2009年06月20日

●電話のトラブル、全てが“お話中”で使用不能に。その顛末は!?

 通販の古本の梱包が終わり、ヤマト運輸に集荷の依頼電話をしたのは、午後4時過ぎ(6/19のこと)。
何度電話してもお話中なので、食事の準備をしながら、また電話をするが、
フリーダイヤルも普通の番号も緊急番号もドライバーの携帯電話も全て“お話中”。
会社などの集荷が多そうな金曜とはいえ、こんなに“お話中”が長いとは変だ。
テレビのSTV「どさんこワイド」では、携帯電話を使ったクイズをやっているので、
電話網に大きなトラブルが発生したことはなさそうだが…
食事が終わってから、再度ヤマト運輸の4箇所に繰り返し電話をかけてみるが、
やはり全滅状態、すると札幌の北区関係にトラブル発生なのか?
念のため、南区の同業の好友堂さんのIP電話にかけてみるが、
そして携帯にもかけてみるがやはりどちらも“お話中”の音。
そこでネットでNTT東日本のホームページをみてみるが、
大きな故障トラブルが発生しているという告知の記事は無い。
そしてテレビ番組では携帯を使った絵を描くゲームが
電話のトラブルは何も無いように始まった。
こうなるとNTT東日本に訊くしかないなと故障の「113番」へ電話をするが、
当然のごとく“お話中”の音がするのみ。
こんな時に持っていたら助かるであろう携帯を持っていないので、
ヤマト運輸に集荷依頼するため、コンビニにある公衆電話へ向かう。
何のことは無い、懐かしい呼び出し音がして即つながりました。
ヤマトのオペレーターに確認してみたが、何もトラブルは無かったとのこと。
そうなると電話機の故障なのか?
やっとそう考え始めたのは、午後5時45分になっていました。

 ヤマトの集荷が無事来てから、メモ用紙と鉛筆を持ち、
今度はじっくり話せそうな地下鉄の公衆電話へ。
「113番」は即出たけれど、時間外のためか、メッセージを録音するシステムだったので、
メモしてきた代表電話にかけ直したら、肉声のオペレーターが出ました。
全てが“お話中”という状況を説明したけれども、
時間外の「113番」は折り返し電話で連絡を入れるシステムなので、
私のように携帯が無い場合や、電話連絡のできる隣人宅が無い場合は、
明日の朝午前9時以降ならば「113番」でオペレーターが対応できるとのこと。

 ということだったので、明日は故障のプロに頼むとして、
普段ヤマト運輸と郵便局に集荷依頼するときと
スカイプSkypeしないかと好友堂さんに連絡するとき位しか使わない電話だけれど、
部屋から電話をすることが出来ないというのは不便なものですな。
ネットにつながらないというトラブルよりは少しマシだけれど…
明日には無事電話が使えるようになるのかな?
それとも明日もまた公衆電話で集荷依頼することになるのかな?
(続編は明日にでも書きます)

 とここまで書いたところで、少しご無沙汰の好友堂さんにメール、
「スカイプでもと言うときは、メールをお願いします」(午後9時近く)と。
すると早速スカイプを起動して待つとの返信があったので、スカイプの開始。
色々と話すうちに試しに我が家の固定電話にかけてくれたところ、
「お客様の都合により、……」というメッセージが聴こえたと。
「電話料払ってないのじゃないか?」と言われて、やっと電話料の事を思い出しました。
本来は信金の口座から引き落としになっていたのですが、
貸本屋時代の尻尾でして、電話料の専用口座になっていたもので、
わざわざ入金しに信金まで行くのが段々と億劫になり、
昨年途中から再度の請求書(コンビニで支払い)がきてから、
それも期限ぎりぎりに支払っておりました。
何となく電話料支払いの期限は来週だろうと思っていたので、
請求書を初めて確認したところ、6/19(金曜)から電話が使えなくなると書いてありました。
全て“お話中”トラブルの犯人はどうもこの私らしい。
スカイプは無料のネット電話なので、接続もそのままにして、
早速隣のビルのコンビニで支払ってきました。(午後9時半ごろ)
もう夜も遅い時刻ですから、開通は明日かな、などとスカイプの会話再開。
そして好友堂さんが再度電話をかけてくれたところ、呼び出し音が鳴りました。
やっと開通いたしました。午後10時過ぎに無事復活いたしました。
事件発生から終結まですったもんだの6時間でした。

 それにしても故障の「113番」などの緊急番号ぐらいにはつながるシステムならば、
電話料が未払いなので、電話は使えなくなっています、との説明さえきけたならば、
故障事故発生かなどと何も騒ぐことにならなかったのに…。
未払いのことに頭のいたらなかった私が悪かったのですけれど。

 そしてゴタゴタした翌日である本日(6/20)となり、
ヤマト運輸と郵便局の集荷も無事普通どおりに終了いたしました。
何ともお粗末な顛末で失礼いたしました。
posted by yumenoya at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

★新着古本リストY28(定額)と真崎守の切抜き「エデンの戦士」

(2010年2月1日追記)
“夢の屋”の通販部門は独立し、新サイトとして1/31にスタートしました。
カート(買物かご)・全文検索・カテゴリを導入しての引越し新装開店ですので、
今までのサイトよりは、探しやすくて少し買物もしやすくなったと思います。
新通販サイト古本通販 夢の屋をよろしくお願いします。
なおリンク集・情報・読み物などは従来のサイトにそのままですので、元サイトもよろしく


 ほぼ毎月恒例っぽい感じの出品料・無料キャンペーンが告知されたのは6/8(月曜)のこと。
その実施期間は6/11(木)正午から12(金)午後7時までということでしたので、
再出品用の新ソフトを使って本日11(木)の日中にドカッと再出品しました。
1174点の再出品にかかった時間は3時間54分ですから、1点平均12秒でした。

 最近のヤフオク出品は、開始価格=即決価格という定額販売が主になっていましたが、
久々に本来のオークション方式で真崎守の雑誌切抜き「エデンの戦士」を出品しました。
下記一覧のトップバッターY28-01が原作/田中光二である真崎守の1976年作品です。
「エデンの戦士」のページで触れていないことについて書くと、
当時の切抜きのことは全く記憶にありませんが、翌年が大学卒業であり、マンガ雑誌を買う余裕などない懐状態でしたので、当時利用していた近くの食堂に頼んで連載の毎号を頼んでもらったのかな、とぐらいしか思いつきません。学生時代の真崎守作品といえば、「ジロがゆく」、「はみだし野郎」シリーズ、「キバの紋章」などを単行本で読んでいたと思いますが、原作つきのSF作品の長編連載というのが、真崎守らしからぬ感じで、作品内容も新鮮だったのと、原作小説は読んでいないし続きが気にかかって、毎週もらって読んでは雑誌をばらしていたのかも?
 学生時代、気に入ったものは雑誌から切り抜いて保存していましたが、その切抜きの別格は学生時代から変わらず、一ノ関圭「らんぷの下」と樹村みのり「翼のない鳥」前後編です。こういう読切りもののスクラップが普通ですけど、真崎守「エデンの戦士」という長編はちょっと異質です。異質なものとしては、あすなひろし「呪啼夢」。読切り連作で、揃ってはいませんけれど、そのうちヤフオクに出品します。しかし、残念なことに背部分に二つの穴が開いています。
 この切抜き「エデンの戦士」を確認していて、やっと「塚本俊昭」さんの名前に気づきました。1978年に発売されていた2冊のSFマンガ短編集「SF宇宙最終要塞」「SF第2地球誕生」が結構好きで、ずっと気になっていたSFマンガ家ですが、1976年には真崎守さんを手伝っていたのですね。そしてご本人のサイトによると、マンガの単行本は前述の2冊のみのようです。なお、塚本俊昭、本田義高という二人の名前は、「エデンの戦士」の2種類の単行本には、表示が無かったように思います。

 今回出品したY28の古本一覧表は下記のページにあります。
古本通販Y28夢の屋のHPリスト
収録内容などで確認したい古本がありましたら、上の一覧表ページか下記の単品ページをご覧願います。
 
番号,ヤフオク用タイトルと夢の屋単品ページへのリンク,価格
◆Y28-01,真崎守●エデンの戦士/少年チャンピオン切り抜き18回分/1976,1500
◆Y28-02,小島剛夕●椿三十郎 マンガ黒澤明時代劇●嶋中書店,300
◆Y28-03,藤子不二雄A●用心棒 マンガ黒澤明時代劇●嶋中書店,300
◆Y28-04,梅田英俊のナン次元世界 思索ナンセンス選集2●思索社,1000
◆Y28-05,改田昌直のアーバン世界 思索ナンセンス選集5●思索社,900
◆Y28-06,U・G・サトーの進化論世界 思索ナンセンス選集3●思索社,1000
◆Y28-07,石川サブロウ●はっちゃき先生●集英社、ヤングジャンプ,350
◆Y28-08,井上直久●イバラード物語―ラピュタのある風景●青心社,500
◆Y28-09,坂田靖子●チューくんとハイちゃん(B6判)JOUR COMICS●双葉,250
◆Y28-10,手塚治虫●幽霊男/勝利の日まで 手塚治虫展 別冊図録●,1200
◆Y28-11,永井豪●フルメタルレディ(併録・ZIPANG)●アクションコミックス,300
◆Y28-12,はるき悦巳●日の出食堂の青春(A5)●アクション・コミックス,400
◆Y28-14,藤原カムイ/大塚英志●アンラッキーヤングメン 全2(三億円事件,900
◆Y28-15,水木しげる不思議な世界 全4巻 KCSP●講談社/B6,4000
◆Y28-16,森脇真末味●ゴドレイの恋人(A5)●ペーパームーン・コミックス,700
◆Y28-17,鄭問(チェン・ウェン)●萬歳 banzai (A5判/帯つき)●講談社,350
◆Y28-18,駕籠真太郎「バトル・ロ愛ヤル」●コミック★ワイドショーVol.0,350
◆Y28-19,ちばてつや●まんがベストワン テレビランド増刊 昭和52年6月,1200
◆Y28-22,七人の侍●黒澤明監督 1975年完全オリジナル版 映画パンフ,1000
◆Y28-23,アーヴィング・シュルマン●ウェスト・サイド物語(映画の小説化),500
◆Y28-24,ミック・セント・マイケル/編●ジェームズ・ディーン/ワーズ●,300
◆Y28-25,向田邦子●阿修羅のごとく 向田邦子TV作品集1(シナリオ/帯),800
◆Y28-26,野村修/訳●ブレヒト詩集 世界現代詩集2●飯塚書店/1973,700
◆Y28-27,梶尾真治●つばき、時跳び(四六判/タイムトラベル/ロマンス)●,500
◆Y28-28,泉鏡花●化鳥・きぬぎぬ川 泉鏡花小説集 21C文庫●,700
◆Y28-29,吉川英治選集 第29巻 忘れ残りの記・戯曲・放送台本・年譜,700
◆Y28-30,吉川英治選集 第30巻 書簡・川柳・詩歌●講談社/昭和46,700
◆Y28-33,清岡卓行●海の瞳―原口統三を求めて(四六判)●文藝春秋,600
◆Y28-35,甲賀三郎 角田喜久雄集 日本推理小説大系 第3巻●,800
◆Y28-36,昭和前期集/後期集 日本推理小説大系 第6・9巻 全2冊●,2200
◆Y28-37,坂口安吾/久生十蘭/加田伶太郎/戸板康二集 日本推理小説10,800
◆Y28-38,グレアム・グリーン●第十の男 (帯/『第三の男』を凌ぐと話題)●,350
◆Y28-39,シャーリイ・ジャクスン●山荘綺談 ハヤカワNV文庫●早川,500
◆Y28-41,文芸 1964年4月号 水上勉/円地文子/文芸内閣「出世論争」,400
◆Y28-42,文芸 1964年5月号 深沢七郎「千秋楽」/文芸内閣「文学と経済」,400
◆Y28-43,文芸 1964年6月号 富島健夫/佐藤春夫/内閣「女性の白書」,400
◆Y28-44,文芸 1964年8月号 ?葉英治/丹羽文雄/内閣「スポーツと日本」,400
◆Y28-45,文芸 1964年9月号 曾野綾子/田村泰次郎/内閣「流行と生活」,400
◆Y28-46,文芸 1964年10月号 川村晃/芝木好子/内閣「日本人の食生活」,400
◆Y28-47,文芸 1964年12月号 小田仁二郎/倉橋由美子/内閣「薬追放」,400
◆Y28-48,文芸 1965年4月号 河野多恵子/内閣「現代人の優雅な冒険」,400
◆Y28-49,文芸 1965年5月号 水上勉/「ファニー・ヒル」/文芸内閣「戦争」,400
◆Y28-50,テル・ヤー・ボーネン●珍々発明 世界の特許から380件●読売,400
◆Y28-51,小島貞二●高座奇人伝 立風落語文庫(変人)●立風書房,500
◆Y28-52,ラリー・ワイルド●犬と猫のジョーク集 世界のジョーク集3●,250
◆Y28-53,菅原真吉●オリンピック切手(カラー/原寸大/記念切手)昭和39,700
◆Y28-54,祐川法幢●霊場・恐山とイタコ 改定版●新人物往来社,700
posted by yumenoya at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本通販リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする