2007年07月28日

★ファイルの関連付けのほとんどが急に変になったパソコン・トラブル(レジストリ書き換えワーム)

もう二ヶ月も前のある日のことだが、
急に許可を求めるセキュリティのウィンドウが開いたように記憶している。
そのときに、良く調べもせずに許可をしたのかも知れない。
すると何かを書き換えているという警告ウィンドウが立て続けに開き、
何だかやばそうだなと思ったときには、もう遅かったようだ。
その後、何かのソフトを開こうとすると“関連付けられていません”というメッセージが出るばかりで、
色んなファイルもソフトを開くことが出来なくなってしまっていた。
普段使っているブラウザのMozilla Firefoxもテキストのテラパッドなどほとんど全てが使用不能。

何が起きたのか判らないまま、再起動したが、状況は何も変わらない。
セーフモードからシステムの復元をしたが、やっぱり同じ。
普段であれば常駐しているはずのソースネクストのウィルスセキュリティも機能しておらず、
インストールしたドライブの場所で直接クリックしても起動できない。
かろうじて機能しているソフトは、
windowsXPとその基本ソフトであるインターネット・エクスプローラーとテキスト・ファイルぐらいだ。
インターネット・エクスプローラーを使って、
「Windows Live OneCare PC セーフティ」というオンラインツールでスキャンするが、
何もウィルスなどは発見されなかった。

“ファイル 関連付け フォルダオプション”などのキーワードで検索してみるが、
個別のソフトの関連付けを説明しているところはあったが、
色んなソフトがほとんどおかしくなった場合についての解説サイトは見つからなかった。
更に調べていたら、“Windows XP を修復インストール (再インストール) する方法”
というページが見つかり、この“修復インストール”を試してみようかと思ったとき、
トラブル時にはいつも相談に乗ってもらっている好友堂さんに念のため電話するが、
“修復インストール”というのは過去にやったことがないということだったし、
色んなファイルの関連付けが不能になったこともないということで残念…

“修復インストール”にとりかかる前に、再度キーワードを変えて、検索を試みたところ、
次のページがやっと見つかり、
Windows におけるファイルの関連付けを悪用するマルウェア
このページに書いてあった
Symantec の shell\open\command レジストリキーのリセットツール
の“UnHookExec.inf ファイル”を使って早速ダメ元で試したところ、
あっという間に作業が終わったようで、
さっきまで起動しなかったアイコンをクリックしたところ、
バンザイ!!正常に起動しました。

そして念のため、再起動したところ、
このトラブルの原因になったらしい許可を求めるセキュリティのウィンドウが再度開いたので、
今度は迷わず拒否(今後もずっと拒否)を選択、すると続いてさきほどと同様、
拡張子を書き換えているような警告ウィンドウが立て続けに開いたので、
全て「ブロック」ボタンを押した。
また変になってしまうのかと心配したが、
消えてしまっていたランチャへの登録ソフトのアイコンも復活し、
色んなソフトもクリックで無事元通りに機能しました。
トラブル発生から復活するまで5時間ぐらいはかかりました。

私の頭では専門的な難しいことはさっぱり判らないが、
何か悪意あるプログラムをインストールしてしまったようだぐらいの理解だけれど、
私のようなトラブルに巻き込まれたときには、
さきに紹介した“レジストリキーのリセットツール”が頼りになります。


今回あらためて感じたのは、
“適切なキーワード”さえ使って検索すれば、“適切なキーワード”を組み合わせさえすれば、
望んでいる情報にたどりつける可能性は高まるということだが、
パソコン初心者の質問と同じで、どう訊ねてよいのか判らないというようなもので、
今さらだけど、“適切なキーワード”の選択とその組合せというのは、結構難しいことのようです。
トラブっている真っ最中の当事者である場合は特に…

(同様の被害を受けた人のために、
また私自身が同じトラブルに巻き込まれるときのために書き残して置く)
posted by yumenoya at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

●寿都の海へGO!!

一時期、開催が危ぶまれていた恒例の“寿都の海へ”行事だったけれど、
今年も例年通り“海の日”の連休にあわせて開催されることとなった。
メンバーは例によって札幌は北24条街の同じビルにある「T勝」「T秋」とその常連。
日程は久々に二泊三日というボリュウム。
GOサインが遅かったこともあり、
寿都での事前準備班(掃除、蒲団干し、草刈など)や食材などの買出し班は
例年以上に慌しかったことと思います。

出発の日が近づくと心配になるのは天気、
何とか晴れて欲しい、せめて雨は降らないでくれと祈りつつ、
ネットの天気予報サイトで情報をチェック。
台風が近づいていたこともあって、帰りの月曜はどうも雨模様のようだが、
出発の土曜は晴れ、中日の日曜は曇りの予報だから、まずまずかな。
寿都では毎年、足を虫に刺され、完治するまでかなりの時間がかかっているので、
今年は外での宴会用に靴下と長袖シャツも用意し、虫対策は万全。

★《一日目7/14》
14日朝は8時15分に目覚ましのベルで起床、
早速ピンポイントの天気予報をネットで確認してから「T勝」へ
「T勝」で朝飯のおにぎりをごちそうになり、
最近ご無沙汰していたTチャンマンと少し会話。
今年の初参加は第一陣ではダブルYウの二人とYッチの部下・Sトウさん。
残念ながらの不参加は入院中のEイコちゃんと娘さんYウコちゃん
PヤンとTカヤのお姉さんの四人。
そうそう大事なSンヤさんを忘れていました、Hサオちゃんも…
TモのママもKマチさんも最近数年参加していませんね。
函館のMルちゃんも福島のOガワさんも…(常連で漏れていた方、ごめんなさい)
車は5台で13人、これが先発隊です。10時頃出発。
私はSゾウさんの車で一路、寿都へ出発。
途中、例年とおり共和町の直売所でオシッコ・タイム、
ところがTチャンマン車が来ない。
携帯での連絡によると、高速にのらなかったので遅れているらしいとのこと。

岩内に入ると見慣れた大型店舗がいくつか見え始め、
寿都がいよいよ近づいたなという気分になる。
海岸線の道路に出ると左に折れて、ずっと海岸線を走ることになるのだが、
毎年のように走っても走っても目的地はずっと右奥の先っぽでなかなか近づかない。
途中、定番の店に寄り朝イカを購入することに。
何故かそこにはTチャンマンの車が…
高速にのりなおして休憩せずに来たので、追い抜いて先着したらしい。
寿都の朝イカは近くのスーパーで買うイカとは全く色が違っていました。
そこで今年の初物、スイカを試食させてもらう

その日から始まる神社の祭りの雰囲気が漂う市街地を抜け、
やっと寿都の懐かしい“我が家”に到着いたしました。
例年だと荷物を降ろし終わると、冷えた缶ビールでまず安着の乾杯となるのだが、
昨年の観楓会から、“寿都・海の会”も進化しており、
サーバー持参の生ビールとなったので、氷の買出し班が戻るまで、
サーバー機器をセットして氷を入れるだけの状態で待つことしばし、そして氷が到着。
(洗いものを減らすため、使い捨てコップには各自マジックで署名)
海で飲む生は初めて、その味は格別、甘露、甘露です。
もちろん、即お替りです。
そして冷麦と朝作ったおにぎりで昼食。
やはり大勢で箸を伸ばしあって食べるメシは旨い。

その後、T勝・ママのイカさばきを手伝うけれど、
修学旅行で行った青森ではスルメが現金代わりだったという育ち、
昔とった杵柄、さすがにさばき方が違います。
一箱のイカがあっという間に、本体と足と腸に分離されました。
(ああやるもんなのか?知らなかった)

昨年Kツミさんが作って持参した焼き台のセット、
火おこしではSトウさん持参の“手回し風送り器”が登場したが、
Oクイさんと二人で、効果音、円谷プロとからかっていたけど、
今年はKツミさんの強力な電気式送風機があるとのこと。
一度焼いて鉄板と網のサビ落としもし、外での宴会の事前準備は終了。
男衆は夜の部を待つのみ。
飲む人、昼寝する人…(女性陣は食材の用意)

宴会の直前には、靴下をはき長袖で腕を隠して虫対策はOK、
鉄板でのジンギスカンと貝やイカゲソや魚などの網焼きなどで腹も膨れ、
外も真っ暗になり結構酔っ払った頃、第二陣の4人もやっと到着し、
宴会はますます盛り上がったのでした。
途中何度寝たのか私は全く憶えていません。
宴会の場を中に移して、
そろそろ寝るかとマスターから声がかかったのは午前2時半頃でした。

★《二日目7/15》
途中何度も目を覚ますがまた寝るの繰り返しで、
朝起きてまずは生ビールで一杯という、酒びたりの二日目のスタートです。
Tチャンマンは朝5時半頃、帰ったらしい。
朝飯はホッケなどをオカズにワイワイガヤガヤ…
普段食べていない朝飯ですが、格別の味。
ただ一人Jンボさんは飯を食わずにひたすらビールです。

また生を飲み、朝寝して起きたら、
外ではOクイさんが手を真っ黒にして、昨夜活躍した焼き台をキレイに磨いていたので、
気持ちだけ応援団で外へ。
茶の間でまた飲んでいたら、もう1時も過ぎて昼飯の時間、
寿都二日目の昼の定番、カレーライスです。
まずは男衆で、次に女性衆が食べている頃、
第三陣、Kルロスさん親子三人が到着しました。
Kルロスさんは60近いというのに昨年ウン度目かの結婚をし、
更に今年女子も誕生したという剛の者で、
独身男性の多いT勝の常連のなかでは、異質な人です。
その赤ちゃんのお披露目も兼ねた今回の参加だと思いますが、
恐らく初の遠距離ドライブだったにもかかわらず、
全くぐずついた様子も見せず、笑顔のとっても可愛いお嬢ちゃんでした。
あの澄んだ真っ直ぐな眼差しでみつめ返されると惚れてしまいそうです。
“那恵”ちゃんの笑顔でたっぷり盛り上がった後、
Wユウの二人がニセコへ寄っての帰路へ。
すると海水も少しぬるくなったから、今日は潜るかという人もおり、
私はYッチと二人、崖を降り浜遊びへ。続いて用意の終わった人たちも続く。
岩棚の先っぽへ行きましたが、波はそんなにひどくないのに、
風だけは半端でない強さで、突風が吹いたときには足を踏ん張らないと
身体が持っていかれる感じで、今までのなかで一番の強風の寿都でした。
結局Oクイさん、Sトウさん、Kルロスさん、Kツミさんの4人が泳いだようです。

そうこうするうちに、YッチとSトウさんの帰る頃合、
ママが二人に持たせるオニギリをにぎり、皆で見送ったとき、
祭りの太鼓の音が街の方から聞こえてきました。
そろそろ近づいたかなと思い、皆で道路脇で待ちましたが、
一向に近づいてくる気配がありません。
街方向からの強風が祭りの音だけを運んできたようです。

そして4時頃、一人Mエコちゃんを留守番に残して“ゆべつの湯”へ出発。
途中何箇所かで祭りの踊り一行や山車と謂れのある古い神輿も見られました。
湯から上がって一服をと思ったら、いつもの所に灰皿がありません。
ここも完全禁煙かなと思ったら、狭い禁煙所が新たに出来ていました。
椅子が5個の小さな禁煙所、あるだけマシか。
ここで○△□へのお土産を購入。
帰りに、足りないという生ビールとラム肉などの買出しを。
10リットル容器のものを仕入れるが、定価販売の多い田舎のことで
札幌とは違ってかなり高かったようです。

時たま霧雨が降っていた二日目の夜の宴会は、家の中です。
4つのテーブルに電気のプレートとガスコンロの鉄板で、
またまた飲み会のスタートです。
ガスコンロの方の焼き奉行は定番のSゾウさん
最初のジンギスカンのモヤシ(嫌い)は要らないといったら、
皿に取ってくれるJンボさんと奉行の二人に顰蹙を買ってしまいました。
混ざっていたモヤシは隣りのNリちゃんへ。
途中から日本酒に変え、何時寝たのか憶えておりませんが、
奥の部屋で目が覚めて時計を見たら、夜の12時頃で、
まだ宴会をやっているだろうと茶の間へ行くが今夜は既に真っ暗、
丁度玄関から入ってきたマスターに「まだやってると思ったんだろう」と
ズバリ言われてしまい、しようが無く蒲団に再度もぐり込みました。

★《三日目7/16》
うつらうつらしながら、やっと蒲団を這い出て、
起きがけに当然の生ビールを一杯。
するとJンボさんのお替りの時にアワだけとなり、
昨日の追加の10リットルも無くなりました。(ぴったしの読みでした)
これからは寿都初めての缶ビールです。

朝飯を食べて、飲んでまた寝て起きたら、
テレビでは新潟・長野の大きな地震があったとの臨時ニュースをやっており、
また新潟でとビックリさせられました。
台風が当初予想より南に抜けたと思ったら、地震が起きていました。
その頃だったと思いますが、突然屋根に雷でも落ちたかのような大きな音がし、
前庭でドスンという音…
トタン屋根の一部が初日宴会をやった場所に落ちていました。
人が居たら、ケガをするところでした。

“ゆべつの湯”からの朝湯帰りのMエコちゃんたちが帰ってきました。
その手には、おみやげの綿飴。
何年ぶりかのなつかしい味でしたけれど、甘すぎました。
すると今度はもう昼飯、
昼飯はこれまた定番のヤクルトラーメン
私はライスを食べずに、ラーメンだけいただきました。

少し休んだ後は、いよいよ撤収作業のスタートです。
三日分のゴミをSゾウさんの車に積み、ゴミ処理場へ。
ゴミ処理場へ行くのは今回が初めてでしたが、そのシステムは、
最初に人が乗ったまま車の重さを量り、
まず燃えるゴミを捨て、移動して燃えないゴミを捨て、
再度軽くなった車の重さを量って、減った分の重量に代金を支払うというもので、
町民は安いそうです。
ベテランのSゾウさん、「町内の方ですか」という問いかけに、
少し訛って「○△から来た」と地名を返答しておりました。
あれだけの量で500円かかっていないのですから、安いものです。

ゴミ処理場から戻ると皆さん荷物の整理をし始めていました。
Tカヤのママに土産のオニギリをもらい、カバンの整理。
そしてクーラーやナベ・カマ、残り食材などの積み込み作業の開始です。
三日間で空いたアサヒ・スーパードライの容器は、
19リットルと10リットルがそれぞれ2個ずつでした。
積み込みが終わり、茶の間に皆が揃ったところで、
本日16日が誕生日のT勝・ママへのプレゼント贈呈があって、帰路へ。
途中、魚介類の店でお土産などの買い物をして小休止、
さらに赤井川の中山牧場(私は初めて)でオシッコタイム、
そこでは皆でソフトクリームを食べましたが、これも今年の初物でした。
そして出発のビル前に到着したのは、6時頃。
荷物を降ろして帰る人を見送って散会するが…

★《三日目・札幌の部》
「T勝」は店を開けるとのことだったので、Jンボさんは残り、
オレはまず○△□にお土産を届け、戻ったときにはダブルYウのYウコさんが到着しており、
残り物の剣菱をまた飲み始めました。
Tアキちゃんも荷物整理が一段落ついたようで合流、
Yジロウさんも到着、そしてOクイさん、
仕事帰りのTッチもいつもの時刻に登場、
この辺りでいつもの焼酎に…
車でそのまま帰ったかと思っていたSゾウさんも
最後はYっちが登場し、もう満員状態に。
ここで終わらないのが、このメンバーのスゴイところ。
カラオケのある店へ移動。
そこではT勝・ママの誕生日のケーキカットをし、今度はカラオケ大会…
(毎年の最大行事は、こうして終了したのでありました)


今回行けずに差し入れをしてくれた皆さん、ありがとう。
三日間も男衆のために肴とメシを作り、たくさんの食器の洗いものをしてくれた
女性陣の皆さんに感謝
そして幹事のTアキちゃん、Oクイさん、お疲れ様でした。
札幌に帰ってまでまた働かせてしまった、ママとマスター、お世話になりました。

今年は、例年になく風が強かったこともあってか虫さされ被害は皆無でしたが、
戻った翌々日に夏風邪(セキと痰)をひき、この報告書も遅れてしまいました。
記憶間違いも多々あるでしょう、
こっちは終日酔っ払っていましたので、ご容赦を。
総員は19人と赤ちゃん、その平均年齢は五十ウン歳でした。
そうそう一泊二日の“那恵ちゃん”、遂に泣き声を一度も聴きませんでした。
参加できなかったEイコちゃんたちへの報告書も兼ねた書き込みと思い、
長くなってしまいましたが、当然書けないこともあるので、
その話題は今度会ったときに
酒の肴ということで…
posted by yumenoya at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

“「21世紀のコミック作家の著作権を考える会」緊急アピール”に対するマンガ家・みやわき心太郎氏の意見(2002年の文章の復刻転載)

 今から6年前のことですが、小学館や講談社などのマンガ雑誌に、「21世紀のコミック作家の著作権を考える会」の緊急アピールという意見広告が繰り返し掲載され始めました。
 当時、率直な心情を吐露したマンガ家は少なかったと思いますが、その中でも際立って印象に残ったものとして、みやわき心太郎氏の文章がありました。
 経過は知りませんが、一マンガ家の貴重な意見もネットから早い時期に削除されてしまいました。

 5年前の文章ですが、マンガ家・美和剛さんを通じて、みやわき氏ご本人から転載のご了承が得られたので、下記アドレスで復活いたしました。
 業界の裏話もまじえ、読み応えのある内容だとと思いますので、未見の方も、そんなのあったよねという記憶のある方も、是非一読を…

“「21世紀のコミック作家の著作権を考える会」緊急アピール”に対するマンガ家・みやわき心太郎氏の意見(2002年文章の復刻転載)
posted by yumenoya at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 古本屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする