2016年10月28日

◎2016/10/29(土)日本シリーズ第6戦(日本ハムvs広島)4連勝で日本一!!おめでとうございます!!、4勝2敗、観戦速報&応援

合言葉はただ一つ「今日、決めるぞー!!」

(最初のタイトルは「◎2016/10/29(土)日本シリーズ第6戦(日本ハムvs広島)大谷の投球と打撃で今日決めるぞー!!投げて打って崩せっ!!、3勝2敗王手、観戦速報&応援」だったのにー、それが突如次の記事で唖然……)
★(10/28夕方ニュース)予告先発が大谷から増井に変更!?(こんな事あるんだ!!)★
(「試合終了後に次戦の先発投手を予告することで監督合意」で、10/27の試合終了後に大谷と発表したはず…変だ…常識的に考えてYahoo!スポーツナビの誤報、勇み足はないだろうし…!?)

注意とお詫び:以下の記事は、スポーツナビで10/27深夜に予告先発を大谷翔平vs野村祐輔と確認してから書きはじめて、10/28午前2時頃にアップしたものです。10/28夕方のニュースを読むまでは大谷先発と思っていたもので、増井先発とは合わないものがありますが、そのままとします。増井先発の記事を色々と読むと、スポーツナビ「予告先発」の勇み足のようです。メディアの誤報は困りますね》
大谷翔平が決めて「日本シリーズMVP」だ!!
(と40時間と少し後に向けての応援決意表明です)
(試合開始前の応援前哨戦はもう始まっているのだ)
(赤色では敵わないが、応援ではこっちだ、北海道からだけどよっ)
(4勝目を決めた選手がヒーローMVPだ、みんな行くぞー!!)
※鎌ケ谷スタジアムで第6戦を大型ビジョンで中継を放映(内野スタンドを無料開放/開場は午後5時30分)

◎10/29(土)[第6戦](広島)日本ハムvs広島 18:30
(STV(日テレ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
予告先発:大谷翔平(当然リアル二刀流)増井浩俊vs野村祐輔
※リアル二刀流なので攻撃面では日本ハムが一枚多いので格段と有利
広島は一枚欠いて戦うことになる、王手をかけられてのこの差はデカイ
※大谷も経験したマウンドなので「全然、大丈夫です」(日本語としてはちょっと変だけど似合う)(そう大谷くんが語ったことにしておこう)
(追記ニュース)「(敵地マウンドは)今はもうイメージは出来ている。何回やっても合わないというのは、投手としてどうかと思います」-Full-Count 10/28(金) 11:39配信
28(金)「曇時々雨」だが29(土)の天気予報は「曇り」、初戦のようなぬかるマウンドでは無さそう

★(10/28夕方ニュース)予告先発が大谷から増井に変更!?★
ということは、大谷は3番ライトで9回裏守護神という構想かな!?!?胴上げ投手狙い!?
(ライト守備の練習はしていたんだろうか?それとも不測の事態が発生!?!?)
★(10/28夕方ニュース)「大谷は第6戦(マツダスタジアム)はベンチで待機となる見込み」-日刊スポーツ 10/28
(打者大谷を欠くことは広島を喜ばせるだけ!!!!やはり不測の事態が発生!?奇策の監督だからなあ、スタメンを見るまでは不明ということか??)
(それにしても三連勝と最後の劇的満塁弾サヨナラという、広島にとっては最悪のイメージで敵地に乗り込むべきなのに…それにはリアル二刀流の大谷くんがベストのはずなのに…これでは広島に少し余裕を与えることになってしまった。私には10/29(土)の第6戦は勝てなくても構わないと聞こえてくるようだ。やっとのことでの三連勝なのに…。私の心配が単なる懸念に終われば良いが!?第6戦に勝ったらば杞憂ですけど)

「マツダスタジアムはブルペンとグラウンドでマウンドの傾斜が異なり、同一リーグでも対応に神経をとがらせる投手は多い。さらに、ぬかるんだ足元に本拠地がドームの大谷は苦労しただろう。」-産経WEST 2016.10.27
「25日からの3日間は本来の先発投手としての調整が出来ない状態だった。」-Full-Count 10/28(金)
(先発へ向けての練習・調整不足なら、不測の事態で、止むを得ず。第6戦で守護神大谷投手登場という展開に期待します。また「忘れ物、みんなで取りにきました」とは云いたくないよね。だから「今日、決めるぞー!!」、監督の苦渋の決断があっただろうに失礼しました)

(10/29のニュースのタイトル)
「「ナメられたもんだ」 “大谷温存”にカープファン怒りの声」-東スポWeb 10/29(土) 14:02配信
西川選手のサヨナラ満塁弾の直前は、岡選手への死球でした。怒りがあってアドレナリン放出
広島選手の「何クソっ!!」が更にヒートアップしたのは間違いない。
増井投手の投球とバッテリーの配球、そして野手陣の打撃と守備に期待

(10/29午後1時現在の広島市南区の天気予報18:00)曇り、17度、降水量0

《今日のスタメン(打順・守備)》←スタメン発表は18時頃
日本ハム   広島
打順/位置/選手|打順/位置/選手
1左/西川   |1遊/田中
2遊/中島   |2二/菊池
3中/岡     |3中/丸
4一/中田   |4一/エルドレッド
5右/近藤   |5左/松山
6三/レアード |6右/鈴木
7二/田中   |7三/小窪
8捕/大野   |8捕/石原
9投/増井   |9投/野村

★先発投手:増井vs野村★(レフトからライトに強い風らしい)
◆(1回表)(切り込み隊長行けー)先頭西川初球右中間3塁打(もうチャンス!!)→中島ストレート四球31→岡粘り遊ヒット先制点(◎1)21→中田遊ゴロ併殺3→近藤投ゴロ、1対0(もう1点の追加が欲しいシーンでした、球数20)
◆(1回裏)田中二ゴロ→菊池ライト前ヒット→丸空振り三振→エルドレッド空振り三振、(イイ立ち上がり、球数15)
◆(2回表)レアード空振り三振→田中右中間2塁打(調子が出てきてます)→大野ライト邪飛・タッチアップセーフ3→増井空振り三振、(球数34)
◆(2回裏)松山センター前ヒット→鈴木レフト越え2塁打32→小窪フルから空振り三振1out32→(前進守備)石原(暴投1失点で同点3塁)サードエラー(トンネル)逆転(▲1)→野村犠打進2→田中フルからレフトフライ、1対2(ワイルドピッチとトンネルで2失点、球数38)
◆(3回表)(1番からだー)西川見逃し三振→中島フルから高いバウンド内安打→岡空振り三振→中田2塁フライ残、(球数54)
◆(3回裏)菊池1塁フライ→丸センターフライ→エルドレッドフルからレフトフライ、(球数49)
◆(4回表)近藤センター前ヒット→(エラー挽回だ)レアード遊エラー21→田中ライト前ヒット同点32→大野三ゴロ(3塁ランナーout)32→1out(勝負に出た)投手に代打矢野フルから空振り三振2out→西川右中間3塁打(2本目)+2点(◎2)→中島フルから粘り四球31→岡セカンドフライ、4対2(逆転し2点リード、このまま行ったら西川だ、球数80)
◆(4回裏)(交代鍵谷)松山フルから四球→鈴木セカンドフライ→小窪四球21→1out捕手に代打安部一ゴロ進32→2out代打新井空振り三振、(自分の2四球を凌いだ、流れはまだまだコッチ)
◆(5回表)(交代ヘーゲンズ)中田ストレート四球→近藤併殺→レアード遊ゴロ、
◆(5回裏)(続投鍵谷)田中空振り三振→菊池ライトフライ→丸ソロHRで1点差(◎1)→エルドレッド空振り三振、4対3
◆(6回表)(続投ヘーゲンズ)田中四球→大野犠打2球失敗(珍しい)犠打成功2→代打谷口空振り三振→2out西川(敬遠無し勝負か?臭い球ばかり)四球→中島またフルから粘り四球(今日3個目)満塁→岡空振り三振、(しのがれた)
◆(6回裏)(交代石井)松山センター前ヒット(先頭出た)→(交代井口)鈴木3ボールストレート四球21(2塁代走赤松)→小窪犠打32→代打會澤見逃し三振2out→代打下水流遊ヒットゴロよく止めたが投げれず同点(3塁ランナー挟むが殺せず)31→田中一ゴロ残、4対4(追いつかれた)
◆(7回表)(交代今村)中田投ゴロ→近藤一ゴロ→レアード四球→(当たっている)田中フルから空振り三振残、
◆(7回裏)(交代バース)菊池ライトフライ→丸四球→エルドレッド併殺、(球数12)
◆(8回表)(交代今ジャクソン)(待ってたよ)代打杉谷遊ゴロ→市川ボール3・フルセンターフライ→西川ライト前ヒット→2out中島(けん制何度も)センター前ヒット21→(打ってくれー)岡センター前ヒット満塁→(決めろ、ネクストサークルに大谷)中田押出し1点勝越し(◎1)(大谷下げる)満塁→投手バースセンター前ヒット追加点(◎2)満塁→レアード満塁HR(◎6)→(交代大瀬良)田中ゴロ、10対4
◆(8回裏)(交代バース)赤松見逃し三振→鈴木空振り三振→小窪空振り三振、(三者凡退、球数31)
◆(9回表)(続投大瀬良)代打陽三ゴロ→市川遊ゴロ→西川一ゴロ、
◆(9回裏)(交代谷元)會澤ライトフライ→代打西川ライト前ヒット→田中ゴロ2塁out1→菊池レフトフライ、
4連勝で日本一!!おめでとうございます!!お疲れさまでした!!
ありがとうございました

日本シリーズMVP:レアード選手

色んなセレモニーとかが一段落しましたら、十分休養を
今夜はビールかけと特番(23時40分現在、4局5本)
札幌に帰っても地元ワイドショー番組などへの出演で忙しいでしょう
また札幌での日本一おめでとう特別番組があるかもしれません
侍ジャパン強化試合が11/10(木)から11/13(日)に4試合
 (日本ハムから選出:大谷翔平投手(野手として)、増井浩俊投手、宮西尚生投手、大野奨太捕手、中田翔内野手、中島卓也内野手)
 その日程とテレビ中継などは、http://yumenoya.seesaa.net/article/442918700.html
11月20日には日本ハム優勝パレード
 (午前10時半に北3条広場前(北3西3)をスタートし、すすきの交差点前まで)
これでやっと休養に入れるのかな
つまり当分忙しいということです

《2016日本シリーズ 表彰選手》
☆最高殊勲選手賞:レアード
☆優秀選手賞:バース、西川遥輝、中田翔
☆敢闘選手賞:エルドレッド
------------------------------------------------------------
※試合終了後に次戦の先発投手を予告することで監督合意
◎10/22(土)[第1戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HBC17:55(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)大谷vsジョンソン●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443031379.html
◎10/23(日)[第2戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(UHB18:30(フジ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)増井vs野村●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443060407.html
◎10/25(火)[第3戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HTB18:15(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)有原vs黒田◎4対3
http://yumenoya.seesaa.net/article/443099105.html
◎10/26(水)[第4戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HBC18:15(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)高梨vs岡田◎3対1
◎10/27(木)[第5戦](札幌)日本ハムvs広島 18:00(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)加藤vsジョンソン◎5対1
http://yumenoya.seesaa.net/article/443154615.html
◎10/29(土)[第6戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(STV(日テレ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)増井vs野村
◎10/30(日)[第7戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※10/23「日本シリーズの生中継での放送局間での取り決めを紹介。それによると、プレーボールの初球から試合終了後の監督インタビューまでを中継することが定められているという。」
posted by yumenoya at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

◎2016/10/27日本シリーズ第5戦(日本ハムvs広島)「西川サヨナラ満塁弾!!」動画リンク、おめでとうございます3勝2敗で王手!!先発大谷が決めるぞ、観戦速報&応援

広島の2連戦では1対5という一方的なゲーム展開が続きました
舞台が札幌に移り、4対3、3対1という僅差でハラハラ2連勝でタイに!!
今日は第1戦のジョンソンが先発(日ハムだって負けていたら大谷が…)
広島も2連敗タイの危機感からジョンソンを投入という勝負に出た
第1戦は1対5で負けたけど、ヒット数は10対7で優っている
つないだ場面で適時ヒットさえ出れば…
ジョンソンの手の打ちはある程度読めたから
第1戦のようには翻弄はされないぞ!!
こちらは大谷マメ事件で頭角を現した加藤貴之投手だ
投げ合いなら、祖母が日本人だという沢村賞投手には負けません
2連敗のプレッシャーを跳ね返して2連勝した勢いは日本ハムに有りだ!
王手をかけるのはコッチ日本ハム!!
今日もしぶとくしがみついて行くぞー!!
(今夜も三夜連続で、試合終了後の美酒を呑ませていただきます)

(午前2時前の、スタメン発表もまだ16時間後だというのに、
原稿のようなものをアップするのはまだまだ早いけど、
応援合戦は第4戦がゲームセットした時に既に始まっているのであった)

◎10/27(木)[第5戦](札幌)日本ハムvs広島 18:00
(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
予告先発投手:加藤貴之vsジョンソン(第1戦の投手がもう登場/中4日は初らしい)
《今日のスタメン(打順・守備)》
日本ハム   広島
打順/位置/選手|打順/位置/選手
1中/岡     |1遊/田中
2左/西川   |2二/菊池
3指/大谷   |3中/丸
4一/中田   |4一/エルドレッド
5三/レアード |5右/鈴木
6右/近藤   |6指/新井
7二/田中   |7三/小窪
8捕/市川   |8左/下水流
9遊/中島   |9捕/石原
★DH(指名打者):3番大谷vs6番新井
((日ハム)レアード5番、捕手市川に、(広島)エルドレッド4番1塁などメンバーも変更)
★先発投手:加藤vsジョンソン★
◆(1回表)先頭田中センター前ヒット→菊池犠打2→丸センター前ヒット31→エルドレッド邪飛→鈴木センター前ヒット先制さる(▲1)21→新井センターフライ、0対1(3安打、球数24)
◆(1回裏)岡空振り三振→西川レフト邪飛→大谷二ゴロ、(三者凡退、球数10)
◆(2回表)小窪フルから四球→下水流ライトフェンス直撃32(ホームランではとアピール(フェンスの上端ライン線に)ありビデオ検証→2塁打で続行)→石原遊ゴロ1out32→田中フルから四球満塁→(交代メンドーサ)菊池三ゴロで本塁アウト2out満塁→丸(市川ワンバウンド球止めた)空振り三振、(メンドーサが満塁をしのぎました)
◆(2回裏)中田レフト前ヒット→レアードフルからレフト前ヒット21(ジョンソンから二連打)→近藤犠打決めた32→田中ゴロ32→(2out)市川遊ゴロ(遊がよく止めて送球を一塁手がよく受けた)、(遊と一とに同点&逆転を阻止された、球数27)
◆(3回表)エルドレッドレフト前ヒット→鈴木遊ゴロ2塁out1→新井併殺、(球数21)
◆(3回裏)中島遊ゴロ→岡フルから粘り四球→西川(盗塁成功2)フルから粘り二ゴロ進3→大谷初球二ゴロ残、(球数49、しっかり多投させている)
◆(4回表)小窪遊ゴロ→下水流二ゴロ→石原遊ゴロ、(三者凡退(イイ仕事してます)、球数33)
◆(4回裏)中田ライトフライ→レアード見逃し三振→近藤空振り三振、(三者凡退、球数65)
◆(5回表)田中二ゴロ→菊池見逃し三振→丸フルから空振り三振、(三者凡退、球数45)
◆(5回裏)田中レフト前ヒット(出ました)→市川犠打→中島遊ゴロ3塁out1→岡ライトフライ、(球数74)
◆(6回表)エルドレッド空振り三振→鈴木空振り三振→新井三ゴロ、(圧巻の三者凡退、球数54)
◆(6回裏)西川レフトフライ→大谷(そろそろ)フルから左中間2塁打(出ましたよ)→(ここで登場)中田フルからレフトフライ→(コーチがマウンドへ)レアード敬遠21→代打矢野遊ゴロ、(チャンスは作るけど…、球数95)
◆(7回表)(陽センターに、岡ライトへ)小窪ストレート四球(代走安部)→下水流犠打2→石原二ゴロ進3→田中二ゴロ、(球数66)
◆(7回裏)(交代今村)田中四球→市川犠打2→中島レフト前ヒット31(つないだゾ)→1out(行けっ!!)(一球目はずされるもスクイズは無い模様)センター前犠飛で同点(少し浅いフライだったけど田中賢介走ってセーフ)2→西川空振り三振、1対1(やっと追いついたゾ!!)
◆(8回表)(交代谷元)菊池捕邪飛→丸センターフライ→エルドレッドレフト横ヒット(一瞬2塁打かと思ったが送球速し足遅しか)→鈴木フルから三ゴロ、(しのいだ)
◆(8回裏)(交代ジャクソン)先頭大谷(また頼むよ)フルから高めボール球空振り三振→中田空振り三振→レアードレフトフライ、(三者凡退、昨日の鬱憤を晴らすかのような投球)
◆(9回表)(交代バース)新井ライト前ヒット(代走赤松)→安部犠打2→下水流センターフライ→2out石原フルから見逃し三振、(ピンチをしのいだ)
◆(9回裏)(交代中ア)陽(打撃で魅せろ)レフトフライ→田中フルから粘るも四球(14球目)→市川犠打2→2out中島投ゴロセーフ31→岡まさかの死球満塁→西川(押出しも)サヨナラ満塁ホームラン
◎5対1
・中ア投手も中島の投ゴロセーフで少し動揺、そして岡死球(即発険悪ムードも)満塁に、西川に押出しもあるぞと思っていた。
・そして一球目ボールにそらそらと思っていたら、二球目が「サヨナラ満塁ホームラン!!」
・魂消ました!!(押出しを考えていたら、こうですからねぇ)

【YouTube】【日本シリーズ 第5戦】西川遥輝のサヨナラ満塁ホームランで日ハムが日本一に王手! 2016年10月27日 日本ハム対広島
https://www.youtube.com/watch?v=rugDuVPy0HY
【YouTube】【奇跡】日本シリーズ 西川の逆転サヨナラ満塁ホームラン!!!!広島カープVS日本ハムファイターズ 2016/10/27
https://www.youtube.com/watch?v=S3o5OKhb038
【YouTube】【吠えた】日本ハム西川、日本シリーズサヨナラ満塁ホームランは史上2人目 9回ハイライト 2016 10/27←★長尺でたっぷり味わえるオススメ中継動画はコレっ!!
https://www.youtube.com/watch?v=C3QEOi2uHBo
(別の動画を視るたびに笑みがこぼれてしまいます、どっちに女神が微笑んでもおかしくない肉薄の展開でした、先に勝ち越し点を入れたらそのまま行くのではと思わせる、お互いに緊迫するチャンスの連続でした、そしてその1点が遠かったこと)

勝負を賭けて来た先発ジョンソンに勝てたのは大きい
そしてこのサヨナラ満塁ホームランという信じられないラストで3連勝
(単なるサヨナラヒットならば、たまにあることですが、満塁弾の衝撃は…強烈過ぎます)
広島のショックは尾を引きますねぇ
悪夢に当分うなされることでしょう
3連勝の王手で敵地に乗り込みです
土曜に決めるぞ!!

10/29(土曜)予告先発:大谷翔平(当然リアル二刀流)vs野村祐輔
------------------------------------------------------------
※試合終了後に次戦の先発投手を予告することで監督合意
◎10/22(土)[第1戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HBC17:55(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)大谷vsジョンソン●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443031379.html
◎10/23(日)[第2戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(UHB18:30(フジ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)増井vs野村●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443060407.html
◎10/25(火)[第3戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HTB18:15(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)有原vs黒田◎4対3
http://yumenoya.seesaa.net/article/443099105.html
◎10/26(水)[第4戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HBC18:15(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)高梨vs岡田◎3対1
◎10/27(木)[第5戦](札幌)日本ハムvs広島 18:00(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)加藤vsジョンソン◎5対1
※「日本シリーズは試合終了までの完全中継が大原則。6時半プレーボールでは、「ドクターX」を普段通り9時から放送するのはほぼ不可能だ。ドル箱番組の遅延を最小限にとどめたいテレ朝側の事情が配慮され、木曜の第5戦だけ6時開始となったわけだ。」
◎10/29(土)[第6戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(STV(日テレ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)大谷vs野村
◎10/30(日)[第7戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※10/23「日本シリーズの生中継での放送局間での取り決めを紹介。それによると、プレーボールの初球から試合終了後の監督インタビューまでを中継することが定められているという。」
posted by yumenoya at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

◎2016/10/26日本シリーズ第4戦(日本ハムvs広島)2連勝し並んだ!!、9回表の攻防の動画リンク(岡好捕も)、2勝2敗、観戦速報&応援

(テレビ観戦の皆さん、今日も応援で頑張りましょう、広島ファンの方も)
勢いと流れはサヨナラ勝ちの日本ハムだ!
ただ打撃陣がちと湿っぽい、打って撃てー!!
流れを作るのは、アナタの一打と粘り四球だ!!
大谷くんはイヤな打者であり続けてください
(今日も試合終了後に美味しい酒を呑ませて)

(今日の中継はTBS、あのトンチンカンなアナウンサーは勘弁してよー)
(せめて実況のできる、野球が好きなアナウンサーにしてチョーダイ!!)
(何と!!番組表を今確認したら同じ苗字!?アナウンサー発言は今日も無視しましょう)
◎10/26(水)[第4戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30
(HBC18:15(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
予告先発投手:高梨裕稔vs岡田明丈
《今日のスタメン(打順・守備)》
日本ハム   広島
打順/位置/選手|打順/位置/選手
1中/岡    |1遊/田中
2左/西川  |2二/菊池
3指/大谷  |3中/丸
4一/中田  |4一/新井
5右/近藤  |5右/鈴木
6三/レアード|6指/エルドレッド
7二/田中  |7左/松山((6回裏)→野間)
8捕/大野  |8三/安部
9遊/中島  |9捕/石原
(1番岡、2番西川は初かな?)
★DH(指名打者):3番大谷vs6番エルドレッド((8回裏)広島DH解除で1塁守備に)
★先発投手:高梨vs岡田★
◆(1回表)先頭田中フルからレフトフライ→菊池センターフライ→丸ライトフライ、(三者凡退、球数16)
◆(1回裏)先頭岡センター前ヒット→西川空振り三振→大谷フルから空振り三振(盗塁2)→中田(暴投進3)1塁フライ、(球数23)
◆(2回表)新井空振り三振→鈴木フルから四球→エルドレッド(3試合連続HR中)(盗塁2)空振り三振→松山ゴロ残、(球数35)
◆(2回裏)近藤フルから四球→レアード邪飛→田中レフト前ヒット21→大野四球満塁→中島(スクイズか?)粘るも空振り三振(スクイズ策無し)→岡セカンドゴロ、(2回続けて0out1塁を生かせず、球数52)
◆(3回表)安部センターフライ→石原ライトフライ→田中フルから四球→菊池ゴロ残、(球数49)
◆(3回裏)西川ゴロ→大谷サードゴロ→中田ストレート四球→近藤右中間2塁打32→レアードゴロ残、(チャンス続くも…決め手弱く先制遠し、球数70)
◆(4回表)丸四球→新井(盗塁刺す)フルから四球→鈴木(捕手ボールはじく)フルからセンターフライ→エルドレッドフライ(3人お見合い)ライト(コースはセンター)エラー先制さる1点(▲1)2→松山レフトフライ、0対1(何というチョンボ!!チャンスを生かせなかったので…ノーヒットの相手に献上)
◆(4回裏)田中ゴロ→大野空振り三振→中島ゴロ、(投手も乗ったか三者凡退、球数79)
◆(5回表)(高梨今までの投球を)安部ゴロ(中島止めた)→石原四球→田中ショートフライ→菊池センター前ヒット(初)21→丸右中間ヒット満塁→新井セカンドフライ残、(凌いだ、1番からで反撃開始)
◆(5回裏)岡(死球まがい)サードゴロ→西川レフトフライ→大谷(一発を狙え)空振り三振、(連続三者凡退)
◆(6回表)(交代バース)鈴木センターフライ→エルドレッドライト前ヒット→松山空振り三振→安部空振り三振、(こっちも三者凡退)
◆(6回裏)初球中田ソロ同点HR→近藤フルから投手ゴロ→レアードフルから見逃し三振→田中レフトフライ、1対1(中田が打てば流れは変わる、守備固めで左翼野間に)
◆(7回表)石原投手ゴロ→田中空振り三振→菊池レフト前ヒット→丸センターフライ残、
◆(7回裏)(交代今村)大野ゴロにショートエラー(流れはコッチ、代走谷口)→中島犠打2→岡空振り三振→西川(つないでくれっ!)投ゴロ、(ノーアウト1塁がまた)
◆(8回表)(交代谷元、捕手市川)新井フルから四球(代走赤松)→鈴木犠打2ストライクからライトフライ→エルドレッドライトフライ→野間空振りの盗塁刺し、
◆(8回裏)(交代ジャクソン、DH解除でエルドレッド1塁守備に)大谷(狙って)ショートゴロ→中田フルから四球→近藤レフトフライ→レアード2ランHR+2点(◯2)(これで大チョンボは消えた)→田中三振、3対1
◆(9回表)(交代宮西、センターに陽、岡ライトへ)下水流空振り三振→1out小窪ライトフェンス際を岡ジャンプキャッチでぶつかる(最初画面はずれて視えず、パチパチ)→2out會澤フルから四球→田中ライト前ヒット21→菊池レフト前ヒット満塁→(落ち着けよ宮西、何故コーチ行かない??)丸フルから空振り三振、満塁をしのいで終了
◎3対1 並んだ2勝2敗
先発の高梨投手に続き、バース(2回と頼もしい)・谷元・宮西投手が頑張った。
4番中田選手が同点ソロ!!、そしてレアード勝越し2ラン!!
お見合い失点の大チョンボには唖然!!でしたけど…
ライト岡の激突好守も光っていましたよ
これでやっとタイです。
バンザイ!!!!バンザイ!!!!

《ヒーローインタビュー》
【YouTube】2016日本シリーズ第4戦 ヒーローインタビューは勿論レアード!! 10/26
https://www.youtube.com/watch?v=d-hoWwcEKuQ
「ファイターズ、ダイスシ!」(通訳さんがシャレとか、「まあ、そうですねぇ」、を教えているのでしょう)

《9回表岡選手の超ファインプレー、短いけど見つけた!!》
【YouTube】日ハム・岡大海 ファインプレー!小窪の打球をスーパーキャッチ!日本シリーズ第4戦
https://www.youtube.com/watch?v=EzrfWFcppZk
TBSの現場ディレクターのカメラ切り替えが悪い?から、
最初の中継t画像ではフェンスの陰で何が起きているのか、
いったいフェアなのかファウルゾーンなのかも確認できなかった。
そしてやっとリプレイで視れたのが、この画像でした。
これが無かったら宮西投手も踏んばれなかっただろうという影のヒーロー・岡です。
誰か、NHK-BSの動画をアップして欲しいです。
別の方向からの岡選手の追う動きをしっかり撮った動画を視たいです。

(9回表守備固めでセンターに陽、岡はセンターからライトへも効いていました)

《9回表の長尺ものがありました》
【YouTube】日本シリーズ第4戦 シビれた9回表ハイライト 宮西 全22球&岡ファインプレー
https://www.youtube.com/watch?v=AK47IicjJbE
《追記10/27 NHKらしい動画》カメラは民放と同じようですがアナウンサーの解説は違う
【YouTube】【好プレー】 日本ハム・岡大海のスーパーキャッチ!(プロ野球 日本シリーズ 第4戦)
https://www.youtube.com/watch?v=b_woBpd9vvc

《今日の大谷翔平くん打撃成績》
4打数2三振2ゴロ 毎日というワケには…何とかしなくっちゃと力んだかな

予告先発投手:加藤貴之vsジョンソン(第1戦の投手がもう登場)
明日は王手だ!!

《追記10/27》(8回裏)DH解除でエルドレッド1塁守備に
●【日本シリーズ】広島の「DH解除」にネット裏から異論噴出-東スポWeb 10月27日(木)0時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00000000-tospoweb-base
DH解除は大谷くんの守護神登場の1回しか経験していないもので、
エルドレッドDH解除のはらむ問題を理解しておりませんでした。
広島も追い込まれての決断・勝負だったのでしょうね。

●日本ハム岡「勝負にいった」チーム救う飛び込み好捕-日刊スポーツ 10月26日(水)23時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-01729707-nksports-base
その瞬間の劇的写真付き(撮影・清水貴仁)(カメラマンってエライですねぇ!!)

そうだ、話題になったTBSアナウンサー、今回は問題が無かったようです
------------------------------------------------------------
※試合終了後に次戦の先発投手を予告することで監督合意
◎10/22(土)[第1戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HBC17:55(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)大谷vsジョンソン●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443031379.html
◎10/23(日)[第2戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(UHB18:30(フジ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)増井vs野村●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443060407.html
◎10/25(火)[第3戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HTB18:15(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)有原vs黒田◎4対3
http://yumenoya.seesaa.net/article/443099105.html
◎10/26(水)[第4戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HBC18:15(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)高梨vs岡田◎3対1
◎10/27(木)[第5戦](札幌)日本ハムvs広島 18:00(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※「日本シリーズは試合終了までの完全中継が大原則。6時半プレーボールでは、「ドクターX」を普段通り9時から放送するのはほぼ不可能だ。ドル箱番組の遅延を最小限にとどめたいテレ朝側の事情が配慮され、木曜の第5戦だけ6時開始となったわけだ。」
◎10/29(土)[第6戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(STV(日テレ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
◎10/30(日)[第7戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※10/23「日本シリーズの生中継での放送局間での取り決めを紹介。それによると、プレーボールの初球から試合終了後の監督インタビューまでを中継することが定められているという。」
posted by yumenoya at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆三浦しをん「舟を編む」を読んだ、「校閲ガール」のつながりで…/《追記》問題箇所引用と別辞書/《追記11/1》映画版感想

10/20に「「校閲ガール」を校閲 「ウチなら不採用」」が目を惹き、この記事を読んだ。
●石原さとみの「校閲ガール」を校閲 「ウチなら不採用」-デイリー新潮 10月20日(木)5時56分配信
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/10200556/?all=1

この10/20はドラフト会議の日で、栗山監督はまた2連敗、やっぱり抽選からは外した方が良いなと思いつつ、ドラフト中継が終わったのでテレビを消した。

少し遅くなってから、電話の呼び出し音が1回鳴って、即切れた。1回で切れた場合は、好友堂さんからのスカイプお誘い電話という取り決めだ。(好友堂さんのネット古本屋事務所には携帯しか無く、その通話料金が高い事を知っているので、1回の呼び出し音で即切ることに)

Skypeを即起動、ひかりTVではまだドラフト中継をやっており、ソフトバンクは4巡目の指定が終わったら、さっさと引き上げたとのこと。若い人材が控えているから、4名の補強で充分ということなんですから、来年も恐いSB…

色々話しているうちに、テレビドラマ「校閲ガール」の記事のことを思い出し、私はテレビドラマとはぼぼ無縁だが、好友堂さんはテレビを結構視ているので、「校閲ガールって知ってる?」と話をふった。そしたら逆に「フネヲアムって知ってる?」と。最近「舟を編む」というアニメが始まったらしい。調べると小説が元で、映画にもなっていることが判明。映画化された頃だと思うが、辞書の編集部を取材した番組を視たことを思い出した。将来、辞書の編集に携わりたいと考えている女子学生が、若い人の感性で将来の辞書に入れるべき語句を提案するのが課せられた仕事で、女子学生は早速ファッション雑誌などをまとめて購入し、ふさわしい言葉の収集が始まった、という内容だった。

映画やアニメは時間の余裕がある時に、ということで、原作小説をまず読むことに決めた。今度図書館に行ったら借りてこう。

その翌日に届いた、取寄せを依頼していた戯曲については、次のブログで書いた。
◎ルシール・フレッチャー/戯曲「スミマセン 番号間違えました」(映画「私は殺される」の小説)-2016年10月23日
http://yumenoya.seesaa.net/article/443067694.html
この時10/21、一緒に借りて来たのが、三浦しをん「舟を編む」(光文社)です。

この本は、10/23の日本シリーズの始まる前と、試合の無い10/25早朝までかかって読んだ。やあ、面白かったです。言葉の渉猟にこだわっている人たちのドラマです。小説のなかでは、「こだわる」は悪いイメージの時に使う言葉だと若い編集員に諭す場面がありましたけど…

このドラマの重要な言葉として「右」があります。「右とは!?」という問いに、どんなイメージや説明が浮かぶかが、辞書編集者にふさわしいかのどうかの試金石として使われています。

私も辞書と「右」との関連には思い出があります。サラリーマンになって数年が経っていた頃です。井上ひさしのエッセイを読んでいたら、辞書が「右」をどう説明しているかで、「岩波国語辞典 第三版」(1979年)をエラク褒めていました。確かに「右」を説明するのは大変難しい。当たり前と思っている事物を他人に判るように解説して理解させるのは至難な業です。あの言葉に拘泥する井上ひさしさんがほめるのだからと思って、会社用と自宅用とで2冊購入しました。
ちなみに、「岩波国語辞典 第三版」(1979年)の「右」の1として
「相対的な位置のひとつ。東を向いた時、南の方、また、この辞典を開いて読む時、偶数のページのある側をいう。」と説明しております。意味を知りたくって辞書を引いている人に「この辞典を開いて読む時、偶数のページのある側」とは何と明解なのでしょう。

「岩波国語辞典 第三版」にはもう一つエピソードがあります。漢字を間違えたら恥ずかしいと思って、念のため「抵触(ていしょく)」を引きました。すると何と「低触」!?!?それは無いだろうと、広辞苑で再確認したのだったかな!?辞書にも校正ミスがあるというのは、ちょっと驚きでしたけど、これ以外にもうひとつ見つけました。

これから数年経って、職場で辞書のことが話題になった時に、「岩波国語辞典 第三版」の校正漏れが数カ所(6個?)あると。私が見つけたのは二つですが……


三浦しをん「舟を編む」を読んで、作者の意図が掴めないので戸惑っております。それは「玄武書房地獄の神保町合宿」という言葉が出てくる二箇所です(231Pと237P)。

SF小説じゃないのですから、完成祝賀パーティーの会場で、誰かに主人公に対して「玄武書房地獄の神保町合宿」と名づけられて噂でしたよ、と云わせていれば済んだ話なのに、ラストに向かって盛り上がる場面で、急に未来の視点の表現が現れると異様な違和感を感じてしまい、読み手の読んでいる滑らかな流れが急にストップさせられてしまいました。こんな私のような感想は少ないのでしょうかね。それがちょっと残念でした。
--------------------------------------------------------------------------------
《追記》
(未来からの視点で記述しているので、不要だと思う部分)
「血潮から端を発した確認作業は、「玄武書房地獄の神保町合宿」として、各社の辞書編集者のあいだで長く語り伝えられることとなった。
 もちろん、渦中にある馬締は、そんな未来を知るよしもない。ただひたすら、目前の出来事に精一杯あたっていくだけだった。」(231P)
「後世にかたり伝えられるところの、いわゆる「玄武書房地獄の神保町合宿」は実に一か月に及んだ。」(237P)

「実に一か月に及んだ」ことは、泊まり込み地獄の最後に記せば済むこと。
上に引用した部分が無かったならば、途切れることなくすっきりとした気分でラストへ向かっていたはず。
だから、作者の意図したことが私には不明だ。
私には判らない何かの狙いがあるのだろうとは思うのだが。

(この段落・追記)
そう「種明かし」です。こんな泊まり込みが一か月も続いたのか、という驚きと、「△地獄◇」名づけられて語り草になったのか、という読者の折角の感慨を奪ってしまいました。その美味しい部分を味わえなかったのは残念…


《別の辞書》
私が読書をするのはベッドが一番多い。
ベッドの中で辞書を使う時は、コンパクトなサイズが使い易い。
またこれを使って感じたのは、国語辞書は英和のように横書きの方が便利なことだ。
寒くなると特にそうだが、腕をあまり出さないで作業をしたいということと、
目線の動きも少ない方が楽だ(何たって目は横に並んでいますから)。
小説などは縦書きが普通だから、そのことは諦めているが、
横書き国語辞書に何と重宝していることか。
寒い季節の長い地域に暮らすベッド派は是非一度お試しあれ。
◎「デイリーコンサイス英和・国語辞典 第2版」(三省堂/1995)
文庫を更に細くしたサイズです。
--------------------------------------------------------
《追記11/1》昨日、映画版を観た
11/29夜、日本ハムが日本一となり、深夜の特別番組のハシゴをした。
翌日起きたら、水っ洟の風邪状態、確かに夜も朝も冷えていました
そしてその翌日も同じ状態
鼻の穴にテッシュを丸めて突っ込むが
水状態の洟が止まらないので
しっかり濡れたテッシュの栓を抜くとダラッと状態で…
早くに寝ました、起きてると水っ洟状態なので、
ベッドに横になっていると鼻かみ作業から解放されて楽で、
またベッドに入っていると少し眠れるのでまた少し楽に
別に熱があるわけでもないけど…

昨夜、何かの作業をする意欲は起きなかったので、
映画版「舟を編む」を観た
オダギリジョーは狩撫麻礼の深夜ドラマ以来だが良かった
松田龍平は初めてだけども、ああいう抑えた役柄もこなすのかと意外でした
イメージがアクションものの親父のイメージしかなかったので…
役者陣は良かったけれど、映画としてまあまあの出来でしたけど

一単語欠落に始まる原作の一番面白い事件エピソード、
泊まり込み戦争の中での銭湯とコインランドリー
こんな映像として美味しいシーンを監督は何故撮らなかったのでしょうかね
部長の缶飲料の差し入れシーンは詰まらない
部長が独りでコンビニ袋を二つ下げて慰問はセコイ
とても地獄には見えませんでしたよー
忙しい徹夜渦中の単なる差し入れで、地獄のイメージには程遠いシーンでした
不満ですねえ
もっともっと盛り上がれたのに
そこを抑えてとどうするのー!!
(追記(ベッドに入ってから考えたこと):大学祭の開幕を明日に控えて追い上げ作業のサークルに、先輩が差し入れをというシーン)

(更に追記:恋文が毛筆で、巻紙を折ったものという設定は良かった。毛筆でなくとも崩した達筆?は母親からの手紙でも一部不明でしたから。見知らぬ熟語が増えて文語調になったら、周りの人にもお手上げでしょう)

明日起きたら、そろそろめ鼻の皮が剥けそうな気配です
posted by yumenoya at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

◎2016/10/25日本シリーズ第3戦(日本ハムvs広島)10回裏大谷サヨナラ!!、迫真の読み合い【動画で再確認】、1勝2敗、観戦速報&応援

広島じゃ赤に染まったスタンドの歓声にちょくら驚いたけどけどなあ
想定にも無かった二連敗に正直、ちょっと面食らっているよ
でもよ、ダテにゲーム差11.5を跳ね返して優勝したチームじゃない!!
この一年見守ってくれた、この厳しい広大な大地に応えて打つんじゃい!!
なめたらいかんぜよ!
(試合終了後に美味しい酒を呑ませて!!)

◎10/25(火)[第3戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30
(HTB18:15(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
予告先発投手:有原航平vs黒田博樹
《今日のスタメン(打順・守備)》
日本ハム   広島
打順/位置/選手|打順/位置/選手
1左/西川   |1遊/田中
2右/近藤   |2二/菊池
3指/大谷   |3中/丸
4一/中田   |4一/新井
5中/岡     |5右/鈴木
6三/レアード |6指/エルドレッド
7二/田中   |7左/松山
8捕/大野   |8三/安部
9遊/中島   |9捕/石原
★DH(指名打者):3番大谷vs6番エルドレッド
★先発投手:有原vs黒田★
◆(1回表)先頭田中ショートゴロ→菊池見逃し三振→丸空振り三振、(三者凡退、立ち上がり良し、球数14)
◆(1回裏)先頭西川フルサードゴロ→近藤ライト前ヒット→大谷3塁線抜け2塁打32→中田(オマエが決めろ)ゴロ+1点先制(◎1)2→岡空振り三振残、1対0(シリーズ初先制、球数19)
◆(2回表)新井センターフライ→鈴木レフト前ヒット→エルドレッド逆転2ランHRライト(▲1)→松山ゴロ→安部フライ、1対2(球数25)
◆(2回裏)レアードレフトフライ→田中ゴロ→大野ゴロ、(三者凡退、球数37)
◆(3回表)石原ゴロ→田中フルから四球→菊池ライトフライ→丸(盗塁2)内安打(中田止めたけど)31→新井(2盗32)2塁ゴロout残(好守田中)、(ピンチを凌いだ、球数57)
◆(3回裏)中島レフトフライ→西川邪飛→近藤レフトフライ、(連続三者凡退、淡々と、球数37)
◆(4回表)鈴木ゴロ→エルドレッドライトフライ→松山セカンドライナー、(こちらも三者凡退、球数68)
◆(4回裏)大谷(流れを変えるのはアナタ)右中間連続2塁打(頼りになります)→中田内野フライ(決めてよー)→岡ゴロ(進3)→レアードフルからライトフライ(もうひと伸び)残、(0out2塁で点獲れず、球数64)
◆(5回表)安部ピッチヤー返しヒット→石原バント失敗捕フライ→田中ショートライナー→菊池ゴロ、(球数78)
◆(5回裏)田中三遊間抜けヒット(先頭出ました)→大野犠打2→中島(粘れ)センターフライ→西川捕邪飛、(黒田を攻めきれない、球数76)
(交流試合と違い今日も動画コーナー無し!?)
◆(6回表)丸レフトフライ→新井空振り三振→鈴木フルから四球→エルドレッド(イヤな奴に回った)空振り三振、(球数98)
◆(6回裏)近藤(出てくれっ)サードフライ→大谷レフトフライ→(一発だ!!)(投球練習も黒田(85球)交代ヘーゲンズ)中田サードゴロ、
◆(7回表)松山ライトフライ→安部センターフライ→石原ピッチャーゴロ、(三者凡退、球数104)
◆(7回裏)(交代今村)岡サードゴロ→レアードゴロ→田中四球→代打谷口(けん制ミスで進2)ファウル粘るも空振り三振残、(あ゛!!)
◆(8回表)(交代宮西)田中ゴロ→菊池ライト前ヒット→丸ライトフライ→新井空振り三振残、
◆(8回裏)(交代ジャクソン)(あと2回)中島粘ってフルに四球(やりました)→西川犠打2→近藤レフトフライ→(当たっているあなたに、お願い!!)大谷敬遠四球21→(あの時のように怒れ!!四番)中田逆転2塁打+2点(◎1)→岡ゴロ残、3対2(遂に流れはこっち、〆るぞ)
◆(9回表)(交代谷元)鈴木(足速し)3塁打(スゴイ底力)→エルドレッド空振り三振1out→松山フルからショートフライ2out→安部ライト前ヒット同点1→石原フルから四球21→(谷元踏んばれ)田中レフトライナー、3対3(踏んばった、サヨナラ弾だ!!)
◆(9回裏)(交代大瀬良)(決めていいのよ)レアード空振り三振→田中フルからショートライナー2out→市川空振り三振、(三者凡退)
◆(10回表)(交代バース)菊池センターフライ→丸センターフライ→新井センターヒット→鈴木空振り三振、
◆(10回裏)(大瀬良続投)中島空振り三振→(そろそろヒットを)西川フルから四球→(9回表からセンター守備で初打席、初ヒットなるか)陽空振り三振→大谷(ここで決めてくれ!!)(西川盗塁成功)サヨナラヒット(12塁間抜けました)、
◎4対3サヨナラ勝利!!
さすがに決めたのは大谷翔平くん!!
大谷くんを歩かせる手もあったけどバッテリーは勝負してくれました。
《監督に続き大谷翔平くんヒーローインタビュー》
「3勝2敗で広島に行けるよう、応援をお願いします」

【YouTube】大谷翔平 劇的サヨナラ! 日本シリーズ第3戦 10回裏ノーカット 10月25日 【プロ野球】
https://www.youtube.com/watch?v=3dwJ3FX1oec

10回裏大谷くん詳細、上の動画でこちらも再確認》
2out西川1塁で大谷くん登場にマウンドにバッテリー&内野陣集合(コーチが指示を伝える)→カウントは1ボール1ストライクになった→大谷空振りの時に西川仕掛け(盗塁)成功し2塁(大谷くんは思ったのでしょう、単打でもサヨナラになる)・捕手から見るとカウントは1ボール2ストライクと追い込んでいる(大谷としては追い込まれている)→捕手は投げろとジェスチャーするが投手は迷っているようだ(雰囲気は勝負みたい?8回裏の大谷を敬遠し中田で勝負して逆転のシーンが過るが、二塁打2本と当たっている大谷と勝負して良いのかというためらいか!?)→捕手は投手の元へ行き(内野陣もまた集まり)勝負することを再確認→4球目の内角低めストレートのボール球に反応して大谷は振り抜いた→西川は走る・打球は12塁間を抜けてサヨナラ
(あのボール球に反応してヒットにしてしまう大谷くんはスゴイ)
(ここでオレが決めなくっちゃと思った時に、高い確率で決めてしまう「絵になるオトコ」が大谷くんです)
(日本シリーズで初めて美味しい日本酒を呑んでいます、明日もお願い…これで流れは日ハム)

《10/26記事から、迫真の読み合い
●ボール球が来る事はわかっていた。大谷翔平が制した駆け引きの内実。-Number Web 10月26日(水)12時36分配信
西川選手「翔平が歩かされる可能性があったので迷ったが、(大瀬良の)クイックが少し遅くなるのもあって、思い切って走った」
大谷選手「走ったのが見えたので、ストライクゾーンだったけど(わざと振った)……」
大瀬良投手「厳しくいって四球なら仕方ない。その中での勝負だった」
大谷選手「インコースに突っ込むか、低めのフォークボールかの二択だった。(自分は)長打を打たなくていい場面になったので、その2つだけしか頭になかった」
大谷選手「その前に2つ真っ直ぐを見ていますし、詰まっても落ちればいいかなと思っていた。インコースはもともとそんなに苦手ではないですし、反応できると思っていた」
《10/25の大谷翔平くん打撃成績》
4打数3安打(2塁打2本+サヨナラヒット)1四球1打点1得点というパーフェクト

《26日予告先発》
高梨裕稔vs岡田明丈
----------------------------------------------------------------------------------------
※試合終了後に次戦の先発投手を予告することで監督合意
◎10/22(土)[第1戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HBC17:55(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)大谷vsジョンソン●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443031379.html
◎10/23(日)[第2戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(UHB18:30(フジ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)増井vs野村●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443060407.html
◎10/25(火)[第3戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HTB18:15(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)有原vs黒田
◎10/26(水)[第4戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HBC18:15(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
◎10/27(木)[第5戦](札幌)日本ハムvs広島 18:00(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※「日本シリーズは試合終了までの完全中継が大原則。6時半プレーボールでは、「ドクターX」を普段通り9時から放送するのはほぼ不可能だ。ドル箱番組の遅延を最小限にとどめたいテレ朝側の事情が配慮され、木曜の第5戦だけ6時開始となったわけだ。」
◎10/29(土)[第6戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(STV(日テレ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
◎10/30(日)[第7戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※10/23「日本シリーズの生中継での放送局間での取り決めを紹介。それによると、プレーボールの初球から試合終了後の監督インタビューまでを中継することが定められているという。」
posted by yumenoya at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

◎ルシール・フレッチャー/戯曲「スミマセン 番号間違えました」(映画「私は殺される」の小説)

こけは次の記事の続編です。
☆映画「私は殺される」の小説版「わたしは殺される」(未読だが戯曲「スミマセン番号間違えました」←図書館に取寄せ依頼中)-2016年09月21日
http://yumenoya.seesaa.net/article/442123519.html

9/21に図書館に取寄せを依頼していた『役者の悪夢 現代アメリカ演劇叢書』(而立書房)
昨日用意ができたと電話連絡があった。
一か月ほど「まだかな?」と待っていた本だったので、
小雨は降っていたけど、一瞬戸惑いはあったけれど、
10分ほどの距離を面倒な傘をさして向かった。

薄い本でした。総77ページで定価1236円ですから、少し迷った古本を買わなくって良かった、戯曲「スミマセン 番号間違えました」関連は39ページでしたので。なお、お世話になった貸出元は旭川市立図書館です。

ウィキペディアWikipediaによると、ラジオドラマは30分で1943年に初放送、この戯曲の上梓は1943年とあるが、借りた本にはコピーライト「(C)1948,1952 by Lucille Fletcher」とあるので、1948年版をベースに1952年一部変更したということかな?どちらにしても日本語訳はこれしかないのですから、最初のラジオドラマに一番近いのが、この本となります。

「上演記録」によると、「訳・演出 三田地里穂」とありますので、一番ふさわしい人による訳本と思われます。

戯曲の登場人物は登場順に
ミセス・スティーブンソン、交換手1、男1、男2(ジョージ)、チーフ交換手(ミス・カータス)、交換手2、軽食堂の従業員(配達係)、ダフィー巡査部長、交換手3、電報局員、交換手4、番号案内係、病院受付係、交換手5、

主人公ミセス・スティーブンソンについては、ト書きで「愚痴っぽい、自己中心的な神経症患者」と書いてある。

時は夜、通いの家政婦が帰ってしまい独り、夫の帰りが遅いので不安だという状況で、場所は寝室。
夫の事務所に何度電話をかけてもずっとお話し中なのでイライラしている。
それで電話の交換手にかけて、夫の会社につないでくれるよう頼んだ。
ところがつながったのは混線で、相手の声は聴こえるが、こちらの声は向こうに届いていない。
混線の電話では男二人の会話が進む。
その内容は今夜11時15分に一人で居る女を殺す話。
道具はナイフで、単なる強盗に見せるため、宝石類を奪うのを忘れるなと。
これを盗み聞きした主人公は驚きうろたえて、交換手を呼びだして、さっきの間違えた電話につないでとか逆探知をしてとか頼んだり、相手にされず警察に通報したりといった騒動が始まる……全ては電話の会話で構成されている。この構成がこの戯曲「スミマセン 番号間違えました」の魅力です。

《ラストの(電話)会話部分(会話行以外のト書きは省略)》
ミセス・スティーブンソン (しわがれ声で)警察につないで……
ミセス・スティーブンソン (叫ぶ)警察を!……
交換手5 警察をお呼びします。

ダフィー はい、警察。四三分署。ダフィーですが。(間)
ダフィー こちら警察、ダフィーですが。

ジョージ スミマセン、番号間違えました。


私が最初に読んだ映画小説版とは違い、登場人物は少なく、当然色んなエピソードはほとんど語られないまま、要点だけを押さえたスリムな形で話は展開していく。映画の元になったエキスはここにあります。作者がこれに色んな人物とエピソードと謎を肉付けして、映画のシナリオになった。短い戯曲でしたが、一か月待った甲斐のあった作品です。
s-戯曲1.jpg
s-戯曲2.jpg
s-戯曲3.jpg
posted by yumenoya at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◎2016/10/23日本シリーズ第2戦(日本ハムvs広島)1対5で広島2連勝、0勝2敗、観戦速報&応援/《追記10/24》4番中田翔の役目は!?

合言葉は二つ
武田勝「俺のために日本一になれ!」
栗山監督「4年前の忘れ物、みんなで取りにきました」

つなぐ野球を!!
(10/22:日本ハム10安打(1HR)対広島7安打(2HR))
久々にヒットの出た田中、ヒットの無かった中田、陽が発奮…

こんな記事が「新・情報7DAYSニュースキャスター」でのこと。
「日本シリーズの生中継での放送局間での取り決めを紹介。それによると、プレーボールの初球から試合終了後の監督インタビューまでを中継することが定められているという。」
(プロ野球しか視ないのでありがたい。ビートたけしは80分遅れで怒っているらしいけど)

◎10/23(日)[第2戦](広島)日本ハムvs広島 18:30
 (UHB18:30(フジ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
予告先発投手:増井浩俊vs野村祐輔
《今日の打順・守備》
日本ハム     広島
打順/位置/選手|打順/位置/選手
1(左)西川  |1(遊)田中
2(遊)中島  |2(二)菊池
3(右)近藤  |3(中)丸
4(一)中田  |4(左)松山
5(三)レアード|5(右)鈴木
6(二)田中  |6(一)エルドレッド
7(中)陽    |7(三)小窪
8(捕)大野  |8(捕)石原
9(投)増井  |9(投)野村
(日ハム)レアードが7番から5番に、右翼岡→近藤、(広島)安部→小窪
大谷選手はベンチ入り
★先発投手:増井vs野村★
◆(1回表)先頭西川フルからゴロ→中島左中間2塁打2(粘りが多いから2塁打は久しぶり)→近藤空振り三振→中田フルから四球21→レアードフルからライトフライ残、(チャンスに得点できず、球数26)
◆(1回裏)先頭田中ゴロ→菊池ライト越え2塁打→丸フルから四球(暴投)31→松山ライトライナー→タッチアップ本塁out(近藤の返球良し)残、(しのぎました、球数16)
◆(2回表)田中ゴロ→陽死球(左手)→大野ライトライナー(好捕)→増井空振り三振、(球数42)
◆(2回裏)鈴木フライ→エルドレッドレフト前ヒット→小窪フルから右中間2塁打1失点(▲1)2→石原ゴロ→野村空振り三振残、0対1(先制された、球数40)
◆(3回表)西川ライトライナー→中島ゴロ(投手はじくが不運か)→近藤フルからゴロ、(三者凡退、球数56)
◆(3回裏)田中ゴロ→菊池フルから空振り三振→丸ゴロ、(三者凡退、球数54)
◆(4回表)中田(流れを変えるのは…)レフト前ヒット(初安打)→レアードライトフライ→田中四球21→陽空振り三振→2out大野ゴロ2塁エラー同点31→増井(盗塁32)空振り三振、1対1(追いついた、ラッキー、球数82)
◆(4回裏)松山ゴロ→鈴木四球→エルドレッドフルからゴロ併殺、(流れはコッチ、球数71)
◆(5回表)西川ショートフライ→中島見逃し三振→近藤ゴロ、(三者凡退で淡白な攻撃、球数92)
◆(5回裏)小窪空振り三振→石原フライ→野村ゴロ、(三者凡退、球数80)
◆(6回表)中田(大きいのを…)ゴロ→レアード空振り三振→田中ゴロ、(三者凡退、投球がいいのか、球数105)
◆(6回裏)先頭田中レフト2塁打→菊池犠打構えからヒットも西川好返球でホームでタッチout(ビデオ判定で覆りセーフ1失点)(▲1)2→丸犠打投手1塁へ悪送球追加点許す(▲2)→松山フライ→(交代鍵谷)鈴木(暴投進3)センター犠飛1失点(▲3)→エルドレッドソロHR(▲4)→小窪空振り三振、1対5(猛攻撃炸裂し4点ビハインド)
◆(7回表)(交代今村)陽空振り三振→岡空振り三振→代打谷口センターフライ、(三者凡退)
◆(7回裏)(交代井口)石原ゴロ→代打下水流邪飛→田中空振り三振、(三者凡退)
◆(8回表)(交代ジャクソン)西川セカンドライナー→中島ゴロ→近藤空振り三振、(三者凡退)
◆(8回裏)(交代メンドーサ)菊池四球→丸センター前ヒット21→松山空振り三振→鈴木(捕手はじくが3盗塁out)ゴロ、
◆(9回表)(交代中ア)中田ヒット→レアードヒット21(ここに来て連打)→(ネクストサークルに大谷)田中空振り三振→代打大谷空振り三振→岡ゴロ、試合終了

●1対5(2連敗)
《10月23日(日)広島 vs. 日本ハム 2回戦 試合結果》
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2016102301/top

8回まで2安打(中島2塁打と中田の単打のみ)
これじゃ勝てないよなと思っていましたが
9回に中田、レアードの連打もあって
代打大谷登場という盛り上がりシーンがありましたので
札幌では2連敗の鬱憤を晴らしましょう。
9回の21塁に大谷くんは残念ながら空振り三振に終わったけど、
あの狙っているバット・スイングスピードはスゴかった。
真っ赤に染まった応援の広島を離れて頭もリセット
大谷くんが3番DHに入れば打撃の流れは変わります。

今度は札幌でお会いしましょう。
「4年前の忘れ物、みんなで取りにきました」

《追記10/24》
4番は「日本ハム中田に危機感「負けるべくして負けた」(日刊スポーツ)」というタイトルを付けられる
ような発言をするな!!
4番なんだから、リセットして臨む札幌戦につながる、仲間を奮い立てる発言で締めくくってくれ!!
マスコミは短い記事タイトルが独り歩きする世界
敵の広島を喜ばせるような表現には気をつけよう!!
チームのムードづくりも4番の役目だ!!
「負けるべくして負けた」というタイトルでは広島に完全に呑み込まれたみたいだ!!
これから反撃なのに!?
「負けるべくして負けた。自分も含めて、もっとしっかりやらないと」は4敗した時の言葉だ!!
来年に向けての秋キャンプの決意表明じゃない!!
たかが2連敗したぐらいで、弱音発言は禁物だ!!
やっと本拠地での試合の始まりだというのに……
ちょっとした展開の流れのアヤが1対5という結果になっただけ
その流れを起こし掴むのは選手たちの打撃、投球、守備、起きたエラーのカバー
何クソ!!っで戦って勝ち抜きましょう
「俺たちゃって、こんなもんじゃないぞー!!」
「(油断している奴らに)一泡吹かせてやるぞー!!」

10/24のニュースから
中田(広島空港にて)「勝つしかないからね。打つしかない。それしかない」(日刊スポーツ 10月24日(月)13時59分配信)
打って点を獲らにゃ勝てない、打つしかない

10/25予告先発投手:有原航平vs黒田博樹
---------------------------------------------------
※試合終了後に次戦の先発投手を予告することで監督合意
◎10/22(土)[第1戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HBC17:55(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)大谷vsジョンソン●1対5
http://yumenoya.seesaa.net/article/443031379.html
◎10/23(日)[第2戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(UHB18:30(フジ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)増井vs野村
◎10/25(火)[第3戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HTB18:15(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)??vs黒田
◎10/26(水)[第4戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HBC18:15(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
◎10/27(木)[第5戦](札幌)日本ハムvs広島 18:00(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※「日本シリーズは試合終了までの完全中継が大原則。6時半プレーボールでは、「ドクターX」を普段通り9時から放送するのはほぼ不可能だ。ドル箱番組の遅延を最小限にとどめたいテレ朝側の事情が配慮され、木曜の第5戦だけ6時開始となったわけだ。」
◎10/29(土)[第6戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(STV(日テレ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
◎10/30(日)[第7戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※地上波は民放4局で全国網羅(最後まで中継してくれることを願う)。一部BSは有無不明??
10/23「日本シリーズの生中継での放送局間での取り決めを紹介。それによると、プレーボールの初球から試合終了後の監督インタビューまでを中継することが定められているという。」
posted by yumenoya at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

◎2016/10/22日本シリーズ第1戦(日本ハムvs広島)1対5で広島の勝利、観戦速報&応援

合言葉は二つ
武田勝「俺のために日本一になれ!」
栗山監督「4年前の忘れ物、みんなで取りにいきます」

いよいよもう少しで開幕します。
広島出身の中田翔くんに燃えていただきましょう。
斬り込み隊長はもちろん西川遥輝くん
大谷翔平くんには投打で暴れてもらいます。
(投手は自動的に二刀流なので問題は大谷くんの打順?)
↓北海道新聞のテレビ番組欄HBCから↓
新聞縦読み10-22.JPG
◎10/22(土)[第1戦](広島)日本ハムvs広島 18:30
(HBC17:55(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
予告先発投手大谷vsジョンソン
《今日の打順・守備》←いつも通りだと18時にスタメン発表
日本ハム     広島
打順/位置/選手|打順/位置/選手
1(左)西川   |1(遊)田中
2(遊)中島   |2(二)菊池
3(右)岡     |3(中)丸
4(一)中田   |4(左)松山
5(中)陽     |5(右)鈴木
6(二)田中   |6(一)エルドレッド
7(三)レアード |7(三)安部
8(投)大谷   |8(捕)石原
9(捕)大野   |9(投)ジョンソン
先発投手大谷vsジョンソン (小雨模様)
◆(1回表)先頭西川内安打(足優り)→中島犠打2→岡レフト前ヒット31(バウンド変わった?ツキ有り)→中田空振り三振32→陽空振り三振残、(球数19、チャンスものにできず)
◆(1回裏)(初球158キロボール)先頭田中フライ→菊池見逃し三振→丸センター前ヒット→松山(暴投2進)空振り三振残、(球数16、無難な立ち上がり)
◆(2回表)田中ゴロ→レアード遊ライナー→大谷左中間フェンス直撃2塁打(もう少しで)→大野ゴロ残、(球数31)
◆(2回裏)先頭鈴木フルから四球→エルドレッドライトフライ(なかなかの当たり)→安部ライト前ヒット31→石原(バント2回ファウル)三振(2塁へ盗塁と見せかけ2塁へ送球し本塁セーフ)1失点(▲1)2→ジョンソン空振り三振残、0対1(球数39)
◆(3回表)西川ゴロ→中島ファウル粘り(12球)四球(エライ)→岡四球(中島が効いている)21→中田投ゴロ併殺残、(球数53)
◆(3回裏)田中センターフライ→菊池空振り三振→丸センターフライ、(球数50、三者凡退)
◆(4回表)陽1塁ライナー→田中ゴロ→レアードセンター前ヒット→大谷空振り三振残、(球数71)
◆(4回裏)松山ソロHR1失点(▲2)→鈴木空振り三振→エルドレッドソロHR1失点(▲3)→安部センター前ヒット→石原邪飛→ジョンソンゴロ、0対3(球数68)
◆(5回表)大野センターフライ→西川ゴロ→中島空振り三振、(球数85、三者凡退、流れ変えれず)
◆(5回裏)田中レフトフライ→菊池見逃し三振→丸フルから四球→松山フルから四球21→鈴木空振り三振残、(球数93)
◆(6回表)岡センター前ヒット→中田(今度こそ頼むぞ)空振り三振→陽サードライナー→田中投ライナー(良く捕ったり)残、(球数100)
◆(6回裏)エルドレッドフルから空振り三振→安部空振り三振(10奪三振)→石原フルから四球→ジョンソン空振り三振残、(球数113)
◆(7回表)レアードにソロホームラン+1(▲2)→大谷1塁ゴロ投手に足優りセーフ→代打矢野併殺→西川内安打→中島センター前ヒット21→2out(123球交代今村)岡フルからレフトフライ残、1対3
◆(7回裏)(交代石井)田中2塁打(初ヒット)→菊池犠打3→丸ライト前ヒット1失点(▲3)1→1out(交代バース)代打新井四球21→鈴木連続四球満塁(バースどうした?)→エルドレッドライト犠飛1失点(▲4)31→安部(盗塁32)ゴロ残、1対5
◆(8回表)(交代ジャクソン)中田空振り三振→田中初ヒット(久々のヒット)→レアード死球21→代打近藤センターフライ(好捕のように見えたけど?(追記・前進守備をしていたので慌てて戻った結果…抜けていたら、いつものスポナビなら「ファインプレー」とか「前進守備で後退して好捕」といった説明が付くものなのに、セには力が入らないのか!?))残、
◆(8回裏)(交代鍵谷)石原空振り三振→代打西川センターフライ→田中ゴロ、(三者凡退)
◆(9回表)(交代中ア)代打谷口粘り四球→西川見逃し三振→中島見逃し三振→岡ライトフライ、ゲームセット
《試合結果》●1対5(10安打(1HR)対7安打(2HR))
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2016102201/top
セ・リーグ主催試合だと、スポーツナビの動画コーナーが無いのですね
さすがに独走して早々とセ優勝を決めたチームだけありますね。
《今日の大谷選手》
(投手)6回、113球、5被安打、2被本塁打、11奪三振、4四球、3失点
(打者)3打数、2安打、1三振 (フェンス直撃2塁打は良かった、明日はDHで出て欲しいけど…)

●「大谷、サインミスからの重盗「防げるはずだった」」という記事があった。
((2回裏)三振2outと同時に捕手が2塁へ送球した時、大谷がそれをカットして3塁ランナーの盗塁に備えること??そのことなら俺も変だなと思っていたので疑問は氷解)
(追記10/23)●この事についての別記事
「大谷まさかのサイン見逃し、送球カットせず重盗許す」-日刊スポーツ 10月23日(日)12時18分配信
「カウント2−2となった時点で重盗の警戒を高め、ピッチャーカットのサインが出た。しかし大谷は頭上を通った捕手大野の送球にかがみ、三塁走者の突入を許した。「詳しいことは言えない。僕が処理しておけば良かった」としつつ、「まず、(送球と)タイミングが合っていなかった。次のバッターがピッチャーなので(一塁走者に)進まれても構わないケース」とも話した。」

「ヒーローインタビュー:ジョンソン/松山」らしい(スポナビの動画が無い)
松山「真っすぐ一本で。いち、にの、さんで打ちました。点が欲しいところで打ててよかった」
今確認したら、2ボール後の3球目ストレートど真ん中155km/h

また明日
予告先発 増井浩俊vs野村祐輔
-----------------------------------------------------------
※試合終了後に次戦の先発投手を予告することで監督合意
10/22(土)[第1戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HBC17:55(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)大谷vsジョンソン
10/23(日)[第2戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(UHB18:30(フジ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
10/25(火)[第3戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HTB18:15(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)??vs黒田
10/26(水)[第4戦](札幌)日本ハムvs広島 18:30(HBC18:15(TBS系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
10/27(木)[第5戦](札幌)日本ハムvs広島 18:00(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
10/29(土)[第6戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(STV(日テレ系))(NHKラジオ/ニッポン放送)
10/30(日)[第7戦](広島)日本ハムvs広島 18:30(HTB(朝日系))(NHKラジオ/ニッポン放送)(NHK-BS1)
※地上波は民放4局で全国網羅(最後まで中継してくれることを願う)。一部BSは有無不明??
こんな記事がありました。
10/23「日本シリーズの生中継での放送局間での取り決めを紹介。それによると、プレーボールの初球から試合終了後の監督インタビューまでを中継することが定められているという。」
posted by yumenoya at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

◎2016年11月侍ジャパン強化試合WBC/《追記11/11》大谷3番DHの活躍/《追記11/12》大谷6番DHソロ特大HR(動画)/《追記11/13》代打大谷(動画)が流れを変えて延長勝利

東京ドームにて
2016/11/10(木)19:00 日本代表vsメキシコ代表(TBS系列)(〜21時54分)
2016/11/11(金)19:00 日本代表vsメキシコ代表(テレビ朝日系列)
2016/11/12(土)18:30 日本代表vsオランダ代表(TBS系列/19時〜)
2016/11/13(日)18:00 日本代表vsオランダ代表(テレビ朝日系列)
(地上波中継は20:54まで、その後は系列BSへ。11/13は終了時刻不明)
(地上波中継終了後は、ラジオ無しのネット速報のみ)


「全試合DH制を採用し、WBC公式球を使用。また、延長10回以降はタイブレークを実施するなど、2017年3月に開催される第4回WBCに向けた“本番モード”の戦いとなる」
●タイブレークとは?:延長13回からとし、前の回の最後の打者とその前の打者を一・二塁に置き、無死一・二塁から打順を変えずにプレーを開始(WBCの場合)。

「今回の強化試合では『メキシコ、オランダ、日本の各代表チームは自国選手の出場について、その選手が所属するMLB球団に対して許可を求めることができる』という条件をMLB側に確認済み」(大リーガーの参戦の可能性も…)

●大谷は野手で 侍ジャパンが強化試合のメンバー発表-日刊スポーツ 2016年10月18日13時24分
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1725981.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=20161018-01726012-nksports-base
・大谷翔平選手は投手枠で選出されたが、「野手で」ということはDHか。
・まさか右翼はないのだろうな!?ライト守備の練習をしたらその可能性も!?
・別の記事があった「小久保監督は今回の強化試合では指名打者または代打で起用することを明言」
《日本ハムからは6人選出》
大谷翔平投手、増井浩俊投手、宮西尚生投手、大野奨太捕手、中田翔内野手、中島卓也内野手

・首位打者&最多安打二冠の角中勝也(ロッテ)が選出されなかったのは意外
・昨年の「WBSC世界プレミア12」で苦労したクローザーを務めるのは誰なんだろう!?投手メンバー表を見ても知らない選手が多いので…


★気が早いけど2017ワールド・ベースボール・クラシック(2017WBC)の時?所?相手?&過去の日本成績-2016年10月08日
http://yumenoya.seesaa.net/article/442627984.html
------------------------------------------------------------------------------
《追記10/21》
◎【野球日本代表】2015・プレミア12個人成績 〜my favorite giants〜
http://www.my-favorite-giants.net/japan/stats/premier12_2015.htm
-----------------------------------------------------------------------------------
《追記11/10》
●2016/11/10(木)19:00 日本代表vsメキシコ代表(TBS系列)(〜21時54分)
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/baseball/japan/2016111001/
1 遊 坂本
2 中 秋山
3 二 山田
4 一 中田
5 左 筒香
6 DH 内川
7 三 松田
8 右 鈴木
9 捕 大野
投手 武田

8回裏鈴木選手ヒットで1点差に詰め寄った2死二塁に代打・大谷選手が登場
「代打・大谷 初球ファウル、2球目は見逃し2ストライクと追い込まれる。3球目、低めの球に手が出て空振り三振。」
●3対7でメキシコに負け
「4番に座った中田翔は4打数ノーヒット。」
中田選手はもっと後ろの打順でないと……
「チーム全体ではわずか5安打に終わった。」
●侍ジャパン-メキシコ(11月10日):試合結果:スポーツ報知←選手ごと成績は詳細
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20161110-01.html
------------------------------------------------------------------------
《追記11/11》速報ページ
●2016/11/11(金)19:00 日本代表vsメキシコ代表(テレビ朝日系列)
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/baseball/japan/2016111101/
今日は日本先攻
1 三 山田
2 二 菊池
3 DH 大谷
4 一 中田(→内川)
5 左 筒香(→中村)
6 遊 坂本(→中島)
7 右 鈴木(中)
8 捕 小林(→嶋)
9 中 秋山(右)
投手 野村(→増井→宮西→秋吉)
今日の大谷選手
・1回表左翼線2塁打(中田2塁打で生還)1対0
・3回表先頭フルカウントから四球(坂本犠飛で生還)3対1
 (4回裏ソロHR2本で同点)
・5回表先頭内安打(1塁ゴロも投手に足が優り)→盗塁→内川1塁ゴロ進3→筒香1塁ゴロで生還(勝越し点)
 (2out満塁で秋山フルから押出し四球+1→山田レフトフライ)5対3
(地上波中継はここまで、大谷くんが視れないのは残念)
 (5回裏増井投手は三者凡退に)
・6回表無死1塁でレフトフライ(中島2out2・1塁にレフトフライ)
・7回表2点追加後の2out2塁で暴投3塁に大谷フルから四球31塁→内川ヒット+1点21塁、8対3(5点リードに)
 (7回裏増井捕まる、四球→ヒット→ヒット▲1→併殺→ゴロ)8対4(4点リードに)
 (8回表先頭中島四球がゴロと盗塁で3塁に秋山ヒットで生還)9対4(5点リードに)
 (8回裏宮西投手は三者凡退に)
・9回表1outライトフライ→内川四球→中村2ランHR(◎7)→中島ヒットも残、11対4
 (9回裏秋吉投手(ヤクルト)、セカンドフライ→二塁打→空振り三振→レフトフライ)
◎11対4で勝利

今日の大谷選手:6打席2安打(2塁打と単打)2四球1盗塁3得点
大谷選手がDHで居ると頼もしいし締まります。
攻撃の起点になっていました。走塁も良かった。
大谷選手3番DHだとテレビの視聴率も良かったのでしょうね。
それにしても大谷選手って、視ている者をとてもワクワクとさせてくれます。

●侍ジャパン強化試合-【11日・東京ドーム】◇2回戦・メキシコ1勝:スポーツ報知←選手ごと成績は詳細
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20161111-01.html
------------------------------------------------------------------
《追記11/12》
●2016/11/12(土)18:30 日本代表vsオランダ代表(TBS系列/19時〜) 後攻
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/baseball/japan/2016111201/
1 中 秋山
2 二 菊池(遊)
3 遊 坂本(→中島卓→山田二)
4 一 中田(→鈴木走右)
5 左 筒香
6 DH 大谷
7 三 松田
8 捕 嶋(→大野)
9 右 中村晃(一)
投手 石川(→藤波→山崎康(DeNA)→大瀬良→宮西→岡田(中日))

今日の大谷選手
 (1回裏秋山生還して先制)1対0
 (2回表同点にされる、更に2失点)1対3
・2回裏先頭大谷空振り三振
 (5回表交代藤波2ランHR)1対5
・5回裏先頭大谷(喝ヒットを)フルカウントから右中間へソロ特大ホームラン(代表初HR)、2対5
【YouTube】侍ジャパン強化試合大谷翔平特大ホームラン日本vsオランダ
https://www.youtube.com/watch?v=eWKbbXu4uus
 (5回裏続き2out満塁に坂本2塁打で走者一掃の同点に中田ヒットで坂本生還し逆転筒香2塁打で追加点)7対5(2点リード)
一巡して大谷はゴロ(大谷くんの一発が喝!!となって流れが一変、大谷様様です)
(大谷くんのHRは9/10楽天戦の3番DH2発以来のようです)
(6回裏途中でテレビ中継終了)
・8回裏1out大谷初球レフトフェンス直撃2塁打→松田3塁ゴロに大谷挟殺
 (9回表交代大瀬良、ヒット→三振→ヒット21塁→2塁打同点→2塁打逆転→1out(交代宮西)左飛進3→中飛)7対8
 (9回裏中村ストレート四球→秋山送りバント失敗1塁→菊池右飛→代打山田3塁ゴロエラー21塁→鈴木2塁ゴロもセカンドが悪送球で生還し同点32塁→筒香中飛)8対8
 (10回表(タイブレーク制/無死1・2塁からスタート)交代岡田、中飛→(暴投進32塁)空振り三振→勝負を避け四球2out満塁→一飛)
・10回裏先頭大谷(サヨナラ成るか!?)3塁ゴロ進32塁→松田勝負を避け四球満塁→大野右前サヨナラヒット
9対8でタイブレーク制延長サヨナラ勝利

今日の大谷選手:5打席2安打(右中間最上段の超特大アーチと2塁打)1打点(流れを一変した功労者)

※明日も大谷選手はDHでスタメンか!?強化試合だから色んな選手を試したい!!とは言え勝ちたい…でも大谷DHに対抗できる、起爆剤となれるインパクトのある選手は他に居ないのでは…!?一度ライト守備を試してみる手もあるかな…!?そして本番WBCでは…!?大リーガー参加も……!?それによってはDHをメインにという選択も…!?今年色々試せるのは明日だけです。
※明日もDHは個人的な願いなので、明日は代打要員としてベンチでしょうね。今年の大谷選手DHは今日が最後だなと思って動画も文字情報も視ていましたから。WBCに向けて色々試すのが強化試合なのに、明日も大谷選手DHじゃ、監督失格ですね。ファンの私は大谷DHを視たいけど、4回しかない強化試合で、うち3回も大谷DHじゃ、芸が無さすぎます。今からテレビ局とファンとマスコミに迎合しても、しょうがないからね。途中からでもライト起用のような奇手は歓迎しますけど。私がレーザービームを視たいだけですが……
※そもそも問題の滑るボール、大谷投手が実戦で試すのは来年の壮行試合が最初でイイの!?手こずっている投手が多いというのに…

そうそう、タイブレーク制を今日体験したのは良かったですね。WBC本番で初体験では、選手もスタッフも戸惑いますからね。たまたまサヨナラ勝ちしましたけど、貴重な体験が出来ました。

●【12日・東京ドーム】侍ジャパン◇1回戦・オランダ:スポーツ報知←選手ごと成績は詳細
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20161112-01.html
---------------------------------------------------------------------------
《追記11/13》
明日というか今日のオランダ戦が終わったら、
今年のプロ野球関係行事は全て終了するので、
最近の問題である「厚生労働省兵庫労働局職業対策課で起きた事件」と
アニメ「君の名は。」を見直し確認(しっくりしない点が残っている)しての記事初投稿と
ずっと気にかかっていた北方領土・多楽島シリーズの再開に取りかかることとします。
----------------------------------------------------------------------------------
《追記11/13》
●2016/11/13(日)18:00 日本代表vsオランダ代表(テレビ朝日系列) 先攻
http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/baseball/japan/2016111301/
(スタメン)
1 中 秋山
2 二 菊池
3 DH 山田
4 一 中田
5 左 筒香
6 右 鈴木
7 三 松田
8 捕 大野
9 遊 中島
投手 石田(DeNA)(→田口(巨人)→大瀬良→山崎(DeNA)→秋吉(ヤクルト)→千賀)

・6回表2out松田でネクストサークルに大谷、が松田は一邪飛、2対8
・7回表先頭代打大谷(打球が天井裏に入ってしまったという規格外は審判協議で)2塁打→中島二飛→秋山四球→菊池2塁打+1点(5点差)32塁→山田センター前ヒット(初安打)+2点(3点差)→中村ポテンヒット21(山田セーフ)→筒香2塁打(一瞬入ったかと思いました)+1点(2点差)→鈴木2塁打同点!!→松田遊ゴロ→大谷敬遠21→中島四球満塁→秋山三ゴロ、8対8
(6回裏交代した大瀬良投手が三者凡退に、7回表代打大谷の規格外2塁打で打撃陣が一変して同点に!!)
 (東京ドームでは2002年当時巨人の松井(ゴジラ)が天井の隙間に打球を放ち、二塁打)
【YouTube】大谷翔平★天井に消える二塁打(侍ジャパン)-(5分1秒)
https://www.youtube.com/watch?v=cTg93jUxfX0
(テレビ中継の解説も話してましたがWBCに大谷二刀流の規定が必要だと!!)
(テレビ中継は30分延長して21時に終了)
 (7回裏交代山崎三者凡退)
 (8回表2out中村2塁打→筒香敬遠21→鈴木(暴投進3)フルから四球満塁→松田左飛)
 (10回表タイブレーク1out満塁→鈴木満塁ホームラン(◎4)→松田四球→小林犠打2→中島二ゴロ)12対8
 (10回裏(交代千賀)フォーク暴投進32→ライト前ヒット▲1(◎3)31?→空振り三振暴投▲1(◎2)2→空振り三振→暴投進3→空振り三振)ケームセット
◎12対10で延長勝利

◆侍ジャパン強化試合【13日・東京ドーム】◇2回戦・オランダ1敗:スポーツ報知←選手ごと成績は詳細
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20161113-01.html
posted by yumenoya at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対談:梶よう子×一ノ関圭「浮世絵はなぜ消滅したのか」小説現代2015年11月号/《追記10/19》別の一ノ関圭対談/《追記10/20》小学館の校正ミス!?と「鼻紙写楽」新刊入手

秋田在住の美和さんより電話が入り、久しぶりにスカイプを始めた。

いつものように最初の話題は大谷くんことで、昨日(10/16)の9回表のDH解除・リリーフ登場のシーンの話をふったら、ついていない人が居るもので、3点リード(NHK・BS)で勝つだろうと外出して戻り、夜の遅いニュースで大谷くん投手登場を初めて知ったと…。地元のSTVだと解説席のモニターを見ながら、大谷くんがブルペンで投球練習をしていますよ、これは9回表に登場もあり得ますよ、と言っていましたので、こちらはずっとその気で待っていたというのに…。初のDH解除・大谷投手登場のアナウンスとそれに続く圧巻の投球を見逃すとは…今年一番のシーンを生で視ていないとは…ネットには事前にDH解除の可能性が記事になっていたというのに…(最近腰が痛くて、ネットもやっていなかったというから、しょうがないけどね)

やがて一ノ関圭さんの話題になり、数日前友達に初めて聞いたんだけど、昨年の小説現代11月号に短い対談が載っていると。そのコピーを入手したら俺に送ってと頼み、あの「鼻紙写楽」の続編が増刊号に載る情報があったら教えてと頼み、色々云々でスカイプは終了した。

対談の記事が気になったので、ネットを検索して「梶よう子×一ノ関圭「浮世絵はなぜ消滅したのか」」とまでは判ったけど、地元の図書館の蔵書を「小説現代」で検索しても、蔵書はしていないらしい。さらに検索していたら、次のPDF記事を見つけましたよ!!

そんな対談のあることを知らない一ノ関圭ファンも多いのではないかと思いますので、リンク紹介いたします。
◎浮世絵はなぜ消滅したのか | 小説現代
http://shousetsu-gendai.kodansha.co.jp/special/26.html
ブラウザFirefoxの場合、ページの完全保存をすると、保存したフォルダの中にあるpdfファイルが目指す対談8ページです。(一ノ関圭によるカット多数)
(表紙だけ紹介)
1-8.JPG
この対談を読むと判りますが、梶よう子(私は未読)の新作「ヨイ豊」(三代豊国が亡くなり誰が歌川を率いるのか??)の発売直前か直後の新作宣伝の対談相手として、カバー装幀を担当した一ノ関圭さん(出版社は違うけど「鼻紙写楽」は同年発売、「茶箱広重」もあり)にお声が…、というお互いにベスト対談カップルに、そしてファンにもとても嬉しい対談となっています。
梶よう子さんもそうらしいですけど、一ノ関圭さんの初単行本発売はかなり遅かった(作品数がまとまるまで待たされた)ので、「あなたも雑誌で読んでた!?(お主なかなかできるなあ!!)」という仲間意識が湧きます。私と美和さんが衝撃だったデビュー作「らんぷの下」を話題に今でも時々スカイプで盛り上がっております。(追記:単行本が出るまでは、雑誌の切り抜きが唯一で時々読み返しておりましたけど、残念だったのは少しページ数が多いからなのか、1ページに2ページ分を掲載するという変則収録だったことです。このことについては、別の対談で一ノ関圭さんも嘆いておりました)

対談を読んで、一ノ関圭の描く芳年(月岡芳年)もの(作中に登場するであろうはずの一ノ関圭タッチの芳年作品)を観たかったなあという思いが起こりましたけど、今はとにかく「鼻紙写楽」の続編をよろしくお願いします。
作者は普通、自分の作品についてあまり多くは語らないものと思いますが、一ノ関圭さんもそのタイプで、特に「鼻紙写楽」はまだ連載中ですからなおさらなのでしょうが、手塚治虫文化賞、日本漫画家協会賞の受賞の時に、受賞コメントで語られる全体構想の一端を垣間見るのみです。ですからその意味でもこの対談は貴重です。

一ノ関圭さんって、浮世絵とか絵師とかについて語ってみたい相手との対談を雑誌がセットしてくれたら、応じるのでしょうかね。受賞の時にはファンは初めて漏れ聞きしておりますし、今回は装幀つながりで、無碍に出来なかったという可能性も。その場になると、ついつい想定していた以上に語ってしまった、という後悔が…

嫌じゃないのなら、ビッグコミック増刊号に続編を掲載する時に、例えば大友克洋さんとの対談を…
相手は大友克洋(一ノ関圭作品に着目していたから断らないで受けるだろう、一ノ関圭さんも断らないだろう、青春マンガの雄と私は思っている、一ノ関圭作品を世界に拡げるチャンス!?)となると、月刊総合雑誌(文藝春秋など(小学館なら何??))の目玉対談記事になってしまうかー!?

谷口ジローさんのようにヨーロッパで着目されても良いと思うのですが…
編集の佐藤敏章さん、何か仕掛けてもよろしいのでは…
昭和50年ビッグコミック賞が「らんぷの下」(夢屋日の市名義)の時に
佳作が谷口ジローさん「遠い声」でした。
だからというわけじゃないけど…
一ノ関圭の感性は、ヨーロッパのマンガ世界に通じるのではないかと思っています。
夜明けの時間が段々近くなりましたら、対談の記事から少しずつ飛躍してしまいました。
《追記》
当然ながら「鼻紙写楽」を読むには、田沼時代とか寛政の改革といった政治的な社会背景や歌舞伎という世界についての知識が必要となる(私の場合NHKの歌舞伎中継の視聴ゼロでも済みましたけど)ので、色んな詳しい注釈が無くてもすんなり読み進めれる作品を海外に発信して欲しいですね。一ノ関圭作品には、そのような含蓄のある短編がたくさんありますから。

《追記》手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した時の編集部のコメント
「このたび手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した『鼻紙写楽』、実はすでに続編の執筆は進んでいて、ビッグコミック増刊号にて秋ごろ掲載される予定となっている。"伝説の作家"が描き出す驚異の筆致、続編掲載前にぜひ単行本でご覧あれ!!!!(ビッグコミック編集部)」
前述の美和さんによると、今月の増刊号の次号予告には無いので、年内掲載だとすると12月の発売号か?
忘れずに買わないと、単行本になるまで待つこととなりますから、大変です。
-----------------------------------------------------------------------
《追記10/19》別の対談へリンク
上で書きました「別の対談で一ノ関圭さんも嘆いておりました」の出処が判りました。
ひょっとしたら、今まで紹介していないかもと思い、私も探しました。
パソコンに保存してあったそのページ(文字のみ保存)が見つかり、
その文章の出だしで検索して、そのアドレスが判明しました。
◎KABUKI TODAY 著者に聞く第二弾『夢の江戸歌舞伎』服部幸雄氏・ 一ノ関圭氏
http://homepage3.nifty.com/kejokoku/book/script/yume_no_edokabuki_script1.htm
「ここに漫画家としてスタートなさったころ一ノ関さんが描かれた『ランブの下』があるのですが、これが処女作ですか?
一ノ関:ええ。まだ学生だったころに描いたものです。これはビッグコミック賞を受賞したので雑誌に載ることになって楽しみにしていたのですが、ちょっと長過ぎるとかで二分の一に縮小掲載されてしまって…、がっかりしちゃった(笑)。」
(・『夢の江戸歌舞伎』には、「『夢の江戸歌舞伎』への道」という4ページの小冊子(対談)が付録でついていますが、上のネット記事とは別のものです)

美和さんに「夢の江戸歌舞伎」という本のあることを教えてもらい、
ひょっとしたら地元の図書館にそれがあって、
借りて読んだら面白かったので、新刊は無理でも古本で少し安かったらと、
ネットをウロウロしている時に、偶然この対談ページに出遭ったと思う。
ですから「鼻紙写楽」を読んでからのことで、昨年2015年の事です。

色んなマンガ家ファンサイトに、お世話になっていますが、
あの情報(マンガ作品ではない対談とかコメントとか触れた評論など)は掲載されていませんけど…
ご存知ですか?とメールで連絡をするようになった(今はこちらに新情報が無いので皆無)サイトが昔はありきした。
最初が樹村みのりさん、次が狩撫麻礼さん、そして谷口グローさん、の三者だけかな?
一方的にお世話になるだけで、そのサイトに未記載の新たな情報でも発掘しない限り、
わざわざメールで、お礼を言っても、余計なメールになるだけです。
現在、当初の狩撫麻礼サイト運営者(未収録作品のコピーを送っていただきました)は亡くなったようで、
別の方が運営しております。

誰か、一ノ関圭さんのファンサイトとは云いませんが、
一ノ関圭さん情報のデータベース的なサイトを運営するファンは居ないでしょうかね?!
作品の雑誌初出、単行本の収録内容、本人のコメント、対談、書評、カバー絵、カットなど
一ノ関圭さんに関する情報は、まずそこで確認するとほぼオールマイティというサイトがあったら、
ファンとして大変助かります。
ビッグコミックの何月何日発売号に「鼻紙写楽」の続編が掲載予定とか、
意外なエッセイとかコメントとかカットとか書評で触れていたとか、
誰か、オレが私がという方はいないでしょうか。
愛と情報があるファンサイトには、ご存知でした!?情報が集まるものです。
そのサイトには最新情報が入ります。
小学館に認知されたら、ビッグコミック掲載予告と同時に、ご案内メールが届くかも!?

私は64歳、一ノ関さんは少し(ちょびっと)上です
若い方、一ノ関圭サイトを立ち上げてください、
誰かお願いします
---------------------------------------------------------------------------
《追記10/20》『鼻紙写楽』の「初鰹」(初出時(2002年)の「芍薬牡丹」を改題)についての誤記
TVドラマは関心ゼロだが、「校閲」は気になるので、次の記事を読んだ
●石原さとみの「校閲ガール」を校閲 「ウチなら不採用」-デイリー新潮 10月20日(木)5時56分配信
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/10200556/?all=1

何度も指摘したことだが、アマゾンでの商品の説明(内容紹介)でもお膝元の小学館でも
つまり全てのネット新刊書店すべてで、この誤記がまかり通っている。
https://www.shogakukan.co.jp/books/09187080
ここでは「巻末描き下ろし「初鰹」」という誤記があるけど、未だに訂正されていない。
作品内容そのものでの誤記ではないから、校閲部門のあずかり知らぬことだとは思うが、
嘆かわしい誤記が何故発生したのかと推理すると
内容紹介の文章を書いた人が『鼻紙写楽』を全く読んでいないことと、
その文章を『鼻紙写楽』の編集者にチェックしてもらわなかったこと
このお粗末な体制(システム)で発生した誤記ミスだと。
内容紹介の文章をアップしている大元の文章を訂正すると連動して全てが訂正されるのでは…
起きてしまった恥ずかしいミスは速やかに訂正して欲しい。

この対談(梶よう子×一ノ関圭)を読んで、一ノ関圭「鼻紙写楽」に興味をもった方へ
下記にはまだ在庫有り(2016/10/20現在)
◎鼻紙写楽-BOOK SHOP 小学館(通販サイト) 
http://www.bookshop-ps.com/bsp/bsp_basket_top?tm=a5053312F3035302F312F303231342F2F2E
posted by yumenoya at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする