2007年06月24日

★暑いときは、冷たいざるそばを具入りの温かいつゆで

暑くなると食欲も減退し、ざるそばでも作るかなということが増えます。
ただ普通のざるそばだと玉子に薬味のネギぐらいなので、
暑さを乗り切るための栄養にどうも不足しそうな感じがします。
そんなときは、具を色々入れた温かいつゆで冷たいざるそばを食べます。

お椀の半分程度の水を鍋に入れて、、
少し濃くなるようつゆの素を入れ、その具はお好みで適当に…
さっき食べたのは、長ネギが無かったので代わりに玉ネギ、油あげ、天ぷら、豚肉、
ある程度煮立った頃、仕上げ近くに生卵を入れて半熟状態にして完成。
このつゆ作りと併行して、そばを茹でます。

温かいつゆといっても、つけ汁ですので、暑いときでも苦になりません。
そして栄養もそれなりに豊富なので、暑さ対策にもなります。
サラリーマン時代のかなり昔、食堂にあったメニューです。
二日酔い気味で食欲のないときにも時々食べてました。
posted by yumenoya at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

★居酒屋「○△□」で500円の昼定食が始動!!“カッティングシート”“QRコード”“urlエンコード”(店名は削除)

ホームページや店内POPの作成と経理などのバイトをしている
札幌の居酒屋「○△□」で昼の定食を始めることとなり、
メニューと価格などが決定して提示されたのは、5/28(月曜)の夕方のことでした。
開始予定日は、一週間後の6/4(月曜)ということで、慌しい日々の始まりとなった。
メニュー、チラシと看板の作成とホームページ(PC用と携帯用)の更新が当面の作業となった。

たまたま前日の27日は、Yahoo!オークションへ出品するための193点の写真を撮り終わり、
28(月曜)の夜には、一括出品しようと考えていた矢先だったので、
なおさら、てんやわんや状態になってしまった。
(結局、オークションへの出品は29日にずれこみました。)
(慌てていたこともあり、送料は落札者負担のつもりが“出品者負担”と表示するという大チョンボも発生!!)
(このチョンボについては、後日ネタにする予定?)

閑話休題
●カッティングシートの作成と貼付け方法
メニューとチラシと看板(カッティングシートを使用)の案をエクセルで作り、
ママと打ち合わせたのは5/30。
その日に早速カッティングシートを購入して帰り、
既存の看板に貼るカッティングシートの作成にかかる。
昼定食開始の前日である6/3(日曜)には、メニューとチラシを届け、
完成品は無理だけれど、それなりの看板に仕上げる必要がある。
メニューとチラシは原稿さえできたら、ただ印刷すれば済むが、
カッティングシートの方の作業は、そう簡単には行かない。
1.切取るのと同じ大きさの文字を印刷
2.カーボン紙を逆向きに下にひいて文字の縁をなぞり、裏文字を作る
(当然ですが、外から読めるように店内からガラスなどに貼り付ける場合は、裏文字は不要です)
3.カッティングシートの裏を上向きにしてカーボン紙をはさみ、裏文字をなぞって切り取りの線を台紙に引く
4.切り取り線に沿ってカッターで切り込みを入れる
この最後の切るというのが一番手間取る作業で、それなりに力を入れる必要もあり、
またズレないよう左手で抑えておく必要もあるので、
両腕が疲れるし神経も使い、結構時間がかかります。
またカッティングシートの裏は、すべりやすい加工がしてあるようで、
切っているうちに手の汗で、切取り線がズレたりもします。
第一弾は予定どおり6/3(日曜)に間に合わせましたが、
結局もう二回の追加作成があって、看板はやっと完成いたしました。

カッティングシートを初めて使うという方に少しアドバイスすると
下記の裏文字「昼定食が始(動!!)」原稿の画像のように、




補助線を入れて部首などがつながるように切ると、
文字と文字の間隔や離れた部首などの位置関係などがズレません。
さらに、このように長い文字列のものや大きなものは、
裏の台紙を剥がして端から順次貼り付けるときに、
変なところが先にくっついてしまい、折角作ったシートの貼付けに失敗することがあります。
この時に使うと便利なものが梱包用の布テープ(紙テープは不可)です。
カットしたシートの表を上にして、それがほぼ隠れるように布テープを貼り付けます。
このとき台にするのは、布テープがそれなりに剥がれ易いものでないとダメです。
シートが布テープにしっかり貼りついたら、準備は完了。
看板やボードなどの貼り付ける位置を決め、シートの台紙を剥がして、
布テープごと端から貼り付けます。
そしてシートの文字部分がしっかり貼りつくようテープの上からなぞります。
それから布テープ部分を剥がすとシートのみが残ります。
ときどきシートの一部分が布テープにくっ付いて剥がれることがあるので、要注意。
最後にカッターを使って「補助線」部分を切り離して、作業は終了です。
(シートの粘着力より布テープのそれが弱いので、布テープが補助材料として使えるわけです)
(なお、仕入れた「みつはし」には、カッティングシートが二種類あり、
ビニール製でロールに巻いてあって切り売りするもの、
もう一つは最初から四角に切って売っているものがあり、
この安い方の四角のものはビニールと紙の合成なので、
雨には弱そうで、布テープを補助材に使えないので、要注意。使うと二枚に分かれる可能性も
)
こんな面倒な切り貼り作業はしたくない、ゼニがかかってもかまわないという方は、
プロの看板屋さんに頼みましょう。

●QRコードの作成
今回始まったのは、ボリュームたっぷりなのに500円ポッキリの昼定食で、
更にオカズなどのお代わりも自由ということもあり、
若い人たちのクチコミに期待したいということで、
クチコミに“QRコード”を使えないかなというのが、新たな勉強の始まりでした。
何せ私自身は携帯電話を持っておらず、
かつて一時期持っていたときもカメラなどまだ無い時代だったので、
“QRコード”そのものを利用した経験がありません。
雑誌などで時々見かけるだけであり、具体的にどう機能するかが今一解りません。
当然この時点では、“あれ”が、“あの変な模様”が使えるかもと思いついただけで、
“QRコード”という言葉そのものを知りませんでした。
雑誌で確認すると“QRコード”と表示しているものがあったので、
早速“QRコード”でGoogle検索いたしましたが、
何となくその仕組みはわかったものの簡単に作れるのか、
はたまた無料のソフトがあるのかどうかも判明しませんでした。
そこで古本屋同業の好友堂さんに電話してみたが、
好友堂さんは“QRコード”読み取り機能を使ったことが無いということで、
“QRコード”探索作業は一時ストップしました。
その後、好友堂さんからベクターにフリーソフトがあったと電話連絡。(有り難いことです)

その好友堂さんとは最近もっぱら“スカイプ”を使って深夜の長話しをしておりますが、
(無料のネット電話“Skype スカイプ”は秋田在住のマンガ家・美和剛さんのご紹介)
ちょっとスカイプをやろうかということで、電話をしながら、
フリーソフトのあるアドレスを送ってもらい(スカイプにはチャット機能もあるので便利)、
二人で“QRコード”の作成ソフトをいくつか試し、
リンクをたどるうちに、無料の作成サイトもあることが判明、
また読み取る無料ソフトのあることもわかったので、作成したもの読み取らせるなど、
好友堂さんのご協力により、“QRコード”の作成は一段落いたしました。
その翌日早速、先にブログで紹介したファックス・ソフトを使い、
○△□にその“QRコード”の画像を送り、若いバイトの人に試してもらうよう依頼。
最終的に採用した“QRコード”は、再度調べた次の無料の作成サイトのものでした。
QRコード作成&活用のススメ:作成:URL
ちなみに、作成したコードを読み取って確認したフリーソフトは次の二つです。
QR Code Decoder Q太郎 Version 1.2
QRコード デコーダー
作成したソフトやサイトによっては、盛り込んだつもりの情報の表示・確認できない場合もありました。
何せ読み取れる携帯を持っていないもので…
読み取りソフトの確認内容を信頼するしかありません。
そしてクチコミ期待で店内メニューに採用し印刷した“QRコード”は、次のとおりです。

《QRコードのリンク画像削除》


QRコードに盛り込んだ情報は、
《アドレス削除》
という携帯用アドレスと
「○△□で昼食を」というページのタイトルです。
私自身は名刺も持たない人間ですけれど、
名刺に“QRコード”を印刷するか印刷したシールを貼ったならば、
氏名、電話番号、メールアドレスなどの情報を携帯で一発読み取り登録できるようなので、
こりゃ便利なもんだなと今回初めて知りました。

●携帯用地図へのリンクとurlエンコード
予定通り、6/4に昼定食はスタートしましたが、もう一つ気にかかっていることがありました。
クチコミを期待するには、携帯用ホームページに地図を掲載したいなということです。
友人のお知らせメールで、○△□のある場所を知らない人が来店する可能性も出てきます。
パソコン用には手作りの付近地図を掲載してありますが、
携帯用には今までありませんでした。
もちろんパソコン用ならば、ヤフーなど色んな地図サイトにリンクする方法がありますが、
携帯用の地図となると、あの小さな画面で手作り地図が鮮明に表示できるものか不安です。
そこで、携帯用地図のリンクのサイトがないものかと検索したところ、
事前登録は必要ですが、次の無料サイトがみつかりました。
携帯版地図リンクサービス
登録完了のメール連絡は割りと早く届いたのですが、
メール添付のpdf資料を早速読んでみると、
今度は“urlエンコード”という初めて目にする言葉が出てまいりました。
これは簡単には理解できないなということで、後日回しにして、
再度じっくり読んだのは、少し落ち着いた11日(月曜)のことでした。
もうちょっと判り易い解説にならんものかと悩みながら読み進み、
地図を表示させる場所を指定するには、色んな方法があることだけは解りました。
また、リンクさせるアドレスなどを指定するには、
“urlエンコード”を使って特殊な文字列に変換する必要があると…
“urlエンコード”への変換では、次のサイトを利用。
Web便利ツール/URLエンコード・デコードフォーム - TAG index
まず、電話番号を指定する方法で変換しリンクしてみる。
この携帯用地図ページは携帯からしか確認できないページということなので、
ここでまた携帯を持っている好友堂さんに依頼し、確認してもらうが、不能。
次にグーグルアースで調べた経緯度を指定して、再度好友堂さんに依頼するが、
ちょっと場所がずれて北26条の地図が表示されているとのことで失敗。
経緯度の表示が一つでないというのは、何か納得いかないけれど、
携帯版地図リンクサービスの普通の地図表示で経緯度を特定し、
再度リンクさせたところ、無事隣りのスガイが表示され今度は無事成功。
(何度も手間をおかけした好友堂さんに重ね重ね感謝、今度オゴリますから…)
携帯用ホームページから“(試験中)”の文字をはずし、地図リンク終了。
ただ携帯でどんな風に表示されているのか不明。
それを確認できたのは、○△□へ行った昨日6/14のことでした。
文字表示は、隣りの△□○とパチンコの△□○のみ。
また、○△□の所在地を示しているらしい★印は隣りのスガイビルの場所だ。
大まかな地図表示に一ランク変更し、
経緯度を西へ少し修正(秒の次の最下層数値を1ポイント下げる)して、
ホームページを更新し、携帯地図の作業もこれで一段落。
(今度は少し見やすい地図になっているだろうか?)
これでダメだったら、手作り地図の画像表示かな…

とここまで書いたところで、新たな“urlエンコード”で指定した地図が
こちらの思惑とおりに表示されているかが気にかかりだして、
行きつけの飲み屋へ行くこととし、ちょうど来店していたOさんに頼んで、
“QRコード”でアドレスを読み取ってもらい、地図のリンクページに…
店を知らない人も判るであろう地図が表示され、
所在地を示す★印も西側に少し移動しており、
これで携帯HPの作業も完結です。

さて、今回の「昼定食が始動」で新たに
“QRコード”と“urlエンコード”というものを初めて勉強することとなったが、
私が勝手に期待している、そのクチコミ効果や如何!?


●「○△□」で500円の昼食を
札幌で近くに勤めているという方、または近くに住んでいるという方、
時々仕事や遊びで△□○へ行くという方がおられましたら、
是非一度「○△□」で500円ランチをお試しください。
何せ、うどんとそばを除き、もっと食べたいものはお代わり自由…
一番のオススメは500円の「日替わり定食」です。
“日替わり”ですから、たとえ毎日食べても飽きません。
ただ、月曜から金曜までの平日のみの営業ですので、ご注意を

ビルの前に出ている看板が、前述の力作?です。(「みつはし」でのシート購入費は約3千円でした)
PC用ホームページのアドレスは下記のとおりです。
或る日の日替わり定食のオカズの画像と解説つき
《リンク削除》

今回お世話になったネット古本屋「好友堂」さんのサイトも感謝を込めてリンク紹介します。
好友堂書店(古本販売)

(6/16追伸)好友堂書店(古本販売)が新たなネット商売を始めましたので、紹介します。
好友堂ネットショッピング(今を生き抜くための生活グッズ)
(7/19追記)
同業の好友堂さんが始めたドロップシッピングの店の第二弾
健康サプリ格安販売(好友堂)
posted by yumenoya at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする