2011年07月15日

★ドロップシッピング“もしもし夢よ”の商品価格を多数値下げ/《追記2016年》ドロップシッピングはかなり昔に止めました

 もしもドロップシッピングに挑戦してサイトもしもし夢よ(通販)を開店したのは昨年の4月のことです。開店の時のブログに書きましたが“好友堂さんからはなかなか簡単には売れないぞと聴いておりますし”、このドロップシッピング師匠には半年はじっと我慢と言われていました。
 たまたま視たテレビの番組で紹介されていた“電子レンジ調理器 ふしぎなお皿”が欲しくなり、またもしもドロップシッピングのシステムを体感する必要もあったので、それが“もしもし夢よ(通販)”の第一号の注文となりました。
 この商品“電子レンジ調理器 ふしぎなお皿”については、メディア(TV、雑誌、新聞など)で紹介されて話題になった脚光商品【生活雑貨】にも、魚焼きに重宝しているというコメントを書いております。
 自分自身のこの注文が呼び水になった訳ではないのでしょうが、その翌日に初の注文がありました。ドロップシッピングの通販サイトを開いての初注文ですから、俄然ヤル気が出ましたけど、注文という反応があったのはホントに嬉しかったです。この初注文が無いので、もしもドロップシッピングから撤退したという人は結構多いのではないかと思います。もっとも私だって有料広告を出している訳じゃないので、注文は忘れたころにボツ、ボツという状態ですけど。

 そんなボツ、ボツ状態を打開するために始めたのが“値下げ”です。詳しいことは通販商品総合目録(値下げ率8%以上商品)/もしもし夢よ(ネット通販)で確認願います。この目録ページでは値下げ率が8%以上の商品約7千5百点を紹介しています。いつも購入している商品が、ずっと気になっている商品が、他のサイトより安いというものが見つかりましたら、“もしもし夢よ(通販)”をよろしくお願いします。















AV・デジモノNO.z001NO.z002
途中まで
--------
スポーツ・レジャーNO.z002
途中から
NO.z003
途中まで
--------
ダイエット・健康NO.z003
途中から
NO.z004NO.z005NO.z006NO.z007NO.z008NO.z009NO.z010
途中まで
--
ファッションNO.z010
途中から
NO.z011NO.z012NO.z013NO.z014NO.z015NO.z016NO.z017NO.z018
途中まで
-
フード・ドリンクNO.z018
途中から
NO.z019
途中まで
--------
ブランドNO.z019
途中から
NO.z020NO.z021NO.z022NO.z023NO.z024NO.z025NO.z026NO.z027NO.z028
NO.z029NO.z030NO.z031NO.z032NO.z033NO.z034NO.z035NO.z036NO.z037NO.z038
途中まで
ホビー・エトセトラNO.z038
途中から
NO.z039NO.z040NO.z041NO.z042NO.z043NO.z044NO.z045NO.z046NO.z047
NO.z048NO.z049NO.z050NO.z051NO.z052NO.z053NO.z054NO.z055NO.z056NO.z057
NO.z058NO.z059NO.z060NO.z061NO.z062
途中まで
-----
家電NO.z062
途中から
NO.z063
途中まで
生活雑貨NO.z063
途中から
NO.z064NO.z065NO.z066NO.z067NO.z068NO.z069NO.z070NO.z071NO.z072
NO.z073NO.z074
途中まで
--------
美容・コスメNO.z074
途中から
NO.z075NO.z076NO.z077NO.z078NO.z079NO.z080NO.z081NO.z082NO.z083
NO.z084NO.z085--------

posted by yumenoya at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ドロップシッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

●室内アンテナで地上デジタルチューナーを導入 の続編報告

 チューナーを導入したものの地上デジタルの受信レベルが低くてほとんどの局がまともに視ることができなかったので、アンテナ線の接続を元に付け替えてずっとアナログで視ておりました。
 効果が不明だった地デジ用室内アンテナについて検索してみると、受信レベルはかなり改善されるらしいことが判りましたが、もし従来の室内アンテナが機能するならば、余計な出費をしなくて済みます。
 そこで本日は再度アンテナの実験をしました。まずVHF用アンテナを縮めたところ、結構視ることができるようになりました。次にやったのは、縮めたVHF用アンテナをUHF用アンテナの邪魔にならないよう真横に倒したところ、受信レベルが更に良くなったようです。まだ受信の不安定な局もありますが、殆どの局は結構安定しています。なお、室内アンテナにはUHF用の微調整のための選択ボタンやダイヤルがありますので、その調整も必要です。(7/7追記:この地デジがまともに映るようになったアンテナの実験のことを寝酒しながらスカイプで友人に話したら、そのぐらいのことはヤッていなかったのかと言われたけれど、おおげさだが“コロンブスの卵”のようなことは、割と結構ありますので、ナルホドねと軽く受け流してください。歳とともに情けないほど反応が鈍くなっていますので)
 この地デジの放送をじっくり視ているのは今日が初日のようなものですが、初めて気づいたのは音声が若干遅れていることです。出演者の唇と声が少しズレているのです。地上デジタルチューナーは映像と音声のそれぞれのコードをテレビに接続するというシステムなので、それが原因の音ズレなのか?
 受信レベルCN値は導入時に47〜50%でしたが、アンテナの実験後は50〜55%位になり、最も高い局では62%もでましたので、これからは地デジで行きます。何たって地デジの画像はキレイですから。


 なお、札幌のテレビ電波の塔は手稲山の山頂にあるそうですので、私の場合は西(地上デジタルテレビジョン放送送信設備)からの電波をちゃんと受信できるかどうかです。私の室内アンテナは北向き部屋の窓近くに置いてありますが、アナログの時もそんなに良い受信状況ではありませんでした。特に悪かったのは、3局あるUHFの内の2局でした。ですから、UHFを使うデジタルもこんなものなのでしょうかね。
 現在、室内アンテナでのアナログ放送の映りが結構良いという場合は、地上デジタルチューナーも従来の室内アンテナで充分対応可能のようです。地上デジタルチューナーの購入でまだ悩んでいる室内アンテナ派の方は参考にしてください。
posted by yumenoya at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画、テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする