上の4冊のタイトルは記憶にあるが
紀田順一郎の『神保町の怪人』東京創元社(2000)
この題名は、ちと記憶があやふや…読んだような気もするが……

一作以外は皆読みましたが、昔読んだ短編の細部はすっかりきれいに忘れていました。この本は5年後ぐらいににまた楽しめそうな気がします。

夢野久作「悪魔祈祷書」
「富豪ロスチャイルドが巨額の懸賞金をかけて探したが見つからなかった稀覯書」などについて語る古本屋の話は面白い。

島木健作「煙」
あまり歳の離れていない叔父さんの経営する洋書古本屋を手伝っているのが主人公、大事な洋書のセリ市があるけど用事で出れない叔父の代わりに出ることに…戦前の洋書セリ市の風景が面白い。繁華街や人付き合いが苦手な主人公の心の動きも…

由起しげ子「本の話」
戦後初の芥川賞受賞作らしい。題名だけは知っている。
姉の看病と姉に旨い物を食べさせるため痩せ衰えて死んだ義兄。大学教授の義兄が残した財産は、"海上保険"という特殊な分野の洋書・専門書。姉の看病のために資金が必要で、義兄の蔵書を手放そうとするが、散逸はしたくないし、できるだけ高く手放したいし、義兄の意を汲んで今後の研究に役立てて欲しいし…という主人公の悩みを描いているが、蔵書の落ち着き先がはっきりしないままラストへ。

野呂邦暢「本盗人」(ネタバレ注意!!)
古本屋の若い二代目が主人公。妹が手伝っている。最近ガラス扉の陳列棚の高価な本が立て続けに万引きされた。気を付けていると、初見の女子学生らしい客が変な動きをしている。買う訳でも欲しいものがあって悩んでいる風でもなく、数日続けて来たので、店主は声をかけた。驚き怯んだ女子学生は慌てて退出。すると万引きされた本の一冊が押し込むように戻っていた。が、それから彼女は来ない。彼女が万引き犯とは思えないし、どうも万引き犯の代わりに返しに来たようだ。…通販の古本を発送するために郵便局へ行ったら、窓口にあの彼女が居た。書留で発送するのなら発送人の住所・氏名が書いていないと困りますと言われている。覗くと宛名は当店だった。彼女は発送人を書きに記載の台へ。窓口に向かう彼女に声をかける。「切手を貼る必要はありませんよ」…誘った近くの喫茶店で二人の会話が始まる……。他の古本屋エピソードや友人の恋の話なども絡みなかなかの短編でした。
(収録されている単行本『愛についてのデッサン―佐古啓介の旅 (大人の本棚)』は図書館に本日2/20ネットで予約した)

出久根達郎「楽しい厄日」
●妻が電話で受けた古本買い入れの依頼。妻のメモによると結構珍しそうな高く売れそうな本があるらしいぞと期待を膨らませながら、自転車で依頼先の家を探すが見つからない。これはどうも担がれたかな…イタズラ電話だったようだ。そして意外なラストに…
《詐欺師による古本屋騙し事件》
●この短編を久しぶりに読み返していて、解体屋を名乗る男が古マンガに強そうな古本屋に電話して、全国の古本屋に手付金を送金させたという詐欺事件を思い出した。「結構珍しそうな高く売れそうな本があるらしいぞと期待を膨らませ」るという古本屋の助平心を刺戟するのでは同じです。岩手県の解体現場から札幌の古本屋へ電話があったとしたら、即ゼニを持って車で飛ばすとはなりませんからねぇ。なかなかの詐欺師です。
「古そうなマンガが色々出て来た。足塚なんとかという人の漫画やユートピアとかいうのもあった…それに…も」。詐欺師がその時に何と言ったかは忘れましたけど、「現場近くの公衆電話からかけているんで、小銭がもう無くなるから切るけどさあ、手付金なんかを払ってくれたら、他の古本屋には売らないからさあ。考えておいてくれ。また後で確認の電話を入れるから…」古マンガに強い古本屋なら、藤子不二雄の初単行本、足塚不二雄「ユートピア 最後の世界大戦」を連想して、これは何とかオレが押さえにゃ!!と、まとまったゼニを用意し、慌てて手付金を送金したと思われます。借金などができずに送金出来なかった古本屋は悔しがったのでしょう、でも詐欺事件には引っかからなかった。私がこの事件を知ったのは、マンガの貸本屋としてホームページを開設した1999年頃のこと。リンク集に入れるべき候補は事前に用意してあったので、早速相互リンクしてもらったひとつが神戸の古本屋さんでした。そこの店主はこの事件の被害者で、ホームページではこの事件を解説していました(この方は後に廃業して別の方へ店を譲った)。この後、札幌に被害者が居たことが判明し、私が知っているのは2店のみです。この詐欺師は捕まりましたが、その後のことは判りません。この古マンガについてのセンスで行くと、詩集とか色々な分野別詐欺バージョンがありそうですけど……
●今検索してみたら、図書館にはどの程度かは判らないが、全国の県庁所在地の電話帳(タウンページ)を置いてあるかも…。広告を見たら、古マンガの買取りに力を入れている古本屋は一目瞭然のはずです。

横田順彌「古書狩り」
戦前の探検・冒険書がメインで、そこから敷衍した蒙古や満州など関連のコレクターが主人公。古書集めの仲間もおり、情報の交換もしている。古書市で奇妙な老人に気が付いた。老人が同じ「外蒙古の謎」を買うのを数度見かけている。同じ本を探して買うのは何故だろう!?!?「外蒙古の謎」はもう持っているのだが、印刷目録にその本を見つけた時は、申し込んだ。複数の希望者が居たら抽選になる。ひょっとしたら、あの老人に会えるかも…。注文締め切りの翌日に確認したら、自分が当選していた。次の日に取りに行ったら、古本屋の店員曰く、あの人は昨日も待っていたんですよと。その老人は、ちょっと見せて欲しいと頼むので、渡すと奥付ページを確認して、是非譲ってくれ云う訳でもないから、これは捜している本ではないようだ。謎は更に深まる。ある日、古本屋でこの本を見つけたので、手を伸ばすと、横からも手が伸びてきた、若い女性だった。ちょっと見せてくださいと頼む女性に渡したが、これもまた該当しないようだ。主人公は若い女性に不思議な経過と自宅に一冊持っていることを話すと、興味を示したので、連絡先を彼女に渡した。彼女から連絡があり、その本を持参し会う約束をした。そこには、あの老人と女性が…あの老人から語られる謎の行動の真実…

宮部みゆき「歪んだ鏡」
自分の容姿に幻想を抱かずにずっと生きて来た25歳のOL・久永由紀子がその文庫を拾ったのは、列車の網棚に置いてあったから。雑誌や新聞なら取らないけど、文庫だったので、手が伸びてしまった。それは山本周五郎「赤ひげ診療譚」。裏表紙の解説を読むと時代小説らしい。関心は無いけど、本をぱらっとしたら、二つに分かれ、そこには男の名刺が挟まっていた、リフォームの営業マンらしい。久永の想像は文庫の持ち主と名刺の男性はどういう関係か、それが網棚に忘れられた理由は、色んなシチュエーションが浮かび膨らみ名刺の男が気にかかる。読み始めたら意外と「赤ひげ診療譚」は面白い。とくに最後の「氷の下の芽」が気に入った。小説の中のおえいは呟く「男さえ持たなければ、女も子供も苦労なんかしずに済むんです」。若い娘のおえいは開き直って覚悟を固め自立している。それに比べ、この私は……由紀子は猛前とこの本の持ち主に会ってみたいと。私とこの本をつないでくれた網棚に忘れた人に。
舞台は古本屋に変わり、材木商を定年退職し遺友の古本屋の雇われ店主となったのがイワさんこと岩永幸吉で65歳。イワさんの孫・稔17歳が毎週末(土日)に泊まり込みで古本屋を手伝いに来てくれるのがイワさんの楽しみだったし、助かってもいた。もちろんしっかりバイト料は貰っていくが、遊んでいるだけの同年齢の若者たちに比べると、遥かにしっかりしており、頼もしくも思っていた祖父。だが稔の話によると、最近10歳も年上の女性と付き合っているらしい。深夜、近くのコンビニで知り合ったが、一緒に夜食を食べ、相手のマンションにも訪問していると判明。それに祖父が怒ったことから、孫とは疎遠になってしまい、イワさんのイライラした毎日は続いている。そんな時に店内で挙動不審なサラリーマンを発見し難詰すると、リフォームの営業マンだが、リフォームの該当年齢層にアピールする方法として時代小説に名刺を挟むこととした。だが新刊本屋は従業員が多いのでスキが無く断念し、友だちも利用しているこの古本屋で名刺を挟んでいた。こんな事はもうやってくれるなとサラリーマンを追い出すイワさん。
古本屋が舞台の連作小説の主人公イワさんと名刺の挟まった文庫を拾った久永由紀子と名刺のサラリーマンの三人がここでつながり、予想外の推理ドラマは展開していくのでした。意外なラストで別つながりが……。
(再読して今さらなので恐縮ですが、さすがの宮部みゆきさん。構成が重厚だし、取り上げた山本周五郎「赤ひげ診療譚」の使い方も巧みです。このイワさんシリーズは是非とも単行本『淋しい狩人』で読み返さなくっちゃ。宮部みゆき作品はSFっぽい作品とこの古本屋もの以外はほとんど読んでいないはず。別のものに挑戦する必要がありそうだ…)

《次の途中まで書いた時に、この本返却で図書館へ(記憶で書いています)》
×稲毛恍「嗤い声」(出だしの数ページで挫折)
●主人公は国語の教師。芥川賞と直木賞の帯付き初版本の収集が趣味で実益も兼ねているらしい。賞の候補が決まると友だちと予想の話もする。単行本が出ている作品の場合は、何処の新刊本屋に沢山並んでいるとかをチェックして歩く。受賞が決まったら置いて有りそうな本屋へ急ぐことになるので。(ここからは本を確認できないので記憶間違いはご容赦)…受賞すると過去の作品も注目を浴び古本価格が上がるので、それらの古本もターゲットとなるらしい。マニアの交換市もあると。今回の直木賞候補にエロ小説で有名な作家がいるという設定だが、あの清水正二郎がモデルかな、直木賞受賞は胡桃沢耕史名義で。これがこれから盛り上がる要素かも…(これにも私を引き留める力は無く挫折です)
●かなり前から芥川賞にも直木賞にもほとんど関心が無いので、出だしの数ページで挫折しました。興味のない話題が展開していると読み続けるのは苦痛ですから。
●今はめったに無いけど、数年経って興味を持ち直木賞受賞作品を読んだことはある。その時は「直木賞受賞」の帯が付いたものを買った。かなり経ってから、ある記事で読んだのだが、「直木賞受賞」ではない当初の帯が付いた本には少しプレミアムがついていると。古本屋を歩くのが趣味ですから、少し高くネット古本屋として売りました。捜している方がいたんですねぇ。そんな風に探したのはその本だけです。それは高村薫『マークスの山』で、初版(第一刷)と第二刷の2冊を見つけたと記憶。その時は「直木賞受賞」と謳っていない帯を探して歩いたわけです。とにかく並んでいるほとんどが「直木賞受賞」という帯でしたから。
●エロ小説で連想した話を。30歳近くの頃、転勤で札幌にいました。ススキノの近くには石川書店という小さな古本屋がありました(後のビルを建てる前のこと、それも数年前に廃業)。ここは雑多な品揃えで私も時々覗いていました。ここで遭ったのが蘭光生というエロ小説家で、この当時に入手した新書判(二見書房)は後のネット古本屋で結構高く売れました。蘭光生に出遭った時期か、又は少し経った蘭光生に興味が失せた頃か、エログロナンセンスSF小説ではヒカイチの式貴士作品に出合いました。長〜いあとがきの面白いSF作家でもありました。ネットの時代になり、やがてやっと今風のGoogle検索エンジンが登場してから、ファンサイトで知ったのは、この二人が同一人物だったことです。SF小説ファンで式貴士さんを知らないという人が居たら、急げーです。筒井康隆さんだってエログロナンセンスを描いていますから、式貴士さんはオススメです。間羊太郎名義の『ミステリ百科事典』も面白い。こんな方を博覧強記というのかな…なお、式貴士さんは直木賞受賞者ではありません。

紀田順一郎「展覧会の客」
デパートで開催される大古本市。その前日は古本マニア(古本屋から見ると大のお得意様)を招待しての出品古本の事前お披露目の下見会。主人公は評論家且つマニアとして招待された。彼に声をかけたのが大沢という結構有名な詩集のマニア。その翌日、早起きしてデパートを目指したが既にかなり並んでいる。大沢は、と探すがずっと後に居たので、それじゃ目指す本は手に入らんよと思う主人公。ところが大沢は沢山抱えて出て来た。大沢はそのテクニックをばらす、欲しい本は下見会の時に、別の本の裏に隠して置いたと(そもそも下見会なんてあるのかも不明。私も並んで開店を待ったことが一度だけある)。大沢は明かす、欲しい本を手に入れるには「殺意」が必要だと(持ち主を殺しても良いと思うほどの執念か)。やがて入ってくる大沢の悪い噂。大沢が執筆中の本のために、詩集、資料を貸したが返してくれないと嘆く研究者や詩集コレクターなど色々の噂。普段より増やしたガードマンが警備する大古本市会場から目玉商品が消えたという盗難事件が起きた…やっと推理小説の開始。今までは伏線です。


ということで、古本と古本屋にまつわる小説のアンソロジーとしては傑作です。もしこれ以外にそんなアンソロジーがあったら、是非読みたい。知っている方、教えてください。なおこれには「書物愛 世界篇」があるので、後日借ります。

今日は上で触れた野呂邦暢『愛についてのデッサン―佐古啓介の旅 (大人の本棚)』をまず借りて来ました。(追記/日本酒を呑みながらビニール袋(今日は少し雪が舞っていたので図書館で袋に入れた)に入った本書を深夜に取り出すと、みすず書房版(2006)で、角川書店版(1979)に佐藤正午の書き下ろし解説を付したものでした。でも思うのだが、副題の「佐古啓介の旅」が、もし「若き古本屋店主二代目・佐古啓介の旅」とかだったら、私が読むのは少し早まった可能性がある。作家は本屋で目立つ事をあまり考えないのだろうか??ネット古本屋の私は、ヤフオク!出品のタイトルをどうするかで悩んでいる。目立つことで悩んでいるというのに。巻末の著者略歴によると1980年に42歳で急逝。野呂邦暢という文字に記憶はある。学生時代に古本で読んだ文芸誌に載っていたのだろうか?)
それにしても昔単行本で読んでいるのに、ほとんど何も憶えていない。うっすら記憶にあったのは、セールスマンが宣伝のために古本に名刺を挟むのは面白いアイデアだ。効果のほどは不明だが…という想いだけ。
でも前にも書いたが、読後の評価を目次に付けた◎と〇(借りた本ではないよ)とは5年くらい経ったら、また楽しませてくれると言う事、またその五年後と何度でも…
年齢で好み・評価が変わることは少しだがあるし…
やっと判る年齢になったということもあるから、様々だけど…
「読書にとって、忘却は幸いなり」

今度は「書物愛 世界篇」(ロアルド・ダールの「古本屋」クラス作品を期待)と宮部みゆき『淋しい狩人』を借りよう。忘れてしまった古本屋店主と孫とのその後が気にかかる。
《酔った追記》海外ミステリーだと、料理、酒、犬、猫、クリスマスとかのアンソロジー文庫本がある。「古本」「古本屋」という切り口は無いのだろうか。今度借りる予定の「書物愛 世界篇」に書いてあるだろうか??そんなアンソロジーがあったら、見知らぬ作家と出合うチャンスは拡がるのだが………


三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」
「ビブリア古書堂の事件手帖」の第7巻(完結)は2/25に発売予定と下記2/10ネットニュースで読んだので、2/12図書館に「予定に入ってると思うが是非購入して」とリクエスト申込書を提出し確認したら、「この本は購入の予定になっているはず」とのことだったので、更に確認したら、このリクエスト申込書で予約があった扱いになるとのこと。予約の順番で私が何番かは判らねど…
この「ビブリア古書堂の事件手帖」の第2〜6巻の5冊は図書館で借りて読みました。だからまた図書館のお世話になります。
★「ビブリア古書堂の事件手帖」実写&アニメ映画化!-シネマトゥデイ2/10
http://www.cinematoday.jp/page/N0089541

2/19の夜、美和さんからメールが届き添付されていたPDFが、
三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」についての記事(読売)画像など
ビブリア古書堂の事件手帖.jpg
この記事によると
「作品を支えるのは、古書にまつわるうんちくだ。ベースはデビュー前の古書店勤務時代の経験だが、特に4巻以降は、改めて資料収集から始めた結果、読み込むだけで数か月かかることも珍しくなかったという。没ネタと採用したネタの比率は9対1とも。」
作者の三上延さんについては特に調べたことは無かったので、現在の古本屋でネット通販やっている方が情報源かなと想像していましたが、この新聞記事に「デビュー前の古書店勤務時代の経験」とあり、やっぱりそうか、でした。
栞子、その母親、亡き祖父たちが、「本物は億を下らない究極の希少本」シェークスピア全集の初版本「ファースト・フォリオ」を巡って、どんな推理合戦を展開するのか、楽しみな完結巻です。

前にも別ブログで書いたことだけど、少し気になっている事がある。私の記憶間違いかもしれないが、小説には無かったシーン。数回視たテレビドラマにも無かった。
ネット通販をしていると当たり前の風景は、私の場合、古本代金+送料の入金を確認したら梱包して発送となる(連絡無しキャンセルがあるので入金を確認するまで梱包しないことにしている)。私は郵便局に集荷依頼の電話をして集荷を待ち、来訪という流れになる。一冊ものの注文が多いので、ゆうメールでの発送となる。外出の用事がある場合には郵便局に持ち込んで発送という場合もある。ネット古本屋によってはヤマト運輸のクロネコDM便(厚さ2cm以内、3辺の合計が60cm以内などの対応サイズ有り)を利用する場合もある。発送が割と頻繁の場合のやり方としては、毎日「毎度様」と声をかけてもらう方法もあり、今日は無いよという時だけ事前に電話連絡をするなど様々の対応が有り得ます。集荷業者には定期的な巡回コースと大体の集荷時間帯がありますが、地区によって様々で、ゆうメールの集荷はしない所もあるらしい…
郵便局などの集荷の人とはお互い馴染みとなりますが、推理ドラマに直接関係の無い人物でも、ネット古本屋には日常的なシーンの一つとして描かれていると、さりげないがネット古本屋の日常に厚みがでると思います。作者も判った上で、推理ドラマに関わる人物じゃないから敢えて描かないのかも知れませんけど。実写&アニメ映画の長編には欲しいシーンです。
------------------------------------------------------
《追記2/22》
検索したら、ミステリー文学資料館/編『古書ミステリー倶楽部』(光文社文庫)というシリーズが第3巻まであったので、古本で早速注文した。他の図書館から取寄せるのを待てないから
-------------------------------------------------------
《追記2/27》マニアによる古書交換会
紀田順一郎/編「書物愛 日本篇」に収録されていた稲毛恍「嗤い声」、
これは私の興味の範囲外だったので、数ページで投げだしてしまった。
別の本、野呂邦暢『愛についてのデッサン―佐古啓介の旅』を読んでいたら、
その第1話に、詩関連の古書交換会というのが出て来た。
個人が運営し同好の士の売りたい古書を印刷目録に載せて発行する会員制通販システムで、
古本屋で手放すよりは高く、古本屋で買うよりは安くというのが、マニアの古書交換会。
交換会の印刷目録には出品者の連絡先がかいてあるので、欲しい人は相対の取引となる。
『愛についてのデッサン―佐古啓介の旅』の場合は、申し込みの最終日が記載されており、
希望者が複数の場合は、抽選になるらしいが……
稲毛恍「嗤い声」で触れていたマニア同士の交換会って、
これの事だったのかとガテンが行きました。
これだとちょっとした小遣い稼ぎにはなりそうなので、古本屋巡りもより楽しくなりそうです。

『愛についてのデッサン―佐古啓介の旅』の第1話は1978年に掲載、
稲毛恍「嗤い声」は手元に無いけど、胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』の頃とすると1983年
今ならネットオークションとなるけど、
その当時はマニアによる古書交換会が割と普通だったのかもしれません。
私は昔、マンガ図書館と数軒の古本屋の通販目録しか知りませんでしたけど…
posted by yumenoya at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

◎【成功かと思ったが短期間の命】Gyaoギャオの動画が突然見れなくなった→完全アンインストール→最新版インストール(Firefox)/《3/6追記》また変に→今度は失敗

GyaoのメッセージにはFlashプラグインが原因だと書いてあるけれど、
アドオンのプラグインを確認しても、最新だし有効になっている。
ネットをウロウロしたが、堂々巡りで、解決に至らない。
旧いバージョンを探してインストールしたら、今度は旧いから危険なので動作しませんと。
もちろん最新版を再インストールしてもダメ。

次の記事を読んだら、「Flash Player 向けアンインストーラー」について書いてあった。
★Flash Player ヘルプ / Flash Player のアンインストール | Windows
https://helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/uninstall-flash-player-windows.html
1.ここにあった「Flash Player 向けアンインストーラー」をダウンロードして実行
起動しているアプリを皆閉じてからアンインストーラーを実行ですよ!!!
上のサイト説明と進行画面は違いました。
促されないのでパソコンの再起動もしていない。
2.Adobe Flash Playerの最新版をダウンロード(私は事前に用意)してインストール
Firefoxを起動
3.gyaoギャオの動画が再生され成功

原因が判らないままの成功だけど、
「Flash Player 向けアンインストーラー」が効いたのでしょうかね??

《追記》
1月の事かな、前にもギャオが視れなくなった事があった。
ギャオのメッセージは全く同じ。
その時は色々やっている内に見れるようになった。
今回はずっとそのままだったので、キーワードを色々変えて検索した。
どうもまた同じ症状が発生するような気がしている。
chromeなら問題はないのにFirefoxは????
Gyaoギャオの都度、chromeを起動するのも面倒なこと
新バージョンに何か問題があるのでは!?と考えるしか無い。
それともその更新版をインストールしたの!?

《翌日》少し心配だっので確認したが、Gyaoギャオの動画の再生に問題無し
-------------------------------------------------
《3/6追記》短期間の命でした
また変に→今度はアンインストーラーを使っても失敗
何か有効な解説が見つからない限り、chromeを使うこととする
posted by yumenoya at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

◎タイムスリップSFものと谷口ジロー原作の実写映画「遥かな町へ」(しっかりネタバレ)など、タイムスリップ疑似体験!?

私は、時を超えるタイムトラベル・タイムスリップを描いたSF小説や映画が好きだ。厳密な定義は知らないが、タイムマシーンなどで時空移動するのはタイムトラベル、これは行きたい希望の時代などを選択できる話、まさに旅行です。一方、タイムスリップは突然ひきはがされるように時空を超えてしまう話だから、自由に行き来はできない。
自分の若い時代に行った場合には、二人が同時に居るという設定は不自然なので、若い時代の自分に接触しないように気を付けるのが普通だが、二人が並んで行動するパラレルワールド設定もある。
あの藤子・F・不二雄の「自分会議」のように、色んな世代の自分が子ども時代に集まって議論するのもあるから、疑問を抱かせずに読ませてしまうのは作者の技量次第です。タイムパラドックスという知識があると、辻褄の上で問題は無いかと意識しながら読んだり観たりしていますから、粗探しをしてしまうのは少し損かな?と感じます。
この意味で映画「君の名は。」は、意識の入れ替わるタイムスリップもので、歴史が大きく変更されたのでパラレルワールドだとなる。このパラレルワールドを意識しないと、もっと楽しめるのだろうが…。歴史が変わって、400人死んだ惨劇がほぼ皆避難して助かっていたとなると、別の時間軸の二人だと考えないと、作品世界が成り立たない。つまり三葉が死んだ本来の世界が今もあり続けている。つまり「君の名は。」は、そこから枝分かれした別世界での出会いを描いた作品ということです。「君の名は。」がファンタジーならば何でもあり得るけど、SF作品だとすると、同じ時間軸の二人なのか、はたまたパラレルワールドの二人なのか。これが文章の小説だと矛盾も判り易いけど、映画というスピードで見せられると、「些細な」疑問→「些細な」矛盾も勢いのあるテンポの展開に呑み込まれてしまう。二回目に観た時に、さすがに色々気づくけど、それを判っていて製作した脚本家&監督ですから、矛盾の批判はできません。昨年映画の第二位です。
好きなあの「ある日どこかで」は映画も原作小説もタイムスリップものになる。やはり何らかの区分けをしといた方が記憶の整理はしやすくなると思う。

さて昨年12月に2冊のSF短編アンソロジーを借りた。これは地元図書館で蔵書していなかったので他館より取寄せてもらったものだ。、
★中村融/編『時の娘 ロマンティック時間SF傑作選』(創元SF文庫)
良かったのは、デーモン・ナイト「むかしをいまに」で◯
★中村融/編『時を生きる種族 (ファンタスティック時間SF傑作選)』(創元SF文庫)
特に良かったのは、T・L・シャーレッド「努力」で◎
二週間で読めなかったものがいくつかあったけれど返却した。

読後感をブログ記事することも考えたが、記事原稿を書く時間があったら、映画を観たり小説を読んだ方が賢明と考えて断念した。別に私が敢えて書かなくとも既に書いている人はたくさんいるし、文章も私よりうまい…特別の感想や切り口が私にある訳でもないし。

上の2冊を返却する時12/18に下記のアンソロジーを取寄せてもらうことを考えたが、その本が届いて電話連絡があっても冬道を歩いて取りに行くのは大変と思い、本のリクエストはしなかった。だから返却も面倒なので何も借りずに帰って来た。
★大森望/編『ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選(SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)』早川文庫

新年になっても上のアンソロジーが気になったので、1/5リクエスト申込書に記入し図書館へ。
その本が届いたと連絡があったのは1/25、取りに行ったのは翌日で返却期限は2/9。取寄せ本は延長できないので、読み逃し短編が無いように気を付けねば…

1/27に下記の記事をアップ
★「君の名は。」の世界を時間軸で整理するとパラレルワールド、残る矛盾点・疑問点など/《翌朝に追記》/《追記1/30》/《追記2/5》
http://yumenoya.seesaa.net/article/446343129.html

記事アップが終わったので、借りた本に取りかかった。
★『ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選』
この中に、映画「君の名は。」を観た時からずっと気にかかっていた小説(スタージョン「昨日は月曜日だった」)を発見、何度も読んだ短編なのに題名を記憶してないものだから…。早速、上記事で《追記1/30》

編者・大森望さんは最近刊行の時間SFアンソロジー(上で紹介した2冊など)と重複しないように、且つ時間SFの色んなジャンルを網羅するよう、偏らないように選んでいるので楽しめました。更に短編ごとの頭の解説がとても面白かった。作者の紹介だけでなく、そのジャンルの歴史とか、他の作家の作品やまだ単行本になっていないSFマガジンの掲載作品も紹介されている。

H・ビーム・パイパー「いまひとたびの」の解説は、ケン・グリムウッド「リプレイ」に始まり筒井康隆「秒読み」も紹介し、本作は1947年4月号初出(リプレイものの元祖)、本邦初訳と。
「いまひとたびの」は、第三次世界大戦で負傷した軍人が少年時代にタイムスリップした話で、身体は少年だが頭脳は大人のまま……なかなかの「リプレイものの元祖」でした。
解説にあった筒井康隆「秒読み」の記憶が無いので、次回借りることとしよう。

2/10のネットニュース
★「ビブリア古書堂の事件手帖」実写&アニメ映画化!-シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0089541
「本の雑誌が選ぶ「この40年間のベスト400冊」の第1位に選ばれ」
図書館の蔵書を調べたら、在庫があったので、ネットで予約

「ビブリア古書堂の事件手帖」については2回話題にしている。最初のが
★ヤフオクに出品→3/17終了追記/ヤング「たんぽぽ娘」収録の「奇妙なはなし」文春文庫/★侍ジャパンお疲れ様→今度は準決勝-2013年03月10日
http://yumenoya.seesaa.net/article/394425705.html?1487154344
「3/4のTVドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」で『たんぽぽ娘』が話題になっていたので、風見潤/編『たんぽぽ娘 海外ロマンチックSF傑作選』集英社文庫コバルト(ドラマのビブリア古書堂での古本価格はナント8,000円!!)……」
ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」はタイムトラベラーもので結構有名。

後に図書館から別訳者のを借りて読み、二つの訳も比べてみたが、私の好きな「時間SFでラブロマンス」だというのに、「たんぽぽ娘」はあまり私好みではない。
なお未読の方へ、今一番入手し易いのは「栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック(角川文庫)」で、これに「たんぽぽ娘」が収録されています。

2/11図書館から用意出来たとメール連絡が入る。行こうとした時に思い出した。発送しなきゃならない本があったことに気付き、明日行こうと梱包作業の開始。

2/11夜、外付けハードディスク(1.0TByte)を落札
同22時32分 明日発送予定と連絡 (大雪の鳥取の方でした)

2/11の24時近くに確認したYahoo!ニュースに訃報記事
驚き!?しばし茫然……次の文を書いて投稿
★マンガ家・谷口ジローさんの訃報ニュースに驚きました/《随時追記》関川夏央の追悼文(読売新聞)-2017年02月12日01:12
http://yumenoya.seesaa.net/article/446917162.html

2/12予約本「本の雑誌 特集・この40年間のベスト400冊 2015.6」を取りに行った時に、「秒読み」を収録した筒井康隆の傑作選を2冊借りてくる(「座敷ぼっこ ふしぎ文学館」「秒読み 筒井康隆コレクション」)。

2/13今ベッドの横にあるのは、少し前に読んだ「戦士同盟 リンド3」の3冊のみだ(揃いでない)。
何処にあるのか判らないダンボール箱を捜し、それを開けると整理も大変なので、古本屋で見つけるとダブリでも買うことがある。これはそんな3冊です。
(下の「」内はブログからの転載)
「谷口ジロー作品は、引越しダンボール箱のままなので、読むことができない。
それで昨夜は谷口ジロー原作の映画「遥かな町へ」を視た。
これは二度目だと思うのだが。母の墓のシーンしか記憶に残っていなかった。
この映画を視終わり、寝酒を呑みながら色んな事を考えていた。
ベッドに入っても、いつもの読書をせずに、
まだ色んな事を考え続けていたものだから、なかなか寝付けなかった。
映画についてと、連想で色々考えたことは別の記事で書くかも知れない…
色んなことを連想させて少し豊かにする映画・マンガ・小説などは、良い作品ということです。」

今もブログの別記事をテキストファイルに書いています。連想が飛ぶと三つ同時進行もある。まあ書いている途中原稿の半分はボツのフォルダ行きです。ずっと宿題のテーマは二つ抱えていながら、簡単のヤツを先に書いて投稿しているという、まだ書いていないという負い目もあります。書くとは記したけど、それは約束ではない、私はモノ書きのプロじゃない無名人、アレはどうなったと誰も文句は言わないけど、完結していないシリーズものの事は、書いた本人が一番気にしています。閲覧者が少なくとも、訪問客が多い励みは無くても、どこかに残して置きたいから書いているという場合の事です。

★谷口ジロー原作の映画「遥かな町へ」を少し紹介(ネタバレ注意、記憶間違いはご容赦)
主人公はマンガ家らしい原稿の画面で映画は始まった。
妻が居て子どもは女の子が二人居る中年のマンガ家のトマ
単行本をバッグに詰めて各地を行脚しているらしい
何処かの書店前か?
テーブルにはマンガ単行本が積み上げてある。
椅子に腰かけて客を待つトマ
ファンらしい若い人から「新作ですか!?」との声
新しいモノは考えているのだが…と旧作を示すしかない主人公
「これが好きなんですけど、新作って、どんなのですか??」
何もイメージが無いから、構想を語れず口ごもるトマ
それにガッカリするファン
(マンガ家としては逼塞状態にあるらしい…)
乗る列車を間違えたことに気付いて降りたら、
そこは生まれ故郷の町だった。
ずっと来たことの無かった故郷
次の接続までも時間がたっぷりあったので、
町へ出たら、自動車修理工場を継いだ同級生に会った。
その会話で判明するのは、トマの中学生時代に父が失踪していた事。
それは父の誕生日のことだった。
トマは、父の家出が、何故!?とずっと気になっていた。
母の墓の前で、不思議な風が舞い、
トマを眩暈が襲い気を失う。
気がついたら、少年になっていた。(タイムスリップ)
(見かけは少年なんだけど、心は中年オジサンであることに戸惑うトマ)
(これが映画「遥かな町へ」の世界です。)
自転車に乗って急いで家に向かったトマ
父は洋服の仕立屋(テーラー)
父に言われて車から生地運びの手伝い
父の失踪で若くして死んだ母は綺麗だし、妹は可愛いし、飼っていた犬も愛おしい
カレンダーを確認すると、父が家出した父の誕生日は過ぎている。
(どうしたんだろう!?)
トマは目が覚める度に元(中年マンガ家)に戻っていないことに気付く。
(いつかふと元に戻るのだろうが…と開き直ったトマ)
あんまり会話しなかった父は何を考え悩んでいたのだろうか??
父と母と妹と積極的に触れ合おうとするトマの心は大人。

少年時代には話しかけることも出来なかった中学校のマドンナ。
マンガ家になるゾと思っていたトマは家でもノートに色々とスケッチしていた。
その憧れマドンナをスケッチノートに描いていたのを授業中に見つかる。
心は中年なので先生に反論したことから、
この事件でスケッチ対象であったマドンナがトマに興味を持つことに…
マドンナは洒落た少女で積極的な行動派でした。
そして付き合うようになる。その代わり男友だちとの付き合いは減る。
身体は中学生だが、心は子持ちの妻帯者のオジサン
デザイナー志望の彼女にペンの持ち方と線の引き方を指導。
今度、君が主人公のマンガを書くよと…宣言する(決意なのでしょう)
(もっと後のシーンだが、父の家出間近が大きな問題となっているトマにとって、彼女との交際どころでなく、彼女を怒らせてしまう)
(オジサン少年の初恋物語もなかなかです)

祖母のところへ届け物
二人で写真帳を開く。そこには若い母と父ともう一人の若い男
祖母は説明する。その頃、娘はこの男と付き合っていた。
二人の若い男は親友同士で当時レジスタンスをやっていた。
活動の帰り、親友は撃たれて死に、父は逃げ延びた。
そしてやがて母と父は付き合うようになり結婚したと…

(今度戻ったら娘たちに犬を買ってやろうというシーンもあり)

父の誕生日の用意をする母に驚くトマ、
誕生日の用意をしていた妹に訊くと、憶えていないの!?
その日にお兄ちゃんが墓地の近くで昏倒していたのを発見されたから、
それどころでなくって、誕生日は延期になったのよと…
お兄ちゃんは何をプレゼントするの?
父の家出の決行はこれからだ!!と父の行動に気を付けるトマ
友だちに借りた原付自転車で父の車の尾行を何度も…
仕立物のお届けが多い。

父の趣味の釣りに無理矢理ついていき、色々質問を…
多くは語らない父だが、好きで仕立屋になった訳でないらしい。
(若い時には何かの夢もあったのかも知れない…)
(色んな大人の事情で母と結婚したけど…)

(このシーンは前後するかも)
学校から母へ電話連絡、無断欠席で
気持ちは判るけど、女の子との付き合いはほどほどにネ
明日から行くのよ
判ったよ母さん
(まさか父を尾行していたとは言えないから)

(このシーンも何処に挿入なのか不明)
後に妻となる少女の家に電話するトマ
電話に出た母親は娘とどういう関係なのか詰問する。
やっと代わった少女にトマは告げる。
その内に僕と出会い結婚する。
そして娘が二人だ…

(このシーンも何処に挿入なのか不明)
妹との会話
月に人間は立てるのかしら?という妹の疑問に
これは他の人には内緒だよ。
1969年に月面着陸がある。
これは深夜にテレビ中継があるから、母さんが起こしてくれるよ。
そんな事、父さんが許さないわー
大丈夫、その時、父さんは居ないから…


尾行で一人の女性と逢ったのを目撃…
別の日に父は病院の病室へお見舞いに…
父が帰ってからその病室に入ると
あなた、トマね!?
その女性は語る
私たち幼馴染なの、今度ここのサナトリウムへ来たの
だから連絡したの、私、あまり永くないのよ
でも(お父さんは)ここへ来ちゃいけないのよね
彼女を抱きしめてあげるトマ

トマはその日、一番仲の良い友だちの家へ
そこはバー
(バーの奥が友だちの部屋だけど、友だちは居ない。また無断欠席か)
(来た目的は友だちじゃない)
なじみの女性(母か従業員か)に飲ませてよと頼む。
何かあったんだろうと、ウイスキーのストレートをグラスに入れる。
トマはそれを一気に飲み干す。(私なら氷を所望しロックに)
お代わり
また一気に飲み干す。
もう一杯
それくらいにしときなさい。
それじゃタバコを頂戴。
タバコを深々と吸い込む。
(酒もタバコも初めての少年の身体には効いたのでしょう、昏倒)
迎えに来た父に初めて殴られる。
翌朝は二日酔いで欠席に…

或る日、父はあの女性は亡くなったとトマに告げる。

父の誕生日パーティ
前回は父がパンを買いに出てそのまま失踪した。
今度はトマが事前に買って用意してあったので、
パーティは無事に進行

(その翌日か?)
何も告げずに居なくなった父、母は狼狽えている。
トマは一目散に自転車で駅へ急ぐ。
ホームには父がいた。その横に座るトマ
やっぱり行っちゃうの!?
心が大人のトマには父を引き留めることができない。
やがて到着したパリ行き列車。乗り込む父。
本当の人生を歩みたいという父を見送るトマ。

家へ戻たトマは母に言う。
父さんと一緒だった。
父さんは出て行った。
母は、いつかこんな日が来るんじゃないかと心配していたと…
母さん、父さんはもう戻って来ないから、
ずっと待っていたらダメだよ、と母を抱きしめるトマ

(その翌日だろうか?)
墓地の下を自転車で通りかかったトマ
オジサンの自分が階段を登っていくていくのを見かけトマも登る。
墓地ではまた不思議な風が舞いトマは昏倒する。
気付いたオジサンのトマ
墓碑銘の母の死亡年に変化は無い。
(やっぱりずっと父の帰りを待ち二人の子供を育て若くして死んだのだ)
自宅に向かう列車の中
暗くなった歩道橋から見えた自宅の食堂(茶の間かな)の風景
そこには妻と二人の娘が談笑している。
家に向かうトマの後姿でフェードアウト
次にカットが入る。あの彼女が主人公のマンガの原稿
(終わり)
(少し紹介のつもりが、こんなに長くなってしまった)
(マンガを読み返したいが、どのダンボール箱に入っていることやら)

★映画のその後を想像すると(こういう妄想も楽しい)
◎二人の娘にまず訊く、「どんな犬が欲しい?」
◎或る日の妻の発言「これを話すのは初めてだと思うんだけど、この前ふと思い出したの、私もすっかり忘れていたんだけど、私がまだ中学生だった頃、変な電話が自宅にあったの。声は少年なんだけど、将来オレに出会って結婚するって言うのよ。そして生まれる子供は二人で、どちらも娘だって。それは当たっているだけどネ、変な話でしょ。相手は名乗ったんだけど、名前は憶えていないの…。ちょっと気になるから、母さんに電話してみようかしら。母さんなら何か憶えているかも知れない。その電話が終わったら、母は一体誰からの電話なのって訊くし、私も不気味に感じて母には話したと思うのよ。何でずっと忘れていたのかしら…」(トマはコレにどう反応するか?)
◎トマはあの彼女が主人公のマンガを仕上げて久々の新作発売に。
志望のデザイナーになっているのかは不明だが、友だちからアンタの若い時にソックリな女性が主人公のマンガがあるよと教えられて、その本を買う。それを読んで中学生の時に付き合ったトマを思い出す。出版社へ作者の連絡先を問い合わせた彼女からトマに電話が入る……。

映画「遥かな町へ」はタイムスリップもので、少し歴史に変更があるから、厳密に考えるとパラレルワールド、枝分かれした新時間軸だ、と杓子定規に捉えるのは不要な作品です。あの映画「君の名は。」は犠牲者400名の命が助かるストーリーとは歴史変更のレベルが違いますから。


【タイムスリップのような疑似体験】
映画「遥かな町へ」を視た夜はベッドの中で色々考えて寝付けなかった。
私の連想は一年前の事件に移っていた。
それは昨年の2/27に中学生時代の担任先生に電話したことから始まった。
中田先生と話すのは卒業以来だと思うので、
64歳の私が1964年の中学入学の12歳にまるでタイムスリップしたような気分だ。
今紹介しようとしている事件は、私が生まれるずっと前の母がまだ独身だった戦前のオフクロの事を調べることに突然なった。映画「遥かな町へ」を視た深夜に、「あれってまるでタイムスリップだったよな」とベッドの中で考えていた。中田先生との電話での会話は、私の意識を1940年頃にぶっ飛ばしました。

(ここで好友堂さんの呼び出しでスカイプをしたので、かなり中断し酔っぱらってしまった)

あの時の事は下記のブログに書いています。
★亡き母の若き日を求めての推理劇は突如開幕した(北方領土・多楽島-1)-2016年04月05日
http://yumenoya.seesaa.net/article/436243471.html
その第二弾が
★ソ連軍上陸後に島を脱出した宿屋の漆塗り朱色お膳セット木箱 その1/写真六葉(北方領土・多楽島-2)-2016年04月21日
http://yumenoya.seesaa.net/article/436932103.html
★ソ連軍上陸後に島を脱出した宿屋の漆塗り朱色お膳セット木箱 その2(北方領土・多楽島-3)-2016年04月21日
http://yumenoya.seesaa.net/article/436952404.html
★第二子を生むため母の実家・長野を目指し秋田辺り(日本海)へ船で決死行!?1945年(北方領土・多楽島-4)-2016年07月06日
http://yumenoya.seesaa.net/article/439769284.html

当初の構想では、後2回の連載で完結する連載のはずだったのが、ここでストップしたままです。
私が生まれる前のオフクロを探求するのが、死んだオフクロに関連している事が私のエネルギー源だったのに、色丹島がメインの舞台と変わったことで、別の記事を書く意欲が萎んでしまいました。色丹島を飛ばして最後の記事をかく選択肢もあるのですが、その決心がつかないまま、宙ぶらりんで、半年が過ぎてしまった。
「北方領土」に関心のある人はネットに少ない、歯舞諸島の一つである小さな「多楽島」に関心のある人はもっと少ない。
自分が納得するために探偵・刑事のように調べているのだから、ブログ記事への反響は、そのコピーを送った中田先生と姉と兄と横田さんだけで十分なのだが、キーワード「北方領土」「多楽島」で検索する人はほとんどいないようだ。もう少し反響があれば別なのかもしれないが……

この北方領土に関わる連載記事2本のストップと
初めて「拡散のお願いニュースが巻頭に有り」と来訪者の多いページのタイトルに挿入して記事巻頭に謳った「兵庫労働局、発達障害の非常勤女性に「いじめ」「虐待」〜前局長ら5人処分 障害者雇用推進の役所がなぜ?-Yahoo!ニュース 2016年10月13日(木)13時2分配信」
これも去年からの宿題です。これについては、この分野に詳しい方が書いてくれたら私が何も登場することは無い、とずっと思っていました。ネットニュースを視ている限りでは、誰も書いていないとネット調査を始めました。調べると少しずつ見えてくる兵庫労働局と厚生労働省の現場の実態。私のこの「拡散のお願い」を巻頭に挿入した時から、記事原稿は何も変わっていません。誰かがネット記事を書いてくれたら、私の記事の登場場面は無くなるのだが…。ブログ記事って、ホームページのように自由にフォントの色とか大きさとかを簡単に設定できないから、Yahoo!ニュース記事からの引用と私の文章と厚生労働省の公開資料の引用とが文字の使い分けでうまく表現できないので、ブログ記事のアップはこれもストップしたままです。この二つが去年から引きづっている宿題です。これらを何とかしないと、自分の中でしっくりさせれない私のです。

色々飛び火で文章が長くなりましたけど、
自分のブログ記事を検索したら、私が一番好きなマンガ家・永島慎二さんで次の二つの記事がありました。
◆永島慎二さんが亡くなっていた-2005年07月12日
http://yumenoya.seesaa.net/article/394425501.html?1486834818
「Googleで検索したら、6月10日に亡くなっていたらしい。
そのことが報道されたのは7月6日らしく、67歳だったとのこと。」
◆永島慎二さんの追悼記事-2005年08月10日
http://yumenoya.seesaa.net/article/394425504.html?1486834964
「連載記事を読み進むうちに、思わず泣けてきました」

谷口ジローさんは69歳、永島慎二さんは67歳、俺は今65歳
クモ膜下出血と脳内出血で救急車で入院したのは2007年の夏で、56歳だった。あれは十年近く昔の事。あの時から何時死んでもおかしくないとは考えている。もし今コロッと死ねたら、オレは楽なんだし…。私個人の希望としては、坊さんを養う戒名もお経も要らない。よっぽどオレの方が死後の世界について考えたよ。そんな薄っぺらな坊さんに、死後の名前を付けて欲しくないし、お経は迷惑だよ。

ということで、最後には谷口ジローさんとは離れてしまいましたが、谷口ジローさんとの追悼ブログはこれで終わりとします。(誤字脱字は明日にチェックします。この失敗に怯えたら、いつまでも投稿できない。だから酔っ払いのエイヤッ!?!?の勢い投稿アップ)
明日起きたら、投稿記事を読み直して、大きな誤記の訂正をやることにします。(2/18素面で少し訂正した)
posted by yumenoya at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

★GOM Player旧版インストール覚書→最新版に再度挑戦(抱き合わせに注意!!)/《追記2/14》左クリックのトラブル/《2/15追記》アップデート広告を消す

バージョンを下げて現在は元の旧いバージョン
私は現在、旧いバージョン「2.2.76.5239」を使っている。
新しいバージョンにしたら、何かGOM Playerがおかしくなった時に、アンインストールして、何のトラブルも無かった旧いバージョンを意識的にインストールしたのだ。(下で語る新版インストールをやって、その時に巻き込まれたトラブルの記憶が甦りました。あの時は右下に天気お知らせが現れるようになった。何でこんな不要なものが!?windowsの新サービスかなとずっと思っていた。或る日久々にIEを起動したら、IEが乗っ取られており慌てて検索で調べ、本元がGOM Playerと判明。慌ててバージョンダウンしました。この時はAd-wareとFirefox関連は無かったはず。敵も進化してますよ。それにしてもあれを見逃したとは今でも思えない。自動のアップインストールでも!?!?)
インストールの時に気を付けるのは、あの悪質な「Hao123」をインストールしないことだ。
◆その画像 
advancedにチェックを入れて、下の「Hao123」の□チェックを画像のように外す
GOM20Player_advanced2.JPG
インストール後に最初にやることは、起動したGOM Playerの画面で右クリック
「環境設定」をクリック>一番上の「一般」の「アップデート」欄で
設定の「最新バージョンの自動チェック」□チェックをはずすこと
★これはバージョンアップを回避するため、お知らせが出ないようにする。このお知らせが出ると、クリックする癖が割とついているものなので…
◆その画像「最新バージョンを無視」
GOM1.JPG
★新しいバージョンには気を付けろ、特に悪い抱き合わせで進化するGOM Playerの場合は要注意(余計なトラブルに巻き込まれた経験者から)


秋田の美和さんがwindows10のパソコンを買った時に、最初の色んな設定などをスカイプで助言した。この時に私の使っていた旧いバージョンGOM Playerを勧めた。頑固な「Hao123」を間違えたら削除に困るから。
そのGOM Playerが少し変らしい。動画が起動できなくって、お知らせウィンドウの出ることがある、Windows Media Playerも少し変だと…。
「起動できません」と表示がでることはあるけど、数少ない現象だ。色々検索したが、デスクトップとノートの違いはあるけど、同じlenovoでwindows10なのに原因が判らない。
そこで最新版インストールを薦めるかと、まず私がやってみることにした。

最新版インストールに再度挑戦
最新のGOMPLAYERGLOBALSETUP.EXEをダウンロード
そのバージョンを確認すると「2.3.10.5266」
上のEXEを起動して、余計なものを確認したら、
まず「The Desktop Weather」(天気予報)は「同意しない」で進む
◆その画像「NO!天気予報」
GOM3.JPG
次は「カスタムインストール」の◯にチェックを入れると
現れるのが「Ad-ware Web Companionをインストール」と
「Bingをlnternet Explorere及びFirefoxのホームページ、新規タブ、デフォルトの検索エンジンに設定」という悪質さ
画面は小さく且つ見づらい、間違いをさせようという下心の表示かな!?
◆その画像「Ad-ware(私は何なのか知らない(だから避ける))とBing」
GOM4.JPG
パソコンに慣れていない人は既にチェックの入っている「高速インストール(推奨)」で「次へ」ボタンを押してしまうだろう。私は失敗の経験があるから気を付けているけど…なのに引っかかりました。


このBingはMicrosoft(マイクロソフト)が提供する検索エンジンですから、マイクロソフトも悪質な共犯者です。Bingなんて使わないよー。こういうことがあるから、Bingはより嫌いになっています。
パソコンにまだ不慣れな人を騙して取り込もうという悪質な商法です。
旧いバージョンに付いている「Hao123」は消えたけど、より悪質になったようです。今度は私愛用のFirefoxもターゲットになっています。

慣れない人は知らない内に何かマズイものを入れてしまった、乗っ取られたと思っても、簡単にアンインストールは出来ないだろうし、中には「Hao123」のような頑固なものがあり、根こそぎ完全削除(私はRevo Uninstaller Freeを使用)をしないと居座り続けるものもあるから、罪作りな抱き合わせ商法です。
★Revo Uninstaller Free-ベクター (根こそぎ完全削除)
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se492850.html

無料ソフトは広告宣伝料収入が維持経費に必要ですし、抱き合わせも貴重な収入源。間違えて入れてしまったら、注意不足のコッチに落ち度があったと思うしかありません。パソコンを壊してしまうような危ないものだったら、声を大に糾弾しましょう。まずは注意することです。
新しいソフトは評判・評価を事前に読みましょう。もし注意事項が多かったら、もう少し慣れるまで控えるとかも必要です。インストールの決断と責任は本人に有り。評判・評価の悪いものは避けましょう

普通のソフトの削除だと、コントロールパネル>プログラムと機能>問題のプログラムで右クリックして「アンインストール」選択で削除できます。
またもし間違えて余計なものをインストールした場合には、削除したい問題のプログラム名を特定するため検索すると、インストールによるトラブルの解説サイトではプログラム名を明記してあります。間違えて重要なものをアンインストールしないように!!

こんなヤバイGOM PlayerなのにGOM Playerに拘るのは、
使い易く便利なのと最近重宝さを増したのは、
動画ファイルと字幕srtファイルのファイル名が同じなら、
動画ファイルを起動すると自動的に字幕を表示してくれる機能があるからです。

上でも書きましたが念のため、「環境設定」をクリック>一番上の「一般」の「アップデート」欄で設定の「最新バージョンの自動チェック」□チェックをはずす、のが無難だと思います。一応備えです。

なお昔の方が使い易かったのにという方は「GOM Player 旧バージョン」などで検索すると色々見つかります。


今回初めてよみましたけど、色んなカスタマイズも可能のようです。
★GOMPlayerの再生後の画面にロゴも広告も全部非表示にする方法
http://ittips.seesaa.net/article/383238281.html

★ここ最近、GOM PLAYERから動画見て終わりまし=知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14154212349
回答で紹介されていた『12csv』が使い易そうだったので、GOM Player本体デザインを『12csv』に変えました。

今回、試しに最新版をインストールしましたけど、これで問題が発生したら、また旧バージョンに戻すつもりです。

最新版はどうだ!?
本体のデザインが良いと格段と操作し易くなりました。動画を一本視たが快適です。
もしパソコンの再起動で問題が発生しなかったら、友だちにも勧めよう。

再起動したが変な常駐は無いし、FirefoxもIEも無事です。

何と!?下に出ている文字広告は消せないと何処かに書いていたはずなのに、気付かなかったけど、消えてます!?!色々いじっているうちに……?!?
◆広告無しGOM Player画像(12csv利用)
レオナルド.JPG
(注)美和さんと「眼鏡店で万引き【万引画像公開】」がスカイプ話題となりました。
美和さんのコント風ネタに、やるならこの二人がピタリだと私が反応して盛り上がったので、この画像に…
二番手候補のサンドウィッチマンさん、やらない!?
(でもタブーなネタだから公開はムリねー、自粛の時代ですから)

私の別ブログ記事
★眼鏡店で万引き【万引画像公開】の社長語る(「めがねお〜」御徒町店/ホームページに公開)、拡散に協力します=2017/02/11(土) 19:44:57
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-207.html
-----------------------------------------------
タイトルの「《2/14★巻頭注意→新バージョンでクリックの反応が鈍いか無反応!!!!》」は削除
巻頭注意記事は、下の↓ここに↓移動(こんなことでも一応経過だからな)
2/14追記
今朝起きたら!!
クリックに反応しないことや反応の鈍いことが色んなソフトで多発した。
(ソフトなど:メールソフトのアイコンをクリックしても起動しない、起動しても受信などクリックの反応が鈍い、Firefoxのリンクのクリックも移動が鈍いか反応しない、フォルダが開かない等々(GOM Playerは起動していない))
(追記/昨夜の兆候:幅広いディスプレイなので色んなソフトを開いて作業している。二つのウィンドウが一部重なっている時には、裏側の上をクリックすると即それが表側になり作業が可能となる。この反応が鈍いので、どうしたのかな??と不思議に思った)
昨日新たにインストールしたのは「GOM Player」の最新版しか無いから、
原因と思われるものはこれしか思いつかない。
だからRevo Uninstaller Freeで完全削除した。
するといつものサクサク状態に戻った。
犯人はGOM Player最新版となる。
また旧いバージョンを入れよう(気に入ったスキン『12csv』は今後も使おう)
GOM Playerの新しいバージョンのインストールは要注意
変な抱き合わせをするソフトは本体にも問題があると…
もう絶対、新しい版を入れないこととする。
何が悪いものが棲んでいるいるのでは…

旧いバージョン「2.2.76.5239」に戻して、快適

(また追記)
世の中にはソフト同士の相性という奴もあるからなあーと考えていた時、
もう一つの可能性に思い至った
起きてパソコンを起動した最初の時ほどではないが、左クリックの反応が少し鈍い。
マウスが劣化したという可能性もある。
早速、別の小さなマウス(非常時の待機ノート用)に替えてみた、左クリックに少しも鈍さが無い
左クリックに対する反応の鈍さはGOM Player最新バージョンの所為じゃないかも…
また再度インストールして試してみる考えはもう無いけど。
私との相性が悪いことは確かだからな。

ボール式マウスの時代には掃除を頻繁にやったし、何度も買い換えたけど、
光学式マウスの故障買いはあまり記憶にない。
だからクリックの反応が悪くても、昔と違ってマウスの故障は浮かばない時代になっている。
パソコンの動きが悪くなったのは、インストールしたばかりのソフトが怪しいとなる…
アマゾンに送料込み790円で光学式を注文した。もちろん有線、電池式は面倒だから。
-------------------------------------------------------------
《追記2/14》新デザイン(スキン『12csv』)と広告非表示の設定画像(これで効果があったらしい!?)
GOM5.JPG

GOM6.JPG
-------------------------------------------------
《2/15追記》
翌日にパソコンを起動。そして初めてGomplayerを起動したら、アップデートを促す広告が最初に出ました。これは思わずクリックする危険が!!クリックしたら変なものが入る可能性があります。私はどうもこれでトラブルに巻き込まれたらしい。くわばらくわばら
それで「Gomplayer アップデート 広告 非表示」検索
★言わずもがな最強動画プレイヤー 〜広告を消して使ってしまえ〜
http://blogs.yahoo.co.jp/y_nagatoismybride/23984805.html
1、自動更新用のプログラムの削除←これを確認
Gomplayerの入っているフオルダから、「以下の3つのファイルを消す」だけ
・GomWeb3.dll
・GrLancher.exe
・GrLancher.ini
これを削除して、念のためパソコンを再起動してから、動画ファイルを
クリックしたら、アップデートの広告は出ませんでした。スッキリです!!
posted by yumenoya at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

◎Yahoo!メールのメールアドレス変更のオオスメ(一度も変更していない方へ/スパム(メール)対策)/ネット古本屋のお願い

案外知らない人が多いのではないかと思って書くこととした。

ヤフオク!ストアに登録しているので、取引ナビを利用できず、
当店のメルアドを使いEメールで落札者へ連絡することになった。
つまりストアには落札者のメルアドが開示されている。
確認するとその「ID」と@yahoo.co.jpの前の「********」とがイコールの方が結構多い。
「ID」=「********」(@の前)
これではスパムメールに狙われている可能性が高い。
いや高いレベルじゃなく餌食レベルかも。

私がYahoo!JAPANのIDを取得したのは、
昔のYahoo!オークションに古本を出品するためだから、
ネット古本屋開業が2000年正月で、2002年頃かな。
当店は入札方式で開業し売れ残ったものは後に定額販売へ、
その定額販売は後にEasySeekへ参加した。
少し珍しそうなものはYahoo!オークションにポツポツと出品するようになった。
十数年も昔のことだけど、その時にメールアドレスも自動的に取得した。
ヤフオク!ストアになっても、同じYahoo!JAPANのIDとメールアドレスを使っている。
ただかなり昔にメールアドレスを変更しているので、
私の「ID」と@yahoo.co.jpの前の「********」とは一致しない。
かなり昔のことだが、この変更をしたのはスパム(メール)対策でだったと思う。
恐らくそんなスパム記事を読んだのだろう。

そんなロボットソフトがあるのかは知らないが、
実際に使われているYahoo!JAPANのIDを調べるのは簡単のように思う。
そしてスパムは「ID」@yahoo.co.jp宛てに発信されているのでしょう。
実際に存在するメールアドレスの一覧がCDに焼かれて、
名簿屋で売られている可能性もあります。
(ネット古本屋のHPアドレスとメールアドレスの情報が記載されたCDを購入したという方から、相互リンク依頼のメールが届いた。正直な方ですけど私は無視しました)

2/8夜、ヤフオク!ストアとして、落札者宛て連絡メールの内容確認されず困る事があるとの下記の記事で投稿しました。
★ネット古本屋のボヤキとヤフオク!ストアとしてのお願い、注意喚起のための画像(バナー)作成とその表示設定の格闘談/《追記2/9》
http://yumenoya.seesaa.net/article/446802328.html

2/9夜に改めて気づいたことがあります。
私が普段使うFirefoxでは前述のヤフーIDでログイン済み状態です。
Yahoo!メールには削除に困るほどのスパムメールは届いておりません。
ヤフオク!ストアのサイトで発信したメールの控えをYahoo!アドレスにも送信しております。
Yahoo!メールアドレスは、これがメインの目的で使っています。
このメール控えがあるので、コピペで連絡掲示板を使って再連絡が可能となります。

私はストアとは違うもう一つ別のヤフーIDを持っております。
こちらはIEで別のヤフーIDでログイン済みです。
別のヤフーIDが必要になったのは、
古本屋としてストア登録している者が
ストアIDで他店から古本を落札するのはマズイということで、
つまり自店のオークション価格のつり上げをされたら困る、
そんな疑われるような行為をしてくれるなということのようで…
欲しい古本があった時には別のヤフーIDでヤフオク!に参加しています。

2/9にIEを起動してYahoo!メールに入室したら、かなりのスパムが届いておりました。
この別のヤフーIDは実際に使う気がないので、取得したままの状態で、
「ID」@yahoo.co.jpというアドレスです。
これじゃスパムの餌食放題だと気づきました。

私は早速、下記のヘルプを見ながら、@yahoo.co.jpの前を変更しました。
これでここへ届くスパムは格段と減ることでしょう。
(今日になって確認しましたら「Yahoo!メール メールアドレス変更手続き完了のお知らせ」というメールが届いてました。)
つまり登録したヤフーIDの変更はできないけど、
@yahoo.co.jp前の「ニックネーム」を新たに登録すると
「新ニックネーム」@yahoo.co.jpに変更することが可能となります。
この新ニックネームについてはスパムの発信元にも判らないでしょう。
ただメクラ撃ちの自動生成ソフトもあるらしいから、そこまではどうしようもない。
◆ただ設定で注意すべきは、ヘルプのページの「9.「ステップ2」で、変更前メールアドレスあてに届くメールを受信するか、以下のいずれかから選択します。」でしょう。
※このヘルプ部分はしっかり読みましょう。
ヤフオク!だけでなく、メルマガ受信とかなどに実際に使っていれば、変更の連絡・手続きなども必要ですから、下記の選択が無難です。
「・変更前のメールアドレスあてのメールを30日間受信する」


ヤフオク!ストアとして困っていた原因は、
「ID」=「ニックネーム」のため、スパムの餌食になっていたからです。
毎日何十通も届くスパムの中に紛れ込み
件名「古本通販のヤフオク!落札受注連絡(夢の屋)」は埋もれ
厖大な「迷惑メール」フォルダなどからまとめて削除されていたのかも…
これが真相のひとつような気がします。

でもストアが困っているのは@yahoo.co.jpだけではありません。
メルアド@gmail.comでもプロバイダ提供のメルアドでも発生しております。
gmailの事は判りませんが、別のスパム対策の必要な方も多いようです。
フリーソフト「Spam Mail Killer」については最下段で記しました。


◆もし「ID」=「ニックネーム」だったらば急げ変更手続き◆
新しいニックネームは既に誰かが使用済みでなければOKのようです。

当然ログインしての手続きです。
★Yahoo!メールヘルプ-メールアドレスの変更
https://www.yahoo-help.jp/app/answers/detail/p/622/a_id/47897/faq/pc-home
★Yahoo!メール - メールアドレス変更 (実際の変更手続きのトップ)
http://ymchange.mail.yahoo.co.jp/
◆変更した新アドレスは、txtかメモ帳で保存しておくのを忘れないように!!

《メールアドレス変更の手順(私が実際に再度やってみた)》
マイ・オークション(マイオク)>オプション/設定「自動通知の設定、解除」>オプション - メッセージの通知「ステップ1:通知先」の「メールアドレスの編集」>登録情報「メールアドレス情報」>Yahoo!メールアドレス「アドレスの変更」>「パスワードの再確認」でログイン>メールアドレス情報>Yahoo!メールアドレス「アドレスの変更」>別ページ「Yahoo!メール - メールアドレス変更」の「メールアドレスを変更する」>別ページ「Yahoo!メール - メールアドレス変更」の「ニックネームを作成」(6つまで可)>「パスワードの再確認」でログイン>ニックネーム情報「+ニックネームの追加」>新ニックネームを入力して「登録」(注・既に使われている場合は別のものを)>ニックネームを登録しました。「終了」>ステップ1 新アドレスにチェックを入れて、ステップ2 オプションを選択「選択した内容を確認」>「同意のうえ変更する」>メールアカウントは*******に変更されました。
※ご注意・一度変更すると、24時間はメールアドレスを変更できません。
●「Yahoo!メール メールアドレス変更手続き完了のお知らせ」というメールが届いています。

★次にやるのは、ヤフオク!に登録したメールアドレスの変更です。
《通知先メールアドレス変更の手順》
マイ・オークション(マイオク)>オプション/設定「自動通知の設定、解除」>オプション - メッセージの通知「ステップ1:通知先」の「メールアドレス:」で先ほど登録した新アドレスを選択(私の場合は現在OCNアドレス)して一番下の「更新」ボタンを押す>「メッセージの通知設定を更新しました」

◎クラクラするほど結構面倒ですね。
私の場合は、実際には使っていないメルアドの変更ですけど、
色々な大事な受信に使っているメールアドレスの時には、
色んなところで変更手続きが必要となりますからね。
でもスパムの山から大事なメールを探す手間や
間違えて削除してしまって困るなどを考えたら…
パソコンがクラッシュしたらバックアップがあったとしても、
一からスタートのようなものです。
その時に比べたら、メールアドレスの変更による手間はたかが知れています。


《Spam Mail Killer》(すでに何度か紹介したと思うが…)
プロバイダ提供のメルアドを使っている場合だと
有料で別のメルアドを取得するとか…
でもこれでは終わりのない追いかけっこです。
(実在しているメルアド一覧のCD売買が適宜更新されていたら同じ)
抜本的なスパム対策は無いけど、
私が十年以上使っているフリーソフトはSpam Mail Killerです。
窓の杜とVectorにリンクしておきます。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/spamkiller/
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se225316.html
毎日届くスパムの差出人とか件名とかを禁止リストにせっせと登録します。
例えば今の「まぐまぐ」がどうなのかは知りませんが、
「まぐまぐ」本体からのメルマガの購読登録の削除手続きができないものがあり、
また時々新たなメルマガを発行するとそれらも届くようになったので、
「まぐまぐ」本体を禁止リストに追加しました。
更に自分で登録したメルマガはスパムじゃないけど、
不要になった時点で禁止リストに追加しております。
こうしておくと、禁止登録したものは自動的に削除してくれます。
(私は3分毎に起動し新着があればアイコン点滅と設定)
メールソフトを起動し受信ても余計なメールは届きません。
なお削除のログだけは確認できます。
こうやっていても新たなスパムは届きますから、
Spam Mail Killerで新着を確認して禁止リストに追加です。
ヤフオク!ストアなので私のメルアドはそこで公開されています。
誰かせっせと巡回し、ヤフオク!ストアの店名、担当者名、メルアドなどを、商売の種類別に整理して売っている名簿屋さんが居るのでしょうか。
(今、自分のストア情報というページを確認したのですが、以前は古本屋の登録店が登録の古い店から順に全店確認できるページにリンクされていたのですが、名簿屋が喜ぶような一覧ページは無くなっていました。ヤフオク!も悪用されることを検知して変えたのかも…)
(Google検索エンジンなどの情報を集めるロボットに対してはNOというタグ設定があるけど、名簿作りが使っているかも知れない独自ロボットも拒否しているのだろうか。何でも蛇の道は蛇ですからねぇ、素人には判りません)
ヤフオク!ストアの当店に対しての商売メールも結構増えた。
商売の売り込みメールは普通の営業行為ですから、一定の反応はあるのでしょう。
そんなのも禁止リストに登録しほとんど読みません。
一度来たということはまた来る可能性が高いので…
こんな絶えることなく続く追いかけっこです。

Yahoo!メールにはどんなスパム対策があるのか、私は不案内です。
Yahoo!メールではスパムで特に困っていないので、対策を考えたことが無い。

【後記】昨夜この記事をそろそろアップしようかなと思っていた頃、
時計を見ると12時の少し前でした。
その前にYahoo!ニュースを確認したら、谷口ジローさんの訃報記事が…
もうこんな記事のアップどころでなくなりました。

★マンガ家・谷口ジローさんの訃報ニュースに驚きました/《随時追記》=2017年02月12日01:12
http://yumenoya.seesaa.net/article/446917162.html

また昨日は、メールアドレス変更手続きを再現確認していましたので、
先日から普段めったに使わないIEをずっと使っていました。
IEを起動するとYahoo!JAPANトップ以外にパソコンLenovoの広告が出ていたのです。
何もクリックしてないのに、Lenovo広告ページが同時に立ち上がったのです。
この顛末は、下記で
★Lenovoに物申す ユーザーに対してパソコンLenovoは失礼だぞ IEの書換えで広告宣伝 バカヤロー!!!!/《適宜追記で増殖中!!》=2017年02月11日15:11
http://yumenoya.seesaa.net/article/446899312.html

この二つのことがありましたので、この記事のアップは一日遅れました。

ここまで書いた時に、秋田の美和さんから電話が入り、スカイプを起動しました。そして谷口ジローさんの事が話題になりました。私は誰かと「谷口ジロー」で語りたかったのです。
色んな話題に変わるスカイプ、私が昨日落札した外付けハードディスクの話題にしました。1.0TByteを送料込み5千円台で落札するのに商品画面を注視していたと、そしてやっと落札できたと。それが、出品者から連絡が入り、大雪なので普段より届くのに時間がかかるかもと。改めて出品者を確認したら、あの鳥取県米子でしたと…。するとスカイプの美和さん、谷口ジローさんは鳥取県だよと。ちょっと不思議な鳥取県つながり!?
posted by yumenoya at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガ家・谷口ジローさんの訃報ニュースに驚きました/《随時追記》関川夏央の追悼文(読売新聞)

マンガ貸本屋を廃業してからは、新作をそんなに読んでいないので、
あんまりファンとは言えないけれど、
このYahoo!JAPANのトップニユースには驚きました。

谷口作品との最初の出合いは、アクションものでした。
探偵もの(原作は関川夏央さんや矢作俊彦さんなど)、
ボクサーものでは原作者狩撫麻礼、
動物ものを描ける少ない漫画家でもありました(「ブランカ」「神の犬 ブランカ」「シートン」など)
(途中追記:動物の筋肉の動きを描く才能は、格闘技の迫力とか凍傷間近の山登りの迫真に通底。このレベルを描ける男性マンガ家は、かわぐちかいじ(山岳には村上もとかがいました)…他に誰がいるのだろうか??浦沢さんは「まだ」のように思うし、元々筋肉描くタイプじゃないからね。貸本屋を廃業してから今のマンガ界を知らないからなー!?新人は全く知らない。ああっ格闘技マンガだと板垣恵介さんも忘れてはいけませんねー。谷口さんとは違うけど筋肉派です)
「犬を飼う」は動物ものとは言えないが好きでした。
SFものだと「地球氷解事紀」「イカル」
山岳ものだと「K」や「神々の山嶺」
純文学風だと「「坊っちゃん」の時代シリーズ」「歩く人」「父の暦」「遥かな町へ」などなど

まだ69歳という年齢なのに…
マンガ家の訃報についてはブログではあまり話題にしていない。
「谷口ジローさんの死」はショックです。
色んな事が過るので、涙と鼻水か…

★<訃報>谷口ジローさん69歳=漫画家「孤独のグルメ」=毎日新聞 2017年2月11日 23時27分(最終更新 2月11日 23時55分)
http://mainichi.jp/articles/20170212/k00/00m/040/094000c
「漫画家の谷口ジロー(たにぐち・じろー、本名・谷口治郎=たにぐち・じろう)さんが11日、死去した。69歳。」
★谷口ジロー-ウィキペディアWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%8F%A3%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%83%BC

★「犬を飼う」谷口ジロー 道新マンガコラム(夢の屋)
((2001年6月15日付け道新夕刊)第14回目 漫壇 ただ今貸出中)
http://www.d3.dion.ne.jp/~yumeya/doushin-14.html
このコラムを書いた時には、マンガ作品上の愛犬の死と私の母の死を絡めて書いてよいものかと少し躊躇ったという記憶が蘇った。
《途中追記:今確認したらコラムの短い文章でした。「今読み返すと、五年前の老いた母の入院と死が奇妙に重なってしまう」/と書かせた「犬を飼う」は名作です》

★「谷口ジロー」の街 (2003.2.17谷口ジロー氏の公認ファンサイト)
http://www.jiro-taniguchi-fan.com/
久々にサイトを訪問したが、「谷口ジローさんの死」についてはまだ何も無い。
ファンの中で一番ショックを受けているのは、この彼かも知れない。

悲しいよー!!!!

《追記》
色んな新聞などの訃報ニュースでは「孤独のグルメ」をタイトルに入れているものが多い。
個人的には「孤独のグルメ」は、私の好きな谷口作品ではない。
テレビドラマ化されたからなのだろうけど…
産経ニュースのみが「『坊っちゃん』の時代」も入れている。
「孤独のグルメ」が代表作だと勘違いされる恐れがあるので、ファンとしては危惧する。
この「孤独のグルメ」を最初に読んで、こんな感じのマンガ家なんだと思われたら困る。
「孤独のグルメ」だけを読んで、卒業されたら困ります。
------------------------------------------------------------------
《追記2/12》翌日「谷口ジロー」でGoogle検索していたら
◎「孤独のグルメ」の作者は、"怪物"だった!―日本人が知らない、谷口ジローの真価=東洋経済オンライン2015年02月21日
http://toyokeizai.net/articles/-/60953
◎谷口ジロー(フランス芸術文化勲章受章記念インタビュー) - コミックナタリー Power Push(2011年か?)
http://natalie.mu/comic/pp/taniguchijiro
「「ふらり。」は、あれは週刊で描いてたわけじゃないんですよ(笑)。描きためてから掲載してもらったんです。でないと私のペースじゃ、できません。」
「2年くらいかかったのかな。だから次回作が載るまでには、またあと2、3年、お待ちください(笑)。」
「他の人がどう考えてるかわからないけど、私は背景がただの記号じゃ不満なんです。背景もキャラクターとして描かなくちゃいけないんじゃないかって、ずっと感じてましたね。」
------------------------------------------------------------------
《追記2/14》
谷口ジロー作品は、引越しダンボール箱のままなので、読むことができない。
それで昨夜は谷口ジロー原作の映画「遥かな町へ」を視た。
これは二度目だと思うのだが。母の墓のシーンしか記憶に残っていなかった。
この映画を視終わり、寝酒を呑みながら色んな事を考えていた。
ベッドに入っても、いつもの読書をせずに、
まだ色んな事を考え続けていたものだから、なかなか寝付けなかった。
映画についてと、連想で色々考えたことは別の記事で書くかも知れない…
色んなことを連想させて少し豊かにする映画・マンガ・小説などは、良い作品ということです。

昼起き生活なので、早い時間にピンポーンで起こされると困るし、出ない。
時計を確認すると、まだ9時過ぎじゃないかー
落札して鳥取から中古の外付けハードディスクが届くのは…午後2〜4時の配達を指定した。
うつらうつらしていると、またピンポーン、勘弁してよー。
今度はまだ10時過ぎ、うるさいセールスマンだなー、だからまだ起きない。
二度もピンポーンをやられるともう寝れないので、10時半に起きる。
不在通知表が入っていないから、やはりヤマト運輸じゃない。
正午近くにピンポーンでヤマト運輸の配達。
ということは、やっぱりヤマト運輸だったのー!?
大雪の鳥取・米子から鳥取の空気と一緒に外付けハードディスクが届きました。
これを落札したのは12/11夜9時過ぎ
谷口ジローさんの訃報がYahoo!ニュースに載ったのは24時近くだった。
偶然ですが少し不思議な鳥取つながりでした。
----------------------------------------------------
《2/17追記》昨夜、美和さんが添付ファイルで送ってくれた新聞画像
関川夏央「谷口ジローさんの思い出―欧州が愛したリアリズム」(読売新聞2/16朝刊?)
谷口ジロー読売新聞2-16.jpg
谷口ジローさんは色んな原作者と組んだが、
一番長いコンビが関川夏央さんですから、
一番読みたかった追悼文は、これかもしれない。
--------------------------------------
(全文を文字起こし)
関川夏央「谷口ジローさんの思い出―欧州が愛したリアリズム」(読売新聞2/16朝刊?)
 ちょうど四十年前の寒い日、谷口ジローと会った。絵はうまいが話がつくれないマンガ家がいる、助けてくれないか、とマンガ雑誌編集者に頼まれた。ハンサムな二十九歳の彼は、穏やかな表情で無言のまま、あなたに書けるかな、と二十七歳の私に目で語った。
 絵がうまいのは承知していた。だが話がつくれないのではないと、共作の仕事をしてすぐにわかった。マンガ、ことに一九七〇年代の「劇画」は「こけおどし」を特徴としていたが、そういう物語づくりを彼は嫌っていただけなのだった。
 三年後、『事件屋稼業』という作品をつくり始め、このとき谷ロの絵に「ユーモア」の味が加わった。
 さらに七年後、私たちは明治の文芸家、というより「文芸思想」そのものを主人公とした連作『「坊っちゃん」の時代』に着手した。この作品から彼の絵は「明るいリアリズム」の方に歩み出した。
 谷口は、私の書いた設定、セリフ、ナレーションをいっさい変えなかった。だから「原作」と「作画」ではなく、「企画・脚本」と「撮影・監督」の関係であった。完成原稿で矛盾が生じたら、絵ではなく、セリフやナレーションを「編集」し直した。すなわち文字どおりの「共作」であった。
 二十年前、私はマンガ・シーンから文芸方面に退いたが、谷口はさらに多くの仕事を世に問うて、やがてヨーロッパのファンに日本マンガ最先端の巨匠として遇されるようになった。かつて現地の映画ファンが小津安二郎を愛したようだった。
 一九八〇年代初めに着手、九〇年代半ばに中断した『事件屋稼業』の主人公、「ハードボイルド」なのに依存心の強い探偵深町丈太郎は、時の経過とともに加齢する設定だから、二〇一七年には六十八歳だ。
 大晦日に見舞ったとき、どうかね、糖尿で前立腺肥大の探偵の現在を描かないかね、と谷口に提案すると、彼は泰然と微笑した。その脚本を執筆中、私は突然の訃報に接して茫然とした。 (作家)

(読売新聞または関川夏央さんからクレームが入った時には、記事の全文を削除します。その時は引用方式で語ろうかな…)
--------------------------------------------------
《2/18追記》映画「遥かな町へ」を視ての第二弾の追悼ブログにリンク
◎タイムスリップものと谷口ジロー原作の実写映画「遥かな町へ」(しっかりネタバレ)など、タイムスリップ疑似体験!?-2017年02月18日
http://yumenoya.seesaa.net/article/447104879.html
posted by yumenoya at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする