2009年04月24日

★ヤフオク出品無料キャンペーン4/27まで

 4/23(木)00:58にヤフオクから件名に「出品無料キャンペーンは4/27まで」とあるメルマガが届いた。ゴールデンウイークを前にして出品無料キャンペーンがあっても不思議ではないなと思っていたが、先日のブログでY26の新着古本リストを宣伝したばかりだけど、キャンペーンがあることを事前に知っていたら、有料で出品しなかったのに…と思いながら、メルマガに記載のアドレスへ行くと、4/20(月)正午からスタートしていたとのこと。
http://drd.yahoo.co.jp/dm/s/20004/20004644_300058891_03.html
私が有料で出品したのは4/20(月)午前4時台のことだったので、もし寝て起きてから出品していたら無料だった…
★新着古本リストY26(定額販売)とヤフオクの出品無料キャンペーン ご注文を待っています
 先日のブログには、HPの更新をチェックするソフトに、ヤフオクの告知関連ページ三つを登録したので、事前告知ページに対するアンテナはこれで鉄板かなと考えていたが、今回のキャンペーンについてはそれらのアンテナ・ページには何も記載されていません。
 今回はたまたまメルマガで知らせてくれたけれど、20日スタートのものが23日に連絡と遅れたけれど、メルマガでのこの連絡がなければ、何も知らないうちにキャンペーンが終わってしまうところでした。
 出品無料キャンペーンの実施については今回のようにメルマガで連絡のある方が少ないので、出品者側が色々アンテナを張る必要があるわけだけど、落札手数料で稼ぎたいであろうヤフオク側の立場になると、メルマガで事前に毎回出品者に対し連絡するのならば、出品無料により出品数が格段と増え、それに伴い落札数も大きく伸び、落札手数料の収入もホクホクだと思うのだが、ヤフオクの担当者はそのように考えないということか。
 折角のキャンペーンの実施なんですから、出品者側にもっと喜ばれるように、事前の告知を上手にやって欲しいものです。出品者が喜んでたくさん出品したら、入札に参加する人は豊富な商品が陳列されていて選択肢が増えて喜びます。
 今回のキャンペーンでは昨日4/23に第一弾の出品をいたしましたが、アダルト・マンガは無料の対象ではありませんでした。メルマガに「無料対象カテゴリは出品システム利用料が何点でもタダ!」とありますので、対象外のカテゴリもあります。締め切りの4/27(月)午後7時まで無料出品を頑張りましょう。
posted by yumenoya at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Yahoo!オークション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

★新着古本リストY26(定額販売)とヤフオクの出品無料キャンペーン

(2010年2月1日追記)
“夢の屋”の通販部門は独立し、新サイトとして1/31にスタートしました。
カート(買物かご)・全文検索・カテゴリを導入しての引越し新装開店ですので、
今までのサイトよりは、探しやすくて少し買物もしやすくなったと思います。
新通販サイト古本通販 夢の屋をよろしくお願いします。
なおリンク集・情報・読み物などは従来のサイトにそのままですので、元サイトもよろしく


 ピロリ菌の駆除についてぱ前回書きましたけれど、
子ども時代に感染して、それ以来ずっと胃の中にいたということなんでしょうかね。
子どもの頃は、裏山に遊びに行くと小川の水も飲みましたし、
時々冷たい井戸水をおいしいと飲んでおりました。
そんな時代を過ごしてきた年配の人は感染している可能性が高いということかな。
そうやって胃に長居していたピロリ菌が無事除菌されたことで、
すごい大きな変化があったわけではないけれど、
入院したことにより胃壁のただれはキレイになり、
時々感じていた胃痛も全く無くなり、
食事特に炊きたてのゴハンが非常にうまいなと感じることが増えました。
元々痩せですが、頬に少し肉がつき、顔がふっくらとなりました

 ピロリ菌除菌の成功というちょっと目出度い今月でしたけれど、
古本では大チョンボをしてしまいました。
ホームページの更新をチェックするWWWCを使い、
ヤフオクの出品無料キャンペーンはまだかと毎日チェックしていたのですが、
2009年度になってからHPのアドレスの変更があったようで(その心配はしていたが)、
知らなかった4/7〜8に無料キャンペーンが実施されてしまい、
やっとそれに気づいたのは4/8の終了後のことでした。
あわててヤフオクのサイトをウロウロして、
出品無料キャンペーンの告知を漏らさないように
さきのソフト「WWWC」に3アドレスを登録いたしましたので、これでチェックは鉄板か?

この無料キャンペーンに意識して出品するようになったのは、昨年の秋からですが、
その実施の仕方に何か法則性はあるのか?
もし早期に予測が可能ならば、早くに出品準備を進めることができます。
前述のウロウロに関連しヤフオクをさまよっていたときに、
次のページを見つけました。他の年のこともリンクからチェックできます。
2008年1〜12月のお知らせ(年間の告知を日付順にまとめたページ)
過去3年間分の告知ページを見る限り、
いいかげんというか適当というか、キャンペーンの実施に何も規則はありませんでした。
このページを見るまでは、ずっと待っていた今年の2月は実施されなかったので、
2月は実施しないことにしている月なのかもと考えていましたが、
2008年の分を確認しましたら、2月に2回も実施しています。
2007年はというと1回の一月を除き、2〜3回で、12月は4回も実施。
そして回数が多いと開始当日に告知するという、
出品の事前準備は普段からしておくようにで余裕が無いものがほとんどでした。
ヤフオクが日本で始まってから丸十年が経ったらしいけれど、
十年ではまだ不足なのか、まだまだ模索中のようですから、
ヤフオクのシステムにいつどんな変更があるのか、ちょっと心配になりますね。


 さて新たに出品したY25の古本一覧表は下記のページにあります。
古本通販Y26夢の屋のHPリスト
収録内容などで確認したい古本がありましたら、
上の一覧表ページか下記の単品ページをご覧願います。
今回カメラで写しているときに裏表紙の面白い雑誌がありましたので、
商品番号◆Y26-37の画像を紹介いたします。
表紙のイラストは懐かしいピンク・レディーで、裏表紙の広告が面白いけれど、
売れたらホームページから消える運命で、もったいないので、ここに掲載します。

商品番号◆Y26-38も同じ系列の広告(表紙はNHK朝ドラ「いちばん星」の高瀬春奈)
こちらは売れたら消えてしまう画像です。

 2003年の引越しの時のままだったダンボール箱を開けると
所有していたことをすっかり忘れていた本もたくさん出てきますので、
今回めぼしいものが無いなと感じた方も次回に 乞うご期待

 一ヶ月間は注文が入った時点でこのブログから速やかに削除いたします。
それ以降はリンクの単品ページが消えていましたら、販売済みだということです。


番号,ヤフオク用タイトルと夢の屋単品ページへのリンク,価格
■マンガ単行本■
◆Y26-01,吾妻ひでお●人間失格 超奇想天外面白傑作集●,700
◆Y26-03,石ノ森章太郎●時ヲすべる 全2巻(タイムスリップ)●秋田書店,1200
◆Y26-04,上原きみこ●舞子の詩 全7巻(新書)●小学館フラワーコミックス,4000
◆Y26-05,川崎三枝子/画●黒衣の女 全2巻(愛の葬儀人/愛の呪術)●,900
◆Y26-08,樹村みのり作品集 (子ども編) 悪い子●ヘルスワーク協会,2000
◆Y26-09,樹村みのり作品集 (少女編) 海辺のカイン●ヘルスワーク協会,1000
◆Y26-10,小林よしのり●異能戦士 全2巻●徳間書店、トクマコミックス,800
◆Y26-11,佐藤史生●春を夢見し(ピンナップ)●新書館ペーパームーン,1100
◆Y26-12,白倉由美●懐かしい年への手紙(尾崎豊/帯つき)●太田出版,1000
◆Y26-13,どおくまんプロ●狂乱横丁 第1〜3巻(全3冊)●日本文芸社/ゴラク,2000
◆Y26-14,どおくまんプロ/太地大介●万城目大学萬屋請負局●双葉社,500
◆Y26-16,はしもといわお/画●ザ・転職―マンガ版・転職マニュアル●,800
◆Y26-18,平野仁●鮮血の墓標 平野仁ベスト選集●芸文社/芸文コミ,1700
◆Y26-19,平野俊弘/画、石川 賢/原作●無敵少女ラミー(完全版)●文庫,300
◆Y26-20,古谷三敏●手っちゃん 全2巻●さくら出版、さくらコミックス,1500
◆Y26-21,細川知栄子(細川智栄子)●あこがれ 全5巻(新書)●講談社コミ,3500
◆Y26-22,真崎・守(真崎守)●はみだし野郎の子守唄(虫プロ/帯/初)●,1200
◆Y26-23,松森正/画、関川夏央/作●18階の男●日本文芸社、ゴラク,400
◆Y26-24,魔夜峰央●おらが丸(時代劇ギャグ/新書)●白泉社、ジェッツ,250
◆Y26-25,矢代まさこ(睦月とみ)●矢代まさこ名作シリーズ 全3巻(サンコ),6000
◆Y26-27,●ギャグマンガ傑作選―’50年代の思い出グッズも満載(帯)●,900
◆Y26-28,●少年マガジン大全集 復刻版 第3巻 なつかしの感動名作編,2300
■アダルトマンガ■
◆Y26-29,ケン月影●人妻の白い肌●シュベール文庫,500
◆Y26-30,ケン月影●熟女の乱れ姿●シュベール文庫,500
◆Y26-31,ダーティ・松本●美天使ハンター●ミリオンコミックス,700
◆Y26-32,●石井隆特選集 女地獄 NO4 別冊ヤングコミック 1978年●,1800
■アメコミ■
◆Y26-33,●スター・ウォーズ 全3冊(函入りセット)コミックス●,1800
■マンガ雑誌■
◆Y26-35,牧美也子●ビッグコミック 昭和51.12/25(通巻N0.248)●,600
◆Y26-36,園田光慶●ビッグコミック 昭和52.2/10(通巻N0.252)●,600
◆Y26-37,一ノ関圭/表紙ピンク・レディー●ビッグコミック 昭和52.2/2●,800
◆Y26-38,●ビッグコミック 昭和52.3/25(通巻N0.255)●,600
◆Y26-39,●ビッグコミック 昭和52.4/10(通巻N0.256)●,600
◆Y26-40,園田光慶/つのだじろう●ビッグコミック増刊号 昭和54.1/1●,700
◆Y26-41,●ビッグコミックオリジナル 昭和50.1/5(通巻N0.22)●,600
◆Y26-42,わたなべまさこ●ビッグコミックオリジナル 昭和50.1/20●,400
◆Y26-43,棚下照生●ビッグコミックオリジナル 昭和50.2/5(通巻N0.24)●,700
◆Y26-46,村野守美●ビッグコミックオリジナル 昭和52.1/20(通巻N0.77),600
◆Y26-48,楳図かずお/水野英子/手塚治虫●ビッグゴールドNO.2 1979年,1500
◆Y26-49,神江里見/叶精作/やまさき巧味●ビッグゴールドNO.7 1982年,1700
◆Y26-50,上村一夫/古谷三敏●ビッグゴールドNO.8 1983年●,1700
◆Y26-51,矢口高雄/西岸良平●ビッグゴールドNO.9 1984年●,1700
◆Y26-52,上村一夫/長谷川法世●ビッグゴールドNO.10 1984年●,1300
◆Y26-54,手塚治虫/原案:さいとう/画●ビッグコミックポケッツNo.5 1985年,800
◆Y26-58,坂口尚/村野守美●月刊 コミックアゲイン 1979年8月号●,900
◆Y26-59,大友克洋/坂口尚●月刊 コミックアゲイン 1979年11月号●,1200
◆Y26-61,●グレープフルーツ創刊号 ペーパームーン別冊●新書館,1000
◆Y26-62,●竹宮恵子の世界 プチコミック秋の号 1977年●小学館,1400
◆Y26-63,●漫画 田中角栄 1948から1983 文藝春秋臨時増刊●昭和58,1800
◆Y26-64,●漫画読本(創刊号) 文藝春秋 臨時増刊 1954年●,1300
◆Y26-65,●漫画読本2 文藝春秋 臨時増刊 1955年●文藝春秋新社,800
◆Y26-66,●漫画読本4 文藝春秋 臨時増刊 1955年●文藝春秋新社,900
◆Y26-67,手塚治虫の世界-見る・読む・考える 朝日ジャーナル臨時増刊,500
■マンガ家エッセイ、ムック、アニメなど■
◆Y26-68,天馬正人/武内つなよし/堀江/九里●なつ漫グラフィティー●,2500
◆Y26-70,ささやななえ●井草日記PART2(エッセイ集/帯)●角川書店,400
◆Y26-71,美内すずえ/原作、若桜木虔●小説 ガラスの仮面●白泉社,500
◆Y26-72,●思想の科学 これがマンガだ1007冊 1988年6月号NO.103●,800
◆Y26-75,松本零士・西崎義展/原作●ヤマトよ永遠に 全2巻(アニメ/初),700
◆Y26-76,大友克洋キャラクターデザイン●幻魔大戦 別冊アニメディア●,1500
◆Y26-77,大友克洋●アキラ絵コンテ集 全2巻(AKIRA/アニメ映画)/講談社,13000
■一般書■
◆Y26-78,●北のアンティクアリアン―札幌古書店の足跡(古本屋)●,900
◆Y26-79,山崎浩一●古代トーキョー大発掘―SFコラム(お笑い)●日経,250
◆Y26-80,斉藤由貴/主演●恋する女たち―シナリオ写真集(映画)●東宝,500
posted by yumenoya at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本通販リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

◎ピロリ菌の除菌に成功

 胃潰瘍穿孔で入院したのは、1/16
ピロリ菌駆除のためのランサップ800の服用が20日の朝食後から開始
ランサップ800は一週間分渡されたので、退院後も服用は続きましたけど、
その一週間は便がゆるくなったというのが唯一の副作用でした。

 ピロリ菌をちゃんと除菌できたかどうかの確認には、
かなり期間を置く必要があるようで、
(胃カメラ検査で胃潰瘍がキレイになっていたら、
次回は除菌検査だというスケジュールがあったのかも知れません)
その検査があったのはやっと4/3のことでした。
“尿素呼気試験”という検査で、
まず鼻から息を吸って検査用の最初の風船のようなものを膨らませます。
次に薬錠剤を飲んでから胃を下にして横向きに少しの間ベッドに横になり、
それから体を起こしベッドに腰掛けてしばらくした後、
また別の検査用風船を膨らませて検査は終了。
二つの呼気を比較して検査(外注らしい)をするのでしょう。

 尿素呼気試験は内科で行いましたが、
胃潰瘍穿孔で入院しましたので、私の担当は外科医の竹谷先生で、
駆除成功云々を告げられるのが本日4/10の受診でした。
退院後しっかりタバコも吸い酒も飲んでいましたので、
ランサップ800によるピロリ菌除菌の失敗もあるのかなと少し心配していました。
また先日、島田紳助が司会のテレビ番組で
ピロリ菌の除菌に一度失敗するともうその方法は使えない(本当にそうなの?)
というような紳助の発言があり、
出席していた医者が「そのとおり」とコメントしていたので、
ちょっと失敗の不安も増していたのですが、
胃カメラ検査後以来の一ヶ月ぶりに会う竹谷先生からは
除菌がうまくいったと説明があり、ホッいたしました。
これで薬からも解放され、通院する必要も無くなりました。
札幌東徳洲会病院の先生方々と看護師さん方々、お世話になりました。
三度目のお世話にならないように食生活ぐらいは気をつけなくっちゃ。

 病院を出た後、久々に地下鉄とバスで古本屋三軒のハシゴをいたしましたが、
三軒合計10冊で1050円というセドリ結果で、
仕入れの方は芳しくはありませんでしたけど、
肝心のピロリ菌の駆除は成功でバンザイの一日でした。
posted by yumenoya at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする