2017年01月31日

◎肩身の狭い愛煙家&タバコ代節約術とそのグッズ(煙草/たばこ)/《追記2/9》受動喫煙対策、喫煙者の会員倶楽部/《追記2/25》/《追記2/27》/《追記3/9》窪田順生さ〜ん

《喫煙場所》
今から15年ほど前に、学生時代の友人7人が集まり東北で内輪のクラス会をやった。二泊三日で3台の車に乗り東北をウロウロしたが、その時、既に禁煙に成功した友だちが居た。その頃、少しずつタバコを吸える場所が減っており、飛行場の待合室の喫煙コーナーで、しばし別れの煙草を。
また昔、年末年始の旭川往復で利用していたJRも一時期2号車は喫煙車両だったけど、やがて全面禁煙に。その頃、ホームの端っこに喫煙コーナーがあり、ただ灰皿がいくつか並んでいるだけの吹きさらっしだった。それもやがては囲まれた密室の喫煙室になった。それが今もあるのかは知らない。
札幌市内も繁華街などは路上全面禁煙となり、それもどんどん拡大したけど、今タバコを吸っても構わない外の場所って何処にあるのでしょうかね。昔は携帯灰皿が必携だったけど、もう持ち歩いたことは無い。
2007年にリハビリ病院を退院してから、クモ膜下出血の手術をした病院に、半年ぐらい毎月一度検査に通ったけど、その頃1階に密閉の喫煙室があり利用していたが、今は病院全面禁煙でしょうから、もう無くなったのでしょうかね(脳卒中だというのに、私は退院したら即、しっかり吸っております)。後に咽喉科で別の病院に入院したが、そこは屋上が喫煙コーナーで患者も看護婦もそこで吸っていましたけど、看護婦さんたちは今どうしているのかな。
もうほとんど出かけない札幌だけど、札幌へ出るときにタバコは必ず持つ。別に何処かの外で携帯灰皿を片手にタバコを吸おうとか、タバコを吸える食堂を探すつもりもないので、馴染みの居酒屋に行ったら吸おうと考えているだけ。今の世の中、居酒屋とかスナック以外にタバコを吸える場所は何処にあるのでしょうかね。

《タバコの値上げ》
タバコを吸える場所は何処!?の問題以外に、タバコの値上げがあります。タバコをいたずらに吸うようになったのは、予備校時代の1970年です。その頃は一日に数本でしたから、10本入りのホープでした。それはやがてハイライトに変わりました。このハイライト時代が長かったけど、それも度重なる値上げで(2000年近くの値上げ時に)安いエコーに変えました。タールとニコチンの多いエコーに変わった時に、タールとニコチンを少しカットしてくれる100円ショップの25本入りミニパイプを使うようになりました。それもやがて少し長い「わかば」に変更。昨年の値上げ時には、少し短いが一番安いゴールデンバットを一時期試しましたが、両切りからフィルターに変更されたので、「わかば」に戻りました。

《節約グッズ》
2012年に札幌から石狩市に引っ越して来ましたが、少し経った頃、初めて100円ショップでタバコの火消しを購入しました。この時は、灰皿に置いたタバコ火がたまにシケモクに移って煙モクモクということがあったので、吸い終わったタバコの火をしっかり消そうと思ってでした。
灰皿に「火消し」置き、吸い終わったら「火消し」に立てて消すつもりだったのですが、長いまま消したタバコにはミニパイプが付いているので、また火をつけて吸いました。
学生時代には、短いシケモクをキセルで吸っていましたし、今だって買い置きのタバコが無くなったらシケモクを吸っています。
それとタバコって、灰皿に置いたまま煙を出している時間が長くて、時々思い出したようにタバコを手に取り吸っているだけです。置いている時間が長いから、火の移ったシケモクから煙がもうもうとなる訳です。
これに気付いた時から、一吸い二吸いしたら「火消し」に立てる。数分経ってタバコが欲しくなったら、また火を点けて一吸い二吸い、というのを繰り返します。タバコがかなり短くなったら、新しいタバコにミニパイプを移して火を、という次第で、タバコの消費量はかなり減ります。半分くらいに減ったと思います。これが自宅での「節煙(煙になるのを減らす)が節約だ」という方法です。ほとんど煙にしてしまうのはもったいない。また灰皿に置いた自分の吸っているタバコの煙も避けた方が良い。(追記2/1:私だってタバコが身体に良いとは思っていませんけど、独り者はそんな感じでしょう。ガンとかを宣告されたら少しは考えるかもしれないが…今は止めないつもりです。でも懐具合で寝酒も呑めないとなったらば、まずタバコを止めます。タバコより寝る前の日本酒が優先ですね)
去年一度、この「火消し」を持参して札幌の飲み屋で試しましたが、「火消し」をすっかり忘れて帰還しておりました。酔ったら持ち慣れないものは忘れやすいようです。
タバコ代節約.JPG

昔持ち歩いていた簡易灰皿(丸型)を今確認しましたら、火消しが付いていました。これって外出先でも使えるかも。一吸い二吸いしただけの長いシケモクは簡易灰皿の火消しでしっかり消してから、タバコ箱に戻すことも可能です。カッコは悪いが喫煙室などでもできる節約術。

《今後の環境は…》
昨年に続き、また4月から、わかば、エコーなどの安価タバコは30円再値上げです。何とかしてタバコ代の出費を抑えたい方にはオススメしたい私の節約方法でした。ミニパイプと「火消し」がその108円グッズで、「火消し」はヤニを取って洗ったら何度でも使えます。値上げに対抗するのならケチしかありません。

もしオーストラリアのように一箱2,000円の贅沢品となった時には、煙草とオサラバしましょう。そんな時代は日本にもやがて来そうです。

最近のニュースによると、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、居酒屋も禁煙とすることが検討されているらしいけど、私がよく行っていた札幌の小さな飲み屋・スナックは全てママさんも愛煙家でした。もし禁煙対象施設(罰金有り)なんていうことになったら、長居のしたい、長居のできる場所で無くなることは間違いない。
----------------------------------------------
《追記2/9》
★<厚労省>「屋内禁煙」骨抜き危機…小規模バーなど喫煙OK-毎日新聞 2017年2月8日 21時40分(最終更新 2月9日 09時32分)
http://mainichi.jp/articles/20170209/k00/00m/040/116000c
「小規模飲食店(30平方メートル以下)での喫煙に関する厚生労働省案」と
まだまだ揺れているけれども、もし小さな居酒屋もダメとなったら、
北24条街のあの店は廃業となるのか!?
札幌の北24条街は、路上喫煙はダメ地域なのだろうか!?
大家の英断でビルの空店舗を喫煙室とする手もあるけど……
小さな居酒屋やバー・スナックにとっては死活問題となる。

「当店は喫煙者会員の居酒屋(バー/スナック)です」と入口に貼り出し、
会員の氏名入り会員証を店が発行するなんてどうでしょうかねぇ??
喫煙者倶楽部があったってイイでしょう。
喫煙者のための会員倶楽部まで取り締まれるのでしょうかねー
--------------------------------------------------
《追記2/13》
●受動喫煙対策案、例外を認めるべき?-意識調査 Yahoo!ニュース
 実施期間:2017年2月10日〜2017年2月28日
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/27862/result
私は「小規模店舗は例外とする修正案に賛成」に投票しましたけど、
「例外は認めるべきでなく、飲食店は原則禁煙にすべき」が圧倒で、58.4%
喫煙派はやっぱり弱そうだ。

愛煙家限定居酒屋倶楽部を作ろう。
愛煙家会員倶楽部なら受動喫煙対策に触れないのでは…
受動喫煙が嫌な人は会員にならないし、そんな人を会員は誘わない。
小さな居酒屋そのものが喫煙室なんです。
この論法はダメでしょうかねー
--------------------------------------------------------------------------
《追記2/25》流れ悪し…
★居酒屋禁煙、例外認めず小規模店も…厚労省調整-YOMIURI ONLINE 2017年02月25日 09時02分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170224-OYT1T50173.html
------------------------------------------------------------
《追記2/27》
★「指定喫煙場所」増やす方針検討-ホウドウキョク 2/27(月) 20:30配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00010004-houdoukvq-soci
「受動喫煙防止対策をめぐり、厚生労働省が、条例で「屋外禁煙」としている一部の自治体に対して、屋外での「指定喫煙場所」を増やすなどの対応を要請する方針で検討していることがわかった。」
こういう記事で困るのは、「指定喫煙場所」という言葉を説明してくれないとー!?!?
囲まれている部屋のような形状が必要なの!?
私有地で公道から離れていれば、灰皿があればOKなの!?
喫煙家と規制される小さな居酒屋・焼き鳥店にとって必要な情報は、
行きつけのあの店は!?、当店は!?、このビルは!?です。
馴染みの客もテナントもビルオーナーも!?
しっかり判るように説明してくれないとー!!!!
--------------------------------------------------
《追記3/1》
★飲食店内は原則禁煙、違反すれば過料30万円以下 厚労省が法改正原案公表-産経新聞 2017.3.1 16:55
http://www.sankei.com/life/news/170301/lif1703010066-n1.html
「原案では、未成年や患者が利用する小中学校や医療機関は最も厳格な敷地内全面禁煙にした。大学や運動施設、官公庁は建物内禁煙で、喫煙室の設置も認めない。」
「レストランやラーメン店などの飲食店では、喫煙室の設置を認めた上で、建物内禁煙。ただ、延べ床面積「30平方メートル以下」のバーやスナックなど小規模な酒類提供の店は妊婦や未成年者の利用が想定しにくいとして規制の対象外とした。」

カウンターのみで午後5時開店の「30平方メートル以下」の小さな焼き鳥屋はどうにるの!?
--------------------------------------------------
《追記3/5》
★飲食店の原則禁煙「吸う自由、吸わない自由」 JTは改正案に危惧も-BuzzFeed Japan 2017/03/05 11:01
https://www.buzzfeed.com/takumiharimaya/smoke-jt
--------------------------------------------------
《追記3/7》
★「小さい店は禁煙にすると潰れる」渡邉美樹氏が全面禁煙に反対する理由-THE PAGE 2017.03.07 08:50
https://thepage.jp/detail/20170306-00000009-wordleaf
--------------------------------------------------
《追記3/9》
★「禁煙化で小規模飲食店が潰れる」は大ウソだ(ノンフィクションライター 窪田順生)-ダイヤモンド・オンライン 2017.3.9
http://diamond.jp/articles/-/120560
スペインの例「実はこの国では06年から公共施設や職場などで喫煙が禁止されたが、飲食店に限っては、敷地面積によって例外規定が設けられた。具体的には面積100m2以下の店の場合、「喫煙店」にするか「禁煙店」にするかを、所有者が自分で決められることにしたのだ。逆に面積100m2以上は、喫煙室を設置せよとなったのだ。」

ところが「スペインでは規制がゆるすぎて守らない店が続出、法律を機能させるために必要な「平等性」を著しく欠いてしまったことで、形骸化してしまったのだ。こういうシステムエラーが見受けられる制度を日本に導入したところで、スペインと同じ轍を踏む恐れが高い。」

「今は当時とは流れがまったく違う。喫煙者の数は年々減っており、嫌煙家が社会の主流になりつつある。そんな環境にあって、小さな店が「喫煙可」を掲げるということは、短期的には儲かったとしても、中長期的には客足を限定させ、経営規模をどんどん小さくさせてしまうのだ。

 もちろん、喫煙者のマスターがいる、喫煙者のためのバーという店や、シガーバーなどの専門店はそれでいい。ただ、「食事」がメインの小さな店は、間違いなく当初の愛煙家殺到バブルの後は死屍累々だ。」

ライター・窪田順生さんの云う「喫煙者のマスターがいる、喫煙者のためのバーという店や、シガーバーなどの専門店はそれでいい」なら、タバコ好きな老い先の短い店主(マスターやママ)と愛煙家で老い先の短い客が集う小さな居酒屋やスナックは今のまま例外規定で残してよー!!店も客も遠い将来を考えるほど長生きできません。馴染みの店での飲み仲間との会話にタバコが必須アイテムなんです。老い先短い現在の楽しみを奪わないで欲しいですね。店も常連も、煙草が嫌いな人には誰も来店して欲しくない。
後十年は持ちませんから、例外規定でそっとしていて欲しいですね。
posted by yumenoya at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

「君の名は。」の世界を時間軸で整理するとパラレルワールド、残る矛盾点・疑問点など/《翌朝に追記》/《追記1/30》/《追記2/5》/《追記2/25》

《恋愛時間SF》
カジシン(梶尾真治)作品との出合いは「おもいでエマノン」でした。あれは、まだマンガ貸本屋でネット古本屋を始めた2000年頃のことだと記憶。星野之宣作品や諸星大二郎作品のファンが集うメーリングリスト(話題は広くSF小説もOK…)に登録しました(届く情報が厖大過ぎて私の処理能力を超えたので後に退会)。届いたメールの話題に寡作マンガ家の鶴田謙二を見つけました。「おもいでエマノン」のイラストが鶴田謙二さんだったのです。あの鶴田謙二がイラストを担当しているくらいだから…とこの小説を読んでからカジシン作品を追いかけ、やがて恋愛がらみのタイムスリップ、タイムトラベルものに出合いました。恋愛時間SFというのは私の好みにピッタリでした。
この頃、昔観た映画が気にかかってネットで調べました。するとそれが「ある日どこかで」でした。
この事は次のブログ記事に書いてありました。
★映画「ある日どこかで」/カジシン/TSUTAYA DISCAS-2009年10月11日
http://yumenoya.seesaa.net/article/394425653.html
そして恋愛時間SFの小説と映画を意識して探すようになり、それは今も続いております。かと云っても映画「ある日どこかで」を再鑑賞してからまだ10年も経っていないのですから、まだ歴史の浅い恋愛時間SFファンとなります。

《映画「君の名は。」の世界》
男女の意識の入れ替わり、それは3年ずれたリンク繋がり、歴史を改変する奇跡、この3点が「君の名は。」の眼目で魅力となっています。そして瀧と三葉とを繋いでいるのは「組紐」と「口噛み酒」です。

ロマンスもの時間SFファンとして気になるのは、矛盾の無い辻褄の合っている作品なのかどうか…です。
時間SFの小説・映画だと、タイム・マシーンが登場するタイムトラベルか又は制御不能のタイムスリップというのが普通です。この場合、肉体も精神もまるごと移動する話ですから、読者・鑑賞者にタイムパラドックスを感じさせないように辻褄が合っていれば、構成がしっかりしていれば齟齬を感じさせません。また同じ時間軸での移動という作品が多いですが、歴史の大きな改変が起きた場合には、枝分かれした別世界(パラレルワールド/分岐した平行世界)を想定することで矛盾を回避している作品もあります。

ところが、この映画「君の名は。」の特殊なのは、3年ずれた男女の入れ替わり(意識・精神のみ)で、更に歴史改変も伴っていることです。時間のずれた入れ替わりを扱った作品が既にあるのかは不明ですが、私には初めての作品です。私が今までに読んだ、視た作品には無かった設定です。

この事が原因なのだと思いますが、初めて映画「君の名は。」を視た時に、何かしっくりしない印象が残りました。元々が入り組んだストーリーですから、一回視ただけでは疑問が残るのも当然とは言えますけど。

《映画「君の名は。」の時間軸、パラレルワールド》
これを整理すると、下記表のようになる。(注・二段階で拡大します)
s-君の名は。世界.jpg
もしも三葉と瀧とに3年のズレが無ければ、
感じる矛盾も残る疑問は少なくって、
じっくりとした二度目の鑑賞も無かったかも知れない。
普通の恋愛もの時間SF映画だと大きな疑問を感じずに、
結構面白い映画だったなあとか、
これはメッケモノの良い映画だったという印象・感想で終わってしまう。
だから早くに二度目の鑑賞をしてスッキリしたいと考えることは無い。

この点、映画「君の名は。」は、ちょっとしっくりしない作品でした。
原因は「3年のズレ」という設定にあると思います。
このズレがあるから、三葉(高校2年)が上京して瀧(中学2年)に組紐を渡すシーンが後々まで効いています。その意味では、脚本家でもある監督は是非とも描きたい重要な設定だったのでしょう。ただずっと同学年として入れ替わり進んでいたものが、ラストで出合った時には三葉は3歳上の姉さんなんですよねー。この当然の3歳違いにあらためて気づいた時には、ちょっと自分も驚きました。当然なんだけど…

上の表にもメモを記しているけど、それ以外のものも含め、
矛盾点、疑問点だと感じた事を整理してみよう。
なお、二人の役名は、次のように表記することとします。厳密ではないけれど。
「三葉」
「瀧」
「ミツハ」三葉になった瀧
「タキ」瀧になった三葉
「三葉(パ)」隕石衝突から助かったパラレルワールドの三葉
「瀧(パ)」パラレルワールドの瀧

1.映画のキーアイテムである三葉の組紐
この組紐は、隕石衝突の前日(2013/10/3)、瀧(高2)に会いに上京した三葉から瀧(中2)に渡されます。
飛騨旅行で付けていたこの組紐は、隕石衝突の日(2013/10/4)、避難作戦を進めていたミツハは三葉の父である町長の説得に失敗して、三葉本人の出馬が必要だと山頂に向かいます。その頃、御神体の洞の中で気づいたタキは登って山頂に出、糸守町は無く死んでいることを知ります。山頂で会えた二人は元に戻ります。そこで瀧は3年間預かっていた組紐を三葉に返します。
映画では語られていませんけど、入れ替わったミツハ(10/2以前のミツハ)もこの組紐で髪を結んでいた可能性があり、更には亡くなった母の形見という可能性も…。この組紐が入れ替わりパワーの源ですから、色んなことを想像させてくれます。
ただ、卵が先?ニワトリが先?みたいに組紐についての思考が循環してしまい混乱しますけど。
矛盾の本題に戻りましょう。
凸凹コンビ(克彦と早耶香)の協力を得たミツハと三葉の避難作戦が結果的に成功し糸守町民のは助かったのは新たな別世界(パラレルワールド)の始まりです。
この新たな世界は、入れ替わったミツハが避難作戦の行動を起こした時に始まっていますので、2016年の翌朝に山頂で目覚めた瀧は、この世界では三葉に返していない組紐をまだ持っていないとおかしい事になります。
私の理解した時間軸の映画世界では、唯一のはずの組紐を三葉(パ)も瀧(パ)も持っているという矛盾に陥ります。

2.山頂で瀧から三葉へ返された組紐(時空を超えた物体移動)
三葉と瀧との入れ替わりは、あくまで意識・精神の話だったのに、3年の時ズレを超えて組紐という物体が移動したことになりました。ちょっと気になる点です。そうするといくら盛り上がるとは言え、当初の設定通りに物体移動は無しにして欲しいですね。意識の入れ替わり交換なんですから。
(瀧が「今度会う時まで預かっておくから」と云えば済む話だと思うのだが…)

3.滝のたくさんのスケッチ画が詰められたバッグは何処に…
糸守町の大災害を知った瀧は翌朝山頂を目指し御神体の洞に入ります。
「1.映画のキーアイテムである三葉の組紐」で書いたように山頂で二人は出合いますが、
タキになっている事を気づいた三葉は山頂を目指して登りますけど、
この時、タキは瀧のバッグを持っていません。
翌朝山頂で目覚めた瀧(パ)は何故そこに居るのかもわかりませんから、
洞に入ったことも知りません。
滝(パ)はバッグ無しで東京へ戻ったことになるようです。
すると、スケッチ画が入ったバッグはまだ洞にあるか、
神社が無くなったとは言え御神体、三葉(パ)が回収して持っている可能性は高い。
それとも滝のスマホから消えたタキの東京日記のように消えた可能性も…。
糸守町の記憶もかすかに残っていて瀧が描いた糸守関連のスケッチ画
あってはならない物として消去…は少し変だと思うけど。

(ついでですから、膨らむ想像についても)
4.瀧の母も…
父と二人暮らしの瀧ですが、瀧の母についての説明は何も無かったように思います。生きているのか死んでいるのか、亡くなったのなら小さな仏壇とか…タンスの上に母の写真があってタマに手を合わせるとか…というシーンは無かったし、親子の会話にも一度も無かったように…
三葉の母も亡くなっているのと何かの暗合があるのだろうか、描く時間が無くなったので、一切触れない事にしたのなら、ちょっと寂しいですね。
私の想像(妄想かな)でいくと、宮水家のように瀧の母も異能の人の家系で、
隕石がまたやってきた時に、三葉と瀧には出合う運命にあった…

(更に妄想)
5.宮水神社
テレビニュースによると1200年振りに戻って来た彗星
(この時1200年前に出来たのが糸守というカルデラ湖らしい)
(すると御神体のあるカルデラのミニ版もこの時に…)
ばあちゃん(一葉)の説明によると、宮水神社は1000年前の建立
200年前の大火災で神社の謂れを書いた文書などは全て消失した
組紐の作り方とか口噛み酒づくりの舞とかの形だけが残った
口噛み酒を奉納する御神体が何故こんなに離れているのかも判らん
ミツハに、ばあちゃん曰く、私も少女時代には変な夢を見た憶えがある
だが夢で誰になってたかは何も憶えとらん
衝突する朝、学校に向かって走るミツハの独白「そんな事、誰も信じないなんて、普通の事を言うばあちゃんだな」
妄想すると、隕石でカルデラ湖が出来て、かなり経った頃、
住みつく人が増えたときに、宮水神社が建立された。
大火災で神社の古文書は全て消失してしまったけれど、
天の怒りを鎮める目的の神社
似たような事にまた遭わないための神社の建立
そのため異能の神主たちは代々と組紐を紡ぎ口噛み酒を奉納してきた。
その彗星がまた接近した時に、糸守の民を救う作戦のスイッチがオンに
三葉と瀧のリンク(精神スリップ)が始まったというのが、
作者の意図したストーリーだと思う。
これを描きたかった作者
齟齬はあるけれど、面白い作品だと私も感じております。


(★後記)
このブログ記事を書くために、A4判の紙に20枚以上の鉛筆のメモ書き
メモ書きを見ながらテキスト・ファイルに打ったのは700行(大事なセリフなどを整理)
もし公開されているシナリオ・脚本があったならば、
こんなに長時間の作業を浪費しないで済んだのに……
でも計算されたセリフと緻密なシナリオ構成と微妙な伏線の配置
ここまて書いたように、いくつかの疑義は残りますけれど、
一本の映画に、こんなに振り回されたのは初めてです。
マンガの一ノ関圭「鼻紙写楽」と、私が生まれる前の戦前の独身オフクロに継ぎ、
映画「君の名は。」の検証は、私の中で作成に時間のかかった3本目の記事となりました。
私を翻弄し惑わせた「君の名は。」は最高レベルです、例え疑義があっても……

あと数年経った時に、レンタル料金が安くなった時に、
耳が衰えてきた私としては、日本語字幕で3回目の
映画を視たいと思う私なのです、
またきっと逢うでしょう、「君の名は。」
(今、日代わりの午前1時近くです。読み直すのも面倒なので、エイ!?ヤー!?の投稿です。明日になったらチェックで訂正もあるかも…とアップロードです。さすがに酔っています……明日素面で読んだら大幅な訂正があるかも????)
-------------------------------------------------------------------------------
《翌朝に追記》
目が覚めて布団の中でまた色々と考えていた時に、
★昨夜書き洩らしていた疑問があったことに気付いた。
作者は検証済みのことだと思うのだが、
三葉が父・町長を説得して町の避難命令(映画では訓練)が防災無線で流れたとして、
消防団が出動しても町民の避難には最低でも5〜10分はかかるだろうと思う。
既に分離した隕石の片割れが地球を目指しているけど、
地球への到達に5〜10分もかかるのだろうかと気になった。

★スケッチ画は何処に!?
別表で時間軸についてメモしてあるが、
山頂でタキとミツハがリンクし瀧と三葉に戻った時には
2016年の山頂は既にパラレルワールド。
瀧(パ)は一か月の間に度々入れ替わりを経験した瀧とは違う。
枝分かれした時間軸の瀧(パ)はスケッチ画を描いていない。
スケッチ画はそもそも存在しない、という解釈が一番無難かな?

★今朝気づいた大きな矛盾点(三葉の髪)
三葉が髪を切ったのは彗星が最接近する10/4の朝のこと。
ばあちゃんに髪を切るハサミを借りて切った(映画に切るシーンは無い)。
御神体の洞にいた瀧がミツハとして布団で目覚めたのは10/4の朝。
(変なミツハに驚いた四葉は先に一人で学校へ…)
すると髪の短いミツハはおかしいことになる。
一体何時三葉は髪を切ったの!?!?という大きな矛盾となる。


SF作品は理詰めで構築される世界を描くものだから、
私のような理屈家の解釈に耐える必要があると思う。
ただ私のように細かいことを気にせず、
感動し楽しんでいる観客が多いのでしょう。
それが多数派なのかも知れません。
パラレルワールドなんて意識しないで観た方が、
同じ時間軸で過去の歴史を変える愛の奇跡ドラマとして観る方が幸せかな……
作者はそう誤解されることを期待しているのかも

今度見るのはレンタルDVDが始まってそれが安くなった時だから、数年後のことです。
その時には新たに気づく伏線もあることでしょう。
それまで映画「君の名は。」とは暫しのオサラバです。

そうそう、ネットには、映画「君の名は。」の解釈・読解・推理サイトが色々あるようですが、結局まだどこも読まないままです。
観客の数だけ解釈・誤解があるのですから、
他人の眼にどう映ったかを気にしてもあまり意味がありませんから、他サイトの記事はやっぱり読まないでしょう。
読むとしたら、作者による小説版。映像では描かれていないことを補完している可能性があるので、ちょっと気になっております。図書館の蔵書を検索したら、予約している人が20人以上いましたので、借りるのは断念しました。古本もまだそんなに安くはないので、買うなら新刊かな。
---------------------------------------------------------------------------------
《追記1/30》スタージョン「昨日は月曜日だった」
映画「君の名は。」のパラレルワールドについて考えていた時、もし歴史が大幅に変わったら、神様たちは辻褄合わせる修復に大変だよなあー。500人の犠牲者が生きていることになると、戸籍も人の記憶も新聞・テレビニュースや写真・雑誌・書籍も新たなものに差し替える必要が出てくる。助かった500人は何処かへ引越して新たな生活が始まる。新たな学校へ、新たな職場へ、新たな近所づきあい、結婚と誕生も、親戚との交際も復活し新たな親戚も、というように…500人に関わる3年間分の複雑な縁の修正が必要となってくる。
こんな事を考えていて思い出したのは、昔読んだ小説とか映画とかに似たようなものがあったよなというもの。神様の部下たちがせっせと修復の作業をしている…
歴史のこんな大規模な修正が一瞬の内に起こすことは神様にも不可能だろうから、SFならば枝分かれした新たな時間軸をスタートさせた方が神様は楽できるし、動くままに任せれば新たな歴史が紡がれるとした方が読者もイメージし易い。。
「君の名は。」は衝突の日の四葉と3年後の瀧が入れ替わったことで歴史の改変が始まった。歴史改変後の物語は、山頂で目覚めた(衝突から3年後の)瀧から再開する。映画「サウンド・オブ・サンダー」にあった「タイム・ウェイブと呼ばれる「時間の津波」」(ウィキペディア)が世界を襲い、瀧には何故山頂に居たのかの記憶も無い。

他の図書館から取寄せてもらった大森望/編『ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選』ハヤカワ文庫SFが届いたと連絡があったので1/26に借りて来た。昨夜1/29に読んだ短編がその中のシオドア・スタージョン「昨日は月曜日だった」。歴史改変ものでは無かったが、そこは時の毎日が舞台の幕で、舞台の裏方たちはせっせと舞台づくりの作業をしている(交通事故現場では作業員たちがハンマーで新車を叩き事故車を作成中など)。その現場監督がおり、最高責任者はプロデューサー(神様)。主人公はこの裏方の世界に間違えて入り込んでしまったのが役者である一人の人間という奇天烈な作品。色んなアンソロジーなどで今までに4・5回は読んでいるけど、細部も作者も作品名もすっかり忘れていました。題名も変てこですから、これでしっかり憶えたかな??もしこれが歴史改変ものだったならば、記憶担当監督とかTVニュースなどの映像担当監督とか新聞・書籍など印刷担当とか避難場所担当とかの色んな監督が居て、それにつく作業員も膨大に……
--------------------------------------------------------------------------------------
《追記2/5》
一昨日、美和さんとスカイプでアニメ「君の名は。」について少し話した。
美和さんによると、「パラレルワールド」とかタイムパラドックスとか、特に意識してアニメ映画「君の名は。」を観ていないようだ。こういう鑑賞が普通なのかも知れない。そういう事を意識しないと、しっくりしないという感想になることは無い。私は、「パラレルワールド」とかタイムパラドックスとかが気になって、深読みして映画と小説を楽しんでいた……
------------------------------------------------------
《追記2/25》他人の感想は初めてです
★瓜田純士『君の名は。』メッタ斬り! - 日刊サイゾー2017.02.21 火
http://www.cyzo.com/2017/02/post_31616_entry.html
「『君の名は。』というタイトルの存在を、途中で匂わせすぎですね。タイトルと内容が一瞬、かするか、かすらないかぐらいが映画や小説の醍醐味で、「なんでこのタイトルなんだろう?」というのをこっちは想像したいのに、天からケツまで、『君の名は。』みたいなことを、やたら言わせよう聞かせよう見せようとしすぎです。学芸会を前にした子供が「僕すごいんだよ! 僕の今からやる演技を見てね!」と練習の段階で周囲に見せまくるのと一緒。もうわかったから、うっせえな、って感じ。幼稚くさい子だな、と。」

「瓜田純士」という人物は全く知らない。
「学芸会を前にした子供が「僕すごいんだよ! 僕の今からやる演技を見てね!」と練習の段階で周囲に見せまくるのと一緒」とは、なるほど至言だ。
「瓜田純士」には、そんな作者が透けて見えたのでしょう、うさん臭さが
私のように、感じた「矛盾」が気にかかって二度見する暇人もいるし……様々
posted by yumenoya at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

◎Excelエクセルが突然閉じて困った時の回復用バックアップの保存間隔の設定

私の使っている表ソフトはExcel2010です。
原因は不明ですが、まだ保存していないExcelファイルが突如閉じてしまうことが時々あります。
こまめに上書き保存する慣習があれば、そんなにガックリしないのですが、
古本通販用リストを打ち込んでいる最中にコレが起きると
今日もそれが発生しました、原因不明だけど「コノ野郎!!」です。
回復用にバックアップしてあった所から、また打ち直しの再開です。
この突然Excelが閉じてしまうのは、ホント腹立たしいです。

私のようにガックリした方は結構多いのでは…
これが会社なら、同僚にこぼしたら即色々と教えてくれるのでしょうが…

さすがに今日は頭に来たので、自動保存のソフトはないものかなと検索しました。
★Excel自動保存アドイン-Vector
http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se286196.html
早速これをダウンロードして、インストールを試みましたが、
添付の解説も作成者サイトの解説も読んで色々やってみたけど、
思いついた無理矢理方法もやったけど、どうもうまく行きません。
windows10との相性なのか私の理解力の不足なのかは不明…。


次に調べたのは
Excel2010には回復用バックアップの機能があるのだから、
バックアップの時間間隔の設定がどこかにあるのでは…??
次のサイトがありました。
◎自動保存の間隔を変更する【Office共通】
http://www.becoolusers.com/office/options-save-autorecover-information.html
この「オプション」は数年前に開いて、便利な設定をしたことを思い出しましたけど、
すっかり忘れていた「オプション」コーナーです。

保存の間隔時間を短くするやり方は簡単でした。
Excel「ファイル」→「オプション」→「保存」の画面で
「10」分ごとの設定(10分が最初の設定か)を「1」分ごとに変更し
(残念ながら秒の単位はありませんので「1」分にしました)
[次の間隔で自動回復用データを保存する]とその下段にもチェックを入れてあることを確認するだけ。
エクセル回復用の自動保存の間隔.JPG

1分ごとに回復用データが保存されるのであれば、
あまりガックリしないで済みます。
posted by yumenoya at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

◎佐藤マコト「箱入り娘」(「サトラレ」の原点)(未単行本化作品)【マンガ図書館Z】/桑田次郎も

子どもの頃に読んだ童話とか民話にサトル≠ニいう人の考えている事を読む化け物の話がありました。
佐藤マコトのマンガ「サトラレ」は、その逆で、自分の考えていることを周囲に発信してしまう能力サトラレ≠描いた面白い作品です。
「サトラレ」は全8巻とneo全2冊が出ていますけど、
この作品の前にどんな作品を描いていたのかはずっと気になっておりました。
こんな面白い発想の「サトラレ」を描く人は、その前に変てこな作品を描いていたのだろうな??
昨夜好友堂さんとスカイプをしていた時に、マンガ図書館Zが話題になりました。
ここに来たのも久しぶりだったので、未単行本化作品コーナーをチェックしていましたら、「箱入り娘」が出てきました。
前回チェックした時には無かったはずの未単行本化作品でしたので、翌日になってやっと読みました。メッケモノでした。検索しましたら、アマゾンにも見つかりました。どうも「サトラレ」前のデビュー作品らしいです。

「箱入り娘」を視て(読んで)いる途中で、今日のニュースをチェックしていたら、マンガのページめくりがうまくいかなくなったので、ブラウザをFirefoxからChromeに変えてみた。すると何とCMが現れました。マンガ図書館Zって広告で成り立っている無料マンガだったんですね。私、Firefoxで広告の一部をカットするアドオンAdbock Plusを使っているので広告が出ることを今日まで知りませんでした。私のように広告をカットしてタダ読みされたら困りますねー。

「箱入り娘」扉ページの惹句は次のとおりです。
「『サトラレ』の原点がここにある!!」
「『サトラレ』の作者・佐藤マコトが描く64ページ!!」
佐藤マコト「箱入り娘」【マンガ図書館Z】
https://www.mangaz.com/book/detail/41731

アマゾンにもありました。
★箱入り娘 オンデマンド (ペーパーバック) 2016/8/12
https://www.amazon.co.jp/%E7%AE%B1%E5%85%A5%E3%82%8A%E5%A8%98-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88/dp/B01H34D53E/ref=sr_1_17?s=books&ie=UTF8&qid=1484545451&sr=1-17&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88
★箱入り娘 Kindle版
https://www.amazon.co.jp/%E7%AE%B1%E5%85%A5%E3%82%8A%E5%A8%98-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88-ebook/dp/B00O5DDUTQ/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1484552220&sr=1-2&keywords=%E4%BD%90%E8%97%A4%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88%E3%80%80%E7%AE%B1%E5%85%A5%E3%82%8A%E5%A8%98
内容紹介から転載(著者のコメント)
「プロアシスタントとして生計を立てていたとはいえ、年に一本位は「漫画」を描こう。
そう考えつつ「アシスタント先探し」も考慮しつつ一人で書き上げていた頃の投稿作品です。
「僕はココにいるよ」
日の当たらないプロアシスタントの、少し病んだ心の叫びがモロに出ていますw
旧知の編集さんに渡し掲載先を探して頂いたのですがページ数とにかく長い。
暫くして某誌に頼んだところ「エヴァのパクリ」と評されて…いや、僕は観てないんですけどねw
載せてもらえるところ無いと返ってきたんですよねズッシリと64ページw で途方に暮れて
モーニングの編集さんに「スクリーントーン代だけでも回収したいんです(>_<)」と泣きついて…
お情けで漫画オープンに入選して、ツテではない初めての編集さんが付いて一年半後「サトラレ」連載という具合。
本当に人生ってわからないですね。 (注)カラー表紙とP63、64は旧Jコミさん掲載用に描き足しました。
佐藤マコトでした。」

気になって「エヴァ」を検索しましたら、SF映画がヒットしましたけど、少女アンドロイド映画とこの「箱入り娘」は全く別物で、「エヴァのパクリ」と論ずるレベルじゃありません。「箱入り娘」の方が色んな萌芽を含んでいます。「エヴァのパクリ」と評した編集者は「見る眼」が無かったと感じます。


マンガ図書館Z「著作者50音順一覧」には桑田次郎は登録されていませんが、
「桑田次郎」で検索すると、次のような14点の作品が登録されています。
https://www.mangaz.com/title?query=%E6%A1%91%E7%94%B0%E6%AC%A1%E9%83%8E&submit=
桑田次郎「未来人ケン+おれは石松だ+からだの…」
桑田次郎「電人Xマン+黒い風」
posted by yumenoya at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

◎映画「君の名は。」の疑問(パラレルワールド)を整理、解読するための再鑑賞の前に(part1)

《巻頭追記連絡1/9》
1/8(日)に二回目の鑑賞をしました。
これでかなりスッキリしましたけど、
下記に書いた二か月前の印象・疑問を整理したメモにはいくつも誤りがあったことが判明しました。
現在せっせと「映画の構成」を整理しながら打ち込み中ですので、
明日にはpart2をアップできるかな?
----------------------------------------------------------------------
昨年視た映画「君の名は。」は想像以上に且つ集客数に違わず面白かったけれど、たった一度の鑑賞で複雑な作品世界が理解できるほど単純な話では無いなと感じた。何度も視た観客が居るのは疑問を抱えて通った人がたくさん居たからではないか、と思う。
視た友達に訊くと特に大きな疑問を残さずに観終わっているらしいけれど…。

秋に初めて視た時に、疑問点などをブログ記事にしておけば良かったのに…と思うが、氷解してから改めて書けば済むと考えてそのままになっていた。が再鑑賞をする前に、私の疑問と解釈を整理して置かないと、最初に感じた印象をちゃんと残しておかないと、何が氷解して、何が新たな疑問として残ったのかが不鮮明になってしまいます。また思い出しながら書いているから、記憶の間違いがあるかも知れないけれど、再鑑賞する時には念頭に置きたいことを整理しておくこととした。


「君の名は。」の出だしは、男女入れ替わりの映画「転校生」(大林宣彦監督/1982年/小林聡美/尾美としのり)を思い出させ、面白い始まりでした。「転校生」との大きな違いは、三葉が田舎に住み、瀧は都会・東京に住んでいた事で、暮らす場所の隔たりも面白い展開を予感させました。

あれっ!?と驚かせたのは、
1.瀧に会いたいとし三葉は東京に出てきました。三葉は瀧らしい人物を見つけたのだが、瀧は何故か気づいてくれず、人混みの中で、三葉は髪を結んでいた組紐を瀧に渡す。
2.瀧の部屋には三葉が描き残してあった瀧が思い出しながら描いた三葉の故郷のスケッチ画が数点。そのスケッチを元に、友人たちと一緒に三葉の故郷を訪ねた瀧は、そこに起きた過去の悲惨な事件(彗星の片割れが衝突)を知る。(三葉はそれで死んでいる)
あれっ!?二人の暮らしている時が異なっている「時を超えた」話だったのー!?凝った構成だけど一体どう展開して行くのー!?

三葉の暮らす世界は時系列A、瀧の暮らす世界は時系列Bで、そのAとBとが突如リンクして入れ替わっていたということ!?上の1で三葉が会ったのは時系列Aの瀧で、時系列Bの瀧は未来の瀧なの!?時系列Aの瀧と時系列Bの未来の瀧は全く別人物ということ!?(頭が少しクラクラするけど熟考も出来ないまま進む映画を視ていた)
SF小説だとタイムパラドックスを回避するため、時を超えた人間が出現すると新たな時間軸が枝分かれするというパラレルワールドがあるけど、「君の名は。」ってパラレルワールドなの!?

ラスト近くの見せ場で、瀧は三葉たちが洞穴に奉納した日本酒(三葉が噛み砕いたご飯が元)を呑むことで三葉とリンクして入れ替わり、三葉になった瀧は友だちを説得して明日起きる衝突事件からの故郷の住民救出作戦を展開するが町長である三葉の父に阻止される。ここで入れ替わって戻った三葉は父を説得する……

この瀧の世界のTVニュースでは、彗星の片割れが隕石として衝突したが、町が急遽行った避難訓練のおかげで、隕石衝突の被害者はいなかったと奇跡を報道…
三葉の故郷の住民たちが助かった世界は時系列Cなのか?
過去の隕石衝突事件が現代の事件になったとすると時系列Dなのか!?
頭はもうクラクラで、整理が付きません。

瀧たちはもう社会人(就職活動の学生?)。三葉の友だちもコンビで東京の喫茶店に登場。
(ラスト)歩道橋ですれ違った三葉と瀧、後ろ髪を引かれたかのように振り向く二人、あなたは!?という表情でラスト。


時空を超えた男女の入れ替わり、この二人の働きによって悲惨な歴史が変わってしまった。その変わった世界では二人が同時代に生きており、そして出会った。

という感想が私の理解なのだが、何せ難解なストーリーですから、再鑑賞したら私の疑問は氷解するのか??私の誤解なのか??別の新たな疑問が生まれるのか??は不明ですね。
「君の名は。」をご覧になった人は、この作品をどう理解してどのように記憶にとどめているのでしょうか??


今度は細部も意識しながら鑑賞することとし、疑問などが氷解したら、part2で報告します。(難解な構成ですから、こんな時にはシナリオが欲しい)

内容の理解に疑問は残っていますけど、2016年視た映画のベスト2にランクインです。
よって「バック・イン・クライム 時空を超えた事件」はベスト3になりました。

そうそう、今日が誕生日で65
四捨五入で70となりました

《追記》
まだ解釈、謎解き、疑問解決といった記事は読んでおりません
再鑑賞して自分なりに整理がついてからpart2をアップ
その後には読んでみるつもりでおります
自分の疑問は自力で解決に辿り着きたいので…
(訂正)主人公の名前を間違えていました。このブログには「三葉」しか登場しないのに、全て妹の「四葉」と打ち込んでいましたので、全部訂正したつもりです……。失礼しましたけど、2カ月も前に視た記憶だと、大事な主人公名も間違えていました。

上の「三葉」の「四葉」誤記に気付いたのは別ブログの下記投稿記事を書いている時でした。
◎字幕翻訳について(戸田奈津子さん談)、歳の所為か吹替えより字幕の方がイイと感じている最近だ-2017/01/04(水) 22:18:52
http://yumenoyamemo.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
posted by yumenoya at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2016→2017の年末年始(12/30〜1/1)、映画(タイムパラドックス)、鮭の飯寿司、独り歳取り、ネット作業など(途中追記有り)/《追記1/2》初スカイプ(江戸川乱歩)

《12/30》
・兄から電話があって、来ていた姪に代わり、昔ホームページに設置してあった問い合わせフォームは無いのと訊かれたけど、それはもうかなり昔に無くなったと説明…フォームがあったらネットで簡単な連絡ができると。メールをやらない義姉にも簡単なネット連絡ができると思ったとのこと…
・夜、楽しみに待っていた「運動神経悪い芸人」(運痴)をテレビで堪能」(これが2016年最後のテレビ、2017年最初の予定は1/5深夜ビートたけしのNHKヒストリー再放送)
・「運動神経悪い芸人」を視ていた時に姉から電話、「ゆうパックは明日12時から14時に着く」と
・タイムスリップもの「ミッドナイト・イン・パリ」(ウディ・アレン/脚本・監督)。ウディ・アレンにあまり関心はないけど、下記サイトで紹介されていた。1920年代のフランスに憧れているアメリカ人が、当時へタイムスリップして色んな芸術家たち(フィッツジェラルド、ピカソ、ヘミングウェイ、ダリなど)と知り合うストーリーで楽しい映画でした。(2016年最後の映画)
☆タイムトラベル映画25選
http://www.jikanryoko.com/tteiga.htm
・ベッドでの読書は都筑道夫「梅暦なめくじ念仏(時代ミステリイ)」(これが2016年最後に読んだ小説)
・読書中に思いついたのだが、パスワード付き掲示板を開設したら、姉の孫(姪の息子)の勉強で質問電話があった時に、参考になる解説サイトのアドレス連絡にも使えるゾ。と枕元の紙にメモ…

《12/31》
・昼近くに起きて真っ先に調べたのは、パスワード付きの無料掲示板。検索するとFC2掲示板が良さそうだったので、早速設定などの作業。(姉からの荷物は届いたが開けずに作業を継続)
・やっと非公開の体裁が整ったので、兄のところの居る姪に電話をしアドレスとパスワードを伝える。(後に姪の義姉に対する説明が終わったようで初書き込みがあった。姪が居る時でないと出来ない事でした)
・上の電話で姪に、姉の携帯へのメールが届かないと話したら、パソコンからのメールは受け取らないという設定があると。たまにあるヤフオク!の受信拒否は、設定がそうなっている事を知らない人が姉のようにいるのでしょうかね。
・今年最後の古本の梱包をして郵便局に集荷依頼電話
・姉からの荷物をやっと開けて、冷凍ものと冷蔵ものを整理。午後4時近く、送って来た高価な牛肉で豪勢なスキヤキを。さすがにまだ酒は飲めないけど…
・姉が一緒に入れてくれた本「JAPAN CLASSニッポンばっかり、ズルいって! 」。面白そうな「漢字、ひらがな、カタカナ、3種すべてが生き残ったのは日本人の表現欲」から読み始めた、なかなか面白い。
・姉に電話、急ぐ用事でないけど、掲示板を作ったから、電話をちょうだい、明日でもいいから。
・9時近くに「JAPAN CLASSニッポンばっかり、ズルいって! 」を読みながら日本酒の開始、肴は姉の送ってくれた市販の鮭の飯寿司、十勝(中札内)の冷凍枝豆、数の子。美味しさに驚いたのは「鮭の飯寿司」。市販の飯寿司のイメージは酢とミリンの味でマズイものと思っていたのに、素材の鮭の旨さは生きているし、微妙な甘みと塩かげんと酸味がほどよい美味しさ。オフクロが死んで我が家から「鮭の飯寿司」が消えましたけど、その頃は兄貴のお得意先には「鮭の飯寿司」を作る家庭が残っていました。けどその作り方の伝授も老齢で途絶えました。その味が復活したのが、同郷のママさんの味でしたけど、寒い時期に札幌まで出ることはありません。だからその味をすっかり忘れておりました。それが再現したかに感じておりますが、ママのを食べたら、これが本物よーと思うのかも…
・札幌時代ですと大晦日は行きつけの飲み屋で友達も入って歳取りをしていました。引っ越してからも一度はそこで歳取りをしネット喫茶に泊ったことも…がとにかく億劫で出るのが面倒、翌朝二日酔いでここまで帰ってくるなんてアホらしい。だから独り歳取りです、ずっと…
・結局今日はテレビを点けることもなく12時前に、ベッドでの読書もせずバタンキュー(「鮭の飯寿司」が旨かったから日本酒も効いたのでしょう)
(12/31分追記)下記ブログ記事に追記投稿もしてました
◎「アメトーク 運動神経悪い芸人」が楽しみで12/30放送を待っています、大笑い保証♪♪♪♪/《追記12/31》野球新ルール-2016年12月27日
http://yumenoya.seesaa.net/article/445274928.html

《1/1》
・朝起きる(今日は早く9時)とまずパソコンと灯油ストーブのスイッチを入れてトイレへ
・ネットニュースを確認すると「大谷WBC開幕キューバ戦先発、以降は野手起用重点」、去年も今年も大谷翔平くんがメインです。そこで下記ページの作業で2017年は始まりました。
◎2017年大谷翔平くん関連の気になるネット記事にリンク(一覧表)
http://yumenoyabook.web.fc2.com/ohtani_news2017.html
・一食目はどん兵衛の天ぷらソバに生タマゴと質素な新年スタートです。
・姉から電話が来た、パソコンにそんなに慣れていない姉への掲示板アドレスの説明に失敗してしまった。テキストにアドレスとパスワードを保存する方法のやり方から入ってしまった。料理の準備があると…二つ目のホームページで掲示板にリンクしたので、明日はここから再度説明だ。(追記1/5、姉了承で掲示板OK)
・今年初めての映画は久しぶりの日本もの「サマータイムマシン・ブルース」(上でリンクした「タイムトラベル映画25選」で取り上げられていた作品)これは同じ時間軸をタイムマシンが移動するというタイムパラドックスを扱った青春コメディで結構楽しめました。ただ疑問が…タイムマシンから落ち慌てて部室のロッカーに隠れた人がそこで一夜を過ごして翌日になってタイムマシンで戻って来た友人たちに会うというのはおかしい。納得がいかないよー!!!!ウィキペディアによると元は演劇らしいけど、元演劇の展開は判らないが、映像で視たら変です。部室のロッカーに隠れた時は、前日の自分も自宅などに居るという世界ですから、その翌日もその延長で同じ人物が二人いることになる。そう考える私がおかしいのか????
(映画で追記)映画の中のラストで、全ては神によって予定されていたからタイムマシーンによる矛盾は起こらない、という発言がありましたけど、このパラドックスを回避するため、タイムマシーンが出現すると新たな世界が枝分かれして新時間軸が始まるという説が誕生したのではないか??(この説の最初のSF小説は何なのでしょうか?ご存知の方、教えてください)
・昨日のスキヤキの残り物に牛肉を足し入れて二回目の食事。
・昨夜寝る前に、12/31のブログのアクセス数トップ(微々たる数値ですけど)を確認したら、2015年の一ノ関圭「鼻紙写楽」についての記事だったことを思い出し、11〜12月に掲載予定だった「鼻紙写楽」はどうなったのと、秋田の美和さんにメール

・このブログを書いていたら、今は9時過ぎ。例の飯寿司と枝豆とスキヤキ残りで独り元旦宴会の開始です。

ということで今年もよろしく
--------------------------------------------------------------------------------
《追記1/2》1/1初スカイプ
昨夜一杯やっていた11時頃にメール、秋田からで件名は「スカイプ」
早速スカイプを起動して、お互いに一杯やりながらの会話
午前1時ぐらいまでスカイプ宴会でした。
流石に呑み過ぎたのかバタンキューで、今朝の頭は少し酩酊状態です。
・一ノ関圭「鼻紙写楽」は、ビッグコミック増刊号の掲載作品をチェックしているが、12月発売号にも載っていないので、延期なのでしょうとのこと。
(↓これが美和さんのスカイプ起動の眼目話題)
・下旬は切手オークション(最大手の目録オークション)の出品締め切りがあって、テレビ番組のチェックもしていなかった。出品が終わってからネット記事をチェックしていたら、NHKBSで江戸川乱歩のドラマが放映されていたことが判明。あの「人間椅子」が……
・NHKBSを視れない私は驚いて早速検索すると番組情報はあったけど、動画はヒットしません。美和さんによるとNHKBSのドラマは地上波で再放送するはずだからと。それに期待することとしよう。
・「人間椅子」については次の記事を書いているけど、日本の作家で一番好きなのが江戸川乱歩で、中でも特に「人間椅子」が大好きなんです。今まで映画かTVドラマで「人間椅子」を視たことがあるけど、つまらなかったから、NHKBSのシナリオ&演出には期待しております。早く視たい。
☆江戸川乱歩の名作「人間椅子」を石川球太がマンガにすると……-2015年12月24日
http://yumenoya.seesaa.net/article/431622487.html

《追記1/2》YouTubeを再度検索してみたら、見つかりました。
これから視ますけど、楽しめそうです。
今回分?「何者」「黒手組」「人間椅子」(黒手組と人間椅子とは変則版動画)
前回分?「屋根裏の散歩者」「D坂の殺人事件」「心理試験」
posted by yumenoya at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする